5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

天皇制維持2

1 :名無しさん@3周年:2010/03/16(火) 11:39:13 ID:SqUznUWa
女系天皇
男尊女卑の皇室典範を改正し、女系天皇も認めるべきである。

象徴天皇教育
日本国民の常識であり、小学校低学年から天皇陛下と皇族方のご公務を学ぶ機会を与えるべきである。

不敬な書き込みについて
公共の場である掲示板に、天皇陛下や皇族方の誹謗中傷を書き込むのは犯罪的行為である。
内閣総理大臣は権限において、犯罪的行為を告発し、処罰するべきであろう。

天皇制廃止について
天皇制廃止など机上の空論であり、時間の浪費である。
多くの国民は天皇制維持を希望しているものである。

2 :名無しさん@3周年:2010/03/16(火) 11:45:00 ID:wacv3Cvj
>>1
女系の意味が判らない。

3 ::2010/03/16(火) 11:45:03 ID:SqUznUWa
象徴天皇制教育は日本国民の常識であり、学ばせるべきものである。

常識だから学ばせる必要ないとの反論があったが、国語・数学・理科・社会も常識だが教えている。

象徴天皇も常識だが学校で教える意義はあるものと考えるものである。

常識のない一部の日本国民はいくら説明しても、理解されないのであろう。

4 ::2010/03/16(火) 11:48:05 ID:SqUznUWa
>>2
女系の言葉の意味が判らないのであろうか?

男女同権の世で男系である必要性がないものと考える。

科学的にも、一般常識的にも、女系天皇は認められるべきである。

5 :名無しさん@3周年:2010/03/16(火) 11:50:05 ID:wacv3Cvj
>>4
全然説明になっていない。

6 ::2010/03/16(火) 11:59:59 ID:SqUznUWa
>>5
何を説明して欲しいの?
言葉が足りない意見など反論にもなっていない!!

7 ::2010/03/16(火) 14:05:16 ID:SqUznUWa
言葉を駆使して議論するべでありたいものである。

怒号や罵倒ではなく、相手を尊重した議論が求めるものであり、天皇制維持を確固たるものにするであろう。

8 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/03/16(火) 14:18:34 ID:ffH+E+5H
そう思うなら廃止論にも耳を傾けるべきだな。


9 ::2010/03/16(火) 14:19:02 ID:SqUznUWa
愛子さまへの誹謗中傷がネットに溢れかえっているが、非常に問題である。

複数の障害を伝えていることの時点で、事実は一つだけであるから、事実ではないことが伝えられていない!!

内閣総理大臣は適切に対処すべきである。

10 :名無しさん@3周年:2010/03/16(火) 14:20:05 ID:isgPTomQ
>>1
懲りないし、答えない奴だなwww

だからさ、日本人の常識だと言うなら学ぶ必要なんてないじゃん?
つまり学ばないと常識に出来ないってことでしょ?
大体、公務教えてなんか将来必要になるわけ?

つうかさ、信じているって言う時点で常識の否定がされているって判らないの?



11 ::2010/03/16(火) 14:21:30 ID:SqUznUWa
>>8 :(○´ー`○)はカワイイ ◆

笑わせる内容でなければ、議論は一向に構わんよ。

12 :名無しさん@3周年:2010/03/16(火) 14:22:39 ID:isgPTomQ
>>1
>>10は前回のお前が書いた>>995についてだ
今回でも良いけどなwww


13 ::2010/03/16(火) 14:25:17 ID:SqUznUWa
>>10
日本国民の常識である日本語も学校で教えている。

常識であっても、学校で教えるのは何も、不思議なことではない!!

非常識な人間に日本語で反論しても、無駄なのかな??

14 :名無しさん@3周年:2010/03/16(火) 15:00:50 ID:Kx3CiCPO

ぶっちゃけ、愛子の具合はどうよ?

15 :名無しさん@3周年:2010/03/16(火) 15:02:15 ID:Kx3CiCPO

雅子が病気になった原因に愛子の問題があるのか?

16 :名無しさん@3周年:2010/03/16(火) 18:17:35 ID:isgPTomQ
>>13
あのさ、日本語を教えるのは日常生活で会話や本、新聞など読み書きに必要だから
つまり、それがないと支障があることが明白だから
そういうと今度は他の教科でも出すか?
それぞれ社会に出ていく上でそれなりに必要になるからが解答だがなwww
でも天皇は社会に出ていく上で必要なものでも何でもない
だって制度で決まっているだけだから

で、天皇の公務やその制度が日常生活にどう必要なの?
どう日常生活に必要なの?
それ言わないと、まず常識であることの証明にならないでしょ?
そもそもさ、天皇が象徴たりえるそもそも理由は何?
憲法で決まっているからという解答を求めているわけではないよ
古くから天皇がその地位につけたそもそも云われを聞いているのだよ



17 :名無しさん@3周年:2010/03/17(水) 08:53:38 ID:YcrWqsUr
存続論があるなら廃止論もあるんですよね?


18 ::2010/03/17(水) 10:26:33 ID:nj/XBsWU
>>14
憶測でものを言うのは嫌いだが、小学校の頃に誰しも、休みたいと感じる時はあると思います。

>>15
関係ないと思いが・・・

>>16 :名無しさん@3周年:2010/03/16(火) 18:17:35 ID:isgPTomQ
>それぞれ社会に出ていく上でそれなりに必要になるからが解答だがなwww
>どう日常生活に必要なの?
それぞれ社会に出ていく為に必要なのか、日常生活で必要なのか、矛盾しているのでは?

象徴天皇は国民の総意に基くものであり、象徴天皇を知らなければ、判断できないであろう。
日常的には必要ないが、日本人として象徴天皇を知る必要は、憲法からも明らかである。

>そもそもさ、天皇が象徴たりえるそもそも理由は何?
>憲法で決まっているからという解答を求めているわけではないよ
>古くから天皇がその地位につけたそもそも云われを聞いているのだよ
何が言いたいのか判らない!!

>>17
廃止論があるのは承知しているが、机上の空論と批判している。
無意味な議論を繰り返しているのは、時間の浪費である。

19 :名無しさん@3周年:2010/03/17(水) 10:33:05 ID:pdn8PWiA
>>17

それは当然だろうね。
「天皇制存続は当然、廃止論は許さん」なんて言うのは、
戦前、天皇を都合よく利用した軍国主義者達が好んで使った暴論。

20 :名無しさん@3周年:2010/03/17(水) 11:07:11 ID:sI/yefVG
>>18
>それぞれ社会に出ていく為に必要なのか、日常生活で必要なのか、矛盾しているのでは?
必要ではないと言いたいのかな?
そう言うなら矛盾と言えるが、言えないなら矛盾ではないのだよ

>日常的には必要ないが、日本人として象徴天皇を知る必要は、憲法からも明らかである。
あれあれ?日本人の常識なんでしょ?
教えないと判らないの?
つうかねぇ、象徴天皇制なんて憲法の定めでしかないのだよwww

>何が言いたいのか判らない!!
こんな簡単な日本語も判らないの?やっぱり在日のウヨだから?
象徴天皇を教えるんでしょ?
なら、そもそもの天皇の成り立ちから知らないと「何故、象徴が天皇なんだ?」という疑問が出るでしょ?
え?まさかただ単に受け入れろって強制したいだけなの?
それは教育ではないからwww


21 ::2010/03/17(水) 11:54:22 ID:nj/XBsWU
>>20
国語で毛筆など一般社会ではほとんど使われなくなっている。
音楽でも楽譜読めなくとも、日常では問題ない。
理科のリトマス試験紙など使えなくともよかろう。
歴史の鎌倉幕府が何時できたなど必要ない。
日常で使わなくとも、日本人の常識として知っておく内容は多い。

象徴天皇も日常生活には何ら関係ないが、日本国民の常識として、知るべきであり、学ぶ機会は必要である。
日本国憲法で定められている以上、天皇と皇族方のご公務に関しても、必要な知識である。

何故、象徴天皇制になったかの知識は現代史で学ぶ内容である。
誰も強制しろと言った覚えはない、勝手に人の意見に脚色を付けないでくれ!!

象徴天皇教育はあくまで、天皇陛下と皇族方のご公務を知る機会を、若い段階で教えるべきと言うものである。

22 :名無しさん@3周年:2010/03/17(水) 13:51:23 ID:sI/yefVG
>>21
お前さ、きっちり>>16に書いてある内容読んでこい

それと「知るべきであり、学ぶ機会は必要である。」って言うことはつまり学ばないと常識として存在できないからって言うことwww

>何故、象徴天皇制になったかの知識は現代史で学ぶ内容である。
そんなこと聞いているのではないよwww日本語が不自由なのかな?
天皇が天皇たる理由を聞いているだよ
お前さ、理由も知らずに「崇めよ、称えよ、ひれ伏せよ」なの?
それを強制っていうのだよwww

>象徴天皇教育はあくまで、天皇陛下と皇族方のご公務を知る機会を、若い段階で教えるべきと言うものである。
だからさ、その公務知ってなんか役に立つの?
学校で今教えていることは、それぞれの社会で必要になることなんだけど、公務知ってなんか社会の役に立つの?
国語で毛筆を書くなんてことはほとんど教えませんよ、それでもきれいな字は社会に出れば人に重宝がられる
音楽は聴くでしょ?
理科は科学に必要でしょ?
歴史も過去を知るのに必要でしょ?
で、他人の行動それも全く自分たちとはかかわりのない皇室の公務知ってなんか役に立つの?
立つとしたら、要人警護の人とその要人を暗殺目標にする人ぐらいでしょ?
そもそも実際に国の運営に活動する首相や大臣や他の政治家の公務すら教えないのに、何故権能すらない皇室の公務を教える必要があるの?


23 :名無しさん@3周年:2010/03/17(水) 18:32:39 ID:jAbRl/Ka
>>19 ほんとそうだな
  天皇の統帥権を軍部官僚がいいように使った結果
  勝てる見込みのない対米戦に突っ込んで敗戦した・・・
  当然廃止論もあり得る

24 :名無しさん@3周年:2010/03/17(水) 18:36:02 ID:9bTsecCT
>>23
真珠湾に攻撃を仕掛けたのは間違いだったな。
日本は寧ろ防御に徹するべきだった。

25 :名無しさん@3周年:2010/03/17(水) 18:38:48 ID:VaGfIetB
戦前の軍国主義に取り付かれている、反天サヨ。狭い知識と思考の破綻が見えてきてるよ。

26 :名無しさん@3周年:2010/03/17(水) 21:48:55 ID:DYWwUUSw
サヨというか在日

27 :名無しさん@3周年:2010/03/17(水) 22:25:07 ID:VaGfIetB
>>26
では日本人サヨは在日に踊らされてるの?アフォの極みだね。

28 ::2010/03/18(木) 11:18:31 ID:NYM/Hfhg
>>22
現在も象徴天皇のご公務は常識として通用するものである。
しかし、掲示板で一部の人間が、理解していないような書き込みを繰り返しているので、象徴天皇教育が必要と考えています。

>天皇が天皇たる理由を聞いているだよ
何を聞きたいのか判りません。
掲示板で多くの人と意見を交換していますが、あなたの意図する所が判らず、苦慮しています。
何を聞きたいのか、お教えいただければ、幸いに存じます。

>だからさ、その公務知ってなんか役に立つの?
日本国憲法で国民の総意で象徴天皇が維持されている以上、国民は天皇陛下と皇族方のご公務を知るべきでしょう。

学校で教えている内容で社会に役立たないものも、教養として学ぶのを否定しているわけではありません。
国語で毛筆と言うと判らないようで、習字と言えば理解されますでしょうか?書道家が必要なだけでは?
音楽は聴くや歌うなどは必要でしょう。しかし、リコーダーやピアニカなどの演奏は必要でしょうか?
理科は科学は必要であります。しかし、リトマス試験紙など今は使われていません。化学者でも必要ない内容では?
歴史は知識として必要ですが、実際に役に立つのでしょうか?歴史家が知っていれば良いのでは?

天皇陛下と皇族方のご公務を知ることは、象徴天皇制を知ることだと思います。
日本国の象徴である天皇を知ることは、教養として必要不可欠なものと考えます。

29 ::2010/03/18(木) 11:28:18 ID:NYM/Hfhg
戦争責任について
東京裁判で天皇陛下は裁かれず推定無罪である。
裁判もなしに勝手な判断で犯罪者呼ばわりは、問題である。
敗戦の責任は軍部の暴走とそれを止めるべき東条らの責任である。
天皇陛下は戦争遂行に反対していたのは、さまざまな資料から明らかである。

30 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/03/18(木) 11:40:12 ID:uUCFqO/V
起訴されてない対象には「推定無罪」とゆ〜表現は使わねえ〜よ。
昭和天皇が起訴されなかったのは日米の政治的な理由によるものであって、
罪状が無いと判断されたからじゃない。


31 ::2010/03/18(木) 11:55:40 ID:NYM/Hfhg
>>30 :(○´ー`○)はカワイイ ◆
裁判もなしに勝手に犯罪者呼ばわりの方が問題では?
起訴されていない以上、推定無罪であろう。
天皇陛下は推定無罪の原則は通用しないとでもいうのであろうか?

32 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/03/18(木) 12:41:44 ID:uUCFqO/V
起訴されない場合は推定無罪とは言わないって言ってんじゃん。


33 :名無しさん@3周年:2010/03/18(木) 14:14:21 ID:LK6NfPS8
>>28
知るべきだとか、常識だとか書くだけ?
それが常識で必要というなら社会でどう必要になるのか書かないとwww
象徴って意味知っている?
学んで象徴だということではないのだよ
自由意思として生まれないと象徴ではなく強制による偶像化でしかないの

それと、天皇が天皇たる理由を聞いているのにそれが判らないの?
どうして、そもそも天皇なんて言うのが作られたのかの根拠聞いているのだよ
そもそも天皇を知ることがいるんだろ?なのにその成り立ちをお前は答えれないの?
お前が答えたくないのは判るけどねwww

でまた学校?
まとめて答えようか?
学んで常識に対応するためだよwwwそして教養として身につけるためだよ
でも、天皇ってただの制度、それも日常生活に関わることのない生活にも必要ではなく
さらに公務を知ることなんて教養にもならないこと
憲法を学ぶだけで十分なこと
ここは北朝鮮ではないのだよwww

>>29を読んで気付いたが、お前は「推定無罪」と叫んでいたあのバカだったのねwww
免責処分は推定無罪ではないからね

34 :名無しさん@3周年:2010/03/18(木) 14:22:34 ID:dN3Jghtb
>1
あ〜あ、気づかれちゃったねw
始めからの無知でこんな大それた(そーでもないかw)スレを立てるからこーなるんだよwww
でも続けるんでしょ。スレ主の1さんwww

35 ::2010/03/18(木) 16:21:56 ID:NYM/Hfhg
>>32 :(○´ー`○)はカワイイ ◆
これは訂正しなくてならないね。
推定無罪の言葉は適切でないと認識しました。
しかし、罪を問われない人を、勝手に犯罪者呼ばわりは問題であろう。


>>33
>それが常識で必要というなら社会でどう必要になるのか書かないとwww
何度も言っているように、象徴天皇制が続く限り、常識として必要であろう。

>自由意思として生まれないと象徴ではなく強制による偶像化でしかないの
誰も偶像化しろと言ってはいない、単にご公務を知る必要があると言っているまで!!

>さらに公務を知ることなんて教養にもならないこと
象徴天皇を知る意味で、重要なことだと思いう。
制度としての日本国憲法は、国民の総意であると言っている。
総意である以上、象徴天皇制で不可欠なご公務を知るべきであろう。

>免責処分は推定無罪ではないからね
間違いはある、間違えは素直に認めましよ。

>>34
そんなに大胆な内容とは考えていません。
間違えは素直に認めます。
もちろん、訂正したうえで続けます。

36 :名無しさん@3周年:2010/03/18(木) 19:09:21 ID:LK6NfPS8
>>35
>何度も言っているように、象徴天皇制が続く限り、常識として必要であろう。
だからさ、簡単に言うけどそれなら今は常識ではないわけだよな?
それを常識にしたいなら、どう役立ちどう日常生活に活用でき、どう知識としてあるだけでいざ役に立つのか説明しないとwww

>誰も偶像化しろと言ってはいない、単にご公務を知る必要があると言っているまで!!
だからさ、必要があるならその必要性を説明しないとwww

>象徴天皇を知る意味で、重要なことだと思いう。
だからさ、ただの制度なの
その制度は憲法で学ぶだけでいいのだよ、たいした内容ではないのだからさw
そもそも憲法前文からの意味での総意とは総意であるように国民の意識を持っていくのではなく
国民があんたは天皇していいですよっていう総意があって初めて天皇と言う地位が保障されているだけwww
だから象徴制なのだよ
お前のは、強制による偶像化天皇制

>間違いはある、間違えは素直に認めましよ。
お前が間違っているのだよwww

で、天皇の成り立ちをお前は答えないの?答えれないの?


37 :名無しさん@3周年:2010/03/18(木) 19:44:49 ID:bZ+e/n1r
>>36
>国民があんたは天皇していいですよっていう総意があって初めて天皇と言う地位が保障されているだけwww

本当にそうかよ?

38 :名無しさん@3周年:2010/03/18(木) 20:45:39 ID:LK6NfPS8
>>37
憲法前文読めよおバカちゃんwww
ここに来る前にさっさと天皇の成り立ちを答えろってヘタレ

39 :名無しさん@3周年:2010/03/18(木) 20:51:58 ID:bZ+e/n1r
>>38
憲法前文って・・・、其れ何の諧謔だ?
不文の時代から皇室は存在しているだろうが。

40 :名無しさん@3周年:2010/03/18(木) 20:53:29 ID:LK6NfPS8
>>39
さすが日本語読めもしないでレスするヘタレな奴www

41 :名無しさん@3周年:2010/03/18(木) 20:55:51 ID:bZ+e/n1r
>>40
国語が理解出来ないのはお前だろう。
何時誰が国民の総意で保障したんだい。
其の経緯を教えてくれ。

42 :名無しさん@3周年:2010/03/18(木) 21:45:52 ID:LK6NfPS8
>>41
だから憲法前文から読めよヘタレwww
そしていまだに答え切れないようだなwww

43 :名無しさん@3周年:2010/03/18(木) 21:49:41 ID:bZ+e/n1r
>>42
不文から存在している皇室の成り立ちに就いて、成文読んでも意味無いだろうに。

44 :名無しさん@3周年:2010/03/18(木) 21:53:18 ID:LK6NfPS8
>>43
はあ?お前が聞いたのは「何時誰が国民の総意で保障したんだい。」っていうこと

そして、俺がお前に聞いているのが天皇のそもそもの成り立ちだ

あ、そうそうちゃんと廃止スレでお前の告知してやったから喜べwww

45 :名無しさん@3周年:2010/03/18(木) 21:58:59 ID:bZ+e/n1r
>>44
唯読めじゃ何の答えにもなって無いが。
其れとお前が天皇の成り立ちを訊いている意図が判らん。

46 :名無しさん@3周年:2010/03/18(木) 22:01:48 ID:LK6NfPS8
>>45
読んでから言ってこい
答えてから言ってこい

何でもねだるな逃走ヘタレwww

47 :名無しさん@3周年:2010/03/18(木) 22:02:47 ID:bZ+e/n1r
>>46
詰まりお前は自身で説明出来ない盆暗か。

48 :名無しさん@3周年:2010/03/18(木) 22:06:59 ID:ZWo4NJbS
>>45
戦前の天皇制を否定する事で成り立っている現在の象徴天皇制を
戦前に粉飾された解釈をそのまま用いて価値の説明しようとするよな
間抜けをしでかすのではと懸念されてるんじゃないかな

49 :名無しさん@3周年:2010/03/18(木) 22:09:57 ID:LK6NfPS8
>>47
お前散々ねだるだけで答えやしないじゃないかよwww
ソース先すら出さない、答え切れなくて逃走するヘタレに説明する義理もない

そもそも「何時誰が国民の総意で保障したんだい。」がお前の質問
その答えとソース先が憲法前文なんだから読めよ
反論したけりゃその前文に対して反論を行え

あ、お前は読んでも判らない?やっぱり日本語すら読めないバカだからだよwww

50 :名無しさん@3周年:2010/03/18(木) 23:09:51 ID:bZ+e/n1r
>>48
誰もそんな事云って無いだろう。

51 :名無しさん@3周年:2010/03/18(木) 23:10:57 ID:bZ+e/n1r
>>49
自分で説明出来無いお前にレスにする意味はもう無い。

52 :名無しさん@3周年:2010/03/18(木) 23:20:19 ID:LDNzO1iZ
GHQに押し付けられた憲法を廃棄して、天皇制を廃止して欲しいよな。
戦後体制を打破して天皇のいない美しい国を作るべき。

53 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/03/18(木) 23:24:33 ID:6VJ6qCOR
>>52
米国が9条改定を暗に要求し始めた以上、もはや自主憲法制定のためには1条〜8条の廃止しかないよな。

54 :名無しさん@3周年:2010/03/18(木) 23:43:35 ID:pPe4Urya

天皇万歳のキチガイ歌、君が代と
その下で400万人の日本人が苦しみ死にさせられた天皇のかみさんのメンスの日のシーツを
民主党は子供の心に植え付けることを強制するんだと。

ネトウヨどもが民主党があたかも左翼であるかのような印象を与え
民主党に票を集めていたが、
ほれほれ、言わんこっちゃない。
ナチ民主党、本領発揮だなw


55 :名無しさん@3周年:2010/03/19(金) 00:50:32 ID:cXgcgbMB
>>51
はいはいwwwまた日本語読めないのでちゅねおバカちゃんwww
ソースも出さず、何一つ廃止スレで答えることができずに逃走したお前に言われても何の説得力もないよ


56 ::2010/03/19(金) 10:23:52 ID:Fgp2tiXA
>>36
もう、平行線だね。
少し振り返ってみようか?
最初に>>10で「日本人の常識だと言うなら学ぶ必要なんてないじゃん?」と言っていたのでは?
変遷を繰り返し、意味のない内容を大量に書き込んでいるようだが・・・
もう少し楽しめると思ったが・・・

>>38
>憲法前文読めよおバカちゃんwww
日本国憲法の前文に何が書いてあると言うのでしょうか?
http://constitution.at.infoseek.co.jp/zenbun.htm

57 :名無しさん@3周年:2010/03/19(金) 10:26:40 ID:wUV5YQaG
国民主権(主権が国民に存するのであって)、平和主義(平和のうちに生存する権利)

58 ::2010/03/19(金) 10:30:00 ID:Fgp2tiXA
象徴天皇教育は日本国民としての常識であり、学校で教えるべきである。

本来、親が教えるべきものであるが、教えられていない現状は、このスレで明らかになった。

国旗・国歌より、象徴天皇教育が優先されるべきである。

59 ::2010/03/19(金) 10:34:33 ID:Fgp2tiXA
>>57
国民主権と平和主義は理解できます。
象徴天皇と相いれないものではないと思います。
国民の総意で象徴天皇が成り立っているのであり、国民は象徴天皇を学ぶ必要があるものと考えます。

60 ::2010/03/19(金) 10:43:41 ID:Fgp2tiXA
天皇制廃止論者が荒らしているように感じる。

天皇制維持を訴えるスレには、相応しくない内容で、変遷を繰り返して、過ちを認め輩には本当に困るものである。

天皇制廃止の方へとお引き取り頂きたいものであるが・・・(苦笑)

61 :名無しさん@3周年:2010/03/19(金) 10:46:56 ID:iEI4wvyT
ID:cXgcgbMBの云っている事が、>>57の示している事だとすると、国民とは何を指しているのか、
総意とは何なのか判って云ってるんだろうか・・・。

62 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/03/19(金) 12:48:45 ID:Qg3tnnDd
象徴天皇制を教えるとゆ〜コトは、ウエストミンスター憲章の意味を
教えるのと同じなんだが、>>1はそれでいいと思ってんのか?


63 ::2010/03/19(金) 15:27:58 ID:Fgp2tiXA
>>62 :(○´ー`○)はカワイイ ◆
ウエストミンスター憲章
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E6%86%B2%E7%AB%A0
ウィキペディアで調べてしまった。
しかし、なぜ、象徴天皇制とウエストミンスター憲章がつながっているのか分からなかった。
そんなに大それたものではなく、単純に皇室のご公務を教えるべきというものである。
うんちくは(○´ー`○)はカワイイ ◆に任した。一般人にも分かるように説明してくれたまえ。

64 :名無しさん@3周年:2010/03/19(金) 16:01:44 ID:jwm4eruV
>単純に皇室のご公務を教える
いかに公務が大変であるか、といった限定的な視点による
都合の良い事だけを教えるといった事にはならないのだとも
解っているのかな?

明治に、現人神であり大元帥でもあった天皇という制度が創成され
その制度的欠陥をついての軍部による政治介入、その結果の大戦と甚大な戦禍
そして敗戦を経て、明治以降の天皇制を否定する事で成り立つのが
現在の象徴天皇制である、といった変遷や経緯は無論の事
敗戦に至っても、国体護持を掲げる方法にすがるしか
国をまとめる方法を考えつかなかった当時の指導層の思惑により
現人神から一個人になったにも関わらず、天皇の人権など全く考慮されていない事
生涯を政治制度の頸木に繋がれたまま過ごさなければならない事
そもそも、その公務についても各論がある事も含め教えるという話になるよね


65 ::2010/03/19(金) 17:04:44 ID:Fgp2tiXA
>>64
現代史で教えるべきは教えるべきでしょう。

その前に、小学校低学年で、皇室の御公務を知る機会を与えるべきと考えています。

66 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/03/19(金) 17:08:45 ID:Qg3tnnDd
>>63
>単純に皇室のご公務を教えるべきというものである。
ちがうよ。「象徴天皇制」という発想は、当時憲法学者だった鈴木安蔵が考えた「憲法研究会草案」を
ベースにして、ウェストミンスター憲章の「構成国の自由な連合の象徴」とゆ〜表現から
「国民統合の象徴」と位置づけて定められたモノだ。ウェストミンスター憲章は英連邦各国が
英国王室を象徴としている。本国の英国よりも王室のポジションは抽象的なモノになっている。
これは連邦各国の独立性を確保する必要性があったからだ。


67 :名無しさん@3周年:2010/03/19(金) 17:14:04 ID:jwm4eruV
>>65
>その前に、小学校低学年で
それこそ現行憲法について成り立ちから噛み砕いて教えるのが先でしょに

68 :名無しさん@3周年:2010/03/19(金) 17:17:07 ID:/1biswT0
やつ等が正常なら
やつ等自身が、「天皇制なんておかしいよ、恥ずかしいよ、やめようよ」
と言っている

69 :名無しさん@3周年:2010/03/19(金) 17:21:04 ID:cXgcgbMB
>>56
「日本国民」として常識だと言うなら学ぶ必要すらないでしょ?
学ばないといけないとお前が言うのなら、それは学ぶという強制をしないと常識にならないから

「本来、親が教えるべきものであるが、教えられていない現状は、このスレで明らかになった。」
ってお前書いてあるよな?
つまり、必要性がないってことwww

それと学校は常識に対応するためって書いてあるの見えない?


>日本国憲法の前文に何が書いてあると言うのでしょうか?
レス辿れよww
つうかさ、お前宛ては>>36までだからwww
>>38は別スレでお前に質問したのと同じ質問を俺がしたが逃走したヘタレの>>37宛て
んで、お前はそもそも天皇の成り立ちは何だと言う質問には答えれないの?

70 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/03/19(金) 17:21:43 ID:Qg3tnnDd
憲法教育は必要だよな。憲法には国民の権利ばかりで義務がないなんてゆ〜
トンデモを言い出す香具師がいることを考えると。天皇の公務なんて役人が
好き勝手に考えて天皇に押しつけてるモノだから、ついでに教えればいいよ。


71 :名無しさん@3周年:2010/03/19(金) 19:25:00 ID:iEI4wvyT
>>67
そんな事したら、如何に現憲法に正当性が無いかバレちゃうじゃん。
左翼は今迄詭弁を弄して正当性を訴えてきてるんだから。

72 :名無しさん@3周年:2010/03/19(金) 19:35:27 ID:cXgcgbMB
憲法教育はすればいいが、天皇についての教育は必要ない
そもそも象徴天皇や皇室について教えなければならないこと自体がおかしい
個々が本来自由に思想や意志で決めるはずの象徴を、ただの人間に憲法で強制的に決めていることなんだからw


73 :名無しさん@3周年:2010/03/19(金) 19:40:58 ID:jwm4eruV
>>71
如何に現憲法が支持され続けてきたかを学ぶ訳だね

というかなぁ
>如何に現憲法に正当性が無いか
仮にも天皇制維持スレで↑これを言い出すなんて
間抜け過ぎにも程があると思うよ

74 :名無しさん@3周年:2010/03/19(金) 19:44:42 ID:iEI4wvyT
>>73
>仮にも天皇制維持スレで↑これを言い出すなんて
>間抜け過ぎにも程があると思うよ

だってお前さんが>>67で云ったのは、『現行憲法について成り立ちから』だろう。
如何に帝國憲法に違反して制定されたかバレちゃうじゃん。

75 :名無しさん@3周年:2010/03/19(金) 19:56:36 ID:jwm4eruV
>>74
>帝國憲法に
そもそも明治憲法に重大な瑕疵があったにも関わらず
それを改正する事は不可能だった事と
その瑕疵の結果、増長し国際感覚を失し暴走した軍部を
敗戦という究極の外圧を利用する以外解体する術がなかった事を学ぶ
という事でもあると解ってないようだね

76 :名無しさん@3周年:2010/03/19(金) 20:00:39 ID:iEI4wvyT
>>75
瑕疵とは?

77 :名無しさん@3周年:2010/03/19(金) 20:12:46 ID:f0oc+BqD
つかさ、
×女系天皇容認
○女性天皇容認
だろJK
公務に出産リスクに全部一人で負ってくれなんてそれこそ男尊女卑
約2000年男系でやってきたんだからその慣例に倣うべき

78 :名無しさん@3周年:2010/03/19(金) 20:49:43 ID:iEI4wvyT
>>77
女系容認は直系論者らしいぞ。

79 :名無しさん@3周年:2010/03/19(金) 20:52:29 ID:HPpLQG0m

今上天皇とクリスマス

http://akiba.geocities.jp/pxzuwp/02/6/73.html

クリスマスイブの前日が意図的に誕生日が選ばれていた。

80 :名無しさん@3周年:2010/03/19(金) 21:23:18 ID:cXgcgbMB
>>74
「帝國憲法に違反」ってどう違反しているのか言ってみwww
仮に違反だったら何?
そもそも主権者が違うということは、別物だと言い変えれるのだよ
さらに明治憲法自体、そもそも制定したことになんの正当性があるの?


81 :名無しさん@3周年:2010/03/19(金) 21:25:15 ID:cXgcgbMB
ID:iEI4wvyT、お前は昨日のID:bZ+e/n1rの逃走ヘタレだろ?

82 :名無しさん@3周年:2010/03/19(金) 22:04:48 ID:iEI4wvyT
>>80
>「帝國憲法に違反」ってどう違反しているのか言ってみwww

帝國憲法第七十三條及び同第七十五條違反。

>仮に違反だったら何?

違反であれば、効力要件(有効要件)を欠く為に憲法としては無効になる。

83 :名無しさん@3周年:2010/03/20(土) 01:30:53 ID:b+JthNci
>>82
で、無効なら今の憲法破棄でもするのかな?
それと、それね一応議会開いてやったし、摂政って誰かやったの?www
もしかしてまた自爆?
無効って「押し付け」だからとかは聞いたことあるけど、それは初めてだ
ぜひ、そのソース先を出してほしいね

で、さらに明治憲法自体、そもそも制定したことになんの正当性があるの?
また答えたくない?

84 :名無しさん@3周年:2010/03/20(土) 01:47:20 ID:YGEW3kRc
>>83
皇室典範と帝國憲法に原状復帰。
皇室典範と帝國憲法の二つの典憲の形に戻る。
現憲法は、帝國憲法第七十六條の規定に於いて、帝國憲法に反しない形に於いて留保が認められ、
帝國憲法改正後に破棄すれば良い。

>それと、それね一応議会開いてやったし、摂政って誰かやったの?www

帝國憲法では、改正大権は天皇の権能として認められている為、他の者が其れを行使する事は憲法違反とされる。
此れは皇室典範に於いても同様な事が云える。
よって無効。

85 :名無しさん@3周年:2010/03/20(土) 02:03:35 ID:b+JthNci
>>84
あ、やっぱり自爆なのねwww
手続きはちゃんとやったからその破棄方法は無効

無効だと言うなら「やってない」というソースぐらい出さないとなwww

で、明治憲法自体、そもそも制定したことになんの正当性があるの?
答えれないのヘタレwww


86 :名無しさん@3周年:2010/03/20(土) 02:19:17 ID:b+JthNci
>>84
お前のそれの出所が判ったぞwww
それって、南出ぐらいしか言ってない新無効論だな
でもお前内容さっと見ただけで、書いただろう?
明治憲法にも書いてないことを自己解釈の上の推測した論でしかないのだよww


87 :名無しさん@3周年:2010/03/20(土) 03:06:39 ID:j6WjFU7A
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┤
 実は制度としても天皇制というのは実はわずか140年の歴史しかない。
 それ以前幕府による政権で天皇は京都の狭い地域を治める1貴族に過ぎま
 せん。
 天皇というのは世界に類の無い直系の家系で全て事実であるかのように歴
 史の授業で教わりました。
 ところが歴史の授業で不思議なことが一切触れられていません。
 
 神武天皇は137歳、孝安天皇は123歳、崇神天皇は168歳、垂仁天
 皇は153歳、景行天皇は137歳
 
 とても信じられません。・・・ というか明らかにありえない伝説です。
 長寿世界一にもなったこともある泉重千代さんの年齢でさえ120歳23
 7日です。しかも医療技術も医薬品も無い時代普通に考えれば平均寿命が
 40歳にも満たないような時代です。
 この天皇の怪しい歴史までもが事実であるとして「皇統譜」という日本政
 府の公文書として記されています。
 「そんなものは歴史学者が調査しているから証拠があるはず」
 誰もがそう思うでしょうが陵墓つまり古墳などは宮内庁が厳重に管理して
 おり多くの歴史学者が発掘調査を希望しても未だに拒絶し続けています。
 
 なぜ発掘を拒絶するのか?
 答えは簡単です。
 「皇統譜」と歴史の教科書に記された天皇と現代の皇室の関係に説明でき
 ない矛盾が明らかになるからです。
 
 明治維新以前の歴史については断片的な事実を継ぎ足して神話をあたかも
 真実の歴史であるかのように公文書として作り上げ、今も子供たちにすり
 込み騙し続けているというのが現実です。
├┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┤
└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘

88 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/03/20(土) 07:03:30 ID:mDqEQaN2
>>87
その教科書には書かれてなかった??
記紀の成立時に、神武天皇は137歳、孝安、崇神、垂仁、景行ここらへんの時代のことなど判らないほど時間が
経過していたと。

また直系じゃあないよ、継体は思いっきり傍系だ。

欽明以降は建前上は天皇の系譜が続いていると解釈するのが一般的では?

日本人は矛の雫で日本列島が出来たなんて誰も信用していない。

89 :名無しさん@3周年:2010/03/20(土) 07:45:50 ID:fJTIwKPO
天皇陛下が皇居に帰るのが嫌で、いつまでも国立科学博物館で研究をやっている。
護衛は退屈で死にそうな顔をしているぞ!
ハゲダのせいだ 公然猥褻のハゲ田がいるからだ!奴を放逐せよ!
国賊禿げ田は居るだけで猥褻で天皇を侮辱している!

90 :名無しさん@3周年:2010/03/20(土) 11:57:34 ID:YGEW3kRc
>>85
>手続きはちゃんとやったからその破棄方法は無効

お前は破棄と無効の意味が判って無いみたいだな。
行為規範の違反だから無効。

若しお前が当時の改正行為を有効だと云うのなら、現憲法の改正要件に依らない改正も又、有効である事を認めなければならない。

91 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/03/20(土) 12:11:00 ID:oTV2l7S1
無効論スレが過疎化しているから、チキン野郎の自爆クンは
こっちでトンデモ無効論を開陳中かw
何度も間違いを指摘しても宗教的確信は変わらないと。


92 :名無しさん@3周年:2010/03/20(土) 12:14:26 ID:C/KJSZ9W
>>90
専用スレがあるんだからそっちでどうぞ

一応ここは、現行憲法下の象徴天皇制維持のスレのようなので
その現行憲法は無効だ、などと主張しはじめるのは
あまりにも場違いでしょ

93 :名無しさん@3周年:2010/03/20(土) 14:16:17 ID:T0luEmMa
ちゃんと中国で裁判受けろ!天皇が笑ってるのは許せん

94 :名無しさん@3周年:2010/03/20(土) 14:39:38 ID:b+JthNci
>>90
まだ判ってないの?
>>85>>86で書いてやっているだろ?
南出ぐらいしか言わない新無効論て言うのは、明治憲法に書いてないものを独自の解釈したうえで
さらに推測を交えて、現憲法を無効だとした論なんだってさwww
つまり、お前が無効だと言う手続きは肯定した上で、それが独自解釈では無効だと言っているだけなのよ♪
お前さ、また自爆したのだよ
相変わらずお前はソースは出さないし、自分のソースもとですらちゃんと読まないしおバカちゃんですねwww

ひとつ言ってやろう
南出の新無効論さ、あんなの旧来の無効論言っている奴らだってまず初めに考え付くものなんだよ
でも言わないのは、あまりに無理なことと、その論では天皇の戦争責任追及対象だっていうことが明白になるからだよ
よく考えて書き込もうね逃走ヘタレwww

で、またまた言うけど明治憲法自体、そもそも制定したことになんの正当性があるのかには答えれないのヘタレ?

あ、忘れてた「お前は破棄と無効の意味が判って無いみたいだな。」ってお前の破棄方法書いているじゃん
でも、現憲法はお前が言う無効論では無効にならないからその破棄方法は無効なんだよwww
なんか間違っているかな?


95 :名無しさん@3周年:2010/03/20(土) 14:42:38 ID:b+JthNci
>>94の書き間違いの訂正と修正

ってお前の破棄方法書いているじゃん  ×

ってお前>>84で破棄方法書いているじゃん ○

96 :名無しさん@3周年:2010/03/20(土) 16:16:33 ID:j6WjFU7A
>>88
傍系だというのも怪しい。


97 :名無しさん@3周年:2010/03/20(土) 19:17:34 ID:JMZKQr9N
でも少なくとも女系では繋がってるんだよね。

98 :名無しさん@3周年:2010/03/20(土) 19:40:18 ID:j6WjFU7A
>>97
その「繋がっている」というのが怪しい。


99 :名無しさん@3周年:2010/03/20(土) 20:16:56 ID:YGEW3kRc
>>94
>南出ぐらいしか言わない新無効論て言うのは、

現憲法の制定時にも無効を唱えてGHQから公職追放を食らったり、戦後に無効の論議だって国会内でされている訳だが。
南出氏のみがつい最近になって無効を云っている訳では無い。
唯、其の無効の法理論的な違いが種々在るだけだ。

100 :名無しさん@3周年:2010/03/20(土) 20:19:14 ID:C/KJSZ9W
>>99
>戦後に無効の論議だって国会内でされている
一顧だにされなかったよね

そこら含めて専用スレでとっくに済んでいるネタでしょに
以降、無効論関係のネタは専用スレでヨロ

101 :名無しさん@3周年:2010/03/20(土) 20:33:32 ID:YGEW3kRc
>>100
>一顧だにされなかったよね

だから?
>>94の『南出ぐらいしか言わない新無効論て言うのは、』と云うのは、嘘だと云う事だ。

102 :名無しさん@3周年:2010/03/20(土) 20:41:41 ID:C/KJSZ9W
>>101
専用スレにレスしといたよ

103 :名無しさん@3周年:2010/03/20(土) 20:53:37 ID:b+JthNci
>>99
お前って、本当におバカちゃんだね
お前は手続き自体を無効ってしているが、それが無理なのwww
そしてそれにお前はまっとうにそれを否定する反論できないのだから、これは終わり

それと現憲法の無効なんてね天皇廃止以上に無理だからwww

あ、それと新無効論といままでの無効論とは違うのだよ
そんなことも知らないで持ち出すなよ
>>101で嘘だと言うならお前のソース先をまず出せよ
あ、それともお前のバカな頭で生み出した論なのかな?
ダメじゃん、そもそもが間違っているのだからさ♪

で、ま〜だ「明治憲法自体、そもそも制定したことになんの正当性があるのか」って言うことについての答えさwww
逃走ヘタレのお前はいつも都合悪いと答えないし、ただただリピートだけ

104 :名無しさん@3周年:2010/03/21(日) 10:45:15 ID:IERcrUMs
>>103
>お前は手続き自体を無効ってしているが、それが無理なのwww

何がどう無理なのか毫も意味不明。

>それと現憲法の無効なんてね天皇廃止以上に無理だからwww

過半数の議決で可能。

>あ、それと新無効論といままでの無効論とは違うのだよ

無効理由は変わらない。

>で、ま〜だ「明治憲法自体、そもそも制定したことになんの正当性があるのか」って言うことについての答えさwww

何の法を持って帝國憲法の正当性に疑義を呈しているのかさっぱり意味不明。

105 :名無しさん@3周年:2010/03/21(日) 11:42:29 ID:om9vTged
>>27
日本人が、左翼右翼関係なく、
1950年代後半か1964年のオリンピック前後あたりから、
あっちの国の人の戦略で、
洗脳されていたのではないか?
1964年の東京オリンピックを境に、
急激に学生運動や学園紛争が勃発したわけだし。



106 :名無しさん@3周年:2010/03/21(日) 12:33:07 ID:fyFTzpNH
>>104
専用スレでやってね

>>105
>あっちの国の人の戦略で、洗脳されていたのではないか?
知識不足故なのか、あるは釣りなのか不明だが
いくらなんでもその陰謀論はあまりに低次元すぎるでしょ

大戦終結から後の世代による
戦争を省みて平和について考えるといった意識が
当時の西側諸国で大きな潮流となっていたんだよ
1960年の日米安保反対
1962年のキューバ危機から1965年の北爆を経ての反戦運動
ドイツでは1968年運動として研究の対象ともなっている

107 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/03/21(日) 12:54:45 ID:Iq6yAS6G
>>106
>専用スレでやってね
そうそう。
このスレは現行憲法を正当として、それを前提にして議論するってのが
>>1のスタンスなんだからそれを尊重せず空気の読めないチキン野郎の自爆クンは、
自分のスレの過疎化を解消すべくこんなところで無駄レスするのを止めるべきだな。
無効論を主張したいならそうするのが筋だろう。

>当時の西側諸国で大きな潮流となっていたんだよ
政治や軍事の面ばかりに目が奪われると、その時代の民衆がどんな意識を持っていたか
意識が及ばないっつうコトだな。アナール学の観点がいかに必要かは、民主化された
時代ほど重要な意味を持つ。


108 :名無しさん@3周年:2010/03/21(日) 13:30:26 ID:+/W8O2hr
>>104
>何がどう無理なのか毫も意味不明。
改憲手続き自体が明治憲法の改憲手続きに沿ったのもので有効だからwww
そして、一例上げるがその改憲したものによって今まで国が運営され裁判が行われているから
もし、それが無効だと言うなら今まで行った裁判すべてが違憲だったということ
だが、どのような裁判も「現憲法が無効」だと前置きした上でのそれぞれ案件の判決など下したことなどないからwww
もちろん、その現憲法が無効なら今の天皇も無効でしょww
つうか、お前手続きが無効だというなら、どこがどう違反してどのような状態でやったからか書かないと?


>過半数の議決で可能。
どこからそれ持ってきたの?
明治憲法のどこ?

>無効理由は変わらない。
理由が違うから「新」って付いているのだよ、おバカちゃんwww

>何の法を持って帝國憲法の正当性に疑義を呈しているのかさっぱり意味不明。
何の法?
何をもって正当性があるって言っているの?と聞いているのだからそれはお前が答えることだよwww
あ、正当性が示せるものが何もないなら「何もない」がお前の答えならそれでも良いのだよ♪
まあ、それぐらい答えれるのかと思ったがな


109 :名無しさん@3周年:2010/03/21(日) 13:35:38 ID:aRdgfVQ0
「法的な革命」があったことにすればいいw

110 :名無しさん@3周年:2010/03/21(日) 13:36:52 ID:MklV9VkI
天皇制は廃止するべきです。
 天皇制は廃止するべきです。
   天皇制は廃止するべきです。


111 :名無しさん@3周年:2010/03/21(日) 13:44:36 ID:+/W8O2hr
ここで疑問だが、なんで逃走ヘタレや>>1は天皇が天皇たるえるそもそも成り立ちに答えないのだろうか?
答えるとなんかやばいのかな?

112 :名無しさん@3周年:2010/03/21(日) 13:44:47 ID:IERcrUMs
>>108
>改憲手続き自体が明治憲法の改憲手続きに沿ったのもので有効だからwww

草案はGHQによってなされている訳だから、帝國憲法第七十三條及び同第七十五條違反である事は疑いの余地は無い。
由って有効ではない。

>どこからそれ持ってきたの?

無効確認決意であるのだから、過半数で可能なのは莫迦でも判る。

>理由が違うから「新」って付いているのだよ、おバカちゃんwww

無効理由が違うのではなく、無効後の現憲法の扱いに就いての法理論が違うだけだ。

>何をもって正当性があるって言っているの?と聞いているのだからそれはお前が答えることだよwww

だからお前さんが何を持って正当性に疑義を呈しているのか意味不明と云ってるんだが。
現憲法は、帝國憲法の改正法であるのだから、帝國憲法のj行為規範に羈束されるのは莫迦でも判る事だが。

113 :名無しさん@3周年:2010/03/21(日) 13:49:19 ID:IERcrUMs
>>112
無効確認決意であるのだから、→無効確認決議であるのだから、

114 :名無しさん@3周年:2010/03/21(日) 14:36:56 ID:ca+wFG5t
そもそも天皇制が無くなると日本の芯が無くなる、バラバラになる
と、抽象的に言われるが、そうなのかな、
逆に日本人を馬鹿にしてるよう気がするけどな
伝統文化としては、すばらしいと思うけど


115 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/03/21(日) 14:43:32 ID:Iq6yAS6G
>天皇制が無くなると日本の芯が無くなる、バラバラになる
その主張は小室直樹が「アノミー崩壊」として「天皇の原理」でも書いているな。
本当に崩壊するかは誰にも分からない。


116 :名無しさん@3周年:2010/03/21(日) 14:50:48 ID:Wfni2s0x
島田紳介の暴力にNHK職員も苦しんでます。
http://www.youtube.com/watch?v=ao1JxzvoebI&annotation_id=annotation_692538&feature=iv

117 :名無しさん@3周年:2010/03/21(日) 15:03:30 ID:+/W8O2hr
>>112
>草案はGHQによってなされている訳
73条と75条みたしているけど?知らないの?
どうそれに沿ってないと言うのか書かないとさ
例えは議会の2/3以上の出席がないとか、摂政が誰だったからとか書かないと違反としかお前書いてないじゃん?
ソースすら出さない奴はそれぐらい書いてから言えwww

>無効確認決意であるのだから、過半数で可能なのは莫迦でも判る。
だからさ、どこに書かれているの?
書いてなく過半数って書いたならお前の妄想だろww

>無効理由が違うのではなく、無効後の現憲法の扱いに就いての法理論が違うだけだ。
だからさ、ちゃんと読んで調べてこいってwww
そこまで言うなら、対比の内容書けよ

>だからお前さんが何を持って正当性に疑義を呈しているのか意味不明と云ってるんだが。
だからさ、お前が「何を持って正当性に疑義を呈しているのか意味不明」と言えるなら、その正当性があることは
何かを持っていっているわけだろ?それを聞いているのだよおバカちゃん
なにもなしに正当だと言っているの?
おバカちゃんにも判るように言ってやるけど、お前は現憲法を旧憲法を持って無効だと言っているわけだよな?
ならは旧憲法の正当性(有効性でもいいぞ)は何を持って証明されるわけ?

118 :名無しさん@3周年:2010/03/21(日) 15:20:17 ID:+/W8O2hr
>>114
そう馬鹿にした論だよ
日本人のそれぞれの個としての存在価値がないってことだからねw



119 :名無しさん@3周年:2010/03/21(日) 15:26:44 ID:aRdgfVQ0
「よりよい民主主義実現のため」という観点からすれば、
個としての存在価値が他の西側諸国より低いのは否めないけどな。
>日本の有権者

120 :名無しさん@3周年:2010/03/21(日) 16:02:35 ID:0WUA7cpo
>>106
そこまであっちの国は影響力やパワーが強くないってことか?


121 :名無しさん@3周年:2010/03/21(日) 17:56:18 ID:fyFTzpNH
>>120
日本の中だけの、それも偏った色眼鏡越しに現代史を断片化する事は
誤りの元でしかないよ

強大な仮想敵を想定し、陰謀論でしか物事を理解できなくなったら
それはもう病気と言っても過言ではないよね

122 :名無しさん@3周年:2010/03/21(日) 18:54:59 ID:IERcrUMs
>>117
>73条と75条みたしているけど?知らないの?

満たして無いが。

>だからさ、どこに書かれているの?

『無効確認決議』って国語を理解出来ない莫迦なのか。

>ならは旧憲法の正当性(有効性でもいいぞ)は何を持って証明されるわけ?

だからお前が何を以て疑義を呈しているのか不明な以上、答える事は何も出来ないが。

123 :名無しさん@3周年:2010/03/21(日) 21:28:56 ID:+/W8O2hr
>>122
>満たして無いが。
だから、どう満たしてないか言えってwww

>『無効確認決議』って国語を理解出来ない莫迦なのか。
だから、どこにそれが書いていてどこに過半数と書いてあるか出せってwww

>だからお前が何を以て疑義を呈しているのか不明な以上、答える事は何も出来ないが。
あ、出せないってことねwww
つうか俺が何に疑義を呈していようが関係ないのだよ
つうか疑義を呈しているって俺がどこかに書いた?



124 :名無しさん@3周年:2010/03/22(月) 11:03:03 ID:Zr1BtFmm
「お前の主張は○○と同じだ」
「お前の主張は世間に受け入れられてない」

以前無効論スレ見た時のID:C/KJSZ9Wはこの二つを延々と繰り返すテープレコーダーだったけど
自身満々に>>100のような事言うからには少しは進歩したのかな?
まさか他人の褌…とかじゃないだろうからね。

125 :名無しさん@3周年:2010/03/22(月) 11:37:57 ID:Zr1BtFmm
確かに以前に比べると情報を使った具体的なレスが劇的に増えたように思える。
彼なりの進歩か?
もっとも劇的に増えたというのが勘違いでなければそれはそれでアレなんだけど。

126 :名無しさん@3周年:2010/03/22(月) 13:40:25 ID:CCwL/VZR
>>123
>だから、どう満たしてないか言えってwww

>>82で説明済み。

>だから、どこにそれが書いていてどこに過半数と書いてあるか出せってwww

決議の賛否は全て過半数だろう。
お前頭悪いのか?

>あ、出せないってことねwww

疑義を何なのか出せないのはお前だろう。
お前の疑義が何なのか判らないのに、反論も糞も無い。
莫迦か。

127 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/03/22(月) 13:59:36 ID:YL6072AQ
本日のチキン野郎の自爆クン=ID: CCwL/VZR

>彼なりの進歩か?
大して進歩なんてしてねえよw
これで進歩なら以前はどれだけダメダメだったかw


128 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/03/22(月) 14:11:30 ID:YL6072AQ
>帝國憲法第七十三條及び同第七十五條違反
何度間違いを指摘されても懲りないチキン野郎の自爆クンw

七三条の改正手続で成立したという理論上の矛盾を説明する最も適切な学説として大要
次のような趣旨の宮沢俊義の八月革命説を挙げることができる。

 1 明治憲法七三条の改正規定によって、明治憲法の基本原理である天皇主権主義と真向から対立する
国民主権主義を定めることは、たしかに法的には不可能である。
 2 しかし、ポツダム宣言は国民主権主義をとることを要求しているので、ポツダム宣言を受諾した段階で、
明治憲法の天皇主権は否定されるとともに国民主権が成立し、日本の政治体制の根本原理となったと
解さなければならない。つまり、ポツダム宣言の受諾によって法的に一種の革命があったとみることができる。
 3 もっとも、この革命によって明治憲法が廃止されたわけではない。その根本建前が変わった結果として、
憲法の条文はそのままでも、その意味は、新しい建前に抵触する限り重要な変更をこうむったと
解さなければならない。たとえば、明治憲法七三条については、議員も改正の発案権を有するようになったこと、
議会の修正権には制限はなくなったこと、天皇の裁可と貴族院の議決は実質的な拘束力を失ったこと、
国体を変えることは許されないという制限は消滅したこと、を認めなければならない。
 4 したがって、日本国憲法は、実質的には、明治憲法の改正としてではなく、新たに成立した
国民主権主義に基づいて、国民が制定した民定憲法である。ただ、七三条による 改正という手続きを
とることによって明治憲法との間に形式的な継続性もたせることは 実際上は便宜で適当であった。
(芦部信喜「憲法」29-32頁)


129 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/03/22(月) 14:14:18 ID:YL6072AQ
>帝國憲法第七十三條及び同第七十五條違反
つづき

大日本帝国憲法 第七十五条
 憲法及皇室典範ハ摂政ヲ置クノ間之ヲ変更スルコトヲ得ス

憲法義解 第七十五条
慎んで思うには、摂政を置くのは、国家の変局であり、その常態では無い。故に、摂政は統治権を行う事は、
天皇とことなら無いといえども、憲法及び皇室典範の何等の変更もこれを摂政の断定に任せるのは、国家及び
皇室における根本条則の至重である事は、もとより仮摂の位置の上にある。そして、天皇の外には誰も改正の
大事を行う事は出来ないのである。

以上の通り、改正は昭和天皇自身が行ったモノであり第七十五条条項に対して何らの違反も存在しない。
憲法義下が言う「国家の変局」とは、旧皇室典範の第十九条二項「天皇久キニ亙ルノ故障ニ由リ大政ヲ
親ラスルコト能ハサルトキ」を指しており、現実として改正に至る課程においてこうした事態は起きていない。
また、摂政を置いた事実もない。したがって改正条項第七十五条違反にはならない。


130 :名無しさん@3周年:2010/03/22(月) 14:18:15 ID:CCwL/VZR
>>128
>>129

宮沢俊義の八月革命説を挙げている時点で、お前のトンデモ憲法講釈は話にならない。

131 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/03/22(月) 14:47:53 ID:YL6072AQ
内容に対して反論が出来ないチキン野郎の自爆クンw


132 :名無しさん@3周年:2010/03/22(月) 18:22:27 ID:pNx82HvB
皇帝のいない八月

133 :名無しさん@3周年:2010/03/22(月) 19:01:47 ID:rW8waM4N
>>126
>>82で説明済み。
だからさ、それが説明になってないのよおバカちゃんwww
いいかい、違反としか書いてないで説明した気になっても困るのだよ
その違反がどんな内容でどう違反なのか書かないと全く説明とは言えないの
つまりね、「違反だ」と叫んでいるだけじゃ反論でもないし証拠の提示でもないのだよ、おバカちゃんw

そんな、おバカちゃんに判るように例え話をしよう
「あなたは時速60kmの道路を時速80kmで自動車を走らしたので交通速度違反です」
これが説明だ、わかったかな?

>決議の賛否は全て過半数だろう。
はあ?それ法案とかの場合の決議だろ?
お前は憲法の無効決議だと言っているのに同じなわけないだろう?
考えれよな、憲法なんだよ?それの改正に必要な数だって2/3だろうに
そもそも憲法向こうに関する決議の取り決めなどない
さらにお前、その決議どこでやるの?
まずお前が矛盾しているのは、その決議をお前が無効だという現憲法下で行おうとしているってこと
判る?無効だと言っているもの自体が下す決議は有効にはなりえないってさ
だから結論として、そもそも無理なんだよ
あ、それとね無効確認決議なんてどこが出すのかな?そいつらは一体どの憲法下の選挙で議員となったものかな?
ここまで言えばわかるよなwww

>疑義を何なのか出せないのはお前だろう。
お前は明治憲法が正当だから現憲法が無効だと言っているわけだよね?
だから、明治憲法の正当性は何をもって正当だと言っているのか聞いているのだよwww
まさか、正当でもないのに現憲法が無効だなんて言っているの?



134 :名無しさん@3周年:2010/03/22(月) 19:04:24 ID:rW8waM4N
>>133の訂正と修正
そもそも憲法向こうに関する決議の取り決めなどない ×

そもそも憲法無効に関する決議数の取り決めなど明治憲法でもない ○

135 :名無しさん@3周年:2010/03/22(月) 21:06:09 ID:CCwL/VZR
>>134
日本國憲法第五十六條二項、『両議院の議事は、この憲法に特別の定のある場合を除いては、出席議員の過半数でこれを決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。 』

大日本帝國憲法第四十七條、『兩議院ノ議事ハ過半數ヲ以テ決ス可否同數ナルトキハ議長ノ決スル所ニ依ル』

依って、過半数の決議によって可能。

136 :名無しさん@3周年:2010/03/23(火) 01:14:51 ID:+h7pZw2N
>>135
え〜まさかそれが反論?
違反自体の説明すらなく、決議が出来るとでも思っているの?

ついでにさ、「この憲法に特別の定のある場合を除いては、」って言う言葉が見えない?
もちろんこの場合、現憲法が有効でなければその条項は無効でしょ?お前大自爆だよwww

旧憲法にしてもそれ法案のことなよwww
お前判ってなかったね、憲法が無効なんて改正したこと自体無効にするってことをさ

で、>>133の反論はどこ?


137 :名無しさん@3周年:2010/03/23(火) 09:51:04 ID:wRXc0Aat
>>136
>違反自体の説明すらなく、決議が出来るとでも思っているの?

盆暗には何度云っても判らないらしいが、既に>>82で説明済み。

>もちろんこの場合、現憲法が有効でなければその条項は無効でしょ?お前大自爆だよwww

自爆しているのはお前。
無効確認前の状態は、イレギュラーな形で現憲法を憲法として有効と見做しているからこそ、無効確認が必要なのであって、
条文に何等矛盾はしない。

>旧憲法にしてもそれ法案のことなよwww

無効確認決議は、法案として提出するんだけど。

138 :名無しさん@3周年:2010/03/23(火) 10:07:32 ID:mE6PnuGu
>>137
自爆クンよ、>>82は説明になってないよ。
つーか、法律が憲法の無効を確認できるわけ無いだろ。盆暗か?頭大丈夫か?

139 :名無しさん@3周年:2010/03/23(火) 10:08:21 ID:mE6PnuGu
>>137
そもそも明治憲法の有効性というか正当性はどこにあるんだよ。バーカ。

140 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/03/23(火) 10:13:19 ID:ETyBuWjX
まあ、帝国憲法は天皇の勅書付きで改正条項に従って改正されちまってるから
無効にするなんざ不可能だわな。昭和天皇はキッチリ大権行使しちゃってるから。


141 ::2010/03/23(火) 10:13:22 ID:VACMCBeY
怒号、罵倒、困ったことである。

2チャンネルに期待しても無理か?

142 ::2010/03/23(火) 10:20:59 ID:VACMCBeY
象徴天皇教育は必要であろう。

天皇制廃止論者が騒げば騒ぐほど、必要性を感じるものである。

日本国民の常識である天皇陛下への敬意を持たぬものが、いることは教育に不備があるのを教えてくれる。

小学生低学年から皇室の御公務を学ぶ機会を与えるべきであろう。

合わせて過去の不幸な出来事を現代史で学ぶことが重要であるものと考える。

143 ::2010/03/23(火) 10:23:49 ID:VACMCBeY
天皇制廃止など少数派であり、机上の空論である。

時間の無駄であり、無用な議論であり、日本国民の総意と異なり危険な考えたである。

144 :名無しさん@3周年:2010/03/23(火) 10:24:27 ID:wRXc0Aat
>>138
>自爆クンよ、>>82は説明になってないよ。

何がどう説明になって無いんだい。

法律?
云ってるじゃん『無効確認決議』でって。
教育勅語排除・破棄決議の無効確認決議もしなくてはならない。

>>139
だから何を以て有効性に疑義を呈しているのか説明してくれ。

145 :名無しさん@3周年:2010/03/23(火) 10:39:52 ID:DPZSCU37
>>142
>天皇陛下への敬意を持たぬものが、いる
必ず敬意を持たねばならない、それを教える事が教育だと言うなら
それは戦前の教育と変わらないものだよね

146 ::2010/03/23(火) 11:34:09 ID:VACMCBeY
>>145
今現在、象徴天皇制になっても、日本国民の常識としては、天皇へは敬意を示している。

世論調査からもはっきりしていることである。

一部の人間が皇室への敬意を持てないのは、教育が間違っているからである。

国旗・国歌より、象徴天皇への敬意をもつことが重要であろう。

147 :名無しさん@3周年:2010/03/23(火) 11:51:45 ID:DPZSCU37
>>146
親しみを敬意と言い換える姑息は、男系信者だけでお腹いっぱいなんだがなぁ

敬意を持たねばならないという、戦前ままの強制を良しとするようでは
現在の象徴天皇制の支持者とは言えないよね

148 :名無しさん@3周年:2010/03/23(火) 12:02:00 ID:+h7pZw2N
>>137
>盆暗には何度云っても判らないらしいが、既に>>82で説明済み。
>>133で説明になってないわけを説明済み
あのさ、お前は過程の説明をせず「違反」だと喚いているだけなのが判らないおバカちゃんwww

>無効確認前の状態は、イレギュラーな形で現憲法を憲法として有効と見做しているからこそ
え?今度は「有効」なんだwwwまた自爆www
お前、現憲法が「有効」なら明治憲法はもう「無効」だって言うことだよ?
んでね、お前が書き出した「この憲法に特別の定のある場合を除いては、」って日本語が本当に見えてないようだね?
現憲法を「無効」にするなんて「特別の定のある場合」でしょ?
それすらわからないの?ダメじゃん
はい、これも自爆www

>無効確認決議は、法案として提出するんだけど。
それ明治憲法ででしょ?でもお前現憲法を今回「有効」としているのだからそもそも出せないよなwww自爆乙www
ま、まさか両方で出すとかおバカ全開なこと言わないよな?
それに法案ってwww憲法改正だとしていることを法案で出来るってどこまでおバカ?
普通、憲法改正の無効をやるなら、少なくても憲法改正と同様の手順だろうにwww

んで、>>133の最後にはやっぱり答えれないの?
お前自身のこと聞いているに、人の疑義聞いてなんか意味あるの?
別にお前がどの事について何を持って正当性をいってもこっちは構わないのだが?
お前自身のこと答えることが出来ないってことは、正当性はどこにもないってことの暴露だよwww

149 :名無しさん@3周年:2010/03/23(火) 12:11:18 ID:+h7pZw2N
>>146
まだ、お前は言っているの?
判らないかな?敬意の強制は強制した時点で敬意ではないってさ


150 ::2010/03/23(火) 12:17:44 ID:VACMCBeY
>>149
強制と言えば教育すべて強制となる。
象徴天皇への敬意を教えることに、何ら問題なかろう。
国旗・国歌への敬意を教えるのだから、当然、象徴天皇への敬意を教えるのは当然である。

151 :名無しさん@3周年:2010/03/23(火) 12:21:41 ID:DPZSCU37
>>150
>教育すべて
教育とは権利だよ
強制し教え込む事を教育であるなどと誤魔化していた戦前ままの言い訳を
>>1も用いてしまうとはね

152 ::2010/03/23(火) 12:24:35 ID:VACMCBeY
>>151
強制して教え込むのではなく、学ぶ機会を与えるのである。

象徴天皇制での皇室の御公務を学ぶ機会を与え、その中で象徴天皇への敬意を学ばせる。

何も問題ないであろう。

153 ::2010/03/23(火) 12:27:09 ID:VACMCBeY
女系天皇を求めるべきであろう。

皇室典範は男尊女卑であり、改革するべきである。

男女平等の今日に合った制度に生まれ変わらすべきである。

154 :名無しさん@3周年:2010/03/23(火) 12:27:36 ID:DPZSCU37
>>152
>学ぶ機会を与える
事と
>敬意を学ばせる
事はまるで違う事だよね

一方は自ら考える余地を残すが、他方は余地を残さない

155 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/03/23(火) 12:28:34 ID:ETyBuWjX
まあ、2003年(少し古いが)のNHK世論調査でも「天皇に対する感情」として
尊敬(敬意)を持ってる層は

「戦後世代」(1939〜1958生まれ)19%、
「戦無世代」(1959以後の生まれ)   8%

後の大半は「好感」と「無関心」だからな。天皇信者なら焦りたい気持ちになるのだろう。
特に戦後の豊かな時代に生まれ育った「戦無世代」は1978年の調査以来、「尊敬」は
ずっと一桁。「無感情」が50%を切ったことは一度もない。


156 ::2010/03/23(火) 12:30:38 ID:VACMCBeY
>>154
どちらも同じことと思うが・・・

不満ならば、皇室の御公務を学ぶ機会を与えるで一向に構わんが。

157 ::2010/03/23(火) 12:33:03 ID:VACMCBeY
>>155
無関心なのは知らないからであり、知れば尊敬に変わるものであろう。

158 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/03/23(火) 12:33:41 ID:ETyBuWjX
憲法の天皇条項とゆ〜のは天皇を敬えとゆ〜意味ではなく、天皇にはもう統治権能がなく
国民主権であることを宣言した条項だから、天皇側が能動的に象徴としての役割を果たさない限り
国民が関心を持つことはない。学校で教えるとかゆ〜コトではなく、天皇やその取り巻きである
役人連中が象徴に相応しい公務をすればいいだけのこと。憲法に従うならな。


159 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/03/23(火) 12:35:51 ID:ETyBuWjX
>>157
>無関心なのは知らないからであり
知る必要性がないから知ろうとしないのさ。オレやオマイみたいに天皇に関心がある香具師なんて
少数派なんだよw 大抵の国民は天皇なんかより重視することが沢山あるから。


160 :名無しさん@3周年:2010/03/23(火) 12:39:41 ID:+h7pZw2N
>>150
可笑しいよな?
お前、「教育が間違っている」から「一部の人間が皇室への敬意を持てない」って言っているわけだが、
「今現在、象徴天皇制になっても、日本国民の常識としては、天皇へは敬意を示している。」ってお前は書いている
なら、「教育が間違っている」わけではないのだよ

つまり敬意と教育は関係ないってことを自爆暴露www

んで、「国旗・国歌への敬意を教える」?
それ教えてないし、法による強制だけど?




161 ::2010/03/23(火) 13:11:15 ID:VACMCBeY
>>159 :(○´ー`○)はカワイイ ◆
日本国の象徴を知ることないとは思わぬが・・・

統合の象徴である天皇を知るべきである。

162 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/03/23(火) 13:16:45 ID:ETyBuWjX
>>161
>統合の象徴である天皇を知るべきである。
憲法が求めているのは象徴であるべしとゆ〜天皇への命令であって、
国民が知らないとすれば天皇側の責任だって言ってんだよ。


163 ::2010/03/23(火) 13:16:50 ID:VACMCBeY
>>160
象徴天皇制への知識がなければ、敬意も無かろう。

国旗・国歌への教育は、教育現場で様々苦労している。

卒業式なので国旗・国歌への敬意を教える場面で教えているものと承知していますが・・・

国旗・国歌より、象徴天皇を学ぶ機会を与えてあげるべきと考えます。

164 :名無しさん@3周年:2010/03/23(火) 13:17:09 ID:DPZSCU37
>>161
現行憲法を学ぶついでに、という事にしかならないよ

165 :名無しさん@3周年:2010/03/23(火) 13:19:55 ID:DPZSCU37
>>163
>象徴天皇を学ぶ機会
現行憲法を学ぶ機会を与えるという事でしかないよね

166 ::2010/03/23(火) 13:21:08 ID:VACMCBeY
>>162
統合の象徴である天皇に知らせる責任を負わすの間違いであろう。

天皇を知らせるべきは政府の責任であり、天皇は自ら知らせるなど責任を負うものではない!!

政府の責任で国民に象徴天皇制をきちんと学ぶ機会を与えるべきなのである。

167 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/03/23(火) 13:24:13 ID:ETyBuWjX
>>166
>統合の象徴である天皇に知らせる責任を負わすの間違いであろう。
いや、間違っちゃいないよw
憲法は天皇に対して象徴の役割をやりなさいと命令してるんだから。
だから天皇だって高齢で病気があっても公務をやってるワケだし。


168 ::2010/03/23(火) 13:24:43 ID:VACMCBeY
>>164>>165
日本国憲法を学ぶ機会は重要であります。

象徴天皇を知ることにもなるものと考えます。

しかし、単に憲法を学ぶだけでなく、書かれていない象徴天皇制を学ぶ機会も重要であるものと考えます。

169 ::2010/03/23(火) 13:30:43 ID:VACMCBeY
>>167 :(○´ー`○)はカワイイ ◆
天皇自らが知らしめるなど、象徴天皇の行為を逸脱したものである。

政府が責任を持って象徴天皇を知らしめるべきである。

統合の象徴である天皇に関しての内容を、政府自ら知らしめ、国民の統合を維持するのはまさに政治である。

170 :名無しさん@3周年:2010/03/23(火) 13:35:29 ID:DPZSCU37
>>168
>書かれていない象徴天皇制を学ぶ機会
それこそ宮内庁の広報の仕事、教育で行う事じゃない

>>169
公務のお知らせ、訪問先での様子や御言葉、歌会始など
サイトでも知らせている、それで充分でしょ

>国民の統合を維持する
かどうかは国民が決める事なんだよ

171 ::2010/03/23(火) 14:05:08 ID:VACMCBeY
>>170
省庁間の壁を破って、象徴天皇教育を推し進めるべきであろう。

サイトでの宣伝活動も必要だが、国民の統合の象徴である象徴天皇制を周知徹底するために義務教育での学ぶ機会を与えるべきである。

国民の統合の象徴が浸透すれば、自殺者の減少にも一役買うことであろう。

政府は象徴天皇制を広く知らしめる責任があり、その責務を果たしていない。

172 ::2010/03/23(火) 14:11:48 ID:VACMCBeY
天皇制廃止など机上の空論であり、「うましか」の議論である。

国民の多くは天皇制維持である。

天皇制廃止論など時間の無駄であり、無用な議論であり、日本国民の総意と異なり危険な考えたである。

173 ::2010/03/23(火) 14:17:57 ID:VACMCBeY
皇室典範は男尊女卑であり、改正するべきである。

女系天皇を認めるべきであり、男系である必要性はない!!

科学的にも、一般常識からも、女系天皇は認めるべきである。

174 :名無しさん@3周年:2010/03/23(火) 14:32:49 ID:gq/gMr0u
女系天皇はいままでいなかった。
実質王朝交代になるんだよ?


175 ::2010/03/23(火) 14:45:16 ID:VACMCBeY
>>174
仮に、王朝交代になったからて、何の問題があるの?

それより直系を続けるほうが重要である。

176 :名無しさん@3周年:2010/03/23(火) 14:55:21 ID:+h7pZw2N
>>163
え?それがお前が可笑しいことへの反論?
それに国旗国歌法で定めているだけだしwww
教えているって言うけどただたんに掲げているだけ

そもそもただの制度に敬意ってバカ?
制度で決まった首相は?大臣は?国会議員は?どうするの?

なぜ天皇だから敬意を払わないといけないの?
お前は答えれなかったが質問したよな?
そもそも天皇が天皇たる理由は何なの?
敬意を求めるならまずこれ言わないとなwww


177 :名無しさん@3周年:2010/03/23(火) 15:05:16 ID:+h7pZw2N
>>163のとてもバカな1へ

あ、そうそうここまで読んでいたら、お前また自爆やらかしているからwww
>>171で「国民の統合の象徴が浸透すれば、自殺者の減少にも一役買うことであろう。」って書いてあるけどさ、
お前「今現在、象徴天皇制になっても、日本国民の常識としては、天皇へは敬意を示している。」と書いてそれ?
可笑しいだろうがよwww
日本人常識なのに浸透がしてないから自殺者が減少しないってさ♪
妄想はやめてくれよな

あ、もう一つ直系の意味調べておいでねwww




178 ::2010/03/23(火) 15:06:19 ID:VACMCBeY
>>176
何言っても変遷するだけで、論点がはっきりしない人に反論しても意味ないとは思うが・・・

日本国憲法で国民の統合の象徴とされている以上、敬意を払われる存在であることを教えるべきであろう。
敬意を教えるでは抵抗があるようなので、象徴天皇を学ぶ機会を与えるべきであるとする。

「そもそも天皇が天皇たる理由は何なの?」の答えは保留にしています。
論点を明らかにして質問するのであれば、答えなくもないが、単なる好奇心で聞かれても、答えようがない。

179 ::2010/03/23(火) 15:12:41 ID:VACMCBeY
>>177
象徴天皇が浸透していれば自殺者の減少に役に立つと思います。

現状で日本国民の多くは常識として象徴天皇を理解し受け入れているが、無関心な人が多くいるのは事実として受け入れております。

直系では男系を指すようで、言い間違いを指摘いただき感謝いたします。

180 ::2010/03/23(火) 15:14:15 ID:VACMCBeY
>>175 訂正
直系×
世襲○

181 :名無しさん@3周年:2010/03/23(火) 15:30:16 ID:+h7pZw2N
>>178-180
論点?ハッキリしてるやんww
教育の必要性はないてこと
あ、バカだから散々書いていたけど判らなかった?

>「そもそも天皇が天皇たる理由は何なの?」の答えは保留にしています。
バカだね
それ言わないと敬意を払う理由がないでしょ?
「日本国憲法で国民の統合の象徴とされている」は制度でしかないのだよ
制度に一々敬意払うなら「制度で決まった首相は?大臣は?国会議員は?どうするの?」に答えろよ

>象徴天皇が浸透していれば自殺者の減少に役に立つと思います。
今度は思います?妄想するなってwww
そこまで言うなら、なんか統計データでも示せよな
せめて、何がどうなって自殺者の脳内変化があって減少に繋がるのか書けよ

>現状で日本国民の多くは常識として象徴天皇を理解し受け入れているが、無関心な人が多くいるのは事実として受け入れております。
なら、お前が「今現在、象徴天皇制になっても、日本国民の常識としては、天皇へは敬意を示している。」と書いたのは嘘ってことだよなwww
嘘ついて何がしたいの?

>世襲○
ならどうして世襲を続けることが重要なの?
世襲って能力を問わずに受け継ぐ制度で、バカでもなれるのだがなwww



182 :名無しさん@3周年:2010/03/23(火) 16:36:20 ID:mE6PnuGu
>>178
国会は日本国憲法で国権の最高機関とされている以上、敬意を払われる存在であることを教えるべきであろう。
敬意を教えるでは抵抗があるようなので、国会を学ぶ機会を与えるべきであるとする。

おまえの主張ではこういうことだよな?

183 ::2010/03/24(水) 10:22:42 ID:82Rf9r1D
>>181
>教育の必要性はないてこと
平行線で閉じたはず、再び同じ論議をするのでしょうか?

>「日本国憲法で国民の統合の象徴とされている」は制度でしかないのだよ
単に制度ととしてお考えなのでしょうか?

>制度に一々敬意払うなら「制度で決まった首相は?大臣は?国会議員は?どうするの?」に答えろよ
当然、首相も大臣も国会議員にも敬意を払うべきでしょう。
さらに言うなら、主権者である国民にも、敬意を払うべきである。
国民の統合の象徴である天皇陛下への敬意は、まさに象徴的なものであると考えます。

>せめて、何がどうなって自殺者の脳内変化があって減少に繋がるのか書けよ
行き過ぎた個人主義を取り戻し、日本国民の統合が意識できれば、自殺者も減少しようという話であります。

>ならどうして世襲を続けることが重要なの?
世襲制は天皇陛下に限ったものではありません。
政治・芸能・会社でも行われています。
決して珍しいものではないと考えますが・・・

>182
>おまえの主張ではこういうことだよな?
国会への敬意は当然であり、言いたいこともありますが、スレ違いになるので止めておきます。
主権者の日本国民への敬意も必要でしょう。まさに象徴的に天皇陛下への敬意が求められているものと考えます。

184 ::2010/03/24(水) 10:34:27 ID:82Rf9r1D
日本国民の常識として、天皇陛下は敬意を持たれているものと考えます。

無関心の人であれ、天皇陛下への不敬をはたらく者はなく、その意味では敬意を持たれているのでしょう。

天皇陛下への不敬は許しがたいものがあり、最近はこのレスでも少なくなったようにも感じられます。

一部の常識のない人間が、不敬な書き込みを行うものと考えます。

無関心ではあっても、どこかに天皇陛下への敬意はあるものと思います。

185 ::2010/03/24(水) 10:49:14 ID:82Rf9r1D
象徴天皇教育の目的は敬意を持たせることではありますが、教育の具体的内容は皇室の御公務を学ぶことであります。

186 ::2010/03/24(水) 10:58:52 ID:82Rf9r1D
象徴天皇教育が難しい議論になっているが、単純に考えれば、良いものと考える。

小学校低学年から天皇陛下と皇族方のご公務を学ぶ機会を与えるべきであるであり、そんなに議論になる内容ではないと考える。

187 :名無しさん@3周年:2010/03/24(水) 11:07:12 ID:pRKvBbrb

お伺いしたいのですが・・・

そもそも天照大神の神事を司る天皇家の御仁がミッションスクールにご入学あそばされる珍事は
如何にお考えでしょう?

188 ::2010/03/24(水) 11:35:13 ID:82Rf9r1D
>>187
眞子さまの事かな?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9E%E5%AD%90%E5%86%85%E8%A6%AA%E7%8E%8B
神道は排他的な宗教ではないから構わないと思うが・・・

189 :名無しさん@3周年:2010/03/24(水) 11:55:35 ID:0oYFLZPo
>>184
天皇陛下への敬意は日本国民の常識だ、という主張こそ
戦前の皇国史観の主張と同種のものなんだよ

戦前の天皇制を否定する事で成り立っている現在の象徴天皇制の維持について
真面目に考えている>>1だからこそ
自身の主張が皇国史観のなぞりである事に気づけていない事を
極めて残念に思うよ

190 ::2010/03/24(水) 12:14:32 ID:82Rf9r1D
>>189
戦前の考え方がすべてダメとは思っていません。

もちろん、軍国主義など論外ですが、日本を家族として捉えた考え方には共鳴するものがあります。

日本国が失ってしまった大切な考え方も、象徴天皇制を通して、見直されるべきと考えています。

191 :名無しさん@3周年:2010/03/24(水) 13:27:16 ID:0oYFLZPo
>>190
>日本を家族として捉えた考え方
それこそ、現人神であり大元帥でもある天皇を御親として
臣民の考を説いた戦前の国民道徳そのものだよね

皇国史観であり、大和民族論や単一民族論へと帰結していった
既に誤りだった事が歴史で証明されていう戦前の思想に共鳴していながら
それらを否定する事で成り立っている現在の象徴天皇制維持を主張しても
空回りするだけだよ


192 :名無しさん@3周年:2010/03/24(水) 20:22:33 ID:h8ZXrrWH
>>183
>平行線で閉じたはず、再び同じ論議をするのでしょうか?
え?論点がハッキリしないとか言ったバカにハッキリ言っているのだが?

>単に制度ととしてお考えなのでしょうか?
単に制度だよwww
だから憲法に書いてあるやん
制度でなければなんなのかな?

>当然、首相も大臣も国会議員にも敬意を払うべきでしょう。
あらあら、一番である主権者が国民なら天皇に敬意払う必要はないでしょ?

>行き過ぎた個人主義を取り戻し、日本国民の統合が意識できれば、自殺者も減少しようという話であります。
え?統合の象徴であるのは日本人の常識ではなかったのかなwww
つまり本当は意識出来てないと、お前は言うわけね?
でね、日本国民の統合が意識出来たら、自殺者が減少するという根拠は何?
知ってますか?集団自殺ってさ結構、意識統合のされた人達が行うってさ

>世襲制は天皇陛下に限ったものではありません。
で?
重要だと言う理由は?

193 :名無しさん@3周年:2010/03/25(木) 02:15:40 ID:ECp290TA
>>190
戦前、戦中は国民を家族だなんてとらえてないでしょ?
だって臣民だものなwww
天皇の家来に逆戻りなんて望むのは皇国史観にとらわれた奴ぐらいだろう

194 :名無しさん@3周年:2010/03/25(木) 05:45:36 ID:4Ixovqdo
>>187
それならキリスト教徒の学生は
聖書の記述を疑ってはいけないから
生物の誕生が六千年を遙かに超えていて
人間も動物とみなし進化論も教えるような
生物を勉強してはいけないんじゃないの?ということになるけど
実際にそんなことはないでしょう?

195 :名無しさん@3周年:2010/03/25(木) 10:37:08 ID:bAxl4ysg
>>193
臣民乃至公民と云うのは、臣・公と民が対立した概念では無いから存在している熟語であって、
本来の支那での臣・公と民の概念は、対立乃至隷属・隷農の意味であって、支那の文脈から云えば有り得ない熟語。
対概念を並べた言葉以外には、この様な熟語は支那では存在しない。
だから臣民と云うのは、隷属する意味を持たない。

196 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/03/25(木) 10:55:32 ID:RGRe/2KZ
>臣民と云うのは、隷属する意味を持たない。
おっ、新たな自爆伝説の予感。


197 ::2010/03/25(木) 11:23:33 ID:kl/O1kGH
>>191
現人神は否定するものである。人間天皇であり、統合の象徴である。
しかし、誰に対しても敬う心忘れないでほしい。
日本国民である以上、民族を問わず、同じ家族であり、運命共同体である。
歴史で否定されたのは軍国主義であり、天皇陛下の名の基による軍部の暴走である。

>>192
>え?論点がハッキリしないとか言ったバカにハッキリ言っているのだが?
バカを相手にしなければ?お構えなくwww

>だから憲法に書いてあるやん
憲法に書かれた経緯を理解されていないようで・・・

>あらあら、一番である主権者が国民なら天皇に敬意払う必要はないでしょ?
誰に対しても敬意をもってせっするべきでしょう。出来ています?

>>世襲制は天皇陛下に限ったものではありません。
>で?
>重要だと言う理由は?
まあ、世襲制で権威を持つことになるのでしょう。

>>193
>戦前、戦中は国民を家族だなんてとらえてないでしょ?
軍国主義が暴走した結果であり、本来は家族であると云う考え方である。

198 :名無しさん@3周年:2010/03/25(木) 12:15:21 ID:ECp290TA
>>195
おもしろいなwww
中国で存在しないからそれがどうした?

臣そのもの意味はどうした?
旧憲法で何故臣民としていたか全く考えなかったの?
主権者は天皇だった故に、大臣や臣民と言う言葉があるのだよ
だから主権者が違う現憲法では臣民などと言う言葉はない
大臣はあるけど、これは主権者が国民であるから当然

「臣民と云うのは、隷属する意味を持たない」のなら変える必要すらなかったって判る?
判らないだろうな〜自爆わざわざするぐらいだからさwww


199 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/03/25(木) 12:23:14 ID:RGRe/2KZ
自爆クンが間違いを認めず遁走した最近の事例(最新版2010.3.25)

・東京裁判では南京事件の証言者は「たった一人」しかいない
・アイヌは民族ではない
・教育勅語は儒教思想とは全然違う
・輸送機には「滑走路」が必要ない
・皇国史観は戦後左翼の造語
・ジャップだの日本猿は明らかな侮蔑語だが、チョンやチャンコロは侮蔑語ではない。
・日英同盟はアメリカの陰謀によって解消されたんだ!

・臣民と云うのは、隷属する意味を持たない ←New!!


200 ::2010/03/25(木) 12:25:25 ID:kl/O1kGH
>>199 :(○´ー`○)はカワイイ ◆
上げ足を取って喜んでいるとは嘆かわしい!!

201 :名無しさん@3周年:2010/03/25(木) 12:26:30 ID:ECp290TA
>>197
>バカを相手にしなければ?お構えなくwww
バカに教えてやっているのだよwwwつまり教育してやってんのwww

>憲法に書かれた経緯を理解されていないようで・・・
だからお前にずっと「天皇のそもそもの成り立ちは何だ」と質問してたやんwww
お前は答えれなかった癖にそれ?

>誰に対しても敬意をもってせっするべきでしょう。出来ています?
赤の他人に敬意?尊敬する対象でもない奴に?

>まあ、世襲制で権威を持つことになるのでしょう。
それが重要な理由?それ理由にならないでしょ?
だって世襲の結果じゃん

>軍国主義が暴走した結果であり、本来は家族であると云う考え方である。
そんな考え方ないから
そこまでいうならお前も現憲法で使われてない理由を答えてみwww

202 :( ̄(エ) ̄)y◇°°°◇modesama:2010/03/25(木) 12:28:34 ID:OpzW1v7b

モデ様の方がかわいいにょ。ヾ(o゚ω゚o)ノ

。。

203 ::2010/03/25(木) 12:37:21 ID:kl/O1kGH
>>201
>バカに教えてやっているのだよwwwつまり教育してやってんのwww
ご親切な事でwww

>だからお前にずっと「天皇のそもそもの成り立ちは何だ」と質問してたやんwww
答えるまでもないと考えています。不親切なもので教育する気はないwww

>赤の他人に敬意?尊敬する対象でもない奴に?
日本国の主権者に敬意を持てないのはなぜ?憲法の崇高な理念を理解していないからでは?

>それが重要な理由?それ理由にならないでしょ?
>だって世襲の結果じゃん
どんな答えがお望みかな?世襲で権威を持たせることができるで十分では?

>そこまでいうならお前も現憲法で使われてない理由を答えてみwww
象徴として立派に使われている。象徴天皇制への理解を深める授業を行うべきであろう。

204 :名無しさん@3周年:2010/03/25(木) 12:47:18 ID:bAxl4ysg
>>198
お前は根本から間違えている。
帝國憲法は天皇主権など謡っていないし、帝國憲法の主権は国家に在るのであって、天皇では無い。

支那の『臣』の概念は、『皇帝の手足として民を支配する側』を意味するのであって、

官=公
↓  ↓
民=私

お前さんが云っているのは、支那概念での臣(公)と民の関係を云っているのであって、
臣民や公民の本来の意味では無い。
日本での臣民乃至公民の概念は、古語である大宅(オホヤケ)と小宅(ヲヤケ)と云う、
支那とは違った日本古来の多元的、重層的な公私の概念の延長にある熟語であって、
お前は抑々熟語である事を完全に無視している。


205 :名無しさん@3周年:2010/03/25(木) 13:33:25 ID:ECp290TA
>>203
>ご親切な事でwww
親切だろwww

>答えるまでもないと考えています。不親切なもので教育する気はないwww
いやいや、あのさ散々「教育」だと喚いていて「憲法に書かれた経緯を理解されていないようで」って可笑しいでしょ?
そこをまずやらないと敬意すら生まれないの判る?

それと、、親切なのに今度は「不親切」?前後ぐらい合わせて書けよwww

>日本国の主権者に敬意を持てないのはなぜ?憲法の崇高な理念を理解していないからでは?
自分に関係ない赤の他人だからwww
お前は見ず知らずの人間に敬意を持てるのか?例えば俺とかにさwww
「敬意を示している」と書くだけならできるだろうよwww
実際は「不親切なもので教育する気はない」と言って、答えないことがあるのだからそんなものはないよな?

>どんな答えがお望みかな?世襲で権威を持たせることができるで十分では?
結果と理由の違いが判らないのかな?

>象徴として立派に使われている。象徴天皇制への理解を深める授業を行うべきであろう。
え?「臣民」と言うのがなぜ使われてないかを聞いているのだが?


206 :名無しさん@3周年:2010/03/25(木) 13:47:53 ID:ECp290TA
>>204
また自爆かよwww

まず旧憲法の第1条、第4条そして「憲法発布勅語」で十分判るから読んでおいでね

んで、「臣下」「家臣」と言う日本語を御存知かな?

「日本での臣民乃至公民の概念は、古語である大宅(オホヤケ)と小宅(ヲヤケ)と云う」
って書いてあるけどさ、それ調べようと「大宅 小宅」で検索掛けたらさ、
中国語だらけのサイトがスゲー引っかかるのってお前流のシャレ?

207 :1:2010/03/25(木) 14:48:56 ID:BTH0ep4L
>>205
>いやいや、あのさ散々「教育」だと喚いていて「憲法に書かれた経緯を理解されていないようで」って可笑しいでしょ?
>そこをまずやらないと敬意すら生まれないの判る?
天皇が日本国の象徴になったのは先代の昭和天皇が偉大だったからだろう。
そうでなければ憲法に書き込まないであろう。

>お前は見ず知らずの人間に敬意を持てるのか?例えば俺とかにさwww
それは一般人に対しての意味だろwww
天皇は違う。国民と一緒にするな。

>結果と理由の違いが判らないのかな?
皇祖皇宗って意味わかる?

>え?「臣民」と言うのがなぜ使われてないかを聞いているのだが?
旧憲法と新憲法とは内容的にも違うのだから使われる用語も違うのは当たり前www
それを理解しない不敬な者には永遠にわからないであろう。

208 :名無しさん@3周年:2010/03/25(木) 14:51:58 ID:ehwkREnz
>>197
皇国史観とは、「現人神として崇める思想」だけを指すものではなく
>>1の言う、「日本を家族として捉えた考え方」そのものに派生するんだよ
天皇を臣民の御親とする基本は同じではあるが
その根元を、神勅に求め、現人神の統べる神国日本とする側と
神代を否定した上で、日本に住まう大和民族なら生得の意識であると解釈する側など

>日本国民である以上、民族を問わず、同じ家族であり、運命共同体である
この主張↑は「皇国」が「日本」に置き換わっただけの
戦争末期、台湾や朝鮮半島に兵役を課した時の主張と同じだよね

209 :1:2010/03/25(木) 14:57:44 ID:BTH0ep4L
>>208
>その根元を、神勅に求め、現人神の統べる神国日本とする側と
>神代を否定した上で、日本に住まう大和民族なら生得の意識であると解釈する側など
正論ですね。助かりました。

>戦争末期、台湾や朝鮮半島に兵役を課した時の主張と同じだよね
当時は日本の領土でしたからね。
異民族を統治に置くには必要なスローガンだったわけです。

210 :名無しさん@3周年:2010/03/25(木) 14:57:51 ID:ehwkREnz
>>207
>天皇が日本国の象徴に
暴走し収拾のつかなくなった軍部を鎮めかつ国体護持したい日本の思惑と
占領政策を円滑に行いたいアメリカの思惑による産物
故にその結果が天皇自身をどれだけ縛り、人権の範囲外に置く事になるかなど
誰も考慮しなかった

211 :1:2010/03/25(木) 15:03:50 ID:BTH0ep4L
>>210
ポツダム宣言を受け入れたのは国体護持を保障してくれたからですよ。
天皇制護持のためなら昭和天皇も我慢されたのでしょう。
今の天皇もそうですよ。

212 :1:2010/03/25(木) 15:05:38 ID:BTH0ep4L
天皇制廃止など机上の空論であり、「うましか」の議論である。

国民の多くは天皇制維持である。

天皇制廃止論など時間の無駄であり、無用な議論であり、日本国民の総意と異なり危険な考えたである。

213 :名無しさん@3周年:2010/03/25(木) 15:09:19 ID:ehwkREnz
>>209
何が助かったのかのかな?

>>日本に住まう大和民族なら生得の意識であると解釈する
これもまた戦前の皇国史観、>>1の認識が↑にあると言うなら
戦前の皇国史観をもって
それを否定する事で成り立っている今の象徴天皇制維持を主張するなど
錯誤も過ぎる話だよね

>異民族を統治に置くには必要なスローガン
で、そのスローガンを用いたのは、現人神の統べる神国側
一方の、日本に住まう大和民族なら生得の意識とする側はその主張故に多民族排斥が基本となり
故に敗戦となり、植民地を失い日本が縮小していく過程で
現人神側の主張は潰えたものの、大和民族なら生得の意識とする側が
皇国史観の残滓として生き延びている訳だね

214 :1:2010/03/25(木) 15:09:50 ID:BTH0ep4L
政府が責任を持って象徴天皇を知らしめるべきである。

統合の象徴である天皇に関しての内容を、政府自ら知らしめ、国民の統合を維持するのはまさに政治である。

215 :1:2010/03/25(木) 15:20:37 ID:BTH0ep4L
>>213
>それを否定する事で成り立っている今の象徴天皇制維持を主張するなど
>錯誤も過ぎる話だよね
それも捨取選択の結果、旧憲法のルールに則り、昭和天皇も裁可したのでは?
日本国憲法の最初の言葉を思い出してごらん。

>現人神側の主張は潰えたものの、大和民族なら生得の意識とする側が
>皇国史観の残滓として生き延びている訳だね
残滓じゃなく、当然として残っているわけです。
やはり学校で天皇とは何か?を教わらないから、こういう間違いを犯すのであろう。

216 :名無しさん@3周年:2010/03/25(木) 15:25:01 ID:ehwkREnz
>>211
現在の象徴天皇制は、戦前の天皇制を否定する事で成り立っている

>天皇制護持のためなら
>>1は、現在の象徴天皇制維持と言いながら
実際のところは、戦前の天皇制の存在意義と戦後の象徴天皇制の存在意義は
違うものになっている事を理解できていないようだね




217 :名無しさん@3周年:2010/03/25(木) 15:27:17 ID:ehwkREnz
>>215
>昭和天皇も裁可したのでは?
>当然として残っている
結局、>>1は戦前の天皇制と
現在の象徴天皇制の区分けができていないままなんだね

218 :1:2010/03/25(木) 15:34:26 ID:BTH0ep4L
>>216
>現在の象徴天皇制は、戦前の天皇制を否定する事で成り立っている
制度的側面から見れば当然であろう。

あの時日本は180度、GHQの強引な要求にわずかな抵抗もむなしく受け入れるしかなかったのだから。
しかし、昭和天皇だけは素直に受け入れたのだ。平和国家・日本建設のために、あえてマッカーサーと組んで日本の未来の道筋を作られたのである。

>実際のところは、戦前の天皇制の存在意義と戦後の象徴天皇制の存在意義は
>違うものになっている事を理解できていないようだね
理解してるから、書き込んでいるんだろwww

219 :1:2010/03/25(木) 15:37:46 ID:BTH0ep4L
しかし、今ここにきて、改正の必要性が出てきたのである。

皇室典範は男尊女卑であり、改正するべきである。

女系天皇を認めるべきであり、男系である必要性はない!!

科学的にも、一般常識からも、女系天皇は認めるべきである。

220 :名無しさん@3周年:2010/03/25(木) 15:46:05 ID:ehwkREnz
>>218
戦前の天皇制を支えた国民道徳も皇国史観も
天皇を御親とする思想に臣民を縛る事で成り立っていた
その縛りを正当化する憲法も法令も既に存在しない

>>1は自らの主張が
戦前の皇国史観そのものだった事を理解できていなかったんだね

221 :1:2010/03/25(木) 15:49:07 ID:BTH0ep4L
小林よしのり先生には今度「皇太子論」をだしてもらいたい。

皇室典範改正、女系天皇を語るうえで今の皇太子一家の出来事を漫画で描いてもらいたい。

そして、全国の小中学校の図書館に一冊置いてもらいたい。

222 :1:2010/03/25(木) 15:54:55 ID:BTH0ep4L
>>220
>その縛りを正当化する憲法も法令も既に存在しない
元号法や国歌・国旗法をしらないのかな。
強制力は無いが、役所とか公立学校とか普通に使っているけど。

>戦前の皇国史観そのものだった事を理解できていなかったんだね
突き詰めれば当然そうなる。だから何?

223 :名無しさん@3周年:2010/03/25(木) 16:01:20 ID:ehwkREnz
>>222
>元号法や国歌・国旗法
が、戦前の法令と同様だと思っているならそれこそ危険思想だよね

戦前の天皇制を否定する事で現在の象徴天皇制は成り立っているのに
現在の象徴天皇制維持を主張するために
否定されている戦前の天皇制を支えた皇国史観を用いても
空回りするだけで、効果が上がる筈もないよね

224 :1:2010/03/25(木) 16:13:26 ID:BTH0ep4L
>>223
>戦前の法令と同様だと思っているならそれこそ危険思想だよね
頭の思考回転が可笑しいですねwww
誰が同様だと言いましたwwww
どこが危険思想なの??
たとえば日本大使館の正面から見た建物の上に金色に輝く菊のご紋があるけど、あれも危険な象徴なのwwww

>戦前の天皇制を否定する事で現在の象徴天皇制は成り立っているのに
だからw

前から言っているでしょが!!

1から読んでねww



225 :名無しさん@3周年:2010/03/25(木) 16:20:21 ID:ehwkREnz
>>224
戦前の天皇制に囚われない
現在の象徴天皇制の存在意義を考えた上で論に臨んでいるのかと
若干の期待もあったのだが
結局は皇国史観ままで天皇制を語る人でしかなかった事が残念だよ

226 :名無しさん@3周年:2010/03/25(木) 16:27:04 ID:QjgIOLPm
>>225
保守や右翼の人の割合多数の人が、
戦前の皇国史観に染まったままで、
皇室維持を主張する人が多いんだよね?
世間一般的にはそこまで、皇室に思い入れはしない。
人間的な親しみとかは持つとは思う。


227 :1:2010/03/25(木) 16:28:28 ID:BTH0ep4L
>>225
痛い人で悪かったなwww

期待も何も昭和天皇のご裁可により、いまの憲法が成り立ったのだよ。

それもわからないのなら机状の空論にしかならないであろう。

228 :名無しさん@3周年:2010/03/25(木) 16:29:03 ID:QjgIOLPm
人間的に親しみや、
親近感は持つけど、
尊敬やましてや崇拝などをする保守派は、
はっきりいえば時代錯誤もいいところだと思う。
常識的な皇室維持派は、崇拝などは絶対にないと廃止論スレで書いてたよ。

229 :1:2010/03/25(木) 16:34:51 ID:BTH0ep4L
>>228
向こうは廃止が第一なんだから、そう嘯くのは当たり前だと思います。

天皇を尊敬するのは当然だと思います。

230 :名無しさん@3周年:2010/03/25(木) 16:38:37 ID:ehwkREnz
>>227
>いまの憲法が成り立った
極東委員会の矛先を回避するためには、現行憲法を受け入れしか道がなかった
自らが生き延びる為に天皇は裁可するほか選択肢がなかったんだよ

231 :1:2010/03/25(木) 16:43:08 ID:BTH0ep4L
>>230
>自らが生き延びる為に天皇は裁可するほか選択肢がなかったんだよ
生き延びるためw
昭和天皇は日本の未来を考えてOKをだしたのだよ。
けっして命が欲しいから裁可したのではない。

廃止論者はいいかげんに歴史の捏造をやめてもらいたいものである。

232 :1:2010/03/25(木) 16:49:25 ID:BTH0ep4L
第一、昭和天皇はこの際、潔く退位しようとまで考えておられた。

233 :名無しさん@3周年:2010/03/25(木) 16:51:18 ID:ehwkREnz
>>231
>日本の未来を考えて
民草の命より、三種の神器
自らが生き延びる事こそが国体護持であり、日本のためと考える人だった
それが天皇のあるべき姿であり、取るべき行動だと教えられていた

昭和天皇の実像を見ようとしないのも、皇国史観に染まった人の特徴だよね

234 :名無しさん@3周年:2010/03/25(木) 16:53:44 ID:ehwkREnz
>>232
退位しておけば、それなりのケジメもついたろうにね
結局は自分で退位撤回してしまった

235 :1:2010/03/25(木) 16:56:54 ID:BTH0ep4L
>>233
原武史と同じ考え方ですかwww

意味を捏造しないでね。といっても不敬こそが最大の喜びとする輩には伝わらないかwwww

236 :実は私、偽者だよ:2010/03/25(木) 17:03:14 ID:BTH0ep4L
そろそろカワイイの奴が出てきてもよさそうなのに出てこないぞ。

偽の1を演じるのもつらくなってきた。

てゆーか、つまらん。

237 :名無しさん@3周年:2010/03/25(木) 17:04:08 ID:ehwkREnz
>>235
民草の命を尊重し尊んでいるなら
特攻などという作戦に評価を与えはしなかったよね

昭和天皇が利己的だったと言う話ではないよ
民草と己の命には差があると思ってはいたが、それは昭和天皇のせいではなく
そういう教育がなされていたという話だからね

238 :実は私、偽者だよ:2010/03/25(木) 17:07:17 ID:BTH0ep4L
だな。
靖国神社の合祀をみても明らかだからね。

>ID:ehwkREnz
付き合ってくれてありがと、だまして悪かったな。

239 :名無しさん@3周年:2010/03/25(木) 17:07:34 ID:ECp290TA
>>207
>天皇が日本国の象徴になったのは先代の昭和天皇が偉大だったからだろう。
何が偉大なの?戦争で大量の戦死者、戦災死亡者出すことが偉大なの?
それと先代が偉大な事は、今の天皇が偉大と言うことには繋がらないのだが?
そもそも天皇の成り立ち聞いているのに何故途中?

>それは一般人に対しての意味だろwww
何が違うの?国民主権下では天皇すら制度によって決められた存在でしかない

>皇祖皇宗って意味わかる?
フィクションまで含めた血統すらあやしい当代までの天皇のことだよwww
それが何?お前が結果しか書かないことの言いわけがもしかしてそれか?

>旧憲法と新憲法とは内容的にも違うのだから使われる用語も違うのは当たり前www
そうそう当たり前、主権は「臣民」だったものに変わったのだからwww
つまり、もう「臣民」ではないのだよ

あ、もしかして憲法が新しくなったから言葉も新しくし直したってこと?
なら、当たり前ではないよwww
大臣と言う言葉はそのまま使われているのだからなね
相変わらずバカだねwww

240 :名無しさん@3周年:2010/03/25(木) 17:11:14 ID:ehwkREnz
>>236 >>238
偽物であるなら重畳だ

本当の>>1は皇国史観に拠るのではなく
象徴天皇制の存在意義を新たに論じられる可能性がある
という事だからね

241 :名無しさん@3周年:2010/03/25(木) 17:17:01 ID:ECp290TA
あーあ、ついに1の偽物かwww
こんなことまでしないといけないとは、天皇狂信者も末期だな


242 :名無しさん@3周年:2010/03/25(木) 19:59:49 ID:bAxl4ysg
>>206
>まず旧憲法の第1条、第4条そして「憲法発布勅語」で十分判るから読んでおいでね

第一条 大日本帝國ハ萬世一系ノ天皇之ヲ統治ス

上記の条文は、日本の伝統的君主たる天皇が、国民全体の利益の為にこの国を統治すべきである事を定めた『國體』上の規定。
井上毅が草案した元々の条文は、『第一条 大日本帝國ハ萬世一系ノ天皇之ヲ「治ス(しらす)」』であり、
この『治ス(しらす)』と云う古語は、同じ古語である『領く(うしはく)」』と対照的であり、
領く(うしはく)とは、うし(主*あるじ)が、はく(身に付ける)、詰まり主が私的に領有して、我が物とする事が『領く(うしはく)」』である。
逆に『治ス(しらす)』とは、私的な支配とは区別され、公共的な統治を示した言葉であり、
この『治ス(しらす)』と言う古語が、近代憲法には馴染まないとして、『治ス(しらす)』から『統治ス』に改められた。
これは君主が統治権を握っているとか握っていないと云う近代的な概念とは異なり、
日本の天皇の伝統的な有り方を、或いは有るべき姿を規定した『國體』の条文。

第四条 天皇ハ國ノ元首ニシテ統治權ヲ總攬シ此ノ憲法ノ條規ニ依リ之ヲ行フ

上記の条文では、近代的な統治権(主権)は国家に属するとし、当時の憲法学上の定説、公権解釈も同様。
其の統治権は、立法、行政、司法の三権に分立され、それを元首(国家の最高機関)たる天皇が束ねられる(總攬)。
しかも統治権の行使に就いては、憲法の規定に基かなければならない。
この条文は、第一条の条文とは性格を異にし、これは政体上の規定である。
詰まり帝國憲法は、主権は国家に属し、天皇は国の最高機関とされている。
美濃部達吉の天皇機関説は、政体のみの論説として正論であったと云える。

お前こそもっと勉強しろよ。

243 :名無しさん@3周年:2010/03/25(木) 20:02:21 ID:bAxl4ysg
>>206
>んで、「臣下」「家臣」と言う日本語を御存知かな?

臣民や公民と全然違う概念だろう。
阿呆か。

>って書いてあるけどさ、それ調べようと「大宅 小宅」で検索掛けたらさ、
>中国語だらけのサイトがスゲー引っかかるのってお前流のシャレ?

検索し無いと判らないんじゃ、お前は相当な無知だ。

244 :名無しさん@3周年:2010/03/25(木) 20:21:00 ID:2ZQ9mfcg
ネトウヨの本音↓

靖国の背景を考える★105
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1250857610/l50

462 名前:名無しさん@3周年 :2009/08/23(日) 09:08:04 ID:qmy6senT
靖国参拝は元来政治行為であるべきだ。特に総理の場合は
最高指揮官が日本軍将兵の眠る靖国に参拝するから意味がある

「嫌だから行かない」なら天皇の職務怠慢もいいところ
個人的意思なぞどうでもいいわ


天皇の個人意思はどうでも良いそうです。
まさに戦前軍国主義(軍部による天皇利用)を地で行く方々。

245 :名無しさん@3周年:2010/03/25(木) 21:24:02 ID:ECp290TA
>>242
ご苦労さん、また自爆だよwww
天皇機関説、後にどうなった?

>>243
>臣民や公民と全然違う概念だろう。
臣民と同じだからwww
従うことを前提とする隷属でしかない

つうか、同じく「臣」を付ける「臣下」「家臣」だけお前のいう
「支那の『臣』の概念は、『皇帝の手足として民を支配する側』」
では可笑しいだろうwww

>検索し無いと判らないんじゃ、お前は相当な無知だ。
検索ですら、なかなか引っかからない古語出されて無知だと言われてもなwww
つうか大宅、小宅ってそもそも中国から伝来の言い方じゃないのかな?
まあ、「お前は相当な無知」だと言うぐらい常識的なんだろうから検索で引っかかるソース出してくれよwww

246 ::2010/03/26(金) 10:14:32 ID:GwaPP2Qe
>>236
私の偽物が現れたことは驚きである。

偽物とは言っても、私の意見を踏襲したもので、いささか照れくさい感じもある。

偽物ではなく、ご本人の意見として、ご意見を交換したいものであります。

247 ::2010/03/26(金) 10:21:29 ID:GwaPP2Qe
行き過ぎた個人主義が自殺者の増加をもたらしているもんと考えます。

皆が同じく象徴天皇への敬意を持てるような、世の中であれば人々のつながりができるようのなるものと思う。

象徴天皇を敬意が、日本国民の中での敬意へとつながるものと思える。

子供たちには象徴天皇を知ることで、日本国民として連帯感を持ってほしいものである。

248 ::2010/03/26(金) 10:28:04 ID:GwaPP2Qe
臣民は戦前の読み方であり、国民主権である現在では、合わなくなっているのでしょう。

国民が主権者で合っても、象徴天皇への敬意を持つことは間違いでないものと思う。

日本国民としての連帯感を持つためにも、象徴天皇を頂点とした、家族であるという考え方は、大事にしたいものである。

249 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/03/26(金) 10:38:14 ID:c1i8KnEF
>>246
>私の偽物が現れたことは驚きである。
オマイの主張は分かりやすいからキャラを作るのは難しくねえよw


250 :名無しさん@3周年:2010/03/26(金) 10:50:32 ID:JU4t5wf9
>>245
>ご苦労さん、また自爆だよwww
>天皇機関説、後にどうなった?

天皇機関説自体は政局に利用されて否定されたが、国家運営は全く変わらず国家主権の侭だが。
其れがどうかしたのか。

>臣民と同じだからwww
>従うことを前提とする隷属でしかない

違うと云った筈だが。

>つうか、同じく「臣」を付ける「臣下」「家臣」だけお前のいう
>「支那の『臣』の概念は、『皇帝の手足として民を支配する側』」
>では可笑しいだろうwww

お前頭おかしいのか。
支那での漢字概念が、其の儘日本でも同様に使われていると思ってるのか。
それと公民や臣民と云った対立概念を伴わない言葉と一緒にするなよ。

>検索ですら、なかなか引っかからない古語出されて無知だと言われてもなwww
>つうか大宅、小宅ってそもそも中国から伝来の言い方じゃないのかな?
>まあ、「お前は相当な無知」だと言うぐらい常識的なんだろうから検索で引っかかるソース出してくれよwww

ほう、お前はネットで検索してヒットする範囲の知識しか持ち合わせて無いのか。
一体今迄学校で何を勉強し、且つ社会勉強をしているんだか。
そりゃ大宅、小宅は漢語から来た言葉だろうが、此処で云っているのは日本固有の概念の話をしているのであって、
支那では大和言葉で云う『オホヤケ』と『ヲヤケ』の概念は存在しない。

251 :名無しさん@3周年:2010/03/26(金) 11:02:11 ID:AFJQS1Pr
日本国は王国か? 

252 ::2010/03/26(金) 11:06:49 ID:GwaPP2Qe
>>249 :(○´ー`○)はカワイイ ◆
分かりやすさは重要なテーマであります。

不特定多数の人に理解しがたい内容を発信するのは無意味と感じています。

キャラクターを理解され、その上で内容も理解されれば、幸いと考えています。

253 ::2010/03/26(金) 11:40:59 ID:GwaPP2Qe
女系天皇を認めるべきであろう。

現在の皇室典範は男尊女卑であり、男女平等の世の中である今日に合った皇室典範に改定するべきである。

254 :名無しさん@3周年:2010/03/26(金) 11:42:50 ID:K/FaUudv
>>250


255 :名無しさん@3周年:2010/03/26(金) 11:49:46 ID:K/FaUudv
>>250
>天皇機関説自体は政局に利用されて否定されたが、国家運営は全く変わらず国家主権の侭だが。
否定された方の説でこうだと答えても意味ないでしょwww

>違うと云った筈だが。
それで?言うだけならだれでもできるけど?

>支那での漢字概念が、其の儘日本でも同様に使われていると思ってるのか。
お前がそう思っているだけで根拠にされても困るのね

>ほう、お前はネットで検索してヒットする範囲の知識しか持ち合わせて無いのか。
早く「お前は相当な無知」だと言うぐらい常識的なんだろうから検索で引っかかるソース出してくれよwww



256 ::2010/03/26(金) 11:51:59 ID:GwaPP2Qe
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E8%87%A3%E6%B0%91&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=11246109686400
しん‐みん【臣民】
「しんみん」を大辞林でも検索する
君主国において、君主の支配の対象となる人々。明治憲法下において、天皇・皇公族以外の国民。
-----------------------------------------------------------
日本国憲法下では臣民とは呼ぶべきではないと思います。
しかし、日本国民である上、象徴天皇は統合の象徴であり、敬意を示すべきと考えます。
象徴天皇への敬意は、日本国民間の敬意につながるものである。

257 ::2010/03/26(金) 12:01:12 ID:GwaPP2Qe
>>251
天皇陛下は支配していないので、王国では無いものと考える。

海外から見れば、王国と見られるかもしれないが、王国とは異なるものである。

日本独自の象徴天皇制であり、王国とは呼ばない。

みなさまはどのように考えますか?

258 :名無しさん@3周年:2010/03/26(金) 12:15:21 ID:K/FaUudv
>>247
だからさ、集団自殺ってそういった連帯感で起きるのだから自殺者の減少が起こる根拠にならない

>>248
?
つまりさ、旧憲法下では天皇主権だったので臣下(隷属するもの)と言うことで、
現憲法では国民主権だから臣民から脱却したから国民に変わったということで良いのだね?

「日本国民としての連帯感を持つためにも、象徴天皇を頂点とした、家族であるという考え方は、大事にしたいものである。」
ではない
人の払った税金で暮らす皇室そのものが、家族のわけがない
人の金で養ってやっている立場の奴が頂点で連帯感が持てるわけもない


あとは残りの>>205の内容にも答えてくれよwww

259 :名無しさん@3周年:2010/03/26(金) 13:03:22 ID:cL76id3K

>>8

キミは天皇制廃止派なのか?


260 :名無しさん@3周年:2010/03/26(金) 13:14:07 ID:ehsXS/k0
天皇制ってのは宗教なんだよww。
信者には何を言っても無駄。

261 :名無しさん@3周年:2010/03/26(金) 13:22:27 ID:cL76id3K

>>260

なにバカなこと言ってんだよ。

じゃあおまえイギリス国民や
タイ国民に同じこと言ってこいよ。




262 :名無しさん@3周年:2010/03/26(金) 13:24:15 ID:cL76id3K

>>260

天皇制廃止派なのか?


263 ::2010/03/26(金) 15:24:07 ID:GwaPP2Qe
>>258
誤った連帯感を持たぬように、日本国民としての連帯感を持つべきと考えます。

>人の金で養ってやっている立場の奴が頂点で連帯感が持てるわけもない
日本国の象徴として人権を制約を受けている皇室を頂点として連帯感を持つのは何ら不思議ではない。

>あとは残りの>>205の内容にも答えてくれよwww
>「敬意を示している」と書くだけならできるだろうよwww
敬意をもって接していると思うが・・・
赤の他人だからこそ、敬意を持って接するべきでは?

>>どんな答えがお望みかな?世襲で権威を持たせることができるで十分では?
>結果と理由の違いが判らないのかな?
権威を持つ結果があるから、象徴天皇制は世襲制を取っているでいいのでは?

>>象徴として立派に使われている。象徴天皇制への理解を深める授業を行うべきであろう。
>え?「臣民」と言うのがなぜ使われてないかを聞いているのだが?
臣民は前に述べて通り、現状には合わぬものでしょう。
象徴天皇制を理解がされていないから、このような論議になるものと思います。

>>260
>天皇制ってのは宗教なんだよww。
>信者には何を言っても無駄。
象徴天皇制が宗教であるとは考えません。
確かに天皇家は神道ですが、宗教を超えて象徴天皇は支持されています。

264 ::2010/03/26(金) 15:32:04 ID:GwaPP2Qe
1は平日の昼間みの登場します。
土日はお休みですので、代わりに1を務めて頂ければ、感謝いたします。

今日の登場もこれまでです。
また、月曜日に討論して頂くよう、お願いいたします。

265 :名無しさん@3周年:2010/03/26(金) 18:42:19 ID:D9vr3Shn
天皇陵の調査は
いつになったら許可されるのだろうか・・・
事実を隠したまま象徴天皇制と言われてもなあ

266 :名無しさん@3周年:2010/03/27(土) 00:31:04 ID:GdOcHsyx
>>263
上3つについて
お前の希望を言われても困るねwww

>権威を持つ結果があるから、象徴天皇制は世襲制を取っているでいいのでは?
あ、そう
ならさ制度でしかないわけだよな?敬意をもつ必要もないってことだなw

>臣民は前に述べて通り、現状には合わぬものでしょう。
なぜ現状に合わないかって言う理由は臣民は隷属を意味するからでしょ?
それと理解も何もただの制度だから

>象徴天皇制が宗教であるとは考えません。
お前らにとっては宗教だろ?
だってお前の書き込みは「天皇に敬意を持てばすべてうまくいく」なんて言う妄想を振りまいているだけだから
拝めば極楽に行けると何ら変わりないwww


267 :名無しさん@3周年:2010/03/27(土) 00:32:20 ID:GdOcHsyx
>>265
多分天皇制やっている限りやらない
何故なら、ファンタジーを根拠に天皇がいるからwww

268 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/03/27(土) 07:59:14 ID:dAGDZllI
悠仁親王を上手く考古学学者に導けたら成功できるかも。

269 :名無しさん@3周年:2010/03/27(土) 10:14:42 ID:QHMB2p5x
>>267
お前の其のレス自体がファンタジーだろう。

270 :名無しさん@3周年:2010/03/27(土) 23:41:53 ID:cGtQOlaR
>>265
>>267
あのファンタジーを維持するのに、
宮内庁の職員だけでも、
100人以上いるでしょ?
ひとつの古墳に最低一人か二人としたら、
関西なら100人を超えるのでは?
50個や60個はありそうだからな。
そのほかに交代要員とかもふくめたら、
200人や300人はいるかもしれない。
そのすべての人が国家公務員だから、
年収600〜800万円ぐらいはもらってるだろうな。


271 :名無しさん@3周年:2010/03/27(土) 23:59:48 ID:GdOcHsyx
>>270
国民の生活に関係ない天皇制維持がどれほど無駄かが判るよね?
それに歴史研究の妨げにもなる
だからいらないでしょ?


272 :名無しさん@3周年:2010/03/28(日) 01:05:37 ID:Oaj3zDYK
>>271
運営費は子供手当ほど高額ではない。いや、むしろ遠く及ばない。

273 :名無しさん@3周年:2010/03/28(日) 03:49:21 ID:ABCofIRd
>>272
だから?
子供手当はすくなくとも国民の生活には関係あるが?
たかがか30人未満の皇室に何百億も掛けて「運営費は子供手当ほど高額ではない」とは、
一体お前は一人当たり子供手当がいくらだと思っているのやらwww

274 :名無しさん@3周年:2010/03/28(日) 09:18:37 ID:oACbA2Oj
>>273
子供手当ては、
南朝円もとい何兆円を超えるから、
すごい金額だって思うのでは?
皇室は一人当たりコーヒー1杯(400円)ぐらいで、
維持できるから安いと。
そういうぱっと見た発想をしているんだろうか?


275 :名無しさん@3周年:2010/03/28(日) 09:19:39 ID:oACbA2Oj
>>271
少なくとも古墳管理とかは、
国民の生活にはほとんど無関係だな。


276 :名無しさん@3周年:2010/03/28(日) 09:30:33 ID:B2EIzoSq
>>267
>何故なら、ファンタジーを根拠に天皇がいるからwww

天皇が存在したのは歴史上の事実だぜw
日本史を勉強しなおせよww

君が信じている唯物史観は間違いなくファンタジーだがなwww

277 :名無しさん@3周年:2010/03/28(日) 10:31:36 ID:LNc4/ksM
>>255
お前が如何に言葉を尽くそうとも、臣民は隷属の意味を持たない。
皇室と民の間は、皇室が民を所有していると云う関係では無いので、家産の関係に無い。
日本で家産が成り立っていたのは、武家乃至大名と家来との間であって、
皇室と民の間では無い。
お前が云う臣下や家臣等は、武家の家長政治の名残で、室町末期からは家人から家臣と云われるようになり、
江戸時代には幕臣と云われるようになる。

278 :名無しさん@3周年:2010/03/28(日) 11:41:36 ID:ABCofIRd
>>274-275
ま、まさかそんな単純発想で「子供手当ほど高額ではない」とおバカ発言する奴がいるとは思いたくないなw

古墳と言えば、仁徳天皇陵って名が変わったよね
あれって結局天皇陵と言えなかったからじゃなかったかな?


>>276
天皇が存在したのは事実でも
その天皇が天皇たる根拠はファンタジーだよwww
始祖は誰?縄文時代にすでに天皇が存在していたのかよ?

勉強し直したら?日本語もついでにさ


>>277
www旧憲法は一体、元何が中心になって作ったのかな?
つうかさ、早くお前が出し渋っているソース出してこいよwww

279 :名無しさん@3周年:2010/03/28(日) 11:46:15 ID:LNc4/ksM
>>278
>www旧憲法は一体、元何が中心になって作ったのかな?

歴史と國體。
其れがどうした。

280 :名無しさん@3周年:2010/03/28(日) 12:06:13 ID:ABCofIRd
>>279
バカに聞いても無駄だったなwww

281 :名無しさん@3周年:2010/03/28(日) 13:08:57 ID:B2EIzoSq
>>278
>その天皇が天皇たる根拠はファンタジーだよwww
>始祖は誰?縄文時代にすでに天皇が存在していたのかよ?

>勉強し直したら?日本語もついでに

神代編の話しなら神話だぜ?もしかして知らなかったのかw

で、君は神話のない民族や国に憧れているのかな?具体的にどの民族に憧れているの?w

282 :名無しさん@3周年:2010/03/28(日) 13:23:15 ID:bS9uV2bB
神話といえば「チャングム」などの朝鮮ファンタジーw

http://www.nicovideo.jp/watch/sm9734471
↑韓国ドラマの歴史観 @

283 :名無しさん@3周年:2010/03/28(日) 13:25:06 ID:lMNdoLaO
>>276 >>281
>天皇が存在したのは歴史上の事実
日本の歴史の中で権力者に利用され存在し続ける事ができた家柄
という事が、現在の象徴天皇制の存在意義だと言うのかな?
それとも
>神話
故に存在意義があると言いたいのかな?

>>277
>日本で家産が成り立っていたのは、武家乃至大名と家来との間であって
それじゃ自爆でしょ
明治になってそれを天皇と民草との「臣民」関係に置き換えたって事だよね



284 :名無しさん@3周年:2010/03/28(日) 13:28:20 ID:lMNdoLaO
>>278
>古墳と言えば、仁徳天皇陵って名が変わった
現在、陵墓とされているものの中で
考古学と文献から確定できているのは、天武と持統の合葬墓だけだからね

285 :名無しさん@3周年:2010/03/28(日) 14:38:03 ID:B2EIzoSq
>>282
>神話といえば「チャングム」などの朝鮮ファンタジーw
チャングムは神話というより捏造だろww

>>283
>故に存在意義があると言いたいのかな?
神話も含めて天皇制は継承されてきたから、もちろん存在意義はあります。
むしろ、天皇がいない日本のほうが優れているという歴史上の事実を示してみろよww



286 :名無しさん@3周年:2010/03/28(日) 14:41:47 ID:lMNdoLaO
>>285
天皇が存在する事と、制度としての存在意義の問題を混同してるよね

287 :名無しさん@3周年:2010/03/28(日) 14:52:12 ID:B2EIzoSq
>>286

むしろ、天皇がいない日本のほうが優れているという歴史上の事実を示してみろよww

答えは未だですか?w

288 :名無しさん@3周年:2010/03/28(日) 14:53:33 ID:lMNdoLaO
スレタイを読んできてごらん

ここは制度の問題を語るスレなんだよ

289 :名無しさん@3周年:2010/03/28(日) 15:28:08 ID:ABCofIRd
>>281
神話だからファンタジーwww
神話は神話で他の国は分けて、精々物語程度の価値
だがそれを根拠なものを未だ象徴制度にという国は先進国にあまりないなwwwつうか、あるの?
あ、北朝鮮の金がファンタジーだったなwww嫌だなwww
後は宗教ぐらいしか通用しないこと



>>283-284
>それじゃ自爆でしょ
自爆したことすら判ってないのがソイツ

>考古学と文献から確定できているのは、天武と持統の合葬墓だけだからね
やっぱり掘り返してしまうべきだね
ついでに確認できる範囲で万世一系かどうかのDNA検査もすればいい



290 :名無しさん@3周年:2010/03/28(日) 15:32:56 ID:ABCofIRd
>>289の訂正

あ、北朝鮮の金がファンタジーだったなwww嫌だなwww  ×

あ、先進国ではないが北朝鮮の金がファンタジーだったなwww嫌だなwww  ○


すぐ判り切ったことに突っ込むバカがいるだろうから一応訂正しとくかwww

291 :名無しさん@3周年:2010/03/28(日) 20:23:21 ID:LNc4/ksM
>>283
>それじゃ自爆でしょ
>明治になってそれを天皇と民草との「臣民」関係に置き換えたって事だよね

はぁ?
臣民は古代から在る言葉だが。

292 :名無しさん@3周年:2010/03/28(日) 20:30:42 ID:LNc4/ksM
>>291
訂正
臣民は古代から在る言葉だが。

公民は古代から在る言葉だが。
同じ意味である公民と臣民は、古代から在る公民が隷属の意味を持たないのだから、臣民も変わらない。

293 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/03/28(日) 20:46:52 ID:qz1I+dPj
相変わらず目茶苦茶だなw
チキン野郎の自爆クンは。


294 :名無しさん@3周年:2010/03/28(日) 20:51:26 ID:lMNdoLaO
>>291-292
臣民-臣下である人民
臣下-君主に奉仕するもの

本来、そういう関係ではなかった天皇と民草を、明治になって
大権を行使する統治者である天皇と、それに傅く臣民という形にしたって事だよね

295 :名無しさん@3周年:2010/03/28(日) 21:10:13 ID:ABCofIRd
>>291
もうね、やめなよ
公民は古語であってもその時その時で変わって、その意味は定かでないのだからさwww
そもそもお前は自爆なんだよ



296 :名無しさん@3周年:2010/03/28(日) 21:30:38 ID:LNc4/ksM
>>294
>臣民-臣下である人民

臣民と臣下は全然意味が違うよ。

>臣下-君主に奉仕するもの

臣下とは家産の関係で使われる単語であり、天皇と民が家産の関係に無い日本に於いては、民はおおみたから、赤子であって臣下とは云わない。

>>295
>公民は古語であってもその時その時で変わって、その意味は定かでないのだからさwww

明治以降も全然概念は変わってませんが。

297 :名無しさん@3周年:2010/03/28(日) 21:40:16 ID:lMNdoLaO
>>296
>>294の臣民と臣下は
少し古いものではあるが、辞書にある説明のままだよ
ID:LNc4/ksMの主張こそが独自のものだって事だね

298 :名無しさん@3周年:2010/03/29(月) 00:09:51 ID:vtHg/ZNV
>>296
いや、あのね公民使って臣民だとするのがもう無理なのwww
お前の独自解釈されたもの出されても、お前の同類以外誰も納得しないから
そもそも旧憲法が元何が中心になって作ったのか答えれないのだから
お前が言うものでないのはもうバレテいるのだよwww自爆くん


299 ::2010/03/29(月) 10:28:16 ID:0CzOLl6A
>>266
>>権威を持つ結果があるから、象徴天皇制は世襲制を取っているでいいのでは?
>ならさ制度でしかないわけだよな?敬意をもつ必要もないってことだなw
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E6%A8%A9%E5%A8%81&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=06715805689200
けん‐い〔‐ヰ〕【権威】
「けんい」を大辞林でも検索する
1 他の者を服従させる威力。「行政の―が失墜する」「親の―を示す」
2 ある分野において優れたものとして信頼されていること。その分野で、知識や技術が抜きんでて優れていると一般に認められていること。また、その人。オーソリティー。「―ある賞を受賞する」「心臓外科の―」
-------------------------------------------------------------
権威を持つということは、おのずと敬意を持つことになろう。
制度的に敬意を持つ制度であるのに、持たぬ人がいることに問題があり、日本人が連帯感を持てなくなっているものである。

>お前らにとっては宗教だろ?
>だってお前の書き込みは「天皇に敬意を持てばすべてうまくいく」なんて言う妄想を振りまいているだけだから
>拝めば極楽に行けると何ら変わりないwww
極楽などの宗教思想は持っていません。
現世において人々が幸せに暮らせることだけを考えています。
そのためには日本国民としてのアイデンティティーを確り持つことであると考えます。

300 ::2010/03/29(月) 10:32:56 ID:0CzOLl6A
考古学に関しては研究が進むことは望ましいものと思いますが、一方で埋葬された人への冒涜に当たるのではないでしょうか?

考古学といえば聞こえがいいですが、墓荒らしといった側面もあります。

亡き人への敬意も必要であり、その兼ね合いで考えるべきである。

301 ::2010/03/29(月) 10:38:53 ID:0CzOLl6A
臣民などの言葉の問題が出ているようだが、辞書を引けば論議にもならんだろうに・・・

明らかに日本国憲法下では異なるものであることは一目瞭然である。

論議になることが不思議でならない!!

302 ::2010/03/29(月) 11:09:54 ID:0CzOLl6A
日本国民の連帯感を持つためには象徴天皇教育は必要である。

行き過ぎた個人主義が日本人を孤立させ、孤独にさせている。

象徴天皇教育で皇室の御公務を知ることで、日本人としての連帯感が生まれることであろう。

303 ::2010/03/29(月) 11:11:18 ID:0CzOLl6A
今の皇室典範は男尊女卑であり、改正するべきである。

男女同権の世にあった制度にするべきである。

304 :名無しさん@3周年:2010/03/29(月) 11:40:45 ID:vtHg/ZNV
>>299
>制度的に敬意を持つ制度であるのに、持たぬ人がいることに問題があり、日本人が連帯感を持てなくなっているものである。
憲法のどこかに敬意も持つことなんて書いてあったか?
さらに権威ないしwwww
そもそも権威なんて感じる人しか感じないからwww
お前自身、「日本人が連帯感を持てなくなっているものである。」って書いてあるよな?
つまりもう天皇は民主主義において必要性はない存在ってこと

>極楽などの宗教思想は持っていません。
日本国民のアイデンティティーと言うのが宗教だろwww


つうかさ、ずっとお前の書き込みは反論じゃなくお前の希望なんだけど?
まあ、それにつき合っている俺も悪いのだがなw
ここのスレってもしかして、お前のオナニースレ?
そんな内容ならさ、広告の裏に次から書いてくれよ
だから、スレも伸びないのだよ

305 ::2010/03/29(月) 11:52:58 ID:0CzOLl6A
>>304
討論には真摯に応答しているが、当初よりスレを伸ばすつもりはない。
机上の空論な天皇制廃止とは違うところである。

306 :名無しさん@3周年:2010/03/29(月) 12:01:02 ID:GVJfJTX7
289 :名無しさん@3周年:2010/03/28(日) 15:28:08 ID:ABCofIRd
>>281
神話だからファンタジーwww
神話は神話で他の国は分けて、精々物語程度の価値
だがそれを根拠なものを未だ象徴制度にという国は先進国にあまりないなwwwつうか、あるの?
あ、北朝鮮の金がファンタジーだったなwww嫌だなwww
後は宗教ぐらいしか通用しないこと

キリスト教は欧米に大きな影響を与えいてますが、知りませんでしたか?w
神話も宗教ともまったく無縁な民族は寡聞にして知らんし、困ったなw

君が来世でゴキブリにでも生まれ変われることを祈ってあげるよ。神話や宗教と全く無縁でよかったなwwwww

307 ::2010/03/29(月) 12:55:47 ID:0CzOLl6A
>>306
>だがそれを根拠なものを未だ象徴制度にという国は先進国にあまりないなwwwつうか、あるの?
象徴天皇制は日本国憲法を基にしている。
神話やファンタジーの入る余地はない!!

308 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/03/29(月) 13:03:07 ID:5acm3SN9
>>307
>象徴天皇制は日本国憲法を基にしている。
オマイが訊かれているのは日本国憲法が今の皇室に何故象徴天皇の地位を与えているのか。
その根拠だろう。憲法は国民主権を謳い、平等原理の基本原則を用いているのに
天皇家だけは血統によって特権的な地位を規定している根拠が説明できなければ回答にならない。


309 ::2010/03/29(月) 13:06:23 ID:0CzOLl6A
>308 :(○´ー`○)はカワイイ ◆
>天皇家だけは血統によって特権的な地位を規定している根拠が説明できなければ回答にならない。
日本国民の統合の象徴として、皇室方々にはご迷惑をおかけしている。

310 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/03/29(月) 13:06:54 ID:5acm3SN9
回答になってない。
やり直し。


311 ::2010/03/29(月) 13:08:14 ID:0CzOLl6A
>310 :(○´ー`○)はカワイイ ◆
他に理由があるのか?是非ともお聞きしたいものである。

312 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/03/29(月) 13:10:26 ID:5acm3SN9
他も何もオマイは理由を説明できてない。
繰り返す。憲法は国民主権を謳い、平等原理の基本原則を用いているのに
天皇家だけは血統によって特権的な地位を規定している根拠が説明できなければ
回答にならない。


313 ::2010/03/29(月) 13:14:47 ID:0CzOLl6A
>312 :(○´ー`○)はカワイイ ◆
>天皇家だけは血統によって特権的な地位を規定している根拠が説明できなければ
>回答にならない。
何度も繰り返すが、日本国民の統合の象徴として、天皇家の権威を我々は利用させて頂いているのである。
それを改めて明文化したのが、日本国憲法である。

回答にならないとケチ付けているが意味わからん!!

314 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/03/29(月) 13:20:32 ID:5acm3SN9
天皇が日本国民統合の象徴であるとする必然性が説明できていない。
付加。やり直し。


315 ::2010/03/29(月) 13:25:57 ID:0CzOLl6A
>>314 :(○´ー`○)はカワイイ ◆
>天皇が日本国民統合の象徴であるとする必然性が説明できていない。
日本国民の総意によるものである。日本国憲法を読もう。勉強して出直せ!!

316 :名無しさん@3周年:2010/03/29(月) 13:29:08 ID:mGoeEkJ9

 天皇批判しているのは日本人じゃないか、または日本の心をもたないヒト。

 外人に、日本の大事にしてる心を、とやかく言われたくないね


317 ::2010/03/29(月) 13:37:01 ID:0CzOLl6A
>>316
日本人の心を失った天皇制廃止論者であります。
日本国の心を失わせ、日本人を孤独に追い込む輩であります。
日本国民の連帯感を取り戻すべく、天皇制維持を立ち上げたものであります。

318 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/03/29(月) 13:37:47 ID:5acm3SN9
勉強して出直すのはオマイだよw
天皇が日本国民統合の象徴であるとする必然性が説明できていない。
やり直し。


319 ::2010/03/29(月) 13:42:56 ID:0CzOLl6A
>>318 :(○´ー`○)はカワイイ ◆
>勉強して出直すのはオマイだよw
何の根拠も示すことなく必然性がないと騒いでいるだけである。
必然性に関しては説明した。反論があるなら明確に論点を示せ!!
無用な論議をする気はない!!

320 ::2010/03/29(月) 14:23:40 ID:0CzOLl6A
日本国民の連帯感を生みだすためにも、象徴天皇教育は必要不可欠であろう。

日本国民は象徴天皇を知り、連帯感を取り戻すべきである。

小学校低学年で皇室の御公務を学ぶ機会を与え、象徴天皇への理解を深める必要がある。

象徴天皇教育から日本国民の連帯感を取り戻すべきであろう。

321 ::2010/03/29(月) 14:48:46 ID:0CzOLl6A
女系天皇を認めるべきであろう。

今の皇室典範は男尊女卑であり、男女平等の世にあった制度へと改革が必要である。

広く国民に支持される皇室を求めるべきであろう。

322 :名無しさん@3周年:2010/03/29(月) 14:51:54 ID:2ehrD/OX
女系天皇は王朝交代だと思います。


323 ::2010/03/29(月) 14:59:51 ID:0CzOLl6A
>>322
仮に王朝交代で何が問題あるの?
是非とも、問題をお教えいただきたいものである。

324 ::2010/03/29(月) 15:20:26 ID:0CzOLl6A
天皇制廃止など机上の空論であり、時間の浪費である。

日本国民は天皇制維持であり、日本国民の総意である。

世の中を惑わす天皇制廃止論は有害であり、言論の自由と言っても問題であろう。

日本国民の連帯感を取り戻す意味でも、今のうちに手を打つべきである。

325 :名無しさん@3周年:2010/03/29(月) 15:26:19 ID:vtHg/ZNV
>>305
ん?つまり維持にだれも興味ないっとwww

>>306
で?日本語読めてますか?

>>307
うんうんそうだねwww
象徴天皇制は日本国憲法で定めた制度にしか過ぎないよね?
で、なんでその地位に皇室からのみが付けるの?
そのもともとの根拠を聞いているの
憲法だと言うならば、憲法が天皇と決めてなければそれ以外がなってもいいということ
ならば、天皇とは挿げ替えが効く存在であるということ
そしてないならないで良いという存在だと言うこと

て、いうかお前の全ての書き込み何の根拠もない、お前の希望で何か意味あるの?
精々、天皇制ってイラネーなって再認識をするスレになり替わっているwww
だって何か戦前教育を復古したいみたいだしね

>>316
制度批判をそういうなら、お前らのような憲法による言論の自由を批判する奴もそう言えるだろうよwww



326 ::2010/03/29(月) 15:58:35 ID:0CzOLl6A
>>325:ID:vtHg/ZNV
前に自分で書いたこと忘れた?>>304
>まあ、それにつき合っている俺も悪いのだがなw
懲りないようでwww

>ん?つまり維持にだれも興味ないっとwww
当たり前すぎて天皇制維持など興味ないのでしょう。

>象徴天皇制は日本国憲法で定めた制度にしか過ぎないよね?
一致点があったようで・・・

>で、なんでその地位に皇室からのみが付けるの?
歴史的経緯で権威を持っているからでしょう。

>精々、天皇制ってイラネーなって再認識をするスレになり替わっているwww
懲りない人が何を言っているのやらwww

>だって何か戦前教育を復古したいみたいだしね
少し違う。象徴天皇教育を行うべきと申し上げております。
日本国民の連帯感を取り戻すのは、公益に叶ったものであり、必要なものと考えております。

>制度批判をそういうなら、お前らのような憲法による言論の自由を批判する奴もそう言えるだろうよwww
言論の自由を批判しているお出はなく、言論の暴走を批判しております。
言論の暴走を食い止めるために、言論の自由を守りながら行うべきと考えます。
その一つが教育であり、日本国民が象徴天皇を学ぶ機会を与えるべきと考えます。

327 ::2010/03/29(月) 16:01:49 ID:0CzOLl6A
今日はここまで、今週は忙しいので、登場は何時になるか分かりません。

また、議論して頂けることを希望して、今日はこれでお別れいたします。

さようなら

328 :名無しさん@3周年:2010/03/29(月) 16:03:57 ID:Dx+izOLa

>>318

天皇は日本の伝統であり文化。

国民の心の拠り所でもある。

日本の伝統と文化の破壊に必死だな。


329 :名無しさん@3周年:2010/03/29(月) 17:19:29 ID:hwWFuiLj
>>300
他家の先祖の墓を、勝手に己の先祖のものであると主張する事こそ
非礼の極みであり、墓荒らしだと思うけどね

結局>>1
戦前の皇国史観そのままに、日本人なら天皇を崇めるのが当然である
といった意識でもって、天皇制維持とそのための教育を主張しているって事なのかな

>>328
>国民の心の拠り所でもある
現在の象徴天皇制が否定した「戦前の天皇制」を支えた思想を用いてでしか
現在の象徴天皇制の存在意義を語れないようでは
現実と乖離していくだけであり、制度維持の議論は深まらないと思うよ

330 :名無しさん@3周年:2010/03/29(月) 19:23:20 ID:Dx+izOLa

>>329

>「戦前の天皇制」を支えた思想

なに言ってんの?

現在でも、参賀があれば多くの国民が集い日の丸を打ち振る。

園遊会があれば多くのひとが参じる。

日本国民は自ら天皇を敬ってるんだよ。


331 :名無しさん@3周年:2010/03/29(月) 19:25:16 ID:Dx+izOLa

>>329

イギリス、タイ等、君主制をとっている国に対しても同じ考えなのか?


332 :名無しさん@3周年:2010/03/29(月) 19:41:47 ID:GVJfJTX7
>>329

>「戦前の天皇制」を支えた思想

随分長い思想だなw
あまりに長過ぎて、天皇のいない時代の思想が分かりませんwwwww

333 :名無しさん@3周年:2010/03/29(月) 23:22:16 ID:vtHg/ZNV
>>326
感想イラネwwwリピートもイラネwww

334 :名無しさん@3周年:2010/03/29(月) 23:28:21 ID:vtHg/ZNV
>>330
参賀ってさ、ひと集まらないよねwww
たったあれだけで、「多くの国民」っていわれてもな
園遊会?あれ招待だしー

335 ::2010/03/31(水) 11:03:27 ID:6+BxcxBw
時間が空いたので

一般参賀はテレビで放映され、多くの日本国民が天皇陛下のお姿を見ることになる。

園遊会では著名人が集まり、天皇陛下がお言葉をかけられている。

招待された著名人は、各々の道を極めた人々である。

336 :名無しさん@3周年:2010/03/31(水) 14:29:12 ID:/nG6PGr5
多くの国民は時間の空いた時とき、たまたまニュースで流れた参賀を見るだけで、
実際に行われている1000万人もいる東京でたったあれだけしか行かないのが何よりも天皇がごく一部のものにしか権威もなく敬意のなさを物語っている

園遊会に集まる人は選考したもので、特とした資格があるわけでもない
だから「え?こんな奴も」というのが必ずいる
だが呼ばれることで、特権階級だと単純な人達に誤認識させるための会としては有効だろうwww
だが、それとて国民はどうでもいいことなので大したニュースになってないのが現状


337 :名無しさん@3周年:2010/03/31(水) 15:42:30 ID:7MeEcYTn

>>336

各界の道を極めた人々はちゃんと参加してるんだけどね。


338 :名無しさん@3周年:2010/03/31(水) 16:20:53 ID:/nG6PGr5
>>337
?「え?こんな奴も」というのが必ずいるよw



339 :名無しさん@3周年:2010/03/31(水) 19:56:18 ID:xF59wHct
久しぶりに、参賀の人数がとみんの人口から見たら少ないという子供を見たな。皇居の参賀の敷地の広さを
知らないんだろうな。自分が知らない人間を、こんな奴というなら日本中知らない人ばかりだろ?

340 :名無しさん@3周年:2010/03/31(水) 20:56:22 ID:/nG6PGr5
>>339
あらあら、戦前の記録と比べてから言ってきたら?
敷地の広さ?上空写真も見たが参賀時にかなり空き地が飽きそうなほど広かったがなwww

341 :名無しさん@3周年:2010/03/31(水) 22:39:28 ID:i3BcjVwS
戦争終わって戦犯天コロ裕仁一匹処刑もできず、いまだに天コロ制が残っているなんてお笑い

342 :名無しさん@3周年:2010/03/31(水) 22:48:43 ID:xF59wHct
>>340
価値基準が狭い奴が妄想することは面白い。戦前?比べる意味があるのか?
皇居に敷地、満杯に人を入れる?廃止派には進入できる絶好のチャンスだよ。

343 :名無しさん@3周年:2010/03/31(水) 23:26:47 ID:/nG6PGr5
>>342
日本語が読めないで喚かれても困るなwww

344 :名無しさん@3周年:2010/03/31(水) 23:36:55 ID:JZ8V9mdh
天皇も自由の身になりたいと思ってるかもな。
何かあれば直ぐに陛下、陛下と持ち出されては身が持たないだろうし。

皇族と言うだけで孫の問題がマスコミで興味本位で取り上げられたり、
政治利用されそうになったり、右翼にカリスマ性を利用されそうになったり、
皇室追っかけにストーキングされたりと、苦労が多かろう。

345 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 09:16:05 ID:UofqXbID
戦前の天皇に関しても、
主権はあっても責任は無いとか言う、
ぬえみたいな制度だったんだから、
はやくその辺はすっきりしてほしいよ。
主権があるなら責任もある。
責任が無いなら主権も無い。


346 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 09:46:16 ID:r5360tcm
>>主権があるなら責任もある。
>>責任が無いなら主権も無い。

戦前はこの辺を巧く使い分けて、天皇を頂点に据えながらも、
実際はその臣たる輩が実権を握ってたからね。

天皇に陸海軍を統帥する権限を与え、日本国のTOPに据えながら、
一方では「天皇陛下に責任は及ばない、全ての責任は内閣にある」として、
問題が起こっても内閣が辞職する程度の責任で済ませていた。
結局、誰の腹も痛まないシステムで、統治者からすれば真に都合が良い方式。

天皇制が無くなる事を防ぎつつ、天皇を傀儡としながら、その意思は下が握り潰し、
天皇の威信だけを利用し、国民を統治すると言う、他国にも類を見ないほどの巧みな統治方法。

これが他国では判で押したような独裁者が現れるのに対し、日本では独裁者と言うものが現れなかった根本原因のひとつ。
結局今の自民党と同じで、誰も責任を取りたくないが美味い汁は吸いたい・・・・と言う、
統治者側の本音が表れたシステムとも言える。

347 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 09:51:44 ID:Ll3EeyC4
>>345
>主権はあっても責任は無いとか言う、

天皇に主権なんか無かったが。

348 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/04/01(木) 09:56:10 ID:16+z1JCJ
今日の自爆クン=ID: Ll3EeyC4
はてさて、エープリルフールの本日、どんな自爆ネタを提供してくれるか楽しみだw


349 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 10:00:12 ID:r5360tcm
今日はどんな自爆発言をする事やらw

350 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/04/01(木) 10:01:21 ID:16+z1JCJ
チキン野郎の自爆クンは既に本日の自爆ネタ一発目を提供している。

 天皇に主権なんか無かった



351 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 10:06:23 ID:UofqXbID
>>347
大日本帝国憲法を読んでいないのですか?


352 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 10:07:20 ID:UofqXbID
>>350
チキン君って、変わったことをいうね。w
いきなり戦前の天皇に主権が無かったって。


353 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 10:08:27 ID:Ll3EeyC4
>>351
読んでるから云ってるんだが。
読んでいながら主権とは嘯く奴が信じられんわ。

354 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 10:10:04 ID:Ll3EeyC4
>>353
読んでいながら主権とは→読んでいながら主権と

355 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 10:40:00 ID:Ll3EeyC4
>>352
お前さんは共産党員か。
云っている事が共産党の綱領と変わらんよ。

356 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 10:42:48 ID:r5360tcm
>>350

もう滅茶苦茶ですがな、自爆君は。
こう言う椰子が戦前は多かったんでしょう。

357 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/04/01(木) 10:46:04 ID:16+z1JCJ
エープリルフールに相応しい自爆ネタだよなw

 天 皇 に 主 権 な ん か 無 か っ た


358 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/04/01(木) 10:47:45 ID:16+z1JCJ
まあ、せめて言い訳できるように、

「天皇は主権の一部のみしか持ち得なかった」

とでも言っておけば逃げ道もあったのにw


359 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 10:52:54 ID:UofqXbID
>>357
俺なんか共産党員扱いされてしまったよ。
蟹工船で働かないと。w



360 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/04/01(木) 10:55:49 ID:16+z1JCJ
共産党員認定は
反論が不能にになると持ち出す古典的手法だからなw


361 ::2010/04/01(木) 13:03:37 ID:Xs7pfXd9
机上の空論の天皇制止論者が、不法侵入し暴れているようで・・・

国会議員で天皇制廃止など掲げて当選した人はいない。

間接民主主義の日本では天皇制維持が国民の総意である!!

362 ::2010/04/01(木) 13:13:38 ID:Xs7pfXd9
皇族方は使命感を持って、ご公務を務められているものと思います。

天皇制の権威を基に、日本国民の統合の象徴として重要なお役目である。

一部の人間は教育がされていないようで、天皇陛下への敬意を忘れ去られているが、圧倒多数の国民は天皇陛下への敬意を忘れてはいない。

ご公務の先々で皇室の方々は丁重にもてなされ、日本国民の象徴であることを示されている。

反動主義者は良く共産党員に間違われるようだが、遠からずといった所であろう。

363 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/04/01(木) 13:15:50 ID:16+z1JCJ
>>361
>国会議員で天皇制廃止など掲げて当選した人はいない。
辻元清美
本当は1条から8条はなくしたい
ですから、本当は1条から8条はカットして、日本国憲法は9条から始め、天皇は伊勢にでも行ってもらって、
特殊法人か何かになってもらう。財団法人でも宗教法人でもいいけど。
(2002.03.18 憲法調査会にて)

掲げてるかどうかは主幹の問題だが、明言はしているな。


364 ::2010/04/01(木) 13:21:37 ID:Xs7pfXd9
>>363 :(○´ー`○)はカワイイ ◆
掲げて選挙は行っていないのでは?
辻本は秘書給与流用事件などで落選を経験し、比例区で辛くも当選した人間である。
掲げて選挙を戦ったとしても、比例区であれば党への支持であり、本人への支持ではなかろう。

365 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 13:23:50 ID:3XaKlmME
>>361
憲法改憲で当選した人はいっぱいいるけど?
判ってますか?天皇制は憲法に載っている制度でしかないってwww

それと共産党はそもそもは天皇制廃止だったのですよw
そう言うと今度は売国だ何だと言うだろうが、旧憲法から現憲法の改正に
数少ない反対票は共産党が含まれるのだよ
まあ、訳は天皇制存続させたくなかったからだがなw

ついでにお前がそんな言うなら>>1で書いたことも机上の空論でしょwww
そもそも総意であるかどうかの民意を選挙で聞いてないのだから、「国民の総意」とは言えない
聞かない理由は何故かな?

366 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/04/01(木) 13:31:13 ID:16+z1JCJ
>>364
>掲げて選挙は行っていないのでは?
だから掲げてるかどうかは主幹に属する問題。辻元は2002年の段階で天皇制廃止を公言しており、
そういう考え方を踏まえた上で2009年の衆院選挙に当選している。


367 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 13:57:38 ID:r5360tcm
天皇制の存否に今の若い人達はこだわってないと思うけどね。
だから余計に存続派があせっているのは理解できるが、
不要で無意味な制度であれば改廃されていくのは当然の話な訳で。

368 ::2010/04/01(木) 14:09:13 ID:Xs7pfXd9
>>365
>憲法改憲で当選した人はいっぱいいるけど?
>判ってますか?天皇制は憲法に載っている制度でしかないってwww
改憲で天皇制廃止など、あまり聞きなれないが・・・
改憲と言えば、憲法9条でしょう。

>それと共産党はそもそもは天皇制廃止だったのですよw
天皇制廃止論者は共産党員に良く間違われるはずです。
ですが共産党で立っている国会議員でも、選挙中に天皇制廃止を掲げて戦うものはいないのでは?

>まあ、訳は天皇制存続させたくなかったからだがなw
少数意見として聞きましょう。

>そもそも総意であるかどうかの民意を選挙で聞いてないのだから、「国民の総意」とは言えない
>聞かない理由は何故かな?
間接民主主義の日本では、国民の総意は国会議員の選挙で決められます。
机上の空論の天皇制廃止論は、まさに国民の総意に反するものである。

>>366 :(○´ー`○)はカワイイ ◆
>そういう考え方を踏まえた上で2009年の衆院選挙に当選している。
復活当選ではないか!社民党は天皇制を容認している。

>>367
>不要で無意味な制度であれば改廃されていくのは当然の話な訳で。
必要だから制度として今後とも、天皇制は維持されるのでしょう。

369 ::2010/04/01(木) 14:13:18 ID:Xs7pfXd9
天皇制維持は国民の統合を象徴するものであり、国民の連帯感を高めるものである。

天皇制維持は国益であり、守るべきものである。

日本国政府は象徴天皇教育を通して、日本国民に象徴天皇の大切さを学ぶ機会を与えるべきである。

具体的には小学校低学年から皇室のご公務に関して学ぶ機会を与えるべきであろう。

370 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/04/01(木) 14:15:10 ID:16+z1JCJ
>>368
>復活当選ではないか!
アホw
それは2005年の選挙だ。2009年の衆院選挙じゃトップ当選だぞw


371 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 14:15:31 ID:Qaa/9N3Q
>具体的には小学校低学年から皇室のご公務に関して学ぶ機会を与えるべきであろう

時間の無駄。

372 ::2010/04/01(木) 14:17:38 ID:Xs7pfXd9
女系天皇を認めるべきである。

今の皇室典範は男尊女卑であり、男女平等の世に反しているものである。

皇室改革を手を緩めることなく行い、国民から愛される皇室であり続けるべきである。

373 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 14:19:26 ID:Qaa/9N3Q
宮内庁も事業仕分けの対象にすべきだ

374 ::2010/04/01(木) 14:20:34 ID:Xs7pfXd9
>>370
>それは2005年の選挙だ。2009年の衆院選挙じゃトップ当選だぞw
間違いがあったようで失礼。2002年から継続的に天皇制廃止を訴えていたのか?

375 ::2010/04/01(木) 14:23:52 ID:Xs7pfXd9
>>373
>宮内庁も事業仕分けの対象にすべきだ
無駄があれば削減されるべきなのであろう。
しかし、象徴天皇の権威を貶めるものであれば、国民が事業仕訳に対して疑問を持つことであろう。

376 ::2010/04/01(木) 14:26:12 ID:Xs7pfXd9
机上の空論は天皇制廃止にお書きいただくよう、重ねてお願いいたします。

377 ::2010/04/01(木) 14:31:18 ID:Xs7pfXd9
天皇制廃止論など机上の空論であり、具体的な案もなくダラダラと戯言を並べるだけの、時間の浪費である。

バチカン化などのお笑い話を具体案と言い切る、お笑いカワイイなどは論外であり、政治の掲示板の恥である。

378 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 14:34:52 ID:r5360tcm
>>象徴天皇の権威を貶めるものであれば

その権威を悪用するDQNが居るので、廃止した方が良くね?、
と言う話が出ている訳だが。

379 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 14:36:29 ID:TTEZhPEt
時間が空いたのなら、これに答えて頂けるかな?

>結局>>1
>戦前の皇国史観そのままに、日本人なら天皇を崇めるのが当然である
>といった意識でもって、天皇制維持とそのための教育を主張しているって事なのかな

380 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 14:37:46 ID:3XaKlmME
>>368
>改憲で天皇制廃止など、あまり聞きなれないが・・・改憲と言えば、憲法9条でしょう。
そう思うのはお前の勝手w
憲法改正は憲法に書かれたことを問うのだから、天皇制廃止もありうるのだよwww

>天皇制廃止論者は共産党員に良く間違われるはずです。
と、言うことは共産党に入れる奴はそれも前提だっていうことも言えるってことだよ
それとね、掲げないと認めないのならそもそも消費税自体がないはずでしょ?
バカなの?

>少数意見として聞きましょう。
聞くは良いけど、反対票はどこが入れたか知らないの?

>間接民主主義の日本では、国民の総意は国会議員の選挙で決められます。
国会議員の選挙は国政を任せる議員を決めること
天皇存続かどうかは、憲法に書かれた制度なのだから憲法改正で聞くこと
つまり、お前の理屈だと憲法改正を掲げると天皇制の是非も問うのと同じだということ
だって天皇制は憲法の制度でしかないのだものwww

でね、>>369を掲げて大量にそんな人が選挙して当選したの?
お前の理屈だと掲げないと机上の空論でしょ?





381 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 14:43:57 ID:Qaa/9N3Q
今朝の朝日に冨山和彦(JALの再生やってる産業再生機構の人)が
寄稿してて一度日本は破産させた方がいい、って書いてる
そのほうが根本的な改革が進むってさ。
日本人には危機意識がなさすぎると。
それぐらいの出来事がなければマジメにならんだろうと。

天皇制も同じことじゃないかな
「天皇は大半の国民に支持されている、天皇制廃止など机上の空論だ」
なんてでっちあげの世論調査に頼っているようでは
日本から皇室が消える日もそう遠くないように思うぜ

382 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 14:53:51 ID:wsr7fBmh
女系容認=皇位簒奪

383 ::2010/04/01(木) 15:02:30 ID:Xs7pfXd9
>>378
>その権威を悪用するDQNが居るので、廃止した方が良くね?、
>と言う話が出ている訳だが。
悪用できぬよう象徴天皇になっている。

>>379
>>戦前の皇国史観そのままに、日本人なら天皇を崇めるのが当然である
>>といった意識でもって、天皇制維持とそのための教育を主張しているって事なのかな
戦前の天皇制は権威を悪用するものがいたが、象徴天皇は日本国民の象徴である。
現人神でもないし人間天皇であるべきと考えます。

>>380
>憲法改正は憲法に書かれたことを問うのだから、天皇制廃止もありうるのだよwww
リベラルは護憲では?改憲は憲法9条でしょう。

>それとね、掲げないと認めないのならそもそも消費税自体がないはずでしょ?
消費税と改憲を一緒にするかなwww

>だって天皇制は憲法の制度でしかないのだものwww
改憲の発議は国会が行うものであり、国会議員の3分2が賛成しなければならない。

>>でね、>>369を掲げて大量にそんな人が選挙して当選したの?
>>お前の理屈だと掲げないと机上の空論でしょ?
天皇制廃止は憲法改正が必要だが、学習指導要領は国会の過半数があれば十分!!
ここで訴えていれば、国会議員の耳にも届くかなと思いまして・・・
天皇制廃止のような机上の空論とは異なります。

>>381
>日本から皇室が消える日もそう遠くないように思うぜ
机上の空論とは断言しますが、日本国民の連帯感が失われていることは危機感を持っています。
天皇制維持は連帯感の欠如を取り戻すために、早い段階から問題視して、教育から改革を進めるべきと提言をしています。

384 ::2010/04/01(木) 15:04:59 ID:Xs7pfXd9
>>382
>女系容認=皇位簒奪
女系否定=皇位断絶

385 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 15:07:33 ID:Qaa/9N3Q
リベラルは憲法9条について護憲と言ってるだけで
天皇制について改正してはならないなんていってないだろ

386 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 15:15:21 ID:TTEZhPEt
>>383
>日本国民の象徴
と憲法で定められている、故に改憲し象徴でなくす事も可能

9条改憲だけを視野にし、憲法改正論議に道を開いてみたが
それは制度としての天皇制廃止への道ともなるものだったという事だね

>学習指導要領
届かないよ、既に幾度も提起され
その度に、戦前の悪しき遺物の復活にしかならないとして潰えてきた事だからね

387 ::2010/04/01(木) 15:21:57 ID:Xs7pfXd9
>>386
>>日本国民の象徴
>と憲法で定められている、故に改憲し象徴でなくす事も可能
机上的には可能でしょう。

>9条改憲だけを視野にし、憲法改正論議に道を開いてみたが
>それは制度としての天皇制廃止への道ともなるものだったという事だね
今の世論では難しいのでは、9条は自衛隊という既成事実がある。

>>学習指導要領
>届かないよ、既に幾度も提起され
>その度に、戦前の悪しき遺物の復活にしかならないとして潰えてきた事だからね
戦前の悪しき遺物ではなく、現憲法で示されている象徴天皇を教育するのである。

388 ::2010/04/01(木) 15:23:51 ID:Xs7pfXd9
>>387 訂正
>>日本国民の象徴
>と憲法で定められている、故に改憲し象徴でなくす事も可能
机上の空論であり、不可能でしょう。

389 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 15:30:19 ID:r5360tcm
>>383 :1:2010/04/01(木) 15:02:30 ID:Xs7pfXd9
>>>その権威を悪用するDQNが居るので、廃止した方が良くね?、
>>>と言う話が出ている訳だが。
>>悪用できぬよう象徴天皇になっている。

実際悪用しようというDQNが居ますけど?


靖国の背景を考える★105
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1250857610/l50

462 名前:名無しさん@3周年 :2009/08/23(日) 09:08:04 ID:qmy6senT
靖国参拝は元来政治行為であるべきだ。特に総理の場合は
最高指揮官が日本軍将兵の眠る靖国に参拝するから意味がある

「嫌だから行かない」なら天皇の職務怠慢もいいところ
個人的意思なぞどうでもいいわ

390 ::2010/04/01(木) 15:37:21 ID:Xs7pfXd9
>>389
>実際悪用しようというDQNが居ますけど?
悪用できていないと思いが・・・

>靖国参拝は元来政治行為であるべきだ。特に総理の場合は
>最高指揮官が日本軍将兵の眠る靖国に参拝するから意味がある
天皇陛下が参拝できぬ靖国神社など意味ない!!

>「嫌だから行かない」なら天皇の職務怠慢もいいところ
>個人的意思なぞどうでもいいわ
象徴天皇は政治的発言・行動を厳しく制限されている。

象徴天皇制は戦前の現人神とは異なる。

391 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 15:42:38 ID:TTEZhPEt
>>387
>今の世論で
難しいのは、むしろ制度としての天皇制を維持する事でしょ
継承資源が枯渇していく事は明らかなのに、何の手も打たれないままだよね

>象徴天皇を教育
現行憲法について教えれば良いだけ
敢えて天皇だけを取り上げ、敬意を持つように教育する事こそ
まさに戦前の悪しき遺物のなぞりでしょ

392 ::2010/04/01(木) 15:54:46 ID:Xs7pfXd9
>>391
>継承資源が枯渇していく事は明らかなのに、何の手も打たれないままだよね
女系天皇をこの場で訴えております。
悠仁さまがお生まれになって、安心しているのでしょうが、しかし、未だに皇位継承問題は残っていると認識しています。

>現行憲法について教えれば良いだけ
日本国民の連帯感が欠如していると考えます。
現行憲法だけでなく、皇室のご公務を学ぶ機会を与えるべきと考えます。

>敢えて天皇だけを取り上げ、敬意を持つように教育する事こそ
>まさに戦前の悪しき遺物のなぞりでしょ
誰にでも敬意を払うのが当然であり、掲示板であっても、相手に対して敬意をもって応答しているつもりです。
この基本が出来ないのは、敬意を持つ習慣が日本国民から失われているためと考えます。
象徴天皇への敬意を持つことで、失われた日本の良き文化も取り戻せましょう。

393 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 16:05:10 ID:TTEZhPEt
>>392
>日本国民の連帯感が欠如している
だから、皇室への敬愛を全国民が持つことで連帯感を強めるんだ

などと言い出すのなら、それこそが戦前ままの悪しき遺産だよね

>誰にでも敬意を払うのが当然
>>1が、これこそが正しいと思い、自分でそう行動するのは自由だ
一方、他者がその考えに賛同しないのもまた自由

良い考えであるのだから、良き文化である筈なのだから
日本国民は一律に、その良き考えに共感しなければならない
として、国が教育で定めるなど戦前ままの教化政策はあってはならない事なんだよ

394 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 16:27:31 ID:jTWGD/Jy
国家理念に沿う限りに於いては国は如何なる教化政策であれ果たすべきだろ。
唾棄すべきは「戦前だから悪しき考え、悪しき文化」、と断ずる阿呆だな。

395 ::2010/04/01(木) 16:42:43 ID:Xs7pfXd9
>>393
>だから、皇室への敬愛を全国民が持つことで連帯感を強めるんだ
>などと言い出すのなら、それこそが戦前ままの悪しき遺産だよね
象徴天皇となり政治的権限はない状態であれば、敬愛を持ってもよいのでは?
悪しき遺産は既に取り除かれている。

>>誰にでも敬意を払うのが当然
>一方、他者がその考えに賛同しないのもまた自由
一般的には敬意を持つのが常識であり、賛同を求める以前の話と思いますが・・・

>日本国民は一律に、その良き考えに共感しなければならない
>として、国が教育で定めるなど戦前ままの教化政策はあってはならない事なんだよ
一定の道徳観は必要と思いますが・・・一律の教育は常識である。

396 ::2010/04/01(木) 16:46:50 ID:Xs7pfXd9
>>394
同感です。
戦前をすべて否定すれば良いと考えるのは過ちと考えます。
日本国を一つにまとめるには、天皇陛下のお力をお借りすべきと考えます。

397 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 16:52:18 ID:3XaKlmME
>>380
>リベラルは護憲では?改憲は憲法9条でしょう。
はあ?誰かリベラルって言った?改憲は9条だけとか言った?

>消費税と改憲を一緒にするかなwww
あれあれ?税法は国会議員の可決で決めるのだよ?
つまりさ、憲法改正を経て天皇廃止かどうか決めるより、国民生活に直結したことで選挙で争点となり問えるもの
と、言うことはさ国民生活に直結しない天皇維持や廃止なんて掲げるなんてことはそもそも通常選挙でしない
それを間接民主主義だから掲げないから認めているなんて言っている奴はバカなだけ

>改憲の発議は国会が行うものであり、国会議員の3分2が賛成しなければならない。
だから何?憲法改憲を掲げるものが選挙でているでしょ?

>天皇制廃止は憲法改正が必要だが、学習指導要領は国会の過半数があれば十分!!
だから、誰か掲げたの?
そもそも「ここで訴えていれば、国会議員の耳にも届くかなと思いまして・・・」って言うことは
廃止派の声だって届くかな?で机上の空論とは言えないよなwww



398 ::2010/04/01(木) 17:05:38 ID:Xs7pfXd9
>>397
>はあ?誰かリベラルって言った?改憲は9条だけとか言った?
あまり、声高に聞かないが・・・

>と、言うことはさ国民生活に直結しない天皇維持や廃止なんて掲げるなんてことはそもそも通常選挙でしない
掲げないにしても、国会で論戦の対象にもなっていないのでは?
現状維持が日本国民・国会議員の共通の認識と思いますが・・・

>そもそも「ここで訴えていれば、国会議員の耳にも届くかなと思いまして・・・」って言うことは
>廃止派の声だって届くかな?で机上の空論とは言えないよなwww
天皇制廃止など少数派であり、机上の空論と申し上げています。
天皇制維持が日本国民の総意であり、その総意にあった象徴天皇教育を掲げております。

399 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 17:10:25 ID:TTEZhPEt
>>394 >>396
>国家理念に沿う限りに於いて
現行憲法下、思想信条の自由を尊重しない教化政策を良しとする輩など
戦前ままの阿呆って事だよね

>>395
敬愛するのも、しないのも自由な現在
敬愛するよう教育せなばならないと言い出せば、それhざ悪しき遺産の踏襲だよね

常識だから、良いことなのだから、国が強制しても良い
などという事にはならないんだよ

400 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 17:12:06 ID:TTEZhPEt
>>398
>天皇制維持が日本国民の総意
だというなら
とっくに制度維持に必須な安定した継承のための制度改正が行われている筈だよね


401 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 17:13:12 ID:TTEZhPEt
>>399訂正
>敬愛するのも、しないのも自由な現在
>敬愛するよう教育せなばならないと言い出せば、それこそが悪しき遺産の踏襲だよね

402 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 17:16:26 ID:3XaKlmME
>>398
>あまり、声高に聞かないが・・・
なら、わからんわなw

>掲げないにしても、国会で論戦の対象にもなっていないのでは?
だからさ、存続も廃止も国民生活と関係ない事項でどうでもいいからだろwww

>現状維持が日本国民・国会議員の共通の認識と思いますが・・・
どうでもいいが共通認識な

>天皇制廃止など少数派であり、机上の空論と申し上げています。
お前が>>1で言っていることはどうなの?

>天皇制維持が日本国民の総意
だから、いつ総意を問うた?
掲げて選挙してない以上、「そうだ」とは言えないだろうにwww

403 ::2010/04/01(木) 17:39:48 ID:Xs7pfXd9
>>399
>現行憲法下、思想信条の自由を尊重しない教化政策を良しとする輩など
思想信条ではなく、道徳観の共有であります。

>敬愛するよう教育せなばならないと言い出せば、それこそが悪しき遺産の踏襲だよね
敬愛せよとは教育するべきでは無いでしょう。
しかし、象徴天皇制での皇室方のご公務を学ぶ機会を与えるべきと考えます。

>常識だから、良いことなのだから、国が強制しても良い
>などという事にはならないんだよ
強制ではなく学ぶ機会を与えるべきであります。

>>400
>とっくに制度維持に必須な安定した継承のための制度改正が行われている筈だよね
天皇維持の中で継承問題が二分に割れているためと考えます。

>>402
>だからさ、存続も廃止も国民生活と関係ない事項でどうでもいいからだろwww
日本国民のとって重要な問題であります。
しかし、現状維持が暗黙の了解意であるから、ことさら選挙で掲げないのでしょう。

>お前が>>1で言っていることはどうなの?
大多数の代弁として訴えていると考えています。

>掲げて選挙してない以上、「そうだ」とは言えないだろうにwww
現状維持であればことさら上げる必要も無いでしょう。

404 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 18:20:30 ID:TTEZhPEt
>>403
>道徳観の共有
戦前、国民道徳の名の下に、教化政策でもって臣民として正しい道徳を
国が強制した事を良しと言いたい訳かな?

>学ぶ機会
そもそもが憲法教育で済む話
主張するなら、憲法教育の充実だよね

>継承問題が二分に
現行の象徴天皇制は、戦前の天皇制を否定することで成り立っている
その否定された戦前の天皇制を支えた皇国史観を用いて
現在の象徴天皇制の意義を主張するなどという間抜けた事をしていては
この先も問題解決には至れない
このままでは結局、時間切れという事になってしまいそうだね

405 ::2010/04/01(木) 18:32:22 ID:Xs7pfXd9
>>404
>>道徳観の共有
>戦前、国民道徳の名の下に、教化政策でもって臣民として正しい道徳を
>国が強制した事を良しと言いたい訳かな?
臣民は大日本帝国憲法であり、現在は日本国民である。
そこらへんも、道徳として教えないと理解できないでしょう。

>そもそもが憲法教育で済む話
>主張するなら、憲法教育の充実だよね
憲法教育で敬意の心が育つとは思えぬが・・・
象徴天皇教育で日本人が忘れかけた、心の豊かさを取り戻すべきである。

>このままでは結局、時間切れという事になってしまいそうだね
それは無いでしょう。一時は決まりかけていたのであるから、危機感が共有できれば、決まることでしょう。

406 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 18:46:58 ID:3XaKlmME
>>403
>日本国民のとって重要な問題であります。
あ、そうwww
ならなぜ継承問題を争点にしてないの?

>大多数の代弁として訴えていると考えています。
何故そう言えるの?誰か選挙で掲げたか?

>現状維持であればことさら上げる必要も無いでしょう。
どうして現状維持だと掲げる必要がないの?
継承で女系も容認にするとか掲げてないのだから、国民は男系という現状維持だということなの?



407 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 20:12:29 ID:r5360tcm
>>390
>>象徴天皇は政治的発言・行動を厳しく制限されている。
>>象徴天皇制は戦前の現人神とは異なる。

こう言う時は憲法を盾に「そんな事有り得ない論」を張るんだねぇ。
しかし右翼自民による憲法改正の手順の明確化、憲法9条の改正案、
国旗国歌法制定、愛国心の法制化未遂、徴兵制案の提示等、
「日本は天皇中心の神の国(By森喜朗)」発言が、
戦前システムにあこがれるアフォの暗躍を示唆しているのは明白。

誤魔化したいやしだけが、「そんな事ありません」と言ってるだけでね。
国旗国歌法も「強制しない」とはじめに説明しておきながらあのざまだし。

408 :名無しさん@3周年:2010/04/01(木) 21:06:54 ID:sG+WEPW9

>>366

辻元の選挙区は、
人権教育(同和教育)に力を入れていた高槻市だな。

409 ::2010/04/02(金) 10:42:24 ID:0xXWDwwk
>>406
>ならなぜ継承問題を争点にしてないの?
悠仁さまがお生まれになる前は議論になっていた。

>何故そう言えるの?誰か選挙で掲げたか?
日本国民の多くは象徴天皇制維持であり国民の総意である。それに沿って意見を構築している。

>継承で女系も容認にするとか掲げてないのだから、国民は男系という現状維持だということなの?
悠仁さまがお生まれになり、男系が保たれ、皇位継承問題も解決しているとの認識の人が多いと実感しています。

>>407
>こう言う時は憲法を盾に「そんな事有り得ない論」を張るんだねぇ。
当然、無いものと考えております。

>しかし右翼自民による憲法改正の手順の明確化、憲法9条の改正案、
国情に合っていなけれな変えるのも仕方ないのでは?
自衛隊も存在し活動を行っている以上、憲法9条は改正すべきでしょう。

>「日本は天皇中心の神の国(By森喜朗)」発言が、
失言の多い政治家の発言を後生大事にしているようでwww

>戦前システムにあこがれるアフォの暗躍を示唆しているのは明白。
明らかに戦前システムとは異なるものであり、天皇陛下が政治に関与することはない。

>誤魔化したいやしだけが、「そんな事ありません」と言ってるだけでね。
誤魔化しと言われるのは心外である!!

>国旗国歌法も「強制しない」とはじめに説明しておきながらあのざまだし。
日本国民として国旗国歌を大切に思う気持ちは必要なことでしょう。
国旗国歌より、象徴天皇を学ぶ機会を与えるべきと考えております。
強制ではなく、学ぶ機会を与えるべきである。

410 :名無しさん@3周年:2010/04/02(金) 11:11:44 ID:Y3KaWonN
>>409
384 名前:1[] 投稿日:2010/04/01(木) 15:04:59 ID:Xs7pfXd9 [12/21]
>>382
>女系容認=皇位簒奪
女系否定=皇位断絶


以上を踏まえて
>悠仁さまがお生まれになる前は議論になっていた。
なら、お前の理屈だと議論にしないってことは女系否定したってことなんだwww

>日本国民の多くは象徴天皇制維持であり国民の総意である。それに沿って意見を構築している。
それはお前の想像でしょ?選挙で掲げてないのだから言えないでしょ?

>悠仁さまがお生まれになり、男系が保たれ、皇位継承問題も解決しているとの認識の人が多いと実感しています。
じゃあ、国民は皇位断絶が望みだと言うことでOKねw

411 :名無しさん@3周年:2010/04/02(金) 11:14:57 ID:WYzlG6r5
>>>>407
>>>こう言う時は憲法を盾に「そんな事有り得ない論」を張るんだねぇ。
>>当然、無いものと考えております。

おまいがそう思ってるだけ。
そう思わない人達も大勢居ると言う事。

412 ::2010/04/02(金) 12:17:20 ID:0xXWDwwk
>>410
>>悠仁さまがお生まれになる前は議論になっていた。
>なら、お前の理屈だと議論にしないってことは女系否定したってことなんだwww
人の集まりで話をすると女系天皇への賛同は得られている。
否定的な考えはネット上の一部右翼からしか聞くことはない。

>>日本国民の多くは象徴天皇制維持であり国民の総意である。それに沿って意見を構築している。
>それはお前の想像でしょ?選挙で掲げてないのだから言えないでしょ?
選挙ではないが人の集まりなどで直接聞いているが、象徴天皇制廃止など聞いたことがない。
ネット上でしか聞く機会はない、天皇制廃止など共産党が打ち出しているだけであろう。

>>悠仁さまがお生まれになり、男系が保たれ、皇位継承問題も解決しているとの認識の人が多いと実感しています。
>じゃあ、国民は皇位断絶が望みだと言うことでOKねw
認識が無いだけであり、問題を提議すれば、女系天皇への理解は得られる。

>>411
>>>>こう言う時は憲法を盾に「そんな事有り得ない論」を張るんだねぇ。
>>>当然、無いものと考えております。
>おまいがそう思ってるだけ。
>そう思わない人達も大勢居ると言う事。
憲法に反してまで、天皇陛下が政治的関与をするとは思えぬが・・・
左翼の老婆心である。

413 :名無しさん@3周年:2010/04/02(金) 12:52:49 ID:WYzlG6r5
>>憲法に反してまで、天皇陛下が政治的関与をするとは思えぬが・・・

俺の書き込み全く読んでないんだ?
俺は天皇が憲法違反をするとは言ってない、
天皇を神輿に乗せて担ぎ上げたい馬鹿がまだ沢山居ると言っただけでネ。

こう言う馬鹿が結構多いからねぇ。

靖国の背景を考える★105
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1250857610/l50

462 名前:名無しさん@3周年 :2009/08/23(日) 09:08:04 ID:qmy6senT
靖国参拝は元来政治行為であるべきだ。特に総理の場合は
最高指揮官が日本軍将兵の眠る靖国に参拝するから意味がある

「嫌だから行かない」なら天皇の職務怠慢もいいところ
個人的意思なぞどうでもいいわ

414 ::2010/04/02(金) 13:12:08 ID:0xXWDwwk
>>413
>天皇を神輿に乗せて担ぎ上げたい馬鹿がまだ沢山居ると言っただけでネ。
馬鹿を相手にすると疲れますよwww
神輿に担いでも象徴天皇である以上、政治的意味は持たない。

>「嫌だから行かない」なら天皇の職務怠慢もいいところ
天皇陛下批判する者は、真の愛国者ではない。
似非愛国者などが騒いでも意味のないことであろう。

415 :名無しさん@3周年:2010/04/02(金) 13:43:49 ID:Y3KaWonN
>>412
お前、可笑しいだろ?
都合のいい時だけ、選挙で掲げてないから認められていると言い
都合悪いと選挙は関係なくなって人の集まりってさwww

お前ダメだなw理屈が一貫してなくて無茶苦茶

ご苦労さんね、もうココに来ないから勝手にオナニーやってくれwwwさて廃止スレ戻ろ、じゃあね♪


416 ::2010/04/02(金) 16:05:50 ID:0xXWDwwk
>>415
ご苦労様でした。さようなら

417 ::2010/04/02(金) 16:07:29 ID:0xXWDwwk
天皇制廃止など机上の空論であり、時間の浪費である。

日本国民の総意は天皇制維持である。

418 ::2010/04/02(金) 16:09:35 ID:0xXWDwwk
女系天皇を認めるべきであろう。

天皇制廃止論者の根拠ともなっている皇位継承問題の解決は不可欠である。

女系天皇を認めることで、皇位継承問題の解決を図るべきである。

419 ::2010/04/02(金) 16:13:19 ID:0xXWDwwk
象徴天皇教育を行うべきであろう。

日本国民の連帯感を高め、日本人の心を取り戻すために、象徴天皇を学ぶ機会を与えるべきである。

具体的には小学校低学年から皇室の御公務を学ぶ機会を与える。

420 ::2010/04/02(金) 16:17:53 ID:0xXWDwwk
幼稚な不敬な書き込みが少なくなっているように感じるが・・・

天皇制廃止の書き込みも少なくなれば良いのですが・・・

421 :名無しさん@3周年:2010/04/02(金) 17:07:28 ID:ENKfRq5a
女系の意味は?

>>1
今日はじめてこのスレを知った。
最初に「女系」とある。
だったら女系の意味を親切に説明したら。
早速、>>2から質問が出た。
悪意の質問とは思えない。
しかしその回答は、確かに回答になっていないと思う。


422 :名無しさん@3周年:2010/04/03(土) 06:34:21 ID:3OuZHu0a
自分は天皇とは、日本を創ったとされる神の子孫であるとされている故に、畏敬の念を一応 持っている!真偽は別として、日本を創った神の子孫であるとされている事から象徴天皇でも良いと考えていた。
日本の基本は神道の国で、神社等の総本山的な地位なのが天皇家と考えている!
が、眞子さまが基督教大学へ進まれた事で、天皇家の在り方に疑問を感じる!
又、基督教の国からしたら神道が基督教の下に就いたぐらいの事を言い出しそうだ!どこでどんなケチをつけてくるかわからない!
女系となると、眞子さまも皇位継承者となると・・・!
深読みし過ぎだろうけど、眞子さまが基督教大学へ進まれたのは自分としては、不愉快である!
それ故に、女系は反対です。

423 :名無しさん@3周年:2010/04/04(日) 16:52:26 ID:52tAo98V
女系容認=「だれでも良いから天皇になってよ」

424 ::2010/04/06(火) 19:57:25 ID:2lGfip0F ?2BP(0)
>>421
返答遅れすみません。

女系天皇は文字通りですが、あえて聞かれたので、私の考えを申し上げます。
女系天皇は他家に嫁いだ場合には資格が無くなると思います。
あくまでも婿をもらう形が必要です。
しかるべき方が婿入りすべきであり、その意味では旧宮家の方が有力な候補と考えます。
どちらにしろ、最終判断は天皇家にあることになります。

425 ::2010/04/06(火) 20:08:24 ID:2lGfip0F ?2BP(0)
>>422
神道では「八百万の神」と申します。
キリスト教も、その一つにしか過ぎません。
懐が深い神道に置いては問題にならないと考えます。

426 ::2010/04/06(火) 20:11:56 ID:2lGfip0F ?2BP(0)
>>423
女系天皇は誰でも良いとは考えません。
それなりの婿を迎えなければ、その資格は無いものと考えます。

427 ::2010/04/06(火) 20:26:51 ID:2lGfip0F ?2BP(0)
OCN規制の対象となり、携帯電話からの投稿となりました。
規制で書き込み出来ない人も多いと思います。
なんとか早めの解除がされることを願っています。

428 ::2010/04/06(火) 21:28:56 ID:2lGfip0F ?2BP(0)
悠仁をご公務から解放させて、側室(愛人)との時間を優先し、皇室の発展に力を注いで頂く、

429 ::2010/04/06(火) 21:55:55 ID:2lGfip0F ?2BP(0)
憲法で規定されている象徴天皇教育は必要である。
国旗・国歌より、重要である。
小学校低学年から皇室のご公務を学ぶ機会を与えるべきであろう。
日本国民の常識として!

430 ::2010/04/07(水) 00:14:37 ID:WMrKwlDs ?2BP(0)
天皇制廃止など机上の空論である。
日本国民は国政選挙で明確に意思を示している。
日本国民の総意は天皇制維持であり、争点にもなっていない。

431 ::2010/04/07(水) 05:09:58 ID:WMrKwlDs ?2BP(0)
前に天皇制廃止と女系天皇が同じく選挙で公約に出ていない話しがあったが、確かに両者共に選挙の争点になっていない。
しかし、女系天皇は総理大臣の諮問機関で論議され、女系天皇を容認する答申が出されている。
言うまでもなく天皇制廃止など論議対象もなっていない。
また、女系天皇は皇室典範の改正であり、かたや、天皇制廃止は日本国憲法の改正である。
比べるまでも無かろう。

432 ::2010/04/07(水) 11:13:59 ID:WMrKwlDs ?2BP(0)
日本国民の統合の象徴である天皇を知ることは、日本国民として重要なことであろう。
象徴天皇教育は必要不可欠なことである。
小学校低学年から皇室のご公務を学ぶ機会を与えるべきである。
学習指導要領に明記し、すべての児童が適切に象徴天皇教育を受けられるのが肝心である。

433 :名無しさん@3周年:2010/04/08(木) 02:15:32 ID:kFevYv2M
>>1 >>432
つまらん。
皇室より、GHQ製の「憲法」を上位に置く発想だ。
そういう態度が皇室への軽侮やはては廃止論を生みだす土壌となっている。

434 :地球民主主義国粋論者 ◆rmyrh8seOg :2010/04/08(木) 04:26:07 ID:C1ntl4m0
はじめまして、>>1 さん
もしよろしければご意見いただけますでしょうか?
最近竜馬伝などを見て思う事があります。
以下についてです。

天皇制(皇室)と大統領制(共和制)は両立できるか?

幕末において、日本の実質的な君主は徳川将軍であり、士族は天皇ではなく徳川幕府という
将軍家王朝につかえ、ある意味で天皇陛下(御門)はすでに象徴的な存在に等しかった。
福沢諭吉ら開国派は、どうも共和制的な近代国家作りを目指していたようで、もし彼らが近代
日本を作っていたとしたら、天皇陛下は現在どのような御立場としてあられたのだろうか?

ひょっとしたら日本は大統領制の共和国であったが、しかし天皇陛下(御門)は御門、陛下
として象徴的に存続されていたんじゃなかろうか?
つまり、天皇制という国体と、共和制という国体が奇妙に共存しているのである。
似たような例でヨーロッパにおけるバチカンがそうだが、決定的に違うのは単一国家の中でそれが
共存・混在しているという事である。
日本は君主国のようで共和制であるという世界でも例外的な国として存在してたかもしれない。
なれば倒幕派は、そこまでして徳川を倒さなければならない理由でもあったのだろうかと思うのだ。
アメリカのような共和制導入すれば=天皇君主国家の滅亡=革命というようなことであると、あの
当時からすでに日本人は意識していてたのだろうか?

435 ::2010/04/08(木) 09:53:37 ID:DANhaV2U ?2BP(0)
>>433
象徴天皇制は憲法で守られている。
現在の象徴天皇制を維持し、皇室を必要以上に利用しようとする輩から守るためにも、現憲法は有効と考えます。

436 ::2010/04/08(木) 10:32:29 ID:DANhaV2U ?2BP(0)
>>434
地球民主主義国粋論者さんよろしくお願い致します。

>天皇制(皇室)と大統領制(共和制)は両立できるか?
大統領制に拘るのが分かりかねます。首相公選制で良いのでは?

>天皇陛下は現在どのような御立場としてあられたのだろうか?
もしの話しは歴史が証明するように、現在の形が最適だたのだと思います。

>当時からすでに日本人は意識していてたのだろうか?
各国の状況を調べ、日本帝国憲法を作ったのでしょう。しかし、帝国憲法には致命的な欠陥があり、軍部の暴走を止める仕組みがなく、第二次世界大戦を引き起こし、反省と教訓から日本独自の日本国憲法へと進化したものと思います。

437 :地球民主主義国粋論者 ◆rmyrh8seOg :2010/04/08(木) 19:51:27 ID:C1ntl4m0
ご意見をありがとうございます、私は別に大統領制に凝っているというわけではありませんが
総理大臣という役職はどうにかならんものかと思っておりましてね。
大統領制が良いというわけでは決して無いことは韓国を見れば分かりますし、だからといって
無能でもなれる総理大臣というのも問題がある事は今日までの日本の政治を見れば分かる事です。

また、歴史が天皇制を選択していったという事に関して言えば、現在の形が最適であったというのは少し違うと思います。
ただし尊皇という意味で国学者や神学者たちは天皇が君主であり神でなければまったく意味が無いという事を
当然考えていただろうし、現に当時はそれによって成立された明治政府と第1代総理のことを考えればまさに
アメリカの独立宣言に匹敵するぐらいの偉業といえます。
しかし、当事の日本は天皇の権威というのは実はほとんど無かった時代でしたから私達が思うほどに
共和制への抵抗というのは無かったのだと思われます。

438 :地球民主主義国粋論者 ◆rmyrh8seOg :2010/04/08(木) 20:05:35 ID:C1ntl4m0
軍部暴走に関しては私は良く存じてないのであまり申し上げる事はできませんが
いわゆる全体主義化・軍国社会主義への道というのは当時の革新的な世界風潮
でありましたし、ファシズムという考えが民衆に支持され台頭した特殊な時代でありました。
現にソヴィエトや中国やアメリカ帝國が成立されてる以上は、日本だけを暴走という風に
見るのはどうかと思います。

中国に対しての侵略は現在の日本の立場と中国の立場が入れ変わるというだけで
北京上海など北部中国大陸を日本領とした日満連邦圏ができていて、それはそれで
実に良い国家共同体連合であったかもわかりませんから2次大戦の反省から
現代の日本独自の日本国憲法、法治国家へと進化したものと言う様な考えは
私はちょっと都合が良いのではないかと思うのです。

439 :名無しさん@3周年:2010/04/09(金) 11:00:20 ID:ydh8+ay1 ?2BP(0)
>>437
天皇制維持からは離れますが、公選制を導入すれば、幾分かは良くなるように考えます。

岩倉らの公家は最初から君主制を考えていたことでしょう。

>>438
統帥権を盾に政府の指示を無視し戦争を拡大して、二度のクーデターで勝てない戦争へと突き進んだ。
他の先進国で軍部の暴走は聞かない。政府がコントロール出来ている。

現憲法は国民主権が過大評価されているが、文民統制が明文化されたことが大きい。
あと政治の安定のために、国民の不満を吸収する仕組みとなっている。

440 ::2010/04/09(金) 11:03:36 ID:ydh8+ay1 ?2BP(0)
>>439
名前を付け忘れた。

441 :地球民主主義国粋論者 ◆rmyrh8seOg :2010/04/09(金) 21:39:44 ID:61Kh26GO
>統帥権を盾に政府の指示を無視し戦争を拡大して、二度のクーデターで勝てない戦争へと突き進んだ。
>他の先進国で軍部の暴走は聞かない。政府がコントロール出来ている。
>現憲法は国民主権が過大評価されているが、文民統制が明文化されたことが大きい。

なるほどね。
ある種の軍事政権的なものであったと。
暴走を止める装置=シビリアンコントロールがなかったと。

>あと政治の安定のために、国民の不満を吸収する仕組みとなっている。

これはどういうことでしょうか?

442 :地球民主主義国粋論者 ◆rmyrh8seOg :2010/04/09(金) 22:10:02 ID:61Kh26GO
しかし、それを思うと例の田母神更迭のときに「クーデターだ」「シビリアンコントロールが」と
報道で騒がれた事というのは、実に滑稽なお笑いでしか無かったんだなあと・・・。

443 ::2010/04/09(金) 22:23:11 ID:ydh8+ay1 ?2BP(0)
>>441
>>あと政治の安定のために、国民の不満を吸収する仕組みとなっている。
>これはどういうことでしょうか?

政権交代を見れば、国民の不満を吸収していると思います。

444 ::2010/04/09(金) 22:34:54 ID:ydh8+ay1 ?2BP(0)
>>442
田母神は任命責任が明確になっておらす、文民統制の枠組みを逸脱した責任は思います。
制度がありながら、制度を超えた論文は行き過ぎであり、自衛隊内部文書ですでに逸脱した内容を投稿しており、チェックの甘さは問題でしょう。

445 :名無しさん@3周年:2010/04/10(土) 19:27:51 ID:8HhZHjT+
>>439
>他の先進国で軍部の暴走は聞かない。政府がコントロール出来ている。

日本も戦争に突入したのは政府決定。
軍部の暴走では無い。
戦争を起こしているのは、何処の世界も軍人ではなく政治家。

446 ::2010/04/10(土) 22:43:44 ID:lZXOQ8hw ?2BP(0)
>>445
226事件・515事件で天皇陛下が任命した大臣を暗殺し、戦争遂行へと導いた。
当時の政治家は戦争の拡大を避けようとしていた。
また、天皇陛下も軍部を抑え込むため東條英機を総理大臣に任命し、戦争回避を託した。
しかし、東條は戦争回避が出来ず、天皇陛下への奏上の時泣いてお伝えしたとある。
泣いて奏上したからといて、許される話しではない。
元々は軍部出身の東條が総理大臣に任命されることになった2回クーデター発端である。

447 :名無しさん@3周年:2010/04/10(土) 22:51:39 ID:8HhZHjT+
>>446
其の前は近衛文麿首相なんだが。
支那事変にしても、大東亜戦争に突入しなくてはいけない状況になった時の首相は、近衛首相だったが。

448 ::2010/04/10(土) 23:41:18 ID:lZXOQ8hw ?2BP(0)
>>447
当時の戦争をすべて否定する立場は取らない。
太平洋戦争へと突き進んだ問題を考える。
政治家の判断を暴力でねじ伏せた当時の軍部に問題があった。
暴力では良い解決策は生まれない。
文民統制は非常に重要なことと思います。

449 ::2010/04/12(月) 06:26:06 ID:KPgx9xOI ?2BP(0)
象徴天皇教育をおこなうべきである。

日本国民の統合の象徴である皇室を知ることは、日本国民の失われた連帯感を取り戻すことになる。

小学校低学年から皇室のご公務を学ぶ機会を与えるべきである。

450 ::2010/04/12(月) 06:43:47 ID:KPgx9xOI ?2BP(0)
女系天皇をみとめるべきである。

現在の皇室典範は男尊女卑であり、男女平等の世に合わない。

皇位継承を安定的に行うためにも欠かせない。

451 :名無しさん@3周年:2010/04/12(月) 10:17:32 ID:3OuJzCcB
>>448
>政治家の判断を暴力でねじ伏せた当時の軍部に問題があった。

其れはお前さんの単なる偏見。

452 ::2010/04/12(月) 10:20:53 ID:Ypnr11Yn
天皇制廃止論など机上の空論であり、「うましか」な議論であろう。

天皇制廃止を訴えて当選した国会議員はいない、国民の総意は天皇制維持である。

国民の統合の象徴である天皇制を廃止するなどは国益に反する行為であり言論の濫用である。

言論の自由を守るためにも、天皇制廃止を規制するべきであろう。

453 ::2010/04/12(月) 10:24:35 ID:Ypnr11Yn
>>451
クーデターは現実に起き、死傷者を出している。

政治を武力でねじ曲げたものであり、その後の日本の進路は確実に敗戦へと突き進んでいる。

偏見ではなく事実を述べただけと考えるものである。

454 :名無しさん@3周年:2010/04/12(月) 10:43:29 ID:3OuJzCcB
>>453
>クーデターは現実に起き、死傷者を出している。

殺害されたのは政府高官等であって、民間人では無い。
だからこそ青年日本の歌と云うのも存在している。

455 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/04/12(月) 10:58:21 ID:geFHN/bg
二・二六事件を賞賛するとはさすが、気に入らない天皇は殺して構わないとゆ〜
南出信者らしい発想だなw


456 ::2010/04/12(月) 11:15:18 ID:Ypnr11Yn
>>454
政府高官と言っても文官である。文民統制を逸脱したものである。

昭和維新を掲げ、戦争拡大へと導いたものである。

クーデターがもたらしたものは、日本を荒廃させた敗戦をもたらした。

外交努力を無駄にして、無謀な戦争遂行を推し進めたものである。

457 ::2010/04/12(月) 11:41:40 ID:Ypnr11Yn
226事件では天皇陛下の臣下が殺害されたものであり、天皇陛下を軽んじた行為であろう。

殺害という行為以上に許されざる行為である。

458 :名無しさん@3周年:2010/04/12(月) 17:02:31 ID:USZG4UBb
女系天皇…反対。男尊女卑とは思わない。

象徴天皇教育…歴史的なご事蹟を学んだ方が良い。

不敬な書き込み…単に不敬罪を復活すれば良い。

天皇制廃止…本当に実行しようという組織運動が起きたらどうするか聞きたい。

459 :名無しさん@3周年:2010/04/12(月) 17:16:04 ID:USZG4UBb
>>430 >国旗国歌より、象徴天皇を学ぶ機会を与えるべきと考えております。
   >強制ではなく、学ぶ機会を与えるべきである。

お粗末!
法律や知事の指導・強制があっても拒否し続ける確信的な日教祖労働者をどうするか、
という問題だろ。教育現場を知らないな。




460 :名無しさん@3周年:2010/04/12(月) 17:45:51 ID:USZG4UBb
訂正 >>459の430は、>>409だった。
・象徴でしかない、という憲法教育がとんでもない「教師」を輩出してるわけだろ。

>>444 >田母神は任命責任が明確になっておらす、文民統制の枠組みを逸脱した責任は
・文民統制の問題ではなかろうが。

>>448 >政治を武力でねじ曲げたものであり、その後の日本の進路は確実に敗戦
・政治家が開戦必至の事態に追い込み、土壇場で責任放棄し投げ出したわけだろ。

>>446 >当時の政治家は戦争の拡大を避けようとしていた。
・排日侮日共産主義の浸透を無策放置し混乱を起していた。
 朝日新聞の扇動や朝日出身のスパイ、国際共産主義の戦争拡大工作はどうなんだ。

とにかくお粗末過ぎる。
占領憲法を絶対視してしまったところで思考力が停止したのだろ。
かろうじて、尊皇の念はあるから治癒可能だろうが。

461 :名無しさん@3周年:2010/04/12(月) 17:58:12 ID:7+QiMyGD
資料を羅列するだけの教育でも、天皇に関することは教えたがらない日教組と反天。
主観ではなく客観で教えて、選択の機会を与えれば善いだけなのに、それもしない。
教え無いと言う強制とも思える。

462 :名無しさん@3周年:2010/04/13(火) 00:38:03 ID:SJPwnF+I
天照大神は男系天皇としか交信できない。日本を守る神が他の神と交代すれば女系もOK
になるかもしれないが、天照大神であるうちは無理。

463 :名無しさん@3周年:2010/04/13(火) 02:14:28 ID:LHVrTajl
>>1
男系、男系で遡っていけば、神武天皇に到達し、
やがて、天照大神にたどりつく。
女系ではどこへ行く?
くだらない憲法で制約された象徴としての公務など教えて
そこから日本人の誇りや愛国心、尊王心が生まれるか。
何でもかんでも悪いことは軍人のせいにするような教育で
国防に任につく人材が育てられるか。
今の飽食感覚で偉そうに二二六の将校を批判できるか。
まず自分の頭から占領軍と日教組教育の残滓を取り除くことだ。

464 :名無しさん@3周年:2010/04/13(火) 02:37:18 ID:RPsGn5/u
遺伝子学的に言えば、、、
女系遺伝するミトコンドリアDNAは数世代で絶えてしまう。
男系遺伝するY染色体遺伝子は数万年も明確に遺伝する。
また、遺伝子の分析から日本人は混合人種である事が明らかになっている。
現時点では天皇家はどのDNAの系統に属するかか明らかにされていない。

つまり先祖不明の男性の婿入り、つまり女系天皇は過去の天皇家と断絶になる可能性が高い。

465 :名無しさん@3周年:2010/04/13(火) 10:19:58 ID:bZW7g+l8
>>455
しょう‐さん〔シヨウ‐|シヤウ‐〕【称賛/称×讚/賞賛/賞×讚】

[名](スル)褒めたたえること。「―の的(まと)」「―すべき行為」

お前は小学生から国語を勉強し直せよ。
バカワイイよ。

466 :名無しさん@3周年:2010/04/13(火) 10:21:14 ID:bZW7g+l8
>>460
>占領憲法を絶対視してしまったところで思考力が停止したのだろ。

全く其の通り。

467 ::2010/04/13(火) 11:51:03 ID:jPhrt5Nf
>>458
>女系天皇…反対。男尊女卑とは思わない。
主観感ですね。
しかし、皇室典範で「第1条 皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する。」と記述があり、女系を安易に排除している。
男女平等とは到底いえぬであろう。男尊女卑であり女性を軽んじているものである。

>象徴天皇教育…歴史的なご事蹟を学んだ方が良い。
歴史といってねつ造された神話を教える可能性を排除したいものです。

>不敬な書き込み…単に不敬罪を復活すれば良い。
不敬罪を復活は前にこの掲示板で出しましたが、あまり人気がありませんでした。
しかし、不敬罪を立法化するより、現刑法の親告罪の例外規定により、総理大臣が適切に対応すれば済む話と考えています。

>天皇制廃止…本当に実行しようという組織運動が起きたらどうするか聞きたい。
無いものと考えます。
天皇制廃止論など机上の空論であり、国民の多くは象徴天皇制の維持を望んでいます。


468 ::2010/04/13(火) 11:52:50 ID:jPhrt5Nf
>>459
>法律や知事の指導・強制があっても拒否し続ける確信的な日教祖労働者をどうするか、
>という問題だろ。教育現場を知らないな。
日教組の問題はあるように考えますが、国旗・国歌と同様に教師の義務となれば、改善の余地はあるものと思います。

>>460
>・象徴でしかない、という憲法教育がとんでもない「教師」を輩出してるわけだろ。
改善すべきであろう。制度から見直し教師への指導を行うべきである。

>・文民統制の問題ではなかろうが。
田母神の問題は制服組のトップが政治判断とは異なる発言をしたことが問題である。
文民統制が行き届いていれば、田母神のような不心得者はトップに立つこともなかったであろう。

>・政治家が開戦必至の事態に追い込み、土壇場で責任放棄し投げ出したわけだろ。
太平洋戦争は東條のもと決められた。東條は武官であり本来は、総理大臣の器にあらず。
クーデターにより、軍部を抑えるために東條を任命したものである。
その任を果たせずに奏上で泣きながら開戦を伝えたなど、全く許しがたいものである。

>占領憲法を絶対視してしまったところで思考力が停止したのだろ。
占領下で策定された憲法でも手続きはとっている。
憲法改正は必要とは思うが、憲法に定められた手続きを経て行うべきであろう。

469 ::2010/04/13(火) 11:54:57 ID:jPhrt5Nf
>>461
>資料を羅列するだけの教育でも、天皇に関することは教えたがらない日教組と反天。
>主観ではなく客観で教えて、選択の機会を与えれば善いだけなのに、それもしない。
>教え無いと言う強制とも思える。
同感です。
日教組の問題もあるとは思いますが、先ずは学習指導要領に明記すべきと考えます。

>>462
>天照大神は男系天皇としか交信できない。日本を守る神が他の神と交代すれば女系もOK
>になるかもしれないが、天照大神であるうちは無理。
男系と信じられていることも、疑わしいものである。
継体天皇は血筋として外れていて、手白香皇女が女系として、今日まで続く天皇家と言われている。

>>463
>男系、男系で遡っていけば、神武天皇に到達し、
>やがて、天照大神にたどりつく。
これ自体が怪しいものである。

>くだらない憲法で制約された象徴としての公務など教えて
>そこから日本人の誇りや愛国心、尊王心が生まれるか。
知ることから始まるものと考えます。

>何でもかんでも悪いことは軍人のせいにするような教育で
>国防に任につく人材が育てられるか。
パワーゲームは終焉を迎えている。

>今の飽食感覚で偉そうに二二六の将校を批判できるか。
問答無用の世の中にはしたくないので、226事件は批判の対象と考える。

470 ::2010/04/13(火) 11:58:58 ID:jPhrt5Nf
>>464
>つまり先祖不明の男性の婿入り、つまり女系天皇は過去の天皇家と断絶になる可能性が高い。
誰でも良いとは考えていません。
旧宮家から婿を取れば、問題ないと考えます。

471 ::2010/04/13(火) 14:04:08 ID:jPhrt5Nf
天皇制廃止を規制すべし!!

日本国民の統合の象徴である天皇を否定するのは、国益を害する行為である。

言論の自由を守るためにも、言論の濫用である天皇制廃止を規制すべきである。

大切な言論の自由を脅かす存在であり、国益を損なう天皇制廃止は言論の濫用であり、許されざる行為である。

472 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/04/13(火) 20:04:21 ID:B5dvXcMn
>>471
もはや君のようなキティーしか天皇制維持を主張していないのか?

473 ::2010/04/13(火) 21:26:38 ID:wQ4nR3YS ?2BP(0)
>>472
スレを見てもらえば私だけで無いことに、気が付いて頂けるものと思います。

確かに私とは異なる考え方の天皇制維持を訴えていますが、尊皇では分かり合えると思います。

474 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/04/14(水) 22:18:07 ID:OrpCk+xg
>>473
そこは、「自分がキティーではない。」と、否定するべきでは?

475 ::2010/04/15(木) 10:24:56 ID:nU/4ZbVu ?2BP(0)
>>474
「キティー」の意味が分かりませんが、お教え頂けますか?

476 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/04/15(木) 10:30:37 ID:LQi8okft
総合失調症を患った人間のことだよ。


477 ::2010/04/15(木) 11:53:53 ID:qaUy7y+d
>>476
偏見だね!
知り合いに統合失調症いるが全くまともである。
寛解と言って薬で治った状態を維持することができるようである。
薬を飲まなくなると、病状が出るようだが・・・
薬を飲み続けるのは、他の慢性疾患でも同じである。

478 ::2010/04/15(木) 11:56:00 ID:qaUy7y+d
変なレッテルを貼られるのは勘弁願いたいものである。

479 ::2010/04/15(木) 11:59:58 ID:qaUy7y+d
象徴天皇教育を行うべきであろう。

日本国の象徴である天皇陛下並びに皇室を知るのは当然行われるべきことである。

日教組の問題はあるが、学習指導要領に象徴天皇教育を明記するべきである。

小学校低学年から皇室の御公務を学ぶ機会を与えるべきであろう。

480 :名無しさん@3周年:2010/04/15(木) 16:16:04 ID:lbthYm9X
 >歴史といってねつ造された神話を教える可能性を排除したい…
特定の誰かが捏造したものでなく先祖がそう信じ、そう伝えてきたものだが。 日本の神話に冷たいんだな。
天皇は神話に根拠をおいた御存在なのに。現在の「憲法」の下で2月11日が建国の日である事をどう考えるのか。
 >男女平等とは到底いえぬであろう
土俵に女性が上がれぬから力士は男尊女卑と言う以上の浅薄皮相的な見方だ。
 >文民統制が行き届いていれば、田母神のような不心得者は…
教育現場を知らないのと同じだ。文民統制というより内局統制の行き過ぎた実態を知らない者の論だ。
では聞くが、村山談話支持なのか。
 >東條は武官であり本来は、総理大臣の器にあらず…
戦前の総理大臣の半分近くが武官だろうが。思い付きで語らないことだ。
戦争は相手のあることだ。相手(米国)が戦争を欲していたではないか。祖国への暖かい思いやりが感じられない。
 >パワーゲームは終焉を迎えている。
そうか中共の艦隊が沖縄沖を威嚇的に通過したぞ。終焉どころか始まったとも言えるだろ。

残念ながら「天皇制」といい「占領憲法を擁護」した時点で尊皇派の琴線には触れない。
かと言って無論左翼には相手にされない内容となってしまった。

481 :二次元は俺の象徴:2010/04/15(木) 20:50:32 ID:Mv83Qlyc
>1さん
はじめまして。廃止スレにいる二次元と申します
廃止スレが満州漬けにされているのです
しばらくの間だけでもいいのでここにいさせてください
向こうが天皇関連の話に戻るまでの間だけですので
すみませんね(−人−)

http://here.xxv.jp/upload/src/here23912.jpg
ニャンニャンの彼女(天皇)

482 :名無しさん@3周年:2010/04/15(木) 20:57:40 ID:+nr19qId
平成天皇で天皇制終了

483 ::2010/04/16(金) 10:45:50 ID:BhSOR3SP
>>480
>天皇は神話に根拠をおいた御存在なのに。現在の「憲法」の下で2月11日が建国の日である事をどう考えるのか。
長い日本の歴史から、建国を何時にするかは難しい問題でしょう。
紀元節から建国記念日になるまで色々議論されて、最終的に政令で決められている。
憲法記念日とは異なった経緯がある。

>土俵に女性が上がれぬから力士は男尊女卑と言う以上の浅薄皮相的な見方だ。
民間が行うことへの批判と異なり、日本の象徴である天皇が男尊女卑なのは問題であろう。

>教育現場を知らないのと同じだ。文民統制というより内局統制の行き過ぎた実態を知らない者の論だ。
>では聞くが、村山談話支持なのか。
村山談話は尊重するべきであろう。今の政府と同じ立場である。

>戦前の総理大臣の半分近くが武官だろうが。思い付きで語らないことだ。
功績のあった武官であり、東條は泣いて奏上するなど、器に似合わぬ職務に就いたものと考える。

>戦争は相手のあることだ。相手(米国)が戦争を欲していたではないか。祖国への暖かい思いやりが感じられない。
アメリカの戦略にハマり、祖国を戦禍に巻き込んだ当時の指導部への批判は当然であろう。

>そうか中共の艦隊が沖縄沖を威嚇的に通過したぞ。終焉どころか始まったとも言えるだろ。
中国も経済発展を持続的に続けるためには、戦争などの強行手段をとれないものと考える。
いい加減パワーゲームを終わらせる時であろう。

>残念ながら「天皇制」といい「占領憲法を擁護」した時点で尊皇派の琴線には触れない。
>かと言って無論左翼には相手にされない内容となってしまった。
中道保守を自負している私にとっては、褒め言葉であります。

484 ::2010/04/16(金) 10:48:27 ID:BhSOR3SP
>>481 :二次元は俺の象徴
議論を頂けるなら歓迎しますが・・・
画像を張り付けるだけの存在で無いように、よろしくお願いいたします。

485 :二次元は俺の象徴:2010/04/17(土) 16:30:36 ID:6HrGnDEJ
>>484
わかったお(´・ω・`)
簡単な話だけにするお

>>天皇制廃止…本当に実行しようという組織運動が起きたらどうするか聞きたい。
>無いものと考えます。
>天皇制廃止論など机上の空論であり、国民の多くは象徴天皇制の維持を望んでいます。
そうだね
廃止はありえない。世界には日本を含む27の王室があるそうだが、将来これらの王朝がなくなっていっても我が日本だけは最後まで残り続けるだろう
なぜなら天皇と国民は一体だからである
国民とともにあるかぎり天皇を戴く世界最古の日本(大和)王朝は永遠に輝き続けるだろう
1さんもそう思いますよね

http://here.xxv.jp/upload/src/here24034.jpg
電話でお話する彼女(天皇)

486 ::2010/04/17(土) 19:00:29 ID:bMPxCl8c ?2BP(0)
>>485
>1さんもそう思いますよね
同感だが…
画像のコメントは天皇陛下への不敬では?

487 :二次元は俺の象徴:2010/04/17(土) 19:29:00 ID:uVIs9U9z
>画像のコメントは天皇陛下への不敬では?
PNをみればわかると思うけど、俺は尊皇(3次元)&萌皇(二次元)なのよ
つまり俺の象徴は3次元世界の天皇陛下と二次元世界の天皇陛下(俺好みの萌える彼女たち)の二つの存在がいるのだよ
だから別に不敬でやっているわけではないのですよ
これは俺なりの尊皇心の表れですよ

http://sukima.vip2ch.com/up/sukima021336.jpg
小悪魔彼女(天皇)の憂鬱

488 :二次元は俺の象徴:2010/04/17(土) 19:49:49 ID:uVIs9U9z
まァ、コメントはあまり気にしないで
画像さえ楽しんでもらえればいいかなァ。。。と

【鋼の錬金術師 1期OP1「メリッサ」【詳細に歌詞付き】
http://www.youtube.com/watch?v=DubKw2FWGvY&feature=related

489 ::2010/04/17(土) 20:49:54 ID:bMPxCl8c ?2BP(0)
>>488
今ひとつ分からぬが、二次元の萌皇は理解した。
天皇陛下への尊皇があれば分かり合えかも…
マンガもアニメも日本国の重要な産業だし、日本国文化の発信源でもある。
大切にしなくてはならないでしょう。

490 :名無しさん@3周年:2010/04/18(日) 14:08:24 ID:Z+c2GNtb
1/9【討論!】皇位継承問題を考える[桜H22/3/6]
http://www.youtube.com/watch?v=2wiTXE3qCEE&feature=fvsr

491 ::2010/04/19(月) 12:17:50 ID:ihnw4ukv ?2BP(0)
皇室の裁量ができる婿入りで女系天皇を認めるべきと思うが…

492 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/04/19(月) 22:28:19 ID:g3okRMCe
メリッサの出てくる章は思いっきり、宗教や個人崇拝を否定していたと思うけど...

493 ::2010/04/21(水) 09:45:54 ID:AGdnfN1I ?2BP(0)
女系天皇を認めるにしても、最終決定は皇室が行うべき

494 ::2010/04/21(水) 09:48:20 ID:AGdnfN1I ?2BP(0)
象徴天皇教育は行うべき!
日本人の常識として、学ぶ機会を与えるべきである。

495 ::2010/04/21(水) 11:35:48 ID:URrFPPYJ
>>491
「メリッサの出てくる章」て何?

496 :sage:2010/04/21(水) 18:27:19 ID:GpDJLWjE
http://momotaro4.at.webry.info/201004/article_20.html

497 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/04/21(水) 21:26:42 ID:lcJWkrpY
間違えた、ロゼの出てくるくだりだ、あそこまで明確に宗教を攻撃したアニメは少数派だな。

498 :名無しさん@3周年:2010/04/22(木) 04:36:11 ID:v2tg5AGn
>>1 は >>483 より以下のことが言える。

・2月11日にいまだ抵抗を感じている。素直に賛同できない。 (この日、宮中では紀元祭が行なわれる。)
  >建国を何時にするかは難しい…⇒何ら難しくない。記紀に否定的な心性が邪魔しているだけだ。
・今の >天皇が男尊女卑 なのだとか。お粗末すぎる理解だ。
・>村山談話は尊重するべきであろう。今の政府と同じ立場である。
  ⇒なるほど。祖国への愛情に欠け、冷たい態度のわけがわかった。
・中共が武力を発動する可能性を全く排除している。安全保障観にも由々しき問題あり。
・>中道保守を自負している私にとっては、褒め言葉であります。
  ⇒確たる政治的立場を取れない者がよく自らを中道という。そもそも村山談話支持が保守のわけなかろうが。

そのような者が、国体を論じても有益な内容があるとは思わない。

499 ::2010/04/22(木) 12:08:40 ID:Ot1Wl9dx
>>498
スレ違いとは思うが・・・
>  >建国を何時にするかは難しい…⇒何ら難しくない。記紀に否定的な心性が邪魔しているだけだ
それであれば、法律で定められるべきであろう。しかし、法令ではなく、政令で決められている。

>・今の >天皇が男尊女卑 なのだとか。お粗末すぎる理解だ。
何がお粗末なのかご説明いただきたい。

>  ⇒なるほど。祖国への愛情に欠け、冷たい態度のわけがわかった。
村山談話は政府も尊重している。政府と同様の考えが冷たいとは思わぬが・・・

>・中共が武力を発動する可能性を全く排除している。安全保障観にも由々しき問題あり。
総理大臣や防衛大臣は有事を想定するのは当然と思うが、一般人が中国が攻めてくるなど現状では考えられない。
軍事国家でない日本は対話で有事を乗り切るのが最初に必要であろう。

>  ⇒確たる政治的立場を取れない者がよく自らを中道という。そもそも村山談話支持が保守のわけなかろうが。
政治は偏った方向に進むべきではない。右翼も左翼も意見の違いが埋まらず、暴力や脅しによる方策しか無くなる。

>そのような者が、国体を論じても有益な内容があるとは思わない。
全く関係ない内容が多いと思いますが・・・
国体と防衛とは別次元の話であり、一緒に語るなど愚かであろう。

500 :名無しさん@3周年:2010/04/22(木) 14:14:28 ID:v2tg5AGn

>>1が単なる占領憲法擁護の左翼亜流であることは確認できた。

本スレもここまでだ。


501 ::2010/04/22(木) 15:09:34 ID:XVLYSTjU ?2BP(0)
>>500
右から見れば左に見えるし、左から見れば右に見える。
現憲法を擁護しているのではない。改憲は大いに結構だが、現状を考えるのに現憲法を基準にするのは当然のことと思う。
改憲は新しいスレを立てるべきである。

502 :名無しさん@3周年:2010/04/22(木) 17:14:28 ID:v2tg5AGn

占領軍からは現「憲法」をのまねば「玉体」の保証もできない脅しがあった。
日本人なら、これには、もう抵抗できなかった。
これも耐え難きを耐え、忍び難きを忍びのうちだと堪えるしかなかった。
占領軍は、表面的には帝國憲法の改正手続きに従わせ、押し付けの痕跡を消す悪質さであった。
先帝陛下に憲法を進講した法学博士は、屈原に倣い熱海沖に身を投じた。
それが今や、占領憲法を基準に考えよと言う。
そのような者から、皇室尊重の説教や能書きを聞くつもりはない。


503 :名無しさん@3周年:2010/04/22(木) 17:38:49 ID:QwvmBAKx
明治に創成された新しい「伝統」でしか天皇を考えられない
ID:v2tg5AGnのような考えの連中と
>>1は一体どんな「尊皇意識」でもって意見集約をはかれると言うのかな

504 ::2010/04/22(木) 19:19:38 ID:XVLYSTjU ?2BP(0)
>>502
占領軍による押し付け憲法の停止を別スレを立てて訴えたら?
停止されるまでは現憲法が基準になるのは当然でしょう。


505 :名無しさん@3周年:2010/04/22(木) 20:17:25 ID:v2tg5AGn
>>503
明治になり西欧の立憲君主制に合わせ制度を整えただけだ。
言ってることに自信があるなら、
熱烈な尊王思想、日本は天皇様が治める国、天皇様は現人神とする思想等が
明治になって「創成された新しい伝統でしか」ないことを論証してもらおう。
ダラダラ書かれても読む気はしない。
10行あれば十分だろう。


506 ::2010/04/22(木) 22:11:11 ID:XVLYSTjU ?2BP(0)
>>503
現憲法を否定するのは表現の自由だが、天皇制維持と憲法問題をごちゃまぜにして論議するのは、誤りと考えます。
現状は憲法にそった議論をするべきだと考えます。

507 ::2010/04/22(木) 22:34:12 ID:XVLYSTjU ?2BP(0)
>>505
今では現人神と信じる人は少なかろう。
天皇陛下が自ら人間宣言している。
天皇陛下のお言葉を受け入れられないのは、問題であろう。

508 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/04/22(木) 22:45:54 ID:tsf5B320
今上天皇だよな「廃止も含めて検討して欲しい」なんて発言したの。
もうイヤになっているのかもね、多分天皇になりたいって願望が強いしとって、秋篠宮ぐらいなんじゃないだろうか。

皇太子は多分、嫁のことで頭がいっぱいかも。

509 :名無しさん@3周年:2010/04/23(金) 01:29:45 ID:MVGHsrxL
>>507
・「神」の定義による。
・国史の全体を通じて、天皇様を現人神とする思想・伝統は常に存在する。
・現在でも、天皇様を信仰の対象としている個人・団体はある。
 従って、皇室を侮辱することは他人の信仰を侮辱していることでもある。
・「人間宣言」とは、マスコミが勝手につけた名称だ。
 その本旨は、民主主義は明治の御代からあることを伝えることにあったと
 後年、先帝陛下が語っていらっしゃる。
・そもそも占領下は、詔勅といえども検閲を逃れなかった。
 微妙な表現部分は、そのまま日本側の自由意思の発露とみるのは危うい。
・どの国でも敗戦後は敵国に媚びる醜い「同胞」が出てくるものだが…。
 そろそろ鏡でも見て、正気を取り戻すことだ。 

>>508 そのような御発言はない。


510 ::2010/04/23(金) 10:35:18 ID:2Rwg0Zix
>>509
皇室への侮辱は犯罪であり、総理大臣が告発すれば事件として扱われる。
一部の個人団体の信仰の問題ではなく、日本国民の統合の象徴を侮辱した問題である。

人間宣言は現人神を自ら否定したものである。
勅語に検閲があったなら、もっと具体的な現人神を否定されていたことであろう。

511 :名無しさん@3周年:2010/04/23(金) 14:03:49 ID:cJtvqn3t
>>505
自分で答えを書いているよね
>西欧の立憲君主制に合わせ

そもそも儒学に基づいた
>尊王思想
においては「有徳」は必須のものであり、故に
>天皇様は現人神とする思想
とは相容れない筈のものなんだよ、まさに>>505の混同こそが
>明治になって「創成された新しい伝統でしか」ない
事の、証になっている訳だね

>>509
スレタイからも解るように、政治制度である天皇制についてのスレなので
個人の信仰の吐露は他でお願いするよ

512 :名無しさん@3周年:2010/04/23(金) 14:57:17 ID:MVGHsrxL
>>511
 >>505 の質問に答えられず逃げたとみた。

古来の神道的天皇観と儒教的有徳の連結なら、明治のはるか以前、
神皇正統記の頃には確固として見られる。

>>510 いわゆる人間宣言とやらは「勅語」ではない。それも侮辱とみなすぞ。

513 :名無しさん@3周年:2010/04/23(金) 15:37:09 ID:cJtvqn3t
>>512
>神皇正統記
徳のない天皇には無惨な死が与えられる
という話だよね

有徳にあらざる君主はこれを誅するこそ正しいという思想は
明治において民草に天皇の地位の正統性と揺るぎなさを示す上で
有害なものでしかなかったんだよ
だからこそ、本来尊皇思想の根幹たる儒学の「有徳」故を排し
「神」故とする「現人神」神話を創成した訳だね



514 :名無しさん@3周年:2010/04/23(金) 16:01:03 ID:GWjpZFMm
神国日本の恥5u2YhSgQ 投稿者:大日本愛国政義塾 投稿日:2010/04/23 15:30


ライブドア、したらば掲示板、ある趣味@JBBS掲示板、管理人◆5u2YhSgQ★は腹を切って死ぬべきである。
この超ド変態は、女が小便を漏らしたところを妄想し、せんずりする馬鹿である。
こいつは日本国の恥であり、アブノーマルの世界でも認められない屑の人間である。
奴の2ch http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1253603749/
奴のHP http://jbbs.shitaraba.com/sports/2469
奴のメアド oshikkoomorashi@gmail.com
http://jbbs.shitaraba.com/sports/2469/


515 ::2010/04/26(月) 10:08:41 ID:pm7XrR2L
>>512
>・>>510 いわゆる人間宣言とやらは「勅語」ではない。それも侮辱とみなすぞ。
総理大臣が告訴しなければ、侮辱にはならない!!
総理になったつもりなのか?いや鳩山か?(笑)

516 ::2010/04/26(月) 10:13:26 ID:pm7XrR2L
象徴天皇教育は必要であろう。

右も左も問題があり、象徴天皇への理解が出来ていない。

子供のうちに象徴天皇を勉強していれば、この様な間違いを犯すこともなかろう。

517 ::2010/04/26(月) 10:43:39 ID:pm7XrR2L
女系天皇を認めるべきであろう。

婿を取る形で、皇室が最終決定できるようにするべきであろう。

皇位継承問題に決着がつき、天皇制維持に欠かせぬものである。

518 :名無しさん@3周年:2010/04/26(月) 13:32:55 ID:ChdwTzCj
選挙で選ばれる総理大臣に告訴はできない。
結局、無意味な形骸化死文化した規定になるさ。

519 :名無しさん@3周年:2010/04/26(月) 13:36:50 ID:ChdwTzCj
嫁でさえこれだけバッシングされるのに、婿なら大変だ。
婿の座を狙ってくるのは、腹に一物ある連中だろうが、
そんなこと国民にはわかるから更にバッシングが酷くなる。
結局、皇室の権威が落ちるだけのことさ。

520 :名無しさん@3周年:2010/04/26(月) 13:43:56 ID:ChdwTzCj
>右も左も問題があり、象徴天皇への理解が出来ていない。

じゃ理解が出来ている「中」は、どんな政党、学者、評論家だ?
それを言ってくれるとイメージがつかめてわかりやすいがな。

言えないなら、右や左だけいて、中は存在しないってことになる。
現実に存在しないなら、中などとは言えず、単なるカルトだが?
どうだい?

521 :名無しさん@3周年:2010/04/26(月) 13:51:51 ID:mbFDun2b
象徴天皇=政治的妥協の産物。無用の長物

天皇と言うのはタブーでしょ
教えられるもんじゃないw

522 :名無しさん@3周年:2010/04/26(月) 19:51:44 ID:wvtmdbW4
明治維新はクーデターで成り立った。

薩摩長州に利用されコキ使われて死んでいった明治天皇。

帝国陸軍に利用された昭和天皇。

523 :名無しさん@3周年:2010/04/26(月) 20:23:48 ID:p3v//+AE
存在感なしの平成天皇

524 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/04/26(月) 20:30:23 ID:H3T3MxXV
存在感が無ければ意味が無いし、存在感を示したら憲法違反だし、大変だね。
もちろん、次期天皇は違うだろう、美智子妃の言うことを聞くとも思えない、誰が主役を演じるか...
もう判っているでしょ、さあゆっくりと開演時間を待とう、次世代の幕開けを。

525 ::2010/04/27(火) 11:26:45 ID:qahotKFO
>>518
>選挙で選ばれる総理大臣に告訴はできない。
>結局、無意味な形骸化死文化した規定になるさ。
天下の宝刀は使うところを選ぶのでしょう。
形骸化とは考えません。

>>519
バッシング自体俗物的であり、まともに相手にするような人間に問題があるのであろう。
権威が失われることは無いものと考えます。

>>520
>言えないなら、右や左だけいて、中は存在しないってことになる。
私は勉強不足で誰とは言えませんが、ここでの議論で理解していただけるものと思います。

>現実に存在しないなら、中などとは言えず、単なるカルトだが?
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%88&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=04514203731400
カルト【cult】
「かると」を大辞林でも検索する
宗教的崇拝。転じて、ある集団が示す熱烈な支持。
------------------------------------------------------------------
宗教でもないし集団でもない、カルトは当てはまらない。


526 ::2010/04/27(火) 11:35:19 ID:qahotKFO
>>521
>象徴天皇=政治的妥協の産物。無用の長物
妥協は必要不可欠なものである。

>天皇と言うのはタブーでしょ
>教えられるもんじゃないw
天皇を教えられないとは思いません。
皇室の御公務を手始めに学ぶ機会を与えるべきでしょう。

>>522
>帝国陸軍に利用された昭和天皇。
晩年は全国をまわられ、植樹などを行われた。

>>523
>存在感なしの平成天皇
象徴天皇が存在感を出すわけにはいかないでしょう。

>>524
>存在感が無ければ意味が無いし、存在感を示したら憲法違反だし、大変だね。
存在感が無くとも、多くの人い愛され、敬われている。

527 :名無しさん@3周年:2010/04/27(火) 12:18:37 ID:KyHKUpIe
天皇とは五穀豊穣や国家安泰の祈祭を司る長でもある。
日本の平和と安寧のために人生を捧げてくださるありがたい存在。
天皇は個人の意思ではなく、農耕民族である日本の伝統や風土の元に先人達が作ってきたものだと思う。
天皇は権力者ではなく日本そのもの、天皇を否定する事は日本を否定する事。
それだけに時の権力者が天皇を利用しないように注意しなければならない。


528 ::2010/04/27(火) 13:09:09 ID:qahotKFO
>>527同感

529 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/04/27(火) 21:43:20 ID:h9v2J6X7
>>527
単語を変えれば、オウム真理教と変わらないような文章だね、気持ち悪いよ、君。

530 :527:2010/04/28(水) 00:23:59 ID:+rlYj67Z
>>529
俺は日本の伝統や文化を語っただけだがwなんでオウム真理教になるんだ?
今の天皇は麻原みたい権力ふるってるか?天皇陛下に対する冒涜も甚だしいぞお前。

国にはそれぞれの伝統、文化、歴史、価値観がある。
天皇とは日本のそれを象徴する存在だと言ってるだけなんだが。
お前みたいに国の伝統や文化に無頓着な人間ばかりだったら国境はいらないな。
それでも世界には沢山の国があり民族がいる。
何故だと思う?少し考えてみたら?

他人を誹謗中傷するだけなら馬鹿でもできるぞ。
まぁ先人達に対する畏敬や感謝の気持ちが少しでもあれば、お前みたな発言しないと思うが・・・



531 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/04/28(水) 06:30:33 ID:CE88cVhW
>>527
>大作先生は世界の平和と安寧のために人生を捧げてくださるありがたい存在。
>大作先生は権力者ではなく世界そのもの、大作先生を否定する事は世界を否定する事。

同じようなことを言っている香具師おまいの周りにいるだろ、おまいも同じ穴の狢に過ぎない。
気持ち悪いよ。

532 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/04/28(水) 06:40:25 ID:CE88cVhW
>日本の平和と安寧のために人生を捧げてくださるありがたい存在。

特にこのくだりは許せんな、今上天皇も皇太子も秋篠宮も自分の人生を生きているのだ、
勝手に自分の希望を他人に押し付けるなよ!

雅子妃は黙っちゃいねぜ。

533 :名無しさん@3周年:2010/04/28(水) 07:10:59 ID:+rlYj67Z
>>531
天皇を語ってる文章の天皇の部分を大作に据えかえてるお前は頭大丈夫か?
ほんとに天皇を冒涜するにもいい加減にしとけよ。
お前のやってる事は単なる冷やかしと中傷にしかなってないだろ。
やってる事自体は人間として最低レベルじゃないか。

俺の考えに異があるなら、まずはお前の意見を言って反論するのが筋だろ?
自分の考えも示す事ができない奴が偉そうに言うなよ。

534 ::2010/04/28(水) 10:27:42 ID:RBk5+4bg
>>532 :S−RAM ◆
>特にこのくだりは許せんな、今上天皇も皇太子も秋篠宮も自分の人生を生きているのだ、
>勝手に自分の希望を他人に押し付けるなよ!
自由に職を選べない皇族方は、人生を犠牲にして、国民の統合の象徴としてのお役目を行われている。
勝手な想像で皇族方への誹謗中傷はやめるべきであろう。

>雅子妃は黙っちゃいねぜ。
雅子さまが何を言うのであろう。御病気になるほど皇室のしきたりに悩まれている。
御病気をちゃかすことは人間としてどうかと思うが・・・

535 :名無しさん@3周年:2010/04/28(水) 10:34:24 ID:voDiv7cF
明日は裕仁の誕生日だが、これを祝日にするということはドイツでいうとヒトラーの誕生日を祝日にするようなものだな

536 ::2010/04/28(水) 11:12:17 ID:RBk5+4bg
>>535
全く違うものである。象徴天皇は独裁者ではない!!
待望の男子誕生で国民の多くは喜んでいる。
国民の声として、自然に湧き上がるものであれば、民主的なものであろう。

537 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/04/28(水) 17:54:35 ID:CE88cVhW
>>533
私が天皇を中傷した??  どこどこ???
私が天皇を冒涜した??  どこどこ???

人間である、天皇家の面々をてめーの勝手な思い込みで冒涜し、人間扱いしていないのはオマイだっちゅうの!

538 :名無しさん@3周年:2010/04/28(水) 21:35:14 ID:+rlYj67Z
>>537
俺が人間扱いしてない?? どこどこ???

お前みたいに他人を冷やかすしか脳がない奴と会話しても発展性がないんだよ
基本的にお前は自分の考え何も言ってないから議論の余地ないだろw
最初のレスから個人的な感情むき出しで馬鹿丸出しじゃねーか
他人の質問にまともに答えられない奴が偉そうに質問投げかけんなカス


539 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/04/28(水) 21:59:21 ID:CE88cVhW
>>538
>俺が人間扱いしてない?? どこどこ???

>日本の平和と安寧のために人生を捧げてくださるありがたい存在。

そんなことを祈ろうが、雅子妃のご機嫌を取ることに執着しようが、皇太子の自由である。
それが皇太子の人権ってもの、おまいらの脳内妄想のために、皇太子のキャラを決め付けられる
のは当人にも雅子妃にも、その子供にも迷惑千万であろう。

 あ や ま れ !

皇太子にあやまれ!

540 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/04/28(水) 22:05:42 ID:CE88cVhW
慇懃無礼ってのは、こんな奴のことを言うのだろう、祭り上げるフリをして自分の傲慢な要望
を無神経に押し付ける、しかもそれを罪悪感すら感じていないのだ。

 ま る で 小 沢 み た い な 奴 だ な 、 お ま い !

541 :名無しさん@3周年:2010/04/28(水) 22:18:15 ID:+rlYj67Z
>>539
天皇は一般市民と同じように自由がないだろ?馬鹿なの?

俺は皇室の話はしてないぞw
何で雅子妃や皇太子が出てくるのか意味わからんわw

お前は一体ここに何しに来てんだ?
天皇に関心があるから来てんだろ?
天皇について自分の考えがあるんじゃないの?
終始他人のあら捜しと中傷に徹してるよな


542 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/04/28(水) 22:32:22 ID:CE88cVhW
>>541
>天皇は一般市民と同じように自由がないだろ?

おまいが勝手に自分の傲慢な要望を押し付けるから、彼らの自由が無くなるのである。

天皇のスレでS−RAMのコテを知らぬとは、おまいこの板のローカル住人よな。

543 :名無しさん@3周年:2010/04/28(水) 22:39:31 ID:+rlYj67Z
>>542
お前の糞コテなんか知るかw自分でネラー紹介してんなカス

>おまいが勝手に自分の傲慢な要望を押し付けるから、彼らの自由が無くなるのである。
先人が作ってきたものだろ



544 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/04/28(水) 23:20:15 ID:CE88cVhW
>>543
おまいは、先人が作った制度なら、なんでもいいのか?

 牛 肉 食 う な !

545 :名無しさん@3周年:2010/04/28(水) 23:37:29 ID:+rlYj67Z
>>544
産まれた国の伝統や文化を大事にしたいと思うのは当たり前の事

>牛 肉 食 う な !
お前の言ってる事は、太古のに日本人に仏教を受け入れるなと言ってのと同じ様なもの


546 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/04/29(木) 04:15:46 ID:WkuPFPAU
>>545
そうそう、生まれた国の伝統を尊ぶおまいだ、天皇なんて中国風の呼び方は徹底的に批判する
べきだ。

オオキミに戻すように、皇居で叫んでおれ。

547 :名無しさん@3周年:2010/04/29(木) 12:53:42 ID:efj1trfY
維持

548 ::2010/04/30(金) 10:12:16 ID:cDFI22l4
>S−RAM ◆
誇張した不毛な議論である。
懐古主義ではなく、天皇制維持である。

549 ::2010/04/30(金) 10:16:18 ID:cDFI22l4
掲示板では象徴天皇を理解しているようで、表面上しか理解していない人が多いように感じる。

本当に理解するために象徴天皇教育を行うべきであろう。

児童に皇室の御公務を学ぶ機会を与えるところから始めるべきである。

550 ::2010/04/30(金) 10:23:00 ID:cDFI22l4
女系天皇への道筋をつけるべきであろう。

最終判断は皇室の方々が行うべきであり、皇室典範に含みを持たせるべきである。

悠仁さまには側室(愛人)を作り、皇室の活性につなげて欲しい。

その為に、悠仁さまにはご公務を軽減させる意味で、女系天皇を考えてもいいと思う。

551 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/04/30(金) 11:45:37 ID:iGozOVlH
>>548
誇張も何も無い、天皇って言葉は成立した時期なんと唐風の呼び名よな、と言われた。
これは事実であろう。
だいたい瓦葺の法隆寺など中国かぶれそのものである。

 伝 統 を 重 ん じ る な ら 、 縄 文 文 化 に 回 帰 す る べ き で あ ろ う 。

552 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/04/30(金) 15:09:37 ID:iGozOVlH
1は伝統以外の天皇制維持の理由を探すべきである、でなければ、昭和天皇の存命時
になぜ隠岐にお連れしなかったかを後悔することになる。

伝統ってのは変わってこそ維持されてきた、天皇制も時代に合わせて来たからこそ今
があるのだ、天皇やその一族が多くの側室を持てば日本の昔の伝統には適合しようが
現代日本の常識から外れる。

伝統と現代の常識を秤にかけて、現代の常識に軍配を上げてきたからこそ、天皇制は
維持出来たのだ、「伝統君」である1に天皇制維持を主張する資格は無いのである。

  逝 っ て 良 し !

553 :大日本愛国政義塾:2010/05/01(土) 12:12:25 ID:RGTJcVWW
神国。日本の恥だ!。ρ。ある趣味@JBBS掲示板の管理人は天皇を侮辱した罪は重いぞ!!!!               
         ρ    ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     
 シコシコ→        mドピュッ
シコ        C|.| /⌒⌒⌒ヽ/~ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ ←日本一の変態最悪おもらしマニア。豚の糞以下の人間だwww
      /⌒ヽ⌒ヽ___   |  ∴ヽ  3  ) ←こいつのHPに書き込むな。実名やIPを公開する犯罪者。
     ./  _  ゝ___)(9     (` ´) )←◆5u2YhSgQ★ 女の小便漏らしでしか、せんずりできない重症の馬鹿www
    /  丿ヽ___,.───|彡ヽ ―◎-◎-|    ←怨んでいる人間は多く近日中に殺される。ざまぁみやがれw
    _/ )          (   Y ̄ ̄ ̄ ̄) ←童貞で包茎。いい歳して女とデートしたこと無しの馬鹿w

   (__/           \____/
こいつのHP  http://jbbs.shitaraba.com/sports/2469
2ちゃんねる http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1253603749/
 
                                                  大日本愛国政義塾

554 ::2010/05/02(日) 20:56:24 ID:yDyCwz3l ?2BP(0)
>>551
維持であって、懐古ではない!

555 ::2010/05/02(日) 21:04:04 ID:yDyCwz3l ?2BP(0)
>>552
女系天皇を掲げる私は天皇の改革に積極的である。
しかし、懐古主義でない、伝統も大切であると考える。
改革と伝統をバランスの取れたものになるべき。

556 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/03(月) 16:03:24 ID:L8TBbhAj
八木とか安倍とかに意見してやれよ。

557 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/03(月) 16:29:35 ID:L8TBbhAj
そうそう、あろうことか皇太子妃を名指しで批判するようになった西尾をなんとかするべきでしょ。
お手紙でも書いて説得してはどうか?

558 :名無しさん@3周年:2010/05/04(火) 12:33:41 ID:guG/XB97
>>555
傳統を大事だと考へるなら、女系は有り得ない。

559 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/04(火) 13:14:22 ID:2qo3UpJf
>>558
そう思うしとと、1みたいなしとで議論して共通見解を出してはくれまいか。
国民の間でこの件に関して十分に議論されることが、将来の皇室を担う子供達の人生を
辛酸から救うことに繋がろう。

 さ あ さ あ !

560 :名無しさん@3周年:2010/05/04(火) 13:21:26 ID:guG/XB97
>>559
單純な話しで、男系或いは女系かは、皇族方が御決め遊ばす事であつて、國民がとやかく干渉する問題では無い。

561 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/04(火) 16:18:04 ID:2qo3UpJf
>>560
あのな、日本国憲法を呼んだことがあるの?そう言うなら先に憲法1条〜8条を減憲してからい言いな。
国民主権であり、憲法を遵守する以上彼らは男系だの女系だのを決められない。

さあ、話し合えよ、西尾に手紙書け!

562 :名無しさん@3周年:2010/05/04(火) 16:56:07 ID:DNk5DG0J

女性・女系天皇と言ったって。
今上天皇や常陸宮などは、皇位継承権のないことがバレている。

数合わせの偽皇室を、存続する意味がない。

563 :名無しさん@3周年:2010/05/04(火) 17:04:17 ID:sONKrjw+
 イギリスみたいにできればいいのかもね。民間と同じ扱いと
いうよりは普通にもう財産を与えて皇室で特権はいらないと
皇室は皇室だからそれでいいと、だけども権利はみんなと同じにする。
税金でご飯たべなくても自然に寄付金やお金に困らないでしょう。
皇室ってそんなに存在感ないもんじゃないですよ。
税金は減免しないといけないけどね。皇室が持っている資産は半端ないから


564 :名無しさん@3周年:2010/05/04(火) 17:19:45 ID:sONKrjw+
 日本人にとって皇族は歴史であり文化であるが現人神じゃない。
そんなこと思うはずがないのに、異常な崇拝信仰をもって皇族を
侮辱されるほうが迷惑である。すでにこの国は政教分離を実現するべく
動いてゆくと思う。天皇家は守られるよそういう存在なんだから
差別だというかもしれないが生まれたときから皇族なんだ
それが皇族ということ、だけどあの人も人にちがいない王族だけどね
お札に天皇家を印刷しても日本人は違和感全く無しだと思うけどね
でも天皇は神だっていわれたらふざけるなと利用するなと思うのさ

565 :ジャガバタ:2010/05/04(火) 17:28:16 ID:36dvmPEq
なーにをワケわかんないこと言ってるですかね(笑
国連常任理事国をみれば判るでしょ。

王制とか天皇制は地球規模で廃止の方向に向かわなければ
いけないことになっているんですよ(笑

イギリスと同様に日本の天皇制も廃止されないとダメです。
大体、憲法に記してありますでしょ。「国民の総意に基づく」 と。
現代ではもう天皇制は日本国民の総意ではありませんから、
健全な民主主義へと改正しないといけません。

それがまともな先進国の義務ですよ。

566 :名無しさん@3周年:2010/05/04(火) 17:32:13 ID:sONKrjw+
王制にするっていうんじゃないですよ 昔の朝廷みたいな存在で
いいんじゃないかってことですよ

567 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/04(火) 17:59:14 ID:2qo3UpJf
>>563
財産を沢山持っていれば税金が減免されるなんてルールは無い、継承すべき財産は全て目録をコピー
した上で継承してもらえば良い。

568 :名無しさん@3周年:2010/05/04(火) 19:09:15 ID:guG/XB97
>>561
國民主権で何でも變へられるといふ其の思い上がり其の物が害惡。

569 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/04(火) 19:51:38 ID:2qo3UpJf
>>568
国民主権である以上、天皇はどうするとは言えない、これをどうしようって言うのだ?

570 :名無しさん@3周年:2010/05/04(火) 19:54:51 ID:guG/XB97
>>569
莫迦だなお前は。
國體と政體の區別もついてゐないのか。

571 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/04(火) 19:57:04 ID:2qo3UpJf
>>570
国体の護持のために、広島、長崎の国民の命を犠牲にしてしまった、先帝の罪を暴きたいのか?

572 :名無しさん@3周年:2010/05/04(火) 19:58:09 ID:guG/XB97
>>571
罪だといふなら具體的な罰則規定をどうぞ。

573 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/04(火) 20:09:02 ID:2qo3UpJf
>>572
伝統に従えば、戦争に負けたなら、譲位したうえ隠岐に住むべきだったかな。
しかし、日本の長い歴史の中でもあれだけの国民の命を犠牲にした天皇は皆無なんだよ。
しかも、自分の身の安全のために敗戦の決定を遅らせ、未曾有の原子爆弾の業火を浴びた。

本来、罰も未曾有だったろうさ。

574 :名無しさん@3周年:2010/05/04(火) 20:13:43 ID:guG/XB97
>>573
そんな傳統は無いが。
天皇が犧牲にした譯では無い。
殺傷した米國の責任であって、被害を蒙った日本にある譯では無い。
お前は完全に頭が狂ってゐる。

575 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/04(火) 20:37:11 ID:2qo3UpJf
>>574
殺し合いの戦争をしている相手の温情を期待するようなら、政治に関しての発言は控えるべきであろう。
お花畑の住人さんは、田嶋さんとか、日本のファーストレディーとかとお花畑についてお話していれば良い。

576 :名無しさん@3周年:2010/05/04(火) 20:56:14 ID:guG/XB97
>>575
意味不明。
全く話しの筋から逸脱してゐるぞ。

577 ::2010/05/06(木) 12:51:11 ID:Di8ql/YD
伝統でも変わる可能性はある。

古い慣習は見直すべきであろう。

男尊女卑の皇室典範は改正されるべきである。

最終判断は皇室が行うことにすべく、改正されるべきである。

自分の跡継ぎを決めるのに、国民の意見を一々聞くのはおかしなことである。

選択的女系を採用するべきであろう。

選択女系は婿を取る時のみ、皇室に留まる事である。

これなら、天皇陛下のご遺志を確認するべくもなく、皇室が自らの未来を選択できる。

578 :名無しさん@3周年:2010/05/07(金) 18:24:35 ID:x57MFC3i
>>574 全面的に賛成。

577
具体的に言うべし。
その選択的ナントカだと、現在の継承順位が変更となるのか。
なるならどう変更となるのか。


579 :名無しさん@3周年:2010/05/08(土) 10:37:35 ID:/hIZdm24
>>577
お前さんの思想は、完全に共産主義だな。

580 :名無しさん@3周年:2010/05/08(土) 12:17:42 ID:gjvDwbQO
ゴー宣道場チャンネル
http://www.youtube.com/user/GosenDojo

小林よしのり皇統問題の核心を語る
http://www.youtube.com/watch?v=jjpKNAWfLJ0
http://www.youtube.com/watch?v=6gWyJYytaG8
http://www.youtube.com/watch?v=2ykJMQ8dXKE
http://www.youtube.com/watch?v=LNxuzLQEBes
http://www.youtube.com/watch?v=WLgfo_AoYnQ
http://www.youtube.com/watch?v=gcsZ8X9CGJ4

小林よしのりが『男系論者が逃げる3つの論点』を中心に皇統問題の核心を語る。
皇学館大学教授、新田均氏の『9つ難癖』に答えてやる!はびこる嘘を糺す!


581 :名無しさん@3周年:2010/05/08(土) 12:50:14 ID:9kIEeW89
>>577
>選択的女系を採用するべき

現在の皇位継承順は変更となるの?
そのことを質問したい。



582 :名無しさん@3周年:2010/05/08(土) 13:19:28 ID:/hIZdm24
>>580
新田先生も、近々、反駁をされるやうだが。

583 ::2010/05/08(土) 13:29:00 ID:AlONjhSX ?2BP(0)
>>578
選択的女系であれば、婚姻の時に、皇籍に残るか離れるかは、皇室自ら決められ、天皇陛下のお考えに添ったものになる。

我々が考えるのではなく、皇室に皇位継承をお考え頂くよう、制度を見直すのである。

584 ::2010/05/08(土) 13:31:55 ID:AlONjhSX ?2BP(0)
>>579
どこが共産党だ!
皇位継承を天皇陛下にお考え頂くのは当たり前のことだ!

585 :名無しさん@3周年:2010/05/08(土) 13:33:24 ID:/hIZdm24
>>584
伝統でも変わる可能性はある。

古い慣習は見直すべきであろう。

男尊女卑の皇室典範は改正されるべきである。



586 :名無しさん@3周年:2010/05/08(土) 13:36:52 ID:x96Ugg0n
>>584
ハローキティがなにをいうww
同じことの繰り返しかできないアンタは痛い存在でしかない。

587 ::2010/05/08(土) 13:44:09 ID:AlONjhSX ?2BP(0)
>>581
婚姻で皇籍を離れなくてはならなかったのを、婿をもらう形であれば、皇籍に止まり、皇位継承も出来ると言ったものです。

婿をもらうとなれば、自ずと天皇陛下や皇族の方々の承認が必要です。

皇位継承問題は皇室の問題であり、我々が口を挟める現在がおかしいのです。

この問題は皇室にお返しするべき問題である。

588 ::2010/05/08(土) 13:52:11 ID:AlONjhSX ?2BP(0)
>>586
継続は力なり!
同じことも見方を変え、立場が違う人と分かり合えるよう努力を積み重ねる。

自分に何の見返りもないことを行っている。人はキティと呼ぶ。

589 :名無しさん@3周年:2010/05/08(土) 13:53:10 ID:eYqoLQIn
まったく、昭和天皇は責任感のかけらもない男だよな。あの男は、
300万人もの国民を殺してみたり、罪は全部臣下に押し付けて自分だけ
マッカーサーのケツの穴を舐めて生き延びてみたり、日本にとっては
疫病神みたいな奴だったな。

590 :名無しさん@3周年:2010/05/08(土) 13:55:10 ID:/hIZdm24
>>589
團塊の新左翼かお前は。

591 ::2010/05/08(土) 13:56:16 ID:AlONjhSX ?2BP(0)
>>585
側室制度など見直されている。

伝統が絶対ではない!

592 ::2010/05/08(土) 14:00:10 ID:AlONjhSX ?2BP(0)
>>589
場違いでは?
そんな内容は「天皇制廃止」で書き込んで下さい。

593 :名無しさん@3周年:2010/05/08(土) 14:08:19 ID:/hIZdm24
>>591
側室は傳統かよ。

594 ::2010/05/08(土) 14:19:33 ID:AlONjhSX ?2BP(0)
>>593
側室制度は伝統だったものと思いますが…

595 :名無しさん@3周年:2010/05/08(土) 14:32:33 ID:9kIEeW89
質問 >>581 >>577>選択的女系を採用するべき 現在の皇位継承順は変更となるの? >そのことを質問したい。

1の回答 >>583 >選択的女系であれば、婚姻の時に、皇籍に残るか離れるかは、皇室自ら決められ、
         >天皇陛下のお考えに添ったものになる。
     >我々が考えるのではなく、皇室に皇位継承をお考え頂くよう、制度を見直すのである。

■何それ! 回答になってないじゃん。逃げるわけ?
女系容認(直系長子も双系も実質同じ)なら、皇位は敬宮内親王殿下、男系男子なら悠仁親王殿下。
今、皇位継承で必ず論じられる大問題じゃん。それについて逃げるのかい??? 
陛下に決めていただく? おいおい、今の典範は国会で定めたという建前だろ?
つまりは、天皇御親政を認めるのか。
それならそれでいいんだ。日本本来の伝統的なあり方だから。
しかしキミは伝統破壊だろ。
占領統治を有難がっている「平成の敗北国民」で占領憲法崇拝者だろ。
言ってることが矛盾ではないか。
改めて、逃げずに答えてもらいたいのだが。

 



596 ::2010/05/08(土) 15:06:17 ID:AlONjhSX ?2BP(0)
>>595
皇位継承も女系天皇もを本来は皇室でお考え頂くのが一番である。

皇室でお考え頂く為に、現行の皇室典範を選択的女系に改めて、行く末を皇室自ら決められるようにする。

逃げているのではなく、一番大切な陛下のお考えを、我々が察するしかなく、本当の所を図りかねます。

陛下のお考えが、はっきり示される制度にするには、選択的女系が一番と考えるものであります。

597 ::2010/05/08(土) 15:13:30 ID:AlONjhSX ?2BP(0)
>>595
伝統について

伝統は守りつつも、改革は常に必要と考えます。

伝統と改革と言う相反する事柄をバランスを取りながら行って行かなくてはならないと考えます。

598 :名無しさん@3周年:2010/05/08(土) 16:03:43 ID:7RSkAFEM
>1
>>588、そうか自分で認めるのかwこれからはキティーちゃんと呼ぶよwww

>>591において、キティーちゃんお前は言っていることが矛盾しているよ。
>>550で、お前は>悠仁さまには側室(愛人)を作り、皇室の活性につなげて欲しい。<
と見直された【伝統】であるはずの側室を容認しているのはなぜ?
人倫に悖るはずの伝統を支持するの。

599 ::2010/05/08(土) 16:30:52 ID:AlONjhSX ?2BP(0)
>>598
皇族が側室(愛人)を持つことに人倫的問題はないと考えます。

天皇家を守るため、側室を積極的に持つべきと考えます。

邪な考えから側室を持つことは否定しますが、純粋に天皇家を守るために、側室を持つことは国民にも理解できるものと考えます。

600 ::2010/05/08(土) 18:15:25 ID:AlONjhSX ?2BP(0)
皇位継承問題の解決には、選択的女系天皇が一番である。

皇室自らが皇位継承問題をお考え頂き、我々は見守る。

天皇陛下が下されたご決断であれば、皆が認める。

601 :名無しさん@3周年:2010/05/08(土) 18:31:54 ID:T/CniJgd
自民信者政治評論家メルマガ書きの『井上政典』は凶悪レイプ犯兼詐欺師

602 :名無しさん@3周年:2010/05/09(日) 05:46:18 ID:DA2frkOZ
>>596
自分で言ってることのおかしさ、矛盾がわからないのか。
 >皇位継承も女系天皇もを本来は皇室でお考え頂くのが一番である
といいながら、
 >選択的女系が一番と考えるものであります
と自分のロクでもない愚考を押しつけているだろ。
言ってることが矛盾しているではないか。

しかも、その選択云々では、現在の継承順が変更になるのか?
という肝心な質問からは逃げているではないか。
今からでも答えてもらおう。
中味を答えられないことを得意げに言わないことだ。




603 ::2010/05/09(日) 06:39:52 ID:JcBGSMyO
>>602
今までも、継承順位は何度か聞かれているので、省略していました。

第2条 皇位は、左の順序により、皇族に、これを伝える。
1.皇長子
2.皇長孫
3.その他の皇長子の子孫
4.皇次子及びその子孫
5.その他の皇子孫
6.皇兄弟及びその子孫
7.皇伯叔父及びその子孫
2 前項各号の皇族がないときは、皇位は、それ以上で、最近親の系統の皇族に、これを伝える。

604 ::2010/05/09(日) 06:49:20 ID:JcBGSMyO
>>603
途中で送信してしまいました。
女系になれば長子継がれるから、皇太子・愛子さま・秋篠宮と続きます。
しかし、愛子さまが嫁がれれば、皇籍から外れます。

605 :名無しさん@3周年:2010/05/09(日) 14:40:29 ID:DA2frkOZ
>>604
>今までも、継承順位は何度か聞かれているので、省略していました。…それは失礼

>愛子さまが嫁がれれば、皇籍から外れます。
嫁いだ皇女様は、臣籍降下ということかな?
すると実質的には「男系継承」ということかな?
もうひとつ重要な問題がある。
聖上崩御の際、長子が皇女だった場合はどうなるのだろうか?
その時点で、独身であれば、ただちに即位ということになるのかな?

606 ::2010/05/09(日) 16:40:14 ID:JcBGSMyO
>>605
>すると実質的には「男系継承」ということかな?

婿を迎えたら、女系継承となる。
皇室の方々がお考え頂くことになる。

>聖上崩御の際、長子が皇女だった場合はどうなるのだろうか?

独身であれば即位頂き、婚姻で他家に嫁がれるなら、皇位を御返上頂く。

こんな感じで如何でしょうか?

607 :名無しさん@3周年:2010/05/09(日) 17:27:50 ID:DA2frkOZ
ごていねいな回答、感謝。

 >婿を迎えたら、女系継承となる。
なるほどそれで選択制か。
婿は取らないだろうから実質男系継承のままとなる。
さほどの「改革」ともならない。

 >独身であれば即位頂き…
その場合、男系継承を確実にするため、すべての前例(つまり例外はない)に従い
生涯独身を通される可能性が強いから、悲劇的な事態も予想される。
悪意女系派はこれを狙っているのではないか、とすら思われる。

占領憲法護持といい、1 の案は結局、左翼を利する案ばかりの気がするのだが…。
皇位継承は、やはり男系維持で方策を練るのが最良に思われる。

608 ::2010/05/09(日) 18:14:16 ID:JcBGSMyO
>>607
対案を示すべきである。

選択的女系は天皇陛下や皇室のお考え頂くことで、皇位継承問題に決着を付けるものである。
天皇陛下のお考えに背くものはいない。
今までは天皇陛下のお考えを察する努力が成されていた。
しかし、選択的女系は直接に天皇陛下の判断がもたらされる。

これに変わる対案を期待しています。

609 :名無しさん@3周年:2010/05/09(日) 20:00:28 ID:DA2frkOZ
大御心は皇祖皇宗の遺訓の遵守だよ。
民主主義についても、
先帝陛下の御考えは、明治天皇の思し召しによるもの、ということであった。
対案については、別スレで激論されているが、
男系護持側については、具体案につきほとんど共通の認識ができている。

610 ::2010/05/09(日) 20:20:58 ID:JcBGSMyO
>>609
具体案があるのなら、是非お聞かせ頂きたい。

611 :名無しさん@3周年:2010/05/10(月) 03:47:13 ID:eCbvli0R
>>610
基本は、占領下にGHQの圧力によって臣籍降下させられた
11宮家51人の方々の子孫である男系男子の皇籍復帰だよ。


612 ::2010/05/10(月) 07:41:37 ID:7eXIlGI/
>>611
詐欺事件に関わった人も含めるの!

613 :名無しさん@3周年:2010/05/10(月) 14:26:05 ID:0//wvDmQ
逮捕キターーーーーーーーーーーーー!!!!
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jiji-10X958/1.htm

江坂謙吾容疑者が殺害予告してた皇族って誰よ?
天皇殺害予告者の逮捕はマダ?

614 ::2010/05/10(月) 23:31:38 ID:7eXIlGI/
>>613
やったね!
しかし、欲を言えば、名誉毀損や侮辱罪で逮捕者が出て欲しいものだ。
良い知らせ、ありがとう!

615 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/11(火) 06:54:25 ID:j7dY8hOg
>>614
どうだね、西尾先生を名誉毀損や侮辱罪で告発してみたら?

616 ::2010/05/11(火) 10:01:00 ID:XgnzyO+k
>>615
俺が決められたら、犯罪者が増えることでしょう。
皇室への親告罪では総理大臣の告訴が必要なので難しいのでしょう。
不敬罪を復活させたい。

617 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/11(火) 22:46:12 ID:j7dY8hOg
>>616
ふんじゃしょうがない、「不敬罪復活!」ってプラカードでも作って練り歩いて下さい。
もしくは、「朕(ちん)はタラフク食ってるぞ、ナンジ人民飢えて死ね ギョメイギョジ」ってプラカード
でマッチポンプすっか?

もちろん後半は捕まる可能性が...内科。

618 ::2010/05/11(火) 22:54:09 ID:XgnzyO+k
>>617
何が言いたいのか分からん!
日本語を書き込んで下さい。

619 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/11(火) 23:05:35 ID:j7dY8hOg
>>618
不敬罪を復活させたい!って君の願いは大多数の人々には理解不能であろう。
天皇も人間に過ぎず、人間の間に産まれながらにその貴賎の差が存在するべきだ!その差に基づき
不敬罪があるべきだと主張するなら、国民に対してアピールする必要があると言っているのだ。

もちろん、論理的に誤りの無い言葉で願いたいものだ。

ああ、その前に君は国民主権を否定せねばならぬが、お解かりかね?

620 ::2010/05/11(火) 23:18:33 ID:XgnzyO+k
>>619
基本的人権を制約されている皇室は親告罪に関しては総理大臣が変わって告訴することになっている。
しかし、総理大臣は多忙のため、実際に親告罪で告訴されていない。
侮辱罪や名誉毀損を皇室に限って親告罪をやめる。
正に不敬罪となる。

621 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/11(火) 23:19:51 ID:j7dY8hOg
もう一つ1さんの道がある、天皇は人間ではなく、化け物、妖怪、悪魔、もしくは神であって人間で無い
ことを照明する道である、でもこの道は険しいよな〜....

622 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/11(火) 23:21:34 ID:j7dY8hOg
>>620
不敬罪は上下の差があっての不敬罪、天皇が人間なら不経済は無い。

623 :名無しさん@3周年:2010/05/11(火) 23:36:16 ID:osC6rNH/
別に不経済あってもいいんじゃね?
国旗侮辱したらなんか罪になるよね。
天皇も国旗と同じでその国の象徴なんだから侮辱したら罪を問うてもいいんじゃないかな
国民主権とは関係ないでしよ

624 :名無しさん@3周年:2010/05/11(火) 23:42:00 ID:osC6rNH/
というか国民主権って、そんなご大層なものなのかね?
国民主権でできたはずの現政権のザマ見てると、
とてもそんなに大切なものとも思えないけどね

625 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/05/11(火) 23:59:11 ID:aDav0hUA
主権がいらないなら中国にでも移譲するか?

626 :624:2010/05/12(水) 00:01:09 ID:R0ZGCUDL
>>625
自分の意見はこっちに書いといた。昨日ね。
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1271121786/598

627 :名無しさん@3周年:2010/05/12(水) 00:07:04 ID:R0ZGCUDL
まあ要するに平時は国民主権でもなんでもいいんだけどさ
有事の際の非常大権は天チャンにあり、ってことさ。
表立ってそうは言わないし、言う必要もないけどね
百年に一度発動するかしないかの日本の切り札だよ
いわば不文律だね

俺の個人的な意見だから気にスンナ

628 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/05/12(水) 02:26:39 ID:8teaQH62
>>623
>国旗侮辱したらなんか罪になるよね。
>天皇も国旗と同じでその国の象徴なんだから侮辱したら罪を問うてもいいんじゃないかな

これも確かに外国の国旗を侮辱すると罪になるけど、
それを天皇の例えで持ち出す脈絡が謎。

629 :名無しさん@3周年:2010/05/12(水) 02:29:36 ID:DnKTHjtO
おなじじゃん。象徴だもの。

630 :名無しさん@3周年:2010/05/12(水) 02:32:07 ID:DnKTHjtO
天皇ってのは一種のファンクションであって個人じゃないもの。

631 :おてんば私立学院総長 ◆gqBBZUnUPk :2010/05/12(水) 05:47:38 ID:Zadvsw42
>>623
象徴の意味、わかってるの?

それに、今更「不敬罪」なんてものは不要。
せいぜい侮辱罪ということで、首相などが代理権を行使して訴えることが出来るという
特例付きの親告罪の範囲にとどめておくべき。

632 ::2010/05/12(水) 07:45:39 ID:kCC9vsFq
特例が発展して親告が無くても警察が犯罪として捜査し、立件際に総理大臣の許可を得る。
これでも良い、不敬な書き込みを一掃出来るのでは?

633 :名無しさん@3周年:2010/05/12(水) 12:52:08 ID:2i1jYmla
>>631
象徴の意味はわかってるけど、
おてんば私立学院とは何か、がわからない。kwsk

634 :名無しさん@3周年:2010/05/12(水) 12:58:48 ID:2i1jYmla
というかふつうなら「私立おてんば学院」って言うんじゃないの?
ま、いいや。象徴ってのはね、少し控えめに言ったわけ。
ほんとはそれ以上のものだと思ってるわけ。
まあ不経済がいやなら侮辱罪でもいいよ、
そんなことは実はどっちでもいいのよ
有事の際に機能する日本独自のファンクションとして
平時においてもキープできればいい、ってことなのよ。
で、そのためには平時からある程度のしかるべき敬意なりなんなりを
払っておくべきだろう、ってことですよ。それだけ。

635 :名無しさん@3周年:2010/05/12(水) 13:10:59 ID:2i1jYmla
あんまり抽象論ばっか言うのもアレなんで、具体例をひとつ挙げれば、
どっかの副主席が面会したいとか言ってきたとき、
あれは速攻で蹴るべきだったんだよ
中国は一ヶ月ルールを知っている。当然。その上で面会を申し込んできた。
あれは要するに中国側が仕掛けてきた「天皇」の値踏みです。
日本側はそれを蹴る。それが「天皇」の正しい活用法ですよ

小沢みたいなやつにはそんなこと、
ぜんぜん理解できないだろうけどね

636 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/05/12(水) 14:05:00 ID:8teaQH62
俺は別に天皇陛下が中国副主席とあってもいいと思う。
「天皇」の正しい活用法とか言ってる奴の方がよっぽど天皇を侮辱している。

637 :名無しさん@3周年:2010/05/12(水) 14:38:42 ID:jJcLpe4K
天皇なんて文鎮みたいなもの

638 :名無しさん@3周年:2010/05/12(水) 14:48:36 ID:TLWIdYLK
>>636
その発想を少しずらせばすぐ軍国主義になるんだよ

639 :名無しさん@3周年:2010/05/12(水) 14:52:35 ID:TLWIdYLK
637の一言のほうが天皇の意義をよく把握してると思うね

640 :名無しさん@3周年:2010/05/12(水) 14:54:47 ID:TLWIdYLK
ちなみに俺が好んで使う比喩は
「天皇は掛け捨ての火災保険みたいなもの」
だけどね

641 :名無しさん@3周年:2010/05/12(水) 16:17:51 ID:qeimYvNl
仮に天皇が日本にいなかったとして
もしいまヒトラーみたいなやつがこの国に出現したら
あっという間に浮動票をかっさらって第一党になるだろう
しかし天皇がいる以上そういうことにはならない
それが良いことなのか悪いことなのかはわからないが

642 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/05/12(水) 16:53:04 ID:8teaQH62
>>638
>その発想を少しずらせば

勝手にずらして論点すりかえんなコラ。

>>641
天皇がいても政治的実権がないなら一緒。

643 :名無しさん@3周年:2010/05/12(水) 17:00:03 ID:eb3x/XV9
>>642
天皇と政治的実権をリンクさせることがそもそも間違えてんだよお前は

644 :名無しさん@3周年:2010/05/12(水) 17:01:32 ID:eb3x/XV9
つか、この板は幼稚園しかいないんだな…運営もさっさと規制解除せえや

645 :名無しさん@3周年:2010/05/12(水) 17:07:51 ID:eb3x/XV9
おっとっと。「この板は」は取り消ししよう
「米軍基地の是非論」のスレには少しまともなやついたからな

646 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/12(水) 22:20:39 ID:J1QJhRNY
>>627
どうだろう、その不文律は前回ぐらいは成功したかも知れないけど、その前とか、それ以前にも失敗した例あったろ?
承久の乱で朝廷側は負け、上皇は島流し、天皇は譲位を余儀なくされた。
壬申の乱では、乱と言ように即位していた弘文天皇の近江朝への反乱軍が勝った戦争と分析するべきであろう。
天皇、朝廷側がいつも勝ったわけでなく、勝った側が適当な皇統を作った言って良い。

そういえば、三種の神器と安徳天皇も源義経によって海に沈められているよな。
今の三種の神器ってのは一体なんだよ、レプリカか?

647 :627:2010/05/12(水) 23:06:53 ID:NRfCPI+p
>>646
「成功した前回の例」ってやつ、
玉音放送のことを言ってるなら俺と同じ認識だね
三種の神器のことは知らんな。
義経が三つのうち二つは海の底から拾ったんでしょ?
あんなものは適当にあればいいのよ。レプリカでもなんでもいいんじゃね?

648 :名無しさん@3周年:2010/05/12(水) 23:26:52 ID:NRfCPI+p
俺からみれば天ちゃんってのはさぁ
日本がフォーマット、リセット、再起動をすばやく実行するための
リカバリーシステムなのよね
だから上手くいったか、いかなかったかというのは、
あくまで後世から見た結果論にすぎないのよ
俺的には
@恵美押勝の乱の鎮圧
A桓武天皇易姓革命の儀
B後白河法皇と源頼朝の会見
C建武の親政
D明治維新
E玉音放送
こんな感じかな?
見ればわかるとおり必ずしもよい結果をもたらすとは限らない
ただ天ちゃんがいることで、
時代の節目節目をすばやくクリアして次の時代に移行できる
それだけのこと。いいか悪いかは、またべつの話なのよ

649 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/13(木) 01:07:27 ID:sP1f3mX1
>>648
建武の親政は完全に失敗して、朝廷の行政能力が完全に否定されたトピックスだよね。
玉音放送って....あれだけの国民の命を棄て、それでも戦争に負けました。って話でしょ。

普通呆れるよな、信者は恐ろしいよ、君ならオウムでもやっていけそうだね。

650 :名無しさん@3周年:2010/05/13(木) 01:09:24 ID:6wmC7sD2
>>649
玉音放送って戦争停止の放送だよ
あんた、もうちょっと歴史の勉強しな

651 :名無しさん@3周年:2010/05/13(木) 01:15:13 ID:6wmC7sD2
ったく。玉音放送も知らんレベルで維持も廃止もないだろ
天皇制って言葉ももともと左翼用語だけど、そういうことも知らんのだろ?
まあ好きなことかいてろや。どうせ便所の落書きだからさ

652 ::2010/05/13(木) 17:30:51 ID:8/48VxQN
象徴天皇教育を行うべきだ!

小学校低学年から御公務を学ぶ機会を与えるべき。

653 :名無しさん@3周年:2010/05/13(木) 17:58:48 ID:R0d+SPWE
>>648
天変地異や疫病が祟りや呪いのせいだと信じられていた時代の
宗教的権威であった天皇像と
明治以降のそれを同列においての提起はちょっと杜撰に過ぎるようにも
思うけどね

>>650
皇軍が負けましたという公式発表は
その皇軍の最高指揮官とされていた大元帥たる天皇自身が
行うほかなかったからね

654 :648:2010/05/13(木) 18:38:17 ID:encOf6p7
>>653
明治で区切るのは個人的な見解では違う、と思う。
俺はいまの天皇家の初代は天智だと思ってるの。
ただ礎を築いたのは藤原不比等と持統。完成形は桓武。
で、それ以後いろいろあったけど、
「天皇」の基本的なスタイルは変更してないと思うんだよな
桓武以前の「天皇」といまの「天皇」とは違う
血筋が違うというよりスタイルが違う
だから俺の区切りは桓武天皇以前か以後か。そこで区切ってる。

655 :名無しさん@3周年:2010/05/13(木) 18:40:37 ID:encOf6p7
ま、こういうこと書くと
右からも左からも評判悪いんだけどね、
俺個人はそう思ってるんだから仕方ない

656 :名無しさん@3周年:2010/05/13(木) 20:12:08 ID:/Fx25pit
前のほうをちょっと見ただけだけど、
1さんは現行憲法護持で女系推奨なのか・・
初心者質問で申し訳ないけど、
もしいま今上崩御の場合、皇位継承権者は何人いるの?
ずいぶん昔に自分で調べたときには七番手ぐらいまで決まっていて、
そのご何年もしてから急に女系天皇論がマスコミに出てきて、
なんでそんな問題がでてくるのかと不審に思った記憶がある
いまだって男系だけで六〜七人ぐらいは順位決まってるんじゃないの?

657 :名無しさん@3周年:2010/05/13(木) 20:16:09 ID:T2H+L2s5
>>656
小林よしのりも最近では、己の天皇論で、皇統の女系繼承を訴えてゐるね。

658 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/05/13(木) 20:22:12 ID:3GoD/fH5
皇位継承順位

1 皇太子徳仁親王 : 1960年(昭和35年)生
2 秋篠宮文仁親王 : 1965年(昭和40年)生
3 悠仁親王 : 2006年(平成18年)生
4 常陸宮正仁親王 : 1935年(昭和10年)生
5 三笠宮崇仁親王 : 1915年(大正4年)生
6 諮m親王 : 1946年(昭和21年)生
7 桂宮宜仁親王 : 1948年(昭和23年)生

全部で7人。


659 :656:2010/05/13(木) 20:45:34 ID:JZVjp4aw
>>658
ありがと。やっぱり今でも七人いるんだね。
それなら女系を無理して導入しなくてもという気がするね

660 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/05/13(木) 21:03:47 ID:3GoD/fH5
>>659
7人はいるが常陸宮と三笠宮は70歳過ぎてるぜ?
三笠宮諮m親王と桂宮宜仁親王も皇太子より10歳以上年上。
突発的な事故を除けば実質的に、今上の皇位継承者と言えるのは
皇太子と秋篠宮、悠仁親王の3人。皇太子が天皇になったら
2人しかいなくなる。


661 :名無しさん@3周年:2010/05/13(木) 21:04:53 ID:R0d+SPWE
>>659
将来的な事を言うなら、1名しかいないよね

662 :名無しさん@3周年:2010/05/13(木) 21:08:55 ID:1G8MdOKt
なるほど。ではつなぎとしての女系ならあり、かな
ジトウ元明ゲンショウコウケン称徳とつないでいった古代のあのパターン

663 :名無しさん@3周年:2010/05/13(木) 21:15:41 ID:1G8MdOKt
でもあのパターンは
天智天皇の娘の持統から始まった必死のバトンリレーだったわけだから、
やはり緊急避難的措置だったんだけどな
男ができれば男に戻す。
そのためのつなぎとしての女系だったんだから。

664 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/05/13(木) 21:24:41 ID:ISHhypBy
>>653
更にその明治以降の洗脳教育で徹底的に神格化され、
不敬罪や特高警察による恐怖政治で威厳を保っていた”現人神”たる天皇と、
戦後の人間天皇、特に平成の”親しみのある”天皇もやはり別物だと思う。

>>654
俺は今の天皇家の初代は継体で、「天皇」
というものの礎は推古あたりから築かれ始め、
天武で完成したと思っているが、スタイルとしてはその後も承久の乱、
南北朝、明治維新、終戦といった節目節目で変遷してきたとも思っている。

>>656
カワイイ氏が既に>>658で挙げてるけど、1位と2位が崩御して、
3位が即位する頃には4位以降は年齢的に存命の可能性が限りなく低いので、
実質あと三代。

>>658
3GoDのIDおめ。造化の三神かな?

665 :名無しさん@3周年:2010/05/13(木) 21:30:18 ID:R0d+SPWE
>>663
>やはり緊急避難的措置だった
と明治になって解釈されただけ

律令の定めには女帝の子ども同じとするという定めがあったからね

666 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/05/13(木) 22:08:00 ID:3GoD/fH5
男系が絶対なら道鏡事件なんて起きるワケねえからな。


667 :名無しさん@3周年:2010/05/13(木) 22:10:51 ID:GTr5go3p
道鏡事件は藤原一族のハメコミだよ
あれは天皇自身が起こした「クーデター」だ

と思うよ。個人的には。

668 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/05/13(木) 22:20:20 ID:3GoD/fH5
>>667
>道鏡事件は藤原一族のハメコミだよ
とゆ〜より朝廷内権力抗争のひとつじゃねえの?
まあ、藤原氏がその中枢にいたであろうことは確かだと思うが。
つうか、藤原不比等以降は天皇は道具で藤原氏の天下だよな。


669 ::2010/05/14(金) 13:19:29 ID:/BcLBw+C
私への質問もあったようで…
変わりに答えて頂いた方には、お礼申し上げます。

670 ::2010/05/16(日) 17:59:53 ID:Z/byq+QK
女系天皇を認めるべきだ!

男尊女卑の皇室典範を改革すべし!

671 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/16(日) 20:42:12 ID:PbsjeBzx
>>670
皇室典範で本人の意思のみで皇室離脱出来る権利を認めるのはどうだ。
皇太子も天皇も例外なくなんだけど...どう?

672 :白羽 ◆D/w5oCAtaw :2010/05/16(日) 21:55:56 ID:nTXXArum
皇室典範撤廃、憲法第一章、88条、96条2項、99条を全面的に削除・
改定。これに尽きる。

673 :名無しさん@3周年:2010/05/17(月) 08:47:53 ID:a3zPXQYE
天皇を自殺に追い込むな。

674 ::2010/05/17(月) 09:59:29 ID:j7VVjuEj
>>671
わがままで離脱されても困ります。
天皇陛下の御判断で皇籍離脱は考えるべきでしょう。
天皇陛下にも権限を与えるべきだ!

675 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/17(月) 19:55:25 ID:VipJzCXq
>>674
あなたは、やんごとなき血筋の皇室の方々がわがまま離脱されると、疑っているのか、
あなたが自身不敬な考えをしたと反省なされた方がよくなくなくない?

676 :名無しさん@3周年:2010/05/17(月) 20:04:06 ID:/eefLSoD
>>675
おまえ日によって立場コロコロ変えてるよな。鳩山みたいなやつだな

677 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/17(月) 20:37:15 ID:VipJzCXq
>>676
私の立場は終始一貫している、何も隠しては居ない、天皇制廃止の主張こそS-RAMの存在意義
であり、その主張が成就した暁にはこのコテは消える。

678 :名無しさん@3周年:2010/05/18(火) 12:26:25 ID:eYDvoe9c
>>677
一生無理だな。

679 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/05/18(火) 18:09:45 ID:XpMfDgdF
チキン野郎の自爆クンがチキンを返上するのも
一生無理っぽい。


680 :名無しさん@3周年:2010/05/18(火) 19:15:28 ID:eYDvoe9c
>>679
2 名前:( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR [sage] 投稿日:2010/05/10(月) 18:33:17 ID:F3Owq8iJ [1/7]
チキン
6 名前:( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR [sage] 投稿日:2010/05/10(月) 18:44:58 ID:F3Owq8iJ [2/7]
野郎の
7 名前:( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR [sage] 投稿日:2010/05/10(月) 18:46:30 ID:F3Owq8iJ [3/7]
自爆クン
10 名前:( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR [sage] 投稿日:2010/05/10(月) 18:53:03 ID:F3Owq8iJ [4/7]
チキン
11 名前:( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR [sage] 投稿日:2010/05/10(月) 18:54:17 ID:F3Owq8iJ [5/7]
野郎の
12 名前:( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR [sage] 投稿日:2010/05/10(月) 18:55:42 ID:F3Owq8iJ [6/7]
自爆クン
14 名前:( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR [sage] 投稿日:2010/05/10(月) 19:03:31 ID:F3Owq8iJ [7/7]
チキン
33 名前:( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR [sage] 投稿日:2010/05/15(土) 19:26:18 ID:Kp4nLAmo [1/2]
野郎の
34 名前:( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR [sage] 投稿日:2010/05/15(土) 19:30:39 ID:Kp4nLAmo [2/2]
自爆クン
36 名前:( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR [sage] 投稿日:2010/05/15(土) 20:40:28 ID:Kp4nLAmo [3/4]
野郎の
37 名前:( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR [sage] 投稿日:2010/05/15(土) 20:43:19 ID:Kp4nLAmo [4/4]
自爆クン

↑正に此れこそチキン。

681 ::2010/05/18(火) 21:25:48 ID:Febt7H2u
>>675
S−RAM ◆さんから不敬と聞くとは驚きである。
権限を制限されている天皇陛下に権限をお持ち頂くのが最良かと。

682 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/18(火) 21:33:18 ID:d5HVl12T
>>681
もちろん陛下にも権利はお持ちいただく、皇太子も、秋篠宮にもお持ちいただくと言う話だ。
この3人の成人の誰が「わがままで離脱」する可能性があると、主張しているのか?

子供じゃないのだから、自決する権利はあるべきである。

683 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/18(火) 22:33:23 ID:d5HVl12T
なにかあれだな、天皇を皇族をうやうやしく扱うかとおもいきや、わがまま呼ばわりする。
天皇制支持者って、時と場合によって基準が違うダブルスタンダードだよね。

 な ん だ か な 〜

684 ::2010/05/18(火) 22:33:56 ID:Febt7H2u
>>682
なるほど!
成人に成られた皇族は皇籍離脱を認めるか?
逆に内親王も、成人に成られた時、皇籍を離脱か継続かを選べる。
天皇廃止論者のS−RAM ◆さんから出た意見のが、気に入らないが…

685 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/18(火) 22:36:49 ID:d5HVl12T
>>684
未成年の判断は良いよ、成人したなら本人の意思だけによる皇籍の離脱を認めるべきであろう。
彼らは金には困らないかも知れないが、離脱権も無いなら、奴隷扱いになる。

686 ::2010/05/18(火) 22:54:18 ID:Febt7H2u
>>685
元々、皇室の権限は制限されている。
ご高齢に成られても、身を引くことも出来ない。
そう考えられなくもないな。
今上天皇陛下も体調不良とお聞きする。
皇籍とは少し離れるが、天皇陛下の引退があっても良いように感じる。

687 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/18(火) 23:37:55 ID:d5HVl12T
>>686
天皇陛下の引退はなぁ〜徳川時代に天皇家が「退位」を政治カードに使ったために、禁止されていると
解釈もされている。

まああれだ、その代わり摂政って手段は法的に残されている、今は皇太子が摂政となり、天皇は万機
をもって悉くを摂政=皇太子に委ねるべきだとは思うね。

688 ::2010/05/18(火) 23:53:42 ID:Febt7H2u
>>687
身の回りのことは皇族の方で決められるように、皇室典範を改正すべきだろう。
皇族にも権限を与えるべき!

689 :名無しさん@3周年:2010/05/19(水) 12:36:37 ID:7ipwO/zv
>>688
戦前戦中の苦い経緯を経て
天皇や皇族、そしてそれに集って存在しない権威を借りようとする有象無象に
枷をはめるための法となっているからね

政治制度の枠の中にある限り
天皇にも皇族にも権限が与えられる事はないんだよ

690 ::2010/05/19(水) 16:52:01 ID:DJ7+BCYO
>>689
皇位継承などは、皇族方がお考え頂くよう、権限をお返しするべきだ!
皇室典範は「天皇陛下を議長とする皇室会議の決議を尊重する。」とシンプルにすべきだ!

691 :名無しさん@3周年:2010/05/19(水) 17:07:35 ID:7ipwO/zv
>>690
政治制度としての天皇制が廃止にさえなれば
天皇ご一家の内々の事について、何をどう決めようと自由なんだけどね

692 ::2010/05/19(水) 17:15:00 ID:DJ7+BCYO
>>690
「議決を尊重する」ではダメだね!
「議決をもって決する」かな?
皇室に決定権をお返しするべきだ!

693 ::2010/05/19(水) 17:21:19 ID:DJ7+BCYO
>>691
政治制度で象徴天皇制は何の決定権を有していない!
天皇家の内部の事に第三者が決定権を持つのはおかしい!
事実上、皇室典範の廃止を提案する。

694 :名無しさん@3周年:2010/05/19(水) 17:36:48 ID:Ke292uGu
いまいち今の日本に天皇制の必要性が見出せない。

695 ::2010/05/19(水) 17:53:51 ID:DJ7+BCYO
>>694
伝統や文化に必要性を感じないのか?
教育が誤っているのだろう!
象徴天皇教育を行うべきだ!

696 :名無しさん@3周年:2010/05/19(水) 18:10:29 ID:Ke292uGu
そう漠然と言われてもなぁ

その生活習慣を守ることもできないし、そのつもりもないし
やはりこの国には必要ないと思えてしまう

697 :名無しさん@3周年:2010/05/19(水) 18:29:23 ID:J62Px/fT
1さんは象徴天皇に拘ってるねぇ
べつに天皇さん象徴じゃなくてもいいんじゃないかな?
たとえば現行憲法の一条から球状まで全部抹消しても
現実問題としてちっともかまわないと思うんだけどね


698 :名無しさん@3周年:2010/05/19(水) 18:33:21 ID:J62Px/fT
球状で「軍隊を保有しない」と言ったって実際は「在る」
それとおなじく、憲法でどう定義したって天皇は「在る」
それでいいんじゃないの?
大陸法成文法で何が何でも規定しなきゃならん、ってこともなかろ

699 ::2010/05/19(水) 18:43:15 ID:DJ7+BCYO
>>697
政治利用されるのは天皇陛下の立場を危うくしかねない。
象徴天皇制を守るべきと考えます。

700 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/19(水) 19:53:26 ID:8bAHg9fU
象徴天皇の象徴とは、英語のシンボルを和訳して出来た言葉であり、GHQ謹製憲法のシンボルでもある。
自主憲法制定のためにも、1条〜8条を廃止するべし。

701 :名無しさん@3周年:2010/05/19(水) 19:56:50 ID:aZeIX9IM
天コロ

702 ::2010/05/19(水) 20:22:21 ID:DJ7+BCYO
>>700
天皇制廃止で書き込んでくれ!
天皇制維持とはかけ離れている。
スレ違いです。

703 ::2010/05/19(水) 20:30:07 ID:DJ7+BCYO
再度、提案です。
皇位継承問題は皇族方にお考えて頂くために、皇室典範を事実上廃止する。
皇室典範には「天皇陛下を議長とする皇室会議での決議を持って決する。」と定める。

704 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/19(水) 20:35:00 ID:8bAHg9fU
天皇を永遠に維持するのは簡単である、憲法1条〜8条を廃止すれば良いのである。
天皇家は天皇を維持するだろう、世継ぎが絶えたなら、養子でも、自称でも天皇は存在し続けよう。

国家と言う檻に閉じ込めるから、後継者が絶えるのである。

705 :名無しさん@3周年:2010/05/19(水) 20:40:44 ID:/qpZnFDo
俺は球状まで廃止でいい

706 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/19(水) 21:00:47 ID:8bAHg9fU
>>705
この国際社会で日本が生きていくには9条は改正までだろう、9条の規定そのものの全廃は現代国家では有り得ない。
極端はいかんよ、極端は。

707 :白羽 ◆D/w5oCAtaw :2010/05/19(水) 21:09:53 ID:ghZ4xhFZ
悠仁親王が即位した時点で男児なしの場合

皇室典範規定上の皇位継承資格者が消滅

日本国憲法を「日本共和国憲法(仮)」と改題し、第一章、9条2項、88条、
96条2項、99条を全面的に削除・改定する案を現憲法96条の憲法改正手続きに則り、
各議院の総議員2/3以上と国民投票での過半数の賛成を得て可決、
悠仁天皇はこの憲法と一体を成すものとして直ちにこれを公布

皇室典範を撤廃し、皇籍離脱した悠仁天皇は天家(仮)の戸籍を作り、
旧宮家から養子を迎える

皇室神道を宗教法人化、菊栄親睦会を財団法人化

以後、天家(仮)は直系男子が絶え次第傍系から養子を迎えて家督相続、
の繰り返し

万世一系の皇統と伝統文化は(民間で)安泰!

708 :名無しさん@3周年:2010/05/19(水) 21:17:57 ID:7IcQTKw9
江戸時代は天皇と公家3千人の予算合計がたったの1万2千石!。
一方、”ねね”一人の化粧代が1万石。
戦国時代は予算ゼロだったようだが、それでも亡びない。
予算ゼロでも亡びないものをどうやって滅ぼすのか。

709 ::2010/05/19(水) 21:56:57 ID:DJ7+BCYO
>>704
このスレは天皇制維持である。
スレ違いは遠慮して頂きたい。
天皇制廃止の方へ書き込まれることをお勧め致します。

710 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/19(水) 22:29:55 ID:8bAHg9fU
>>709
却下である。

711 ::2010/05/20(木) 07:46:12 ID:pOd0SQIu
>>710
再度、提案する。
皇室の方々に皇位継承問題をお考え頂くために、事実上の皇室典範の廃止を提案する。
皇室典範には「天皇陛下を議長とする皇室会議を行い、議決を持って決する。」と明記するだけとし、事実上廃止とする。

712 ::2010/05/20(木) 10:50:14 ID:pOd0SQIu
象徴天皇教育を行うべきだ!

小学校低学年から皇室の御公務を学ぶ機会を与えるべきである。

国旗・国歌より、象徴天皇教育を優先するべきである。

713 ::2010/05/20(木) 15:11:48 ID:cKS9h2we
天皇陛下に後継者を選んで頂こう。

天皇家の内情は皇室の方々が分かっている。

有象無象が天皇家の後継者を決めるのは誤りであろう。

皇室典範を事実上停止し、天皇陛下自ら後継者をお考え頂くのが最良であろう。

714 ::2010/05/20(木) 15:41:16 ID:cKS9h2we
天皇陛下・皇太子・秋篠宮のご判断が一番に重んじられるべきであろう。

第三者が天皇家の後継者について論議するのは止めるべきである。

皇族方に決定権をお返して、皇族方が決定されるのが本来ある姿であろう。

715 :名無しさん@3周年:2010/05/20(木) 15:52:36 ID:uESVBLmQ
天皇家が政治制度の枠組みに縛られている以上
天皇ご一家には何の決定権も与えられない

716 ::2010/05/20(木) 16:09:25 ID:cKS9h2we
>>715
なぜ決定権を与えられないのでしょうか?

人権を制約されている天皇陛下であるからこそ、後継者の決定権を与えられて当然と考えますが・・・

717 :名無しさん@3周年:2010/05/20(木) 16:53:05 ID:uESVBLmQ
>>716
制度だからだよ

天皇にかせられた人権の制約を憂うべきものだと本気で思っているのなら
天皇家を政治制度の頸木から解き放つ以外ないのだと理解しような

718 ::2010/05/20(木) 19:38:29 ID:pOd0SQIu
>>717
制度だから改革出来る!

現状の天皇制を維持し、皇室典範の改正で天皇陛下の御裁量で決められる。
皇位継承問題を解決する事が出来る。

719 ::2010/05/20(木) 20:30:43 ID:pOd0SQIu
皇室典範を事実上廃止し、天皇陛下・皇太子・秋篠宮が皇位継承問題をお考え頂く。

皇位継承問題の一番の解決策である。

720 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/20(木) 20:34:22 ID:jkSDFOfy
天皇家の世継ぎを天皇自身が決められない、なぜか??
天皇制と国家機構が結びついて来たからであり、結びついているからである。

その鎖さえ断ち切れば、全ての問題は氷解する。

721 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/20(木) 20:36:42 ID:jkSDFOfy
天皇家の人権が侵害されている、これが理解できるなら、その状況を改善することを
主張すべきであろう、もちろん国民主権は変えられない。

答えは一つなんだ。

722 ::2010/05/20(木) 20:49:22 ID:pOd0SQIu
>>720
民主主義の日本で天皇陛下が後継ぎを決めても、何も問題ない!
逆に皇室典範で定める必要性が全く感じられない!

天皇陛下が自ら後継ぎを決められるよう、皇室典範の事実上廃止を訴える!

723 ::2010/05/20(木) 20:55:03 ID:pOd0SQIu
>>721
象徴天皇制は維持する。
皇室の方々の人権は制限されるが、皇位継承の決定権はお返しする。

天皇陛下・皇太子・秋篠宮が協議して、これからの天皇家の在り方をお考え頂く!

724 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/20(木) 21:03:54 ID:jkSDFOfy
>>723
>皇室の方々の人権は制限されるが、皇位継承の決定権はお返しする。
おまいのどこに皇室および天皇の人権を制限する権利があるのだ?
おまいは何の権利があって、天皇の、皇族の人権を蹂躙し続けることを主張するのか?

 答 え よ !

725 ::2010/05/20(木) 21:17:28 ID:pOd0SQIu
>>724
国民主権である以上、権威ある天皇陛下は人権を制限される。
しかし、皇位継承の決定権は国民主権であっても、天皇陛下にお返ししても、国民の権利を侵害しない!

天皇陛下・皇太子・秋篠宮で協議して、これからの天皇の在り方をお考え頂く!

726 ::2010/05/20(木) 21:43:25 ID:pOd0SQIu
皇室典範を事実上廃止し、天皇陛下に皇位継承の決定権をお返ししょう。

天皇陛下・皇太子・秋篠宮で協議して頂き、これからの天皇の在り方をお考え頂く!

727 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/20(木) 22:00:25 ID:jkSDFOfy
天皇制が国家機構と結びついている限り、天皇の後継問題は政治問題である。
これは天皇に実権の無かった江戸時代で、唯一退位や後継の決定で政治的意思を示した過去の天皇
が実践しているのだから仕方が無い。

しかし、君が恐れ多くも天皇の、天皇家の面々の人権蹂躙を主張する権利とは関係が無い。
また、国民主権だからと言って、個人の人権蹂躙が許される根拠にならない、なぜなら、国民主権は
人権を守るためにあるからである。
不可である。

 さ あ 、 再 度 答 え よ !

728 ::2010/05/20(木) 22:15:56 ID:pOd0SQIu
>>727
象徴天皇制が国家機関と結び付いていても、国民の権利を侵害しない限り、天皇陛下に皇位継承の決定権をお返しすべきだろう。
天皇陛下が人権侵害を理由に天皇家を断絶する権利も含まれる。

天皇陛下・皇太子・秋篠宮が協議して頂き、天皇の在り方をお考え頂く!

729 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/20(木) 22:21:53 ID:jkSDFOfy
>>728
返すべきは、個人ベースの皇室離脱権である。

国民の権利を侵害しなくとも、天皇の後継者決定は政治問題でありその決定権は政治的力なのだ、
いったい何度説明すれば判るのだ、脳味噌あるのか?

730 ::2010/05/20(木) 22:47:00 ID:pOd0SQIu
>>729
皇籍離脱は天皇陛下を議長とする皇室会議で検討すれば良いと思います。
皇位は政治的意図で決められないためにも、天皇陛下を議長とする皇室会議で決するべきである。
何の問題も無いと思います。

天皇陛下・皇太子・秋篠宮が協議して頂き、天皇の在り方をお考え頂く!

731 ::2010/05/20(木) 23:43:39 ID:pOd0SQIu
皇室典範を事実上廃止にして、天皇陛下に皇位継承の決定権をお返ししょう。

皇室典範は「天皇陛下が議長とする皇室会議を行い、そこでの議決を持って決する。」と改正して、事実上廃止する。

天皇陛下・皇太子・秋篠宮が協議して頂き、天皇の在り方をお考え頂く!

これこそ皇位継承問題の解決策である。

732 :名無しさん@3周年:2010/05/21(金) 00:02:01 ID:bO+f9YUG
皇室典範を廃止するってことは、
皇室も一般市民と同じような地位になるってことになりませんか?

733 :白羽 ◆D/w5oCAtaw :2010/05/21(金) 00:07:21 ID:5oLIAalI
>>732
>皇室も一般市民と同じような地位になるってことになりませんか?

いいじゃん別に皇室も一般市民と同じような地位で。

734 :名無しさん@3周年:2010/05/21(金) 00:08:22 ID:7AYg18JC
正直、天皇なんてどうでもいいわ。

735 ::2010/05/21(金) 00:14:06 ID:rTNEjy3K
>>732
天皇陛下を議長とする皇室会議で担保されるものと考えます。
天皇陛下が決めたことどあれば、権威を損ねることはありません

天皇陛下・皇太子・秋篠宮で協議して頂き、天皇の在り方をお考え頂く!

本来あるべき姿と考えます。

736 :名無しさん@3周年:2010/05/21(金) 00:15:57 ID:bO+f9YUG
>>735
皇室が政治に関係無くなれば、
それは天皇にも他の人たちにも可能なんですよ。
いまは政治と関係があるから無理。

737 ::2010/05/21(金) 00:18:23 ID:rTNEjy3K
>>733
権威ある天皇陛下が裁断した内容は一般の世襲とは異なると考えます。

738 :名無しさん@3周年:2010/05/21(金) 00:21:57 ID:MQDL9S/g
主さん。続くねえ。同じことの繰り替えしになってるけど、個人の尊重が個別主義になってきている
現在では、公というのは理解されにくいと思うぞ。

739 ::2010/05/21(金) 00:27:55 ID:rTNEjy3K
>>736
象徴天皇制は直接政治に関わっていません。
天皇陛下の後継ぎを決めるのに天皇陛下自ら決定権を行使しても、国民の権利を侵害するものではない!

天皇陛下・皇太子・秋篠宮で協議して頂き、天皇の在り方をお考え頂くべきと考えます。

740 ::2010/05/21(金) 00:33:56 ID:rTNEjy3K
>>736
天皇陛下の権限は規制されている。
後継者だけでも、天皇陛下の御裁量を認めて、構わないと考えます。

741 ::2010/05/21(金) 00:37:47 ID:rTNEjy3K
>>738
申し訳ない、ご主旨が理解できません

742 :名無しさん@3周年:2010/05/21(金) 00:46:12 ID:MQDL9S/g
>>741
ああ、わざわざレスしてくれたのね。
つまり、天皇というものは、おおやけのものになっている現在では、個人の尊重をエゴイズムと
区別できず、個別主義になっている。人を敬う心も無くなって来ているし、国旗、国歌も法律に
書かなければいけないような現実もある。不文で成立していた頃の思い出に等しい天皇になって
しまっている。2チャンの外では、もう反天で騒ぐサヨもいないし、どちらも昭和の思い出だ。
個人的には天皇は必要と思うが、時代と言われれば、それもしょうがない。

743 ::2010/05/21(金) 01:03:35 ID:rTNEjy3K
>>742
2チャンネルでは天皇制廃止が論議されている。
その中で皇位継承問題は大きなテーマと考えます。
その問題の解決策として、皇室典範の事実上廃止を訴えています。

天皇陛下・皇太子・秋篠宮で協議して頂き、天皇の在り方をお考え頂くのが、最良の策と考えます。

744 ::2010/05/21(金) 06:09:12 ID:rTNEjy3K
>>736
政治権力を持たない象徴天皇であれば、皇位を決められる。

745 ::2010/05/21(金) 06:29:30 ID:rTNEjy3K
>>744
寝ぼけて答えを二つ付けてしまいました。
改めて、みなさま、おはよう御座います。

746 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/05/21(金) 06:42:40 ID:BaHt87oq
おはよう


747 :名無しさん@3周年:2010/05/21(金) 06:49:41 ID:bO+f9YUG
おはよう。

748 ::2010/05/21(金) 07:15:12 ID:rTNEjy3K
皇室典範を事実上廃止し、天皇陛下に皇位継承の決定権をお返ししょう。

皇室典範には「天皇陛下を議長とする皇室会議を行い、その議決を決する。」とだけ掲げる。

天皇陛下・皇太子・秋篠宮が協議して頂き、天皇の在り方をお考え頂く!

皇位継承問題を一気に解決する提案と考えます。

ご意見をお聞かせ下さい。

749 ::2010/05/21(金) 10:25:29 ID:IJ5t78Lv
皇室典範では問題が解決できない、天皇陛下に皇位継承の決定権をお返しして、皇位継承問題の解決を図ろう。

もともと皇位に関しては天皇陛下の専権事項である。

我々が論議しても天皇陛下のご意思が焦点となる。

であるなら天皇陛下に天皇の在り方をお考え頂けるように制度を改革するべきであろう。

皇室典範には「天皇陛下を議長とする皇室会議を行い、その議決を持って決とする。」と明記するだけにし、天皇陛下のご裁量を優先させる。

皇室会議には皇太子・秋篠宮もご出席頂き、さらに有識者や総理大臣のメンバーとする。

皇位継承問題を皇室会議で話し合うことで、解決策をご検討頂き、天皇陛下のご裁定に異論を唱える右翼の理解も得られよう。

750 ::2010/05/21(金) 10:52:55 ID:IJ5t78Lv
皇位継承問題が皇室典範の縛りを解く機会である。

皇位継承の決定権を天皇陛下にお返しして、問題の解決策とするべきである。

国民の権利を侵害するものではなく、国民主権と相いれる内容と考える。

751 :名無しさん@3周年:2010/05/21(金) 14:47:00 ID:ykBAQ99b
>>748-749
天皇家が政治制度に縛られている以上
皇位継承は政治制度の問題であり天皇ご一家の問題ではない

そんな状態を人権問題だとして克服したいと思うなら
天皇家を政治制度の枠組みから解き放ってあげる以外の選択肢はない

>>750
それが政治制度である以上、その制度について考え
維持が困難であるなら制度そのものの見直しをも考える
といった事柄は、主権者たる国民の権利であり責務なんだ
一家族の思惑で左右されてはならないものなんだよ

752 ::2010/05/21(金) 15:29:58 ID:IJ5t78Lv
>>751
天皇陛下は権威を持ち、間違った思想により政治的に利用されないため、人権を制限されている。

しかし、皇位継承問題は政治的な側面はあるものの、間違った思想で日本の方針に影響を与えない。

無意味に天皇陛下の権限を制約するのは止め、天皇陛下に皇位継承の決定権をお返しするべきであろう。

象徴天皇が制度であるから改革が出来るものであり、良き改革を進めるべきであろう。

753 ::2010/05/21(金) 17:47:23 ID:IJ5t78Lv
右寄りの立場で皇室典範の事実上廃止はどのように受け止められているのでしょうか?

天皇制廃止論者の意見ばかりで、右寄りの立場の意見をお聞きしたいものであります。

勿論、天皇制廃止論者の意見も参考にさせて頂きますのでご意見をお聞かせください。

754 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/21(金) 18:27:50 ID:BXKS9t/a
なにか1ってカワイイよな、うん憎めないねえ、2ちゃん歴短いのかしらん。

755 :名無しさん@3周年:2010/05/21(金) 19:48:38 ID:ECUQ0cuU

人権とはもともとが、仮説的領域における概念。そうした概念から天皇に対する人権状況を根拠付けてる事がまずオカシイ。
次に、こうした態度というものは、社会的には隅っこに居る人間が道徳的尺度をもちこみ、相手に対し心理的優位にたって、
溜飲を下げようとする態度が生まれでたものだろう。動機からして、たいした物ではない事が見透かされるような類だ。

個人的には、即位と退位に関しては皇室典範を改正して、ご自身の考えを最大限に尊重できようにする事が望ましいと考える。
理由としては、責務の重さを考えれば、嫌々続けられるような物でもないし、見るに耐えない状況すら起こりえる事になる。
日本の象徴という存在として、内面から誇りを持って従事して頂きたいと考える。

756 ::2010/05/21(金) 20:44:01 ID:rTNEjy3K
>>755
人権に関しては例を上げるなら、参政権が許されていない。
皇族が投票も立候補も出来ない。
実際に認められていないのです。

即位と退位は理解できます。
その他の皇室典範に記された内容は如何でしょう。
天皇陛下に皇位継承を決める権利をお返しするべきと考えます。
これで皇位継承問題は解消出来るものと思います。

757 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/21(金) 20:55:38 ID:BXKS9t/a
>>756
なぜ君は皇族に選挙権も被選挙権も与えたい、与えるべきだ、とは思わないのだね?
彼らを見捨てているわけか。

758 ::2010/05/21(金) 21:04:10 ID:rTNEjy3K
>>757
参政権が欲しいなら、皇室典範を事実上廃止すれば、天皇陛下のご判断で皇籍離脱して、参政権を得られます。

759 :名無しさん@3周年:2010/05/21(金) 21:05:34 ID:e+DoPr5H
何を言ってるんだ

日本は、天皇皇族の一党独裁だよ

おめでたいな

760 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/21(金) 21:16:09 ID:BXKS9t/a
>>758
皇太子も秋篠宮も立派な成人だよ、なぜ彼らから人権を奪う権利がおまいにあると考えるのか?
天皇はその親とは言え、子供とは別人格だ、独立した人間と認めるなら、皇族個々人に離脱権だけは
担保するべきだろ。

761 :名無しさん@3周年:2010/05/21(金) 21:24:56 ID:hw+L+03o
被選挙権はだめだな。落ちたら大変なことになるし、
昭和初期の日本と変わらん。

762 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/21(金) 21:27:06 ID:BXKS9t/a
>>761
全てを与える方法がある。

763 ::2010/05/21(金) 21:31:31 ID:rTNEjy3K
>>760
皇太子も秋篠宮も妥当な理由があれば、天皇陛下が皇籍離脱を認めるであろう。

764 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/21(金) 22:24:35 ID:BXKS9t/a
>>763
答えになっていない!
再度聞く、なぜ、皇太子は、秋篠宮は成人した後にも、親父に人権を奪われ続けなければならないのだ?

765 ::2010/05/21(金) 22:50:28 ID:rTNEjy3K
>>764
成人した皇族が妥当な理由無く、皇籍離脱をするのは問題あるだろう。
我がままで皇籍離脱を願い出ることは考えなくとも良かろう。
成人したのだから自分の言動・行動に責任が生じる。
天皇陛下のご裁定に委ねても問題無いと考えます。

766 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/21(金) 23:04:23 ID:BXKS9t/a
>>761
>成人した皇族が妥当な理由無く、皇籍離脱をするのは問題あるだろう。

妥当な理由かどうかを判断するところまで、皇族一人一人が判断するの。
大人とはそういったものだ、君もはやく○○○ケになりなさい。

767 ::2010/05/21(金) 23:29:49 ID:rTNEjy3K
>>766
○○○ケの意味が分かりません。
勿論、皇族方がお一人で妥当な理由をお考え頂くのですが、思い込みや誤った考えがないか、天皇陛下にご判断頂くのが、最良でしょう。
自分一人で考えても、誤った判断を妥当と勘違いすることもあります。

768 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/21(金) 23:33:23 ID:BXKS9t/a
>>767
おまいな、皇太子の年齢知ってそんなことを言っているのか?
40超えて、70超えたヨ○○○の親父に従えってか?

君がそれを実践してから、そう言ってくれ。

769 ::2010/05/21(金) 23:45:06 ID:rTNEjy3K
>>768
具体的に皇太子を上げられているが、今までに皇太子が皇籍離脱したいとほのめかしたの?
天皇家の方で皇籍離脱を切望されている方をご存知なのでしょうか?
もしもの時、天皇陛下がご判断頂けば良い話しでは?

770 :名無しさん@3周年:2010/05/21(金) 23:59:05 ID:w+zqmrGK
私は天皇制等を詳しく知りませんが、
天皇は競ったり争ったりしてなれるものではない厳かな存在で、
天皇は昔から国民の平和の安定を祈り、国民はその威信を敬い、
お互いの信頼関係のようなもので成り立って今に至ると考えます。
このような関係は日本人の穏やかで信頼しうる性格をあらわしていて、
日本人が誇って良いことだと思います。

このような天皇と国民と長い信頼関係の歴史を
今から他国が築こうとしてもそれはそれは長い年月と忍耐が必要で、
日本が天皇制をやめない限りこの歴史に追い付くことはできません。
諸外国の方々もこのような歴史的に長い関係を、
稀で尊いものだと思うからこそ、
天皇が訪れるときには必ず敬意を持って迎えてくれていると思います。
今後も天皇と国民との信頼関係が強くなればなるほど、
諸外国からの日本国民への厳かな信頼も増すのではないかと思います。

771 ::2010/05/22(土) 00:10:40 ID:uyACwa/k
>>770
全く同感です。
天皇制維持が欠かせないものと考えます。

772 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 00:12:45 ID:ypDuevsL
ってか本当に必要なのか?
仕分けの対象じゃないの???
だって国が借金まみれなのに…

773 :白羽 ◆D/w5oCAtaw :2010/05/22(土) 00:19:48 ID:BDP+YLXt
今すぐ象徴天皇制廃止しろとも言わないけど、
後継ぎが絶えたら終了でいいと思っている。

774 ::2010/05/22(土) 00:22:20 ID:uyACwa/k
>>772
国会議員で天皇制廃止など掲げる議員はいない。
間接民主主義の日本では天皇制維持が国民の総意である。

775 ::2010/05/22(土) 00:34:59 ID:uyACwa/k
>>773
皇位継承問題はあり、解決しなくてはならない問題です。
私の提案は、皇位継承の決定権を天皇陛下にお返しして、天皇陛下が自ら後継ぎをお考え頂くものです。
皇室典範には「天皇陛下を議長とする皇室会議を行い、その議決を持って決する。」と明記し、皇室典範の事実上廃止する。
天皇陛下・皇太子・秋篠宮での協議して頂き、天皇の在り方をお考え頂く!

776 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 00:59:06 ID:RU/muT62
継承問題なんかが騒ぎになるのは、簡単に言えば、
戦後の日本が宗教を奪われたからだよね。
信仰が残っていれば、意見なんかしようと思わない。
どこの国を見ても宗教はあるんだから、
やっぱり必要なんだよ。
だから色んな宗教団体が元気にやってる。
そこで救われる人は運がいいけど、そうじゃない人はさ、、。
天皇はかわいそうだけど、国民はもっとかわいそうだ。

777 ::2010/05/22(土) 05:22:18 ID:uyACwa/k
>>776
ご主旨が今一つ理解できませんでした。
私の意見ですが、天皇は宗教的側面と文化的側面があると考えています。

778 ::2010/05/22(土) 05:36:19 ID:uyACwa/k
>>777
途中で誤って送信してしまいました。

自分は無宗教なので宗教的側面は天皇の一部としか見ていません。
重要なのは文化的側面で歴史を積み重ねて来た伝統と考えます。
文化的側面はどんな宗教を信じていても重要なものであり、日本人の基本と位置付けます。
これからも、文化的側面は受け継がれて行くべきものと考えます。

779 ::2010/05/22(土) 05:39:40 ID:uyACwa/k
改めて、おはよう御座います。

780 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 06:50:35 ID:RU/muT62
>>777,778
戦後の日本人は、天皇に代わる信仰を他に求めた人が多い
そうでない人は無宗教でいる
そのことが悲惨だと言ったんです

宗教面・文化面と分別することこそ、天皇の歴史の低迷期を表れ
何十年後か何百年後に、人々はまた天皇を必要とするときが来るでしょう
ちなみにおれも無宗教です

781 ::2010/05/22(土) 07:17:21 ID:uyACwa/k
>>780
戦前から日本人は様々な宗教を信じていました。
無宗教の人も少なくなかったと思います。
天皇が真に必要とされる日は、来ないものと考えます。
伝統として日本人の誇りの様なものであり続けるべきであり、そうある為の象徴天皇制と考えます。

782 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/22(土) 08:13:08 ID:odFJqfhH
>>769
ほのめかすわけがない、それが政治的問題だからな、それは彼も判っているだろう。
また、彼が離脱したいと考えているかどうかすら関係が無い。

問題はプロセス、条件なのである。

民主主義は正しい結末を導くか?否である、しかるに民主主義に代わる政体はない、なぜか。
失政の責を負うのは国民であり、政治は国民のものだからだ。

皇太子の人生は皇太子のものであり、秋篠宮の人生は秋篠宮のものなのである。
おまいや、陛下のものではない。
陛下のものでない彼らの人生に陛下が責任を負うことは不可能なのだ。

てか、おまいが勝手に皇太子の人生を取り上げ、勝手に陛下に背負わせる権利がどこにある!
思い上がるのもたいがいにしろや!

783 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/22(土) 08:14:43 ID:odFJqfhH
>>780
大丈夫だよ、このまま皇室典範の改正さえ防げば、何百年後には皇統そのもが絶えている。

784 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 09:21:33 ID:abNTZaAO

馬鹿臭がするコテが居ますね。

785 ::2010/05/22(土) 09:33:55 ID:uyACwa/k
>>782
現在は皇室典範で定められる親王が皇籍を離脱することは出来ない。
皇室典範を事実上廃止にすれば、天皇陛下のご判断の下で皇籍離脱も可能になる。

あなたの主張は個人の人生は個人のものであるから、勝手に決めるべきだと言うものでしょうか?
一般社会に置いても、自分勝手に決められないことは沢山あります。
世襲を行っている歌舞伎なども一例でしゅう。
法的拘束があるものとしては、婚姻関係などがあります。

皇籍離脱を希望する皇族が現れたら、離脱出来るように、皇室典範の事実上廃止をして置くべきでしょう。

786 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 09:49:19 ID:RU/muT62
>>781
では、万歳するじいさん、ばあさんはどう説明するの?
もちろん戦前から他の宗教もあったし、無宗教の人もいた
何でも折衷するのが日本的なやり方

>>783
2千年あまり存続できたものが、そう簡単に絶えるとは思えない
絶えたとしても、人のための宗教としては、
「人間宣言」をした後の時代にはかえって得策かもしれない
信仰が増すだろうね

皇室典範とか天皇制といった近年の決まりや考えは
天皇を制御できるものじゃない
できるようなものなら、とっくにいなくなってるよ
この低迷期にも、>>781の言う「誇り」などの形で
人々に潜在してるわけだから

宗教と言うとアレルギーが出る人が多いようだけど、
やはり意識に関係なく、それを必要とする人が普通だと思う

787 ::2010/05/22(土) 10:14:17 ID:uyACwa/k
>>786
天皇陛下万歳は俺でも行う。
確かに天皇陛下を神と崇める人もいることは否定しません。
しかし、戦前戦中の国家神道は復活しないものと信じています。

二千年続いた天皇が皇位継承問題を抱えています。
皇位継承問題の解決に、皇室典範事実上廃止を訴えています。天皇陛下・皇太子・秋篠宮で協議して頂き、天皇の在り方をお考え頂きたいと思います。

788 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 10:55:01 ID:F5cmv6ib
だから悠仁とそこら辺の餓鬼がどう違うんだ

ここは未開の国か

いい加減にしろ

789 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/22(土) 11:23:09 ID:odFJqfhH
>>785
答えになっていない、皇太子の人生は皇太子のものか?国のものか?おまいのものか?
今は、生活費に困ることは無いものの、国の犠牲になっていると言って良い。

そんな状態を強いているのに、離脱権を与えないって法はないだろ、それを拒否するおまいは、神か悪魔に
でもなった積もりかよ、おまいが皇太子を国に縛り付ける権利があると思う理由をじっくり考えてみろ。

どうせ、おまいの「希望的な皇室像」ってお花畑があるだけだろ、宗教かぶれと同じだよ。

790 ::2010/05/22(土) 11:30:15 ID:uyACwa/k
>>788
生まれも育ちも違う。
天皇家に生まれたことで皇室の一員にとして育てられる。

大企業の創業家に生まれても、一般人とは異なり、将来を期待させる。

歌舞伎などでも同じである。

生まれで格差はある。

791 ::2010/05/22(土) 11:49:20 ID:uyACwa/k
>>789
極論に成っているようで、皇籍離脱を認めないとは言っていない!

皇室典範を事実上廃止出来たなら、皇籍離脱は可能であろう。
天皇陛下を議長とする皇室会議で話し合って決めれば良い事だ!
問題は無い。

例に皇太子を上げるのは、問題であろう。
皇族などの人物が特定しない言い方に変えるべき。

792 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 11:53:32 ID:zOjJY8b4
>>791
皇室会議に天皇陛下は含まれてをられないんだが。

793 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 11:56:02 ID:NLotodi7
【ゲンダイ】「口蹄疫大被害は東国原知事への天罰! 選んだ宮崎県民に責任 国に泣きつかず自分で解決したらどうだ」と日刊ゲンダイ★12
1 :少佐ρ ★:2010/05/22(土) 08:33:18 ID:???0
★東国原浮かれ知事に天罰 
口蹄疫大被害と疫病神知事 お笑い芸人失格人間を知事に選んだ宮崎県民に
責任があるのに国の税金で救済は虫が良過ぎないか

 どこまで調子がいい男なんだ。これまで散々、民主党を批判してきた宮崎県の東国原
知事が、「口蹄疫」の被害に見舞われ、
鳩山政権に泣きついている。

 宮崎県を訪ねた平野官房長官に「関係者の無念は尋常じゃない」と訴え、鳩山首相あ
てに具体的な要望項目をズラズラと並べた「要望書」を手渡した。さすがに、宮崎牛の
ブランドを支える「種牛」49頭が殺処分されることになり、真っ青になっているらしい。
 残る種牛は、避難させているエース級の6頭だけ。もし、6頭が感染したら宮崎の畜
産は終わりだ。鳩山首相は、予備費から1000億円規模を拠出することを決めた。

 しかし、家畜の伝染病対策は法律上、県の責任だ。エラソーに「地方分権」を言って
きたのだから、すぐに国に泣きつかず、自分で解決したらどうなんだ。

 「そもそも、ここまで被害が広がった責任の一端は、知事にあります。公式には、最
初の感染牛は4月20日に確認されたことになっているが、すでに4月9日の時点で口
蹄疫と疑われる牛が見つかり、獣医が家畜保健衛生所に鑑定を依頼していた。4月9日
に対策を取っていたら、ここまで被害は広がらなかったはずです」(県政関係者)
 テレビ出演にうつつを抜かし、片手間で県政をやってきた東国原知事には「いつか重
大なミスを犯すのではないか」と危惧する声が強かったが、とうとう宮崎県が破滅に向
かいかねない事態が勃発である。
 県民からは「チャラチャラ浮かれてきた知事への天罰だ」なんて声も上がっている。


794 ::2010/05/22(土) 12:07:37 ID:uyACwa/k
>>792
現在の皇室会議とは異なります。
天皇陛下を議長とするもので、皇族の方も出席頂くものを考えています。

795 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 12:10:16 ID:zOjJY8b4
>>794
其れは皇族會議だ。

796 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/22(土) 12:11:37 ID:odFJqfhH
>>791
とりあえず、離脱権は与えても問題ないとは思っているのだな、ついでに皇室典範を廃止する方法
もあるが、聞きたいか?

797 ::2010/05/22(土) 12:34:09 ID:uyACwa/k
>>796
皇室典範も法律なので国家で改正できる。
まるきり廃止は出来ないので、「天皇陛下を議長とする皇室会議を行い、その議決を持って決する。」と明記する。
また、皇室会議の構成も、総理大臣から天皇陛下に議長を移し、皇族のご参加も明記する。

798 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/22(土) 12:59:39 ID:odFJqfhH
>>797
で、その会議の議決は多数決なのか?全会一致なのか?
てか、誰もそんな話に食いつかないだろ、君が期待した右翼の賛同もない、さてなぜだと思う?

799 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 13:08:53 ID:N0aznDAp
>>797
だから、それは皇室会議とはいわず皇族会議になるの。


800 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 13:12:41 ID:gIUHHmGV
昨日この掲示板を拝見し、日頃のある宗教の信者の言動を
鑑みてある懸念を抱きました。

仮に皇太子様が皇室を離脱したとしたら喜ぶのは
皇太子一家に近寄る宗教組織だと存じます。
その組織は庶民の純粋な信仰心を利用して権力を集め
さらに組織の意に沿わないものへ圧力をかけ、
果てには他の権威者も利用するという
手段を用い権力をさらに増大させようと画策している
宗教を騙る不埒な組織だと私個人的には考えています。

そのため皇太子が天皇家を離脱をしたとしたら、
組織は皇太子を懐柔しシンボルとして、
諸外国からも尊ばれる天皇家の威光を大いに利用し
組織の権威を世界に認めさせ、さらに権力を増大させた後に
天皇家の主流はわが宗教組織である!
などと因縁をつけ天皇家にも刃を向けるのではないかと危惧しております。
考えすぎかもしれませんが、それくらい考えそうな
危ない組織だと警戒しています。
一般の信者の方達は、まじめで優しい方が多いので
本当にお気の毒です。

801 ::2010/05/22(土) 13:20:10 ID:uyACwa/k
>>798
何故でしょうか?
天皇陛下に権限をお返しすると言うのに?
うまいこと言ったと思ったのですが…

802 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/22(土) 13:26:06 ID:odFJqfhH
>>801
一週間ほど考えていてよ。

803 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 13:28:47 ID:N0aznDAp
>1さん
皇室会議と皇族会議の違いはどこが違うかわかる?
まさか知らないで語ってはいないよね。

804 ::2010/05/22(土) 13:42:36 ID:uyACwa/k
>>803
皇室典範で規定されているのが皇室会議です。

皇族会議は知りません。

805 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 13:46:09 ID:N0aznDAp
一ヶ月ほど図書館に閉じこもって勉強してから戻ってきてね、スレ主さん。

806 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 13:49:15 ID:snbX1PT9
象徴。 

主権者が止めるというまでは、存続と言うことですね。

807 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 13:52:17 ID:F5cmv6ib
天皇制の実態を知ったら、殆どの人は存在を認めないと思うよ

808 ::2010/05/22(土) 13:55:08 ID:uyACwa/k
>>805
旧皇室典範で規定されているのが皇族会議ですね。
違いを理解しました。

809 ::2010/05/22(土) 13:59:31 ID:uyACwa/k
>>807
実態を是非とも、お聞きしたい。

810 ::2010/05/22(土) 14:14:46 ID:uyACwa/k
天皇陛下のご意志を重んじているなら、皇位継承の決定権を皇族会議に委ねるべきだろう。

皇位継承問題を天皇陛下・皇太子・秋篠宮で協議して頂き、天皇の在り方をお考え頂ける。

女系女性天皇を論議する必要性が無くなる。

811 ::2010/05/22(土) 14:19:47 ID:uyACwa/k
右寄りの人々はどう考えているのか?

思考停止してしまったのか?

ご意見を伺いたい?

812 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 14:26:45 ID:F5cmv6ib
天皇制と言うのは、労働者を苛んで、犯罪者と呼ぶ制度で

明治時代に外国資本が作ったものだよ

世界各地に有ると思われる


813 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 14:28:14 ID:dZ51HrkQ
>>788
>>807
明治以来の官僚体制、
一部の人が言うには、
百姓科挙とかいうらしいが、
明治以来の官僚体制と、
公務員の制度が、支えているのが公務員や、
官僚や天皇制や皇室なんだと思う。
百姓のせがれでも明治後期から、
大正時代、昭和時代にかけて、
高級官僚に入れた人が、現在の中流階層を形成している。
その中流階層が支えているのが天皇制であろう。

814 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 14:29:30 ID:F5cmv6ib
外資によって齎された「天皇制」のシステムは結構古く

昔から有る

日本は民主主義を標榜してるけど、実際は天皇皇族の一党独裁です

815 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 14:33:35 ID:F5cmv6ib
日本の警察機構と裁判制度は、自分達が持つ観念とはまったく別なものと思った方がいいぞ

その頂点にいるのが天皇で、皇室費3億円なんてものは無くなっても惜しくないはした金だ

816 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 14:57:07 ID:dZ51HrkQ
>>815
日本の法務省や裁判所、
それと警察機構は、
戦前の内務省と法務省のそのままが、
現在まで継続していると考えると納得がいく。
今回の政権交代があっても、
農水省や国土交通省や文部省など、
普通の官公庁は民主党の言う政治主導で、
仕分けをされたので、ほとんど予算が減らされているけど、
法務省と旧内務省の警察庁などの予算は、
ほとんど減らなかっただろう?
もちろん裁判所などの機構も同じように感じた。

817 ::2010/05/22(土) 15:17:46 ID:uyACwa/k
第4条 天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。
2 天皇は、法律の定めるところにより、その国事に関する行為を委任することができる。
ーーーーーーーーー
皇室典範も法律なので天皇陛下に皇位継承の決定権を委任できる。

818 ::2010/05/22(土) 15:20:39 ID:uyACwa/k
>>817
違ったか?

819 ::2010/05/22(土) 15:27:41 ID:uyACwa/k
憲法に掛かるか?

820 ::2010/05/22(土) 15:33:52 ID:uyACwa/k
皇位継承は国事行為か?
天皇家の問題か?
内閣の助言と承認があれば良いのか?

821 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 15:45:17 ID:F5cmv6ib
皇太子はもう50なのに、思春期の男子生徒みたいな気持ち悪さが有る

822 ::2010/05/22(土) 15:49:23 ID:uyACwa/k
天皇は憲法違反だが。
皇太子・秋篠宮は可能か?
やはり、皇族会議ではなく、皇室会議だな!

823 ::2010/05/22(土) 16:19:22 ID:uyACwa/k
皇太子を議長とする皇室会議で皇位継承を決する。

残念ながら天皇陛下は皇位継承には関われない。

秋篠宮さまも皇室会議の委員に成って頂き、考えて欲しい。

824 ::2010/05/22(土) 16:23:25 ID:uyACwa/k
これで意見を頂けるかな?

足りないとこあったらご指摘頂きたい。

825 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 16:55:10 ID:Rbzi1Vel
>>753 :1:2010/05/21(金) 17:47:23 ID:IJ5t78Lv
 >右寄りの立場で皇室典範の事実上廃止はどのように受け止められているのでしょうか?

あー呼んでいたんだ。
聞こえなかった。悪い。
皇室典範の事実上廃止?
「ふざけるな!」という回答でいいかな。
役に立てなかったようだが。(笑)
我々の立場は、まず本来の皇室典範に戻せ、ということだ。
GHQは、憲法に関しては徹底的に介入、押し付けた。
しかし君主国ではない米国は、典範については憲法ほど執着しなかった。
そこでかろうじて、皇位継承の大原則を守ることができた。
それを、これ以上変えようなどと言うのはとんでもない。
ところで、占領憲法の事実上廃止という話なら、これは耳を傾けたい。


826 ::2010/05/22(土) 17:00:08 ID:uyACwa/k
皇室典範を天皇家の家法とし、皇室会議で改正可能にする。

皇室典範は皇室会議の構成と皇室会議の決議を持って決する事を明記する。

827 ::2010/05/22(土) 17:09:26 ID:uyACwa/k
皇室典範を事実上廃止にすれば皇族が決定権を持つ。

国会などで皇室の在り方を決められて良いのか?

皇族が決めることは、旧皇室典範に近づくのでは?

828 ::2010/05/22(土) 17:22:14 ID:uyACwa/k
>>825
皇位継承問題があり、現在の皇室典範では危うい。

女系女性天皇や旧宮家の皇室編入など上がっている。

どのみち皇室典範は改正される。

旧皇室典範に戻すのは、憲法改正が必要である。

皇室典範を改正するなら、皇太子に権限をお返しした方がよいのでは?

829 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 17:55:39 ID:Rbzi1Vel
>>828
 >皇位継承問題があり、現在の皇室典範では危うい。
そう。典範の想定外の事態が起きた。敵占領下での11宮家51御方の皇籍離脱。
しかし有難いことに、2700年の国史の中にはこのような例外時の不文律とも言うべき前例がある。
それにより、離脱された旧宮家男系男子御子孫の復帰(皇籍取得)というのが多数派。
しかし女系容認論もある。そこで紛糾している次第。ただし両論ともこの時点で、典範の不備とは
考えていない。特別措置、特別立法などで対応可能と思っている。

 >旧皇室典範に戻すのは、憲法改正が必要である。
そうだよ。何れは改憲が必要だ。従って「右」は圧倒的多数が改憲派。「改憲」の語すら嫌って
廃憲、復憲という論者もいる。だがここでもごくごく少数だが、解釈改憲派もいる。

 >皇室典範を改正するなら、皇太子に権限をお返しした方がよいのでは?
ん?意味がわからない。「お返し」というと、本来は「皇太子殿下」の権限だったということになるが?
なお申し訳ないが、過去の書き込みは丁寧に読んでいない。
 



830 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/22(土) 17:58:15 ID:odFJqfhH
まあ、古いものが良いって感じのウヨクの方々は、旧皇室典範に戻せ!とは言っても皇室典範の廃止
って主張には同意しないだろうね、もちろんそのネットウヨクのしとが旧皇室典範の存在を知っていれば
だけどね。

元々天皇制に西洋式の成文法はなじまず、律令制度がお似合いだし、日本古来のオオキミ制度には
そもそも、法の概念ってものが無いのが正しい。

長いからね、日本の天皇制。

831 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 18:21:40 ID:4Laru/Uc
>>829のような、今になってもまだ戦前回帰を目指しているよな連中と
現在の象徴天皇制こそを維持すべきという>>1
相容れる訳もなかろうになぁ



832 ::2010/05/22(土) 18:22:02 ID:uyACwa/k
>>829
天皇家の問題を皇族方が自らの手で解決して行くべきだろう。
女系女性天皇にしても、旧宮家の復帰にしても、皇族方のご意見が一番である。
我々が勝手に決めるのではなく、皇族方の本音を話される場を作り上げべきである。

本来は天皇陛下に決定権を持って頂きたいのだが、憲法の制約があり皇太子に皇位継承の決定権を天皇陛下に代わってお返しすると考えます。

833 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 18:31:59 ID:F5cmv6ib
小泉改革は、「増えた」からと言う説が有る

まるで他人事だな

自殺者は1万から、一挙に三倍

粗暴犯も三倍増えてると言うのに

834 ::2010/05/22(土) 18:38:02 ID:uyACwa/k
>>831
相容れないものと重なるものがあると思います。
改憲には否定的ですが皇室への思いは重なります。

天皇制廃止は相反しますが、重なる部分があります。

835 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 18:51:56 ID:Rbzi1Vel
「古いものが良い」の他に「良いから続いている」との重要な側面もある。
何が何でも古いものを墨守しろ、というわけでもない。
また古くからの精神・原則で新しいものに対処することもある。
近代国家をつくるための明治維新の精神は、神武創業のはじめにもどることだった。

皇室典範の大原則(特に皇位継承)は、立国の根本にかかわるものがあり、
この変更・改悪には断固反対する。
またこの大原則は、皇室典範義解により御歴代の聖上も祖宗の遺意に従うものとされる。
我々の多くもこの立場だ。

英国が成文憲法の国ではなく、日本が神代以来の神意にもとづく国家でありながら、
亜細亜では例外的に(そこそこ)議会制民主主義が機能し平和的な政権交代が行える
国であること、共産主義国家はすべて西洋式の成文法を持ちながら何ら遵守されない
ことを想起すべきだ。







836 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 19:16:11 ID:Rbzi1Vel
> >>829のような…連中と…象徴天皇制こそを維持すべきという>>1と相容れる訳もなかろうになぁ…

では、我々の立場を述べよう。
>>1に対しては、恐らく我々の多くが無視・一喝・罵倒の対象と思うに違いない。
但し局面によっては、協調の可能性があるかも知れない。(>>1には迷惑かもしれないが。笑)
もうひとりの横文字名前に対しては、「非和解的な対象」とみなす。
「非和解的な対象」とは、こんなところで書き込み禁止となりたくないのでそう記すまでだ。

837 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 19:21:23 ID:F5cmv6ib
庶民の生活は日に日に厳しくなってるのに

大阪を府から都にしたいなどと訳の分からん妄言吐いたのは

天皇陛下の親族でしょうか

838 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 19:51:32 ID:Rbzi1Vel
>>837
それなら海外の報道でもバカにされた鳩山の庶民離れしたイカレタ私服や
宮崎の件で最初の報告を受けながら、ノウノウと外遊を続け、莫大な損害
を出しつつある元社会党員の農相の方が問題だろう。
オマエ達の好きな護憲派、女系派、外国人参政権推進派の方がはるかに
国民に迷惑をかけているぞ。
くだらないことまで、 皇室と結びつけるな。

839 ::2010/05/22(土) 20:24:50 ID:uyACwa/k
皇位継承を皇族方々にお決め頂けるよう皇室典範を改正すべし

皇室会議は皇太子を議長とすべし

皇室典範は皇室会議の定義と皇室会議の決議を持って決するとする。

皇室典範で規定されている皇室と皇位の規定は天皇家の家法とする。

840 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 21:05:24 ID:4Laru/Uc
>>835
>神武創業のはじめにもどる
という触れ込みで権威付けを行った

天下を簒奪する何の正当性も持たなかった薩長は
徳川を倒して天下を取るための権威の御輿を派手に飾る必要があったという事だよね

戦前を否定する事で成り立っている現在の象徴天皇制となって
60年以上になる今現在
維新当時の政権側が急拵えした権威を
さも古来からのものであるかのように詐称するような言説を繰り返しても
共感は得られないし、支持を拡大する事は難しいよね



841 :名無しさん@3周年:2010/05/22(土) 22:42:04 ID:o2WhBRO0
古来から神輿の取り合いだよ?この国は。
神輿がなきゃなりたたんのよ、この国は。

842 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/23(日) 08:45:53 ID:PRdJI+V8
>>841
米国だってそれは同じ、日本は民主主義って神輿を米国から分祀してきた、そんなことを
言って民主主義神社を愚弄すると異教徒の罪で神罰が下るぞえ。

843 :名無しさん@3周年:2010/05/23(日) 12:49:55 ID:T1Rcd3Xw
民主主義のほうが異端の神輿なんだよ
それにそもそも戦後米国からもらってきたものじゃない
明治から日本は立憲君主国の議会制民主主義だ


844 :名無しさん@3周年:2010/05/23(日) 12:53:06 ID:T1Rcd3Xw
万人平等一人一票ってのが
いまで世界で最も流行っている「新興宗教」だよ
その新興宗教の中でも過激な一派が「外人参政権付与主義者」という連中だ

845 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/05/23(日) 12:58:35 ID:80pOGJN5
>>843
>明治から日本は立憲君主国の議会制民主主義だ
それはウソ。


846 :名無しさん@3周年:2010/05/23(日) 13:44:32 ID:xNzAXp90
>>1さん >840 のようなデタラメにはきちんと反論すべきだ。
天皇制廃止スレに書き込みを「お願い」してるようではそれもできないか。情けない。

天皇制廃止 132 http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1271121786/
870 :お誘い:2010/05/20(木) 23:55:22 ID:pOd0SQIu
天皇制維持では、皇室典範の事実上の廃止を訴えています。 ご感想など頂ければ幸いです。

875 :お誘い:2010/05/21(金) 10:56:46 ID:IJ5t78Lv
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1268707153/l50
天皇制維持で皇位継承の決定権を天皇陛下へお返しする案を書き込んでいます。 ご意見を頂ければ幸いに存じます

(○´ー`○)はミニクイ よ
外国人参政権では、早々に賛成し、恥をかいたな。しょせんその程度だ。

847 :(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/05/23(日) 13:49:25 ID:80pOGJN5
>>846
>外国人参政権では、早々に賛成し
別に賛成しているワケではねえしスレ違いだろうw


848 :名無しさん@3周年:2010/05/23(日) 14:20:27 ID:DEceP0Zi
>>841
政体にとって自身の正当性を担保するものは必須

天変地異や疫病など災い全般が祟りや呪いのせいだと信じられていた時代は
政権の正当性を担保するものは宗教的権威でなければならず
明治維新の時ですら、天下を取ろうとする政権側が
宗教的権威であった天皇を担がねばならない事情があった

一方で、明治維新の引き金ともなった
世界の近代化による産業や科学の発展により、災厄は祟りや呪い故でなく
宗教的な祈りによって、抑えるものでも回避できるものでもない事が明になり
明治における政権の正当性を担保するには
古来のからの伝統を擬した、いわば政権神話を創成せざるを得なくなった訳だね

そして、敗戦を経て国民主権となった今現在
政権の正当性を担保するものは、他でもない我々一人一人の国民なんだよ
担ぐ御輿はどこかの誰かではなく
御輿を形作っているのも我々自身なら、担いでいるのまた我々自身なんだという自覚を
自立した意識を持ってもらいたいものだよね


849 :名無しさん@3周年:2010/05/23(日) 14:26:49 ID:Ogg0LJ5x
>>848
で、65年間国民主権って言ってきて現在の政治のザマはなに?
ってことなんだけどね

850 :名無しさん@3周年:2010/05/23(日) 14:29:46 ID:Ogg0LJ5x
天皇でもジーザスクライストでもいいけど、
何らかの超越的な神輿の存在は必要なんだよ
そういう神輿がなければそのあとに来るのは無秩序と動乱だけだ

851 :名無しさん@3周年:2010/05/23(日) 14:34:21 ID:Ogg0LJ5x
べつに個人崇拝主義じゃないぜ
天皇というのは、あくまで地位。ジーザスクライストは死んだ人。
彼は死んだから神になれた。生きてるうちは神じゃない。
そういうのが無いと、人はスターリンや毛沢東やヒトラーに頼る。
さりに頼るものが無ければ個々人のエゴに走る。そういうものだ

852 :名無しさん@3周年:2010/05/23(日) 14:36:06 ID:fNKPuucb
天皇制自体もそうですが周辺状況も問題です

http://www.youtube.com/watch?v=xjyvPxPR24g
http://www.youtube.com/watch?v=p4jk72lLS4I

853 :名無しさん@3周年:2010/05/23(日) 14:47:56 ID:DEceP0Zi
>>849-851
我々自身の自覚不足だろうね
さらに学び、考え、自立意識をしっかり持たなければならないという事だね

なんせ未だに、超越的な御輿だとか
困ったときに拠り所となってくれる何かとか
国民主権の権利と責務を自覚できない人が少なからずいるようだからね

854 :名無しさん@3周年:2010/05/23(日) 18:30:24 ID:7Boa9mJ6

歴史や伝統や文化の違いを認識する事にによって、他者との違いを浮き彫りにする輪郭を作ってる状況は、
何も日本だけでなく万国共通のあり方。こうした違いを尊重する態度は、妙に中国や韓国という対象に対しては、
独自の文化や歴史感という物に理解を示すが、日本に対しては、天皇制を見る限り皆無。

こうしたダブスタ的態度がある限り、言ってることは、永遠に空虚なものに終わるでしょ。

855 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/23(日) 19:19:56 ID:PRdJI+V8
>>854
天皇制そのもが、日本の歴史とともに動いてきた、飛鳥時代の天皇制と現在の天皇制ではもはや
同一制度ではない。
伝統は変えゆくものなのだ、発展的解消、それが天皇家にとっても、国民にとっても、国家にとっても
一番であろう。

それがあってこそ、我々日本人は永遠に天皇家に敬意を持てるだろう、それとも、大失敗を繰り返して、
最悪の形での解消することをお望みか?

856 :名無しさん@3周年:2010/05/23(日) 19:28:27 ID:7Boa9mJ6

同一制度であるかどうが問題じゃないだよ。
時代毎に移り変わりがあっとしても、それが他者の違いを生み出す支えであるという実態にあるだよ。

857 :名無しさん@3周年:2010/05/23(日) 19:36:05 ID:7Boa9mJ6

欧州の多くの国で、未だ立憲君主制が続く中で、そうした国民に対し、
自がな足りない未熟な人達ですねと称し馬鹿にした態度を取るのか?
そうした上から目線で語る態度が理解されると思ってるの?

858 :名無しさん@3周年:2010/05/23(日) 19:37:02 ID:7Boa9mJ6
× 自がな足りない未熟な人達ですねと称し馬鹿にした態度を取るのか?
○ 自立が足りない未熟な人達ですねと称し馬鹿にした態度が取れるのか?

859 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/23(日) 20:31:35 ID:PRdJI+V8
>>856
日本のオリジナリティーやアイデンティティーの維持には天皇なんぞ必要ないし、天皇制なんぞ役に立たない。
てか、天皇制は金を稼がない。
日本の最大のアイデンティティーであり、諸外国に日本を日本たらしめたのは、日本の経済力なのである。

馬鹿馬鹿しい天皇制の維持に使って来た経費を、将来の日本の経済を支える若者の教育費に当てるべきである。

>>857
他国のことは他国に任せれば良い、米国の政体を馬鹿にすることはない、英国の政体を馬鹿にすることもない、
タイに対してもだ、しかし、ネパールを真似してはならない。

今こそ、天皇家を解放するべきである。

860 ::2010/05/23(日) 20:38:38 ID:dR4voTa+
皇位継承問題で天皇陛下のお考えを国会でお聞かせ頂く!

参考人となるが天皇陛下のお言葉を国会が拝聴すれば、皇位継承問題は解決する。

私を含め下々が皇位継承問題にコメントするなど恐れ多く、天皇陛下のお考えが優先されるべきだ!

今まで天皇陛下のお言葉が無いが、場を設けお聞きすれば、お考えを明らかにして頂けるものと思う。

861 :名無しさん@3周年:2010/05/23(日) 20:39:39 ID:7Boa9mJ6

ほっといても、無害な主張しかできない事だけは、よくわかったよ。

862 :名無しさん@3周年:2010/05/23(日) 20:43:53 ID:Ogg0LJ5x
ていうかS-RAMって凄い視野が狭いと思うんだが。
諸外国に対して日本を日本たらしめているのは経済力って…なんじゃそれは?


863 :名無しさん@3周年:2010/05/23(日) 20:47:56 ID:7Boa9mJ6

重層的な違いが、日本人の独自性を作り上げてるのにね。

864 ::2010/05/23(日) 20:59:44 ID:dR4voTa+
参議院本会議場で天皇陛下のお考えをお聞かせ頂く!

皇位継承問題の意見は出尽くした。

後は決めるだけだ。

天皇陛下のお言葉があれば皇位継承問題に終止符を打てる。

865 :名無しさん@3周年:2010/05/23(日) 21:03:24 ID:HY4SCW8w
実際の皇位継承問題って、本家と三笠宮家の跡目争いなんだけどなw


866 :名無しさん@3周年:2010/05/23(日) 21:12:26 ID:7Boa9mJ6

日本人の独自性を考えるとき、それは人によって様々であり、必ずしも皇族に対する特別な思いのある無しではない人もいるだろう。
結局は人それぞれという話しになり、他国に対する感情がそうであるならば、自分は自分、相手は相手という考えに至ることが本来の姿で
双方の考え方の違いから、上から目線で語れるような話でもない。よって、天皇制を堅持するかどうは、普遍的にこのようなあるべきだというのようなものでもなく、
政治プロセスに従った選択に帰する問題であるという帰結に至る。

つまり、現代の政治体制は、天皇制を堅持することを望んでいる。
こうした実態が天皇制が擁護されるべき、最大公約数的な理由にも成り得ると言えるだろう。

867 ::2010/05/23(日) 22:59:35 ID:dR4voTa+
天皇陛下のお考えをお聞かせ頂き。

女系女性天皇にしろ、旧宮家の皇室への復帰にしろ、陛下のお考えが一番だ!

無駄に議論を続けても、意味ない。

国会で天皇陛下のお考えを明らかにされたら、皇位継承問題の解決になる。

868 :名無しさん@3周年:2010/05/23(日) 23:13:33 ID:ZUIeRUq5
>国会で天皇陛下のお考えを明らかにされたら

そんな機会は在ってはならない。


聡明な天皇なら発言しない。

869 ::2010/05/23(日) 23:54:11 ID:dR4voTa+
>>868
聡明な天皇陛下は皇太子・秋篠宮のお考えもお聞きになり、皇室としてのご意見を述べられる。

国会で天皇陛下のお考えをお聞きして何も御述べられないとは思えない。

皇位継承問題は天皇陛下のお考えで問題は解決する。

右翼も納得するだろう。

無駄な時間をかけて、皇位継承問題を話し合っていても、意味がない。

国が乱れた時、天皇陛下のお考えで救われる前例にもなろう。

870 ::2010/05/24(月) 00:25:47 ID:5VHKrP/s
のどから手がでるほど、天皇陛下のご意見を拝聴したい。

国会も同様であろう。

参考人として、参議院本会議場でご意見を拝聴すれば歴史に残る。

皇位継承問題を解決に導くものであり、多くの国民もお聞きしたかろう。

871 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 04:10:48 ID:OlgrY0pg
>>869 >右翼も納得するだろう。

申し訳ないが納得しない。
右翼の立場から言えばこうだ。
>1のすべきことは、
 >天皇陛下のお考えをお聞かせ頂き…
こんなことを何度も繰り返すより
 > 馬鹿馬鹿しい天皇制の維持に使って来た経費を…
こういうイカレタ愚論を批判するのが先だろ。

872 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 04:20:38 ID:OlgrY0pg
占領憲法擁護の >1 は、従ってここ60余年程度の歴史認識しか持てないから
伝統的な皇位継承のあり方に確信が持てず、袞竜の袖に隠れようとするのだろう。
ここは、>>868の方が正しい。

873 ::2010/05/24(月) 07:56:24 ID:5VHKrP/s
>>872
主だった意見は出揃った。
裁定を頂く時である。
戦前戦中は御前会議があったではないか?
今は国政に関われないが、国会が天皇陛下のご意見を必要としているなら、話は別だろう。
皇位継承問題を天皇陛下にお聞きしないで決められぬ。
国会で皇室としてのご意見をお聞きするのは当然なことだ!

874 ::2010/05/24(月) 08:07:48 ID:5VHKrP/s
>>871
愚論など山ほどある。
言論の自由を悪用し、不敬の限りを尽くしている。
総理大臣が酷い物を告訴してくれれば、一罰百戒で少なくなるものを…

875 ::2010/05/24(月) 08:09:53 ID:5VHKrP/s
改めて、おはよう御座います。

876 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 08:32:57 ID:tRcfIRla
天皇制維持は当たり前のことです。

877 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 09:46:26 ID:NcoV+2K+
>>866
>天皇制を堅持することを望んでいる
のなら、とっくに制度を今後も安定継承していくための
制度改正が行われている筈だよね

>>869
>皇位継承問題
政治制度の問題に関して天皇が意見を述べ、それが認められるなどという事態は
現行憲法下においてはあり得ない事なんだよ

>>872
>伝統的な皇位継承のあり方
律令の継嗣令を無視した旧皇室典範こそが長きに渡る皇室の伝統に反するものだよね
明治になって薩長が担いだ御輿を飾り立てるために
策定者らの抱える因習を、そのまま制度に盛り込み伝統だと言い繕ったにすぎないんだよ


878 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 09:50:01 ID:svpKIFr0
伝統的というか江戸以前は、
天皇家でも養子は認められていただろ?
一応宮家の関係じゃないとだめとかあったようだが、
特例とかを作れば藤原氏でも天皇の養子にもなれたんじゃないのかな?

879 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 10:23:43 ID:OlgrY0pg
>>873 >国会で皇室としてのご意見をお聞きするのは当然なことだ!

当然ではない。
まるで国会に呼び出すようにして、ご決断の発表を強いるが如き行為が不遜だ。
ヤジのひとつも出れば歴史的汚点だ。共産党は出席すると思うか。問題は多い。
なお御前会議は、いちいち裁定を仰ぐ場ではなかった。

漫画とバカにせず『昭和天皇論』(小林よしのり)の一読を勧める。
小林氏は、女系容認で保守派の批判を受けているが本書は評価できる。





880 ::2010/05/24(月) 10:37:21 ID:gsol3X+2
>>876
当たり前のことが、当たり前に話されていない。
言論の濫用で天皇制廃止まで出てきています。

881 ::2010/05/24(月) 10:40:50 ID:gsol3X+2
>>877
国会の調査権を脅かす考え方である。
天皇陛下であろうと、国会で参考人として発言されるべきである。
当事者である天皇陛下のご意見を聞かないほうが問題であろう。

882 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 10:49:29 ID:NcoV+2K+
>>880-881
>天皇制廃止
政治制度について廃止を含めて国民が検討するのは
国民主権の現行憲法下においては当然の事だよ

>国会の調査権を脅かす
現行憲法下において、憲法解釈の飛び地であり、例外だという点を失念してないかな
天皇には日本国民が当たり前に有している権利がないんだよ

883 ::2010/05/24(月) 10:52:00 ID:gsol3X+2
>>879
天皇陛下に限らず関係者にご意見をお聞きするのは国会の役目であろう。
ヤジは天皇陛下のお立場を悪くするものではない。
ヤジを飛ばした議員の政治生命が終わるだけである。
天皇陛下のご遺志を忖度するなどしているのではなく、直接お聞きする場を設けるべきである。
無駄な議論は国益を害する。優秀な人材が時間を割いて議論することではない。
決着の時であろう。

884 ::2010/05/24(月) 10:56:54 ID:gsol3X+2
>>882
天皇制維持は当たり前のことである。
天皇制廃止など時間の無駄であるし、不敬なものであろう。

天皇陛下の権利ではなく、国会の権限で天皇陛下のご意見をお聞か頂くのである。
国会が当事者の天皇陛下のご意見をお聞きすることは当然の事であろう。

885 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 11:03:12 ID:NcoV+2K+
>>884
本当に当たり前なら>>1がここで頑張る必要もないよね

このままでは継承資源が枯渇して制度維持できなくなるにも関わらず
制度を維持するための具体的かつ実現可能な改正が
全く検討もされないまま、店晒しになっている事に
危機感を抱いているのは、他でもない>>1自身でしょ

>国会が当事者の
それが一般国民なら主張されて当然の権利だが
政治制度に関与できない天皇には、意見を述べる機会も与えられないんだよ

886 ::2010/05/24(月) 11:11:21 ID:gsol3X+2
>>885
危機感を持っているが、天皇制維持は当たり前のことと考えてもいる。
天皇制廃止など不敬であり、総理大臣が告訴すべきと考える。

天皇陛下の権利でお話を聞くのではなく、国会の権限で当事者の天皇陛下のお話を聞くものである。
国会の調査権が制限を受けるものでは無かろう。

887 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 11:39:59 ID:OlgrY0pg
 >>881 >天皇陛下であろうと、国会で参考人として発言されるべきである。
⇒ バカバカしい。皇室を敬愛しているフリをするのもいい加減にしろ。

 >>883 >ヤジを飛ばした議員の政治生命が終わるだけである。
⇒ セイメイそのものが終わって良いところだが。
  本スレのようなカルトの世界では英雄になりそうだ。
  >1などは言論の自由とかで擁護に回るだろう。

888 ::2010/05/24(月) 12:52:46 ID:5VHKrP/s
>>887
言葉尻を取るな!
皇室への思いは疑われたくない!

889 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 13:12:27 ID:pUV2ep1e
普段、天皇を意に介さない人間が、杓子定規に怒る


これは見ていて面白い

けしからん

890 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 13:13:37 ID:pUV2ep1e
宦官だ宦官

891 ::2010/05/24(月) 13:20:43 ID:5VHKrP/s
>>889-890
何が言いたい?

892 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 13:26:10 ID:OlgrY0pg
>>888 >皇室への思いは疑われたくない!

その思いは2700年の伝統的な御存在としての在り方ではなく、
敵占領軍から、玉体の保証も出来ぬと脅迫され押し付けられた
反国体的な制度への思いだろ。

だから傍目には、>普段、天皇を意に介さない人間が、杓子定規に怒る
としか映らない。

893 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 14:18:15 ID:QFLeRHq6
俺も>>881読んだときに>>887と同じ感想持ったけどな・・
1を叩くつもりは無いんだが、言っていることが変だなとは思う
>>868の反対意見のほうが心にしっくり来る

894 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 14:23:09 ID:NcoV+2K+
>>892
今時、戦前回帰を掲げても、時代ずれは取り返せないよ

天皇自身も現行憲法の象徴天皇制の方が帝国憲法下のそれより
伝統に沿っていると言ってたよね
>>892の脳内に見えている「国体」は現実には存在しないんだよ

895 ::2010/05/24(月) 14:31:25 ID:5VHKrP/s
>>892
そう言うあなたは、天皇陛下のご意志を直接拝聴するのを反対している。
皇位継承問題は天皇陛下にお聞きするのは当然のことだ!

政治の混乱が天皇陛下に及ばない、現在の象徴天皇は良い制度と考えています。
後は天皇陛下への敬意を持つ教育がなされるべきと考えます。

896 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 14:36:41 ID:NcoV+2K+
>>895
皇位継承権問題は一個の家族の問題ではなく、制度の問題なんだ

天皇は、法改正に直結するような制度の問題に対して
意見表明はできないんだよ

897 ::2010/05/24(月) 14:36:55 ID:5VHKrP/s
>>893
天皇陛下だけのお考えでなく、皇室としてのお考えを、天皇陛下にお聞きする。
何も語られないとは、おもいません。

898 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 14:37:11 ID:QFLeRHq6
>>894-895
いや国体護持の鬼となるとか、そんな考えは無いけどねw
ただ自然なそこそこの敬意を「あの人」に対して持っているならば、
「陛下を参考人として国会に招致すべきである」
。。こんな言い方は出てこないよ

899 ::2010/05/24(月) 14:43:03 ID:5VHKrP/s
>>896
国会の参考人として、お話しするのであれば問題無かろう。
国会が当事者不在のまま皇室典範を改正する方が問題だ!

900 ::2010/05/24(月) 14:45:56 ID:5VHKrP/s
>>898
一連の書き込みから想像出来るだろ。

901 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 14:50:23 ID:pUV2ep1e
天皇をを擁護するとトクなのか

902 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 14:53:21 ID:pUV2ep1e
冷酷を極めた、政治の有りようを思うと、おおよそどんな人物か見当が付く

903 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 14:54:41 ID:NcoV+2K+
>>899
残念ながら、現行憲法下においては当事者扱いされないんだよ

904 ::2010/05/24(月) 15:07:25 ID:5VHKrP/s
>>903
憲法のどこに書いてあるの?

905 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 15:10:16 ID:NcoV+2K+
>>904
天皇は国民ではない故に、一般国民なら享受して当然の権利を持たない

それが現行憲法の縛りなんだよ

906 ::2010/05/24(月) 15:21:49 ID:5VHKrP/s
>>905
だから当事者では無いとどこに書いてあるの?
そこだけ教えて

907 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 15:26:08 ID:NcoV+2K+
>>906
主権を持つ一般国民として「書かれていない」という事なんだよ

908 ::2010/05/24(月) 15:28:27 ID:5VHKrP/s
>>907
主権を持たないと当事者で無くなるとどこに書いてあるの?

909 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 15:37:57 ID:NcoV+2K+
>>908
例えが悪くて申し訳ないが
当時「者」ではなく、政治制度の「部品」だからね

910 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 15:38:13 ID:OlgrY0pg
 >天皇をを擁護するとトクなのか

おおありだ。
国家・国民にとってとてつもないトクだ。
なおこれは、一般意思に関連するもので、
「俺が主権者だ」と称する一人ひとりのトクではない。

本来このような回答は、>1がすべきだろうが、
1には尊皇心に基づく回答は期待できないから代わりに答える。


911 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 15:47:20 ID:zzwYVebo
得か損か、という質問のしかたにそもそも違和感を感じる

912 ::2010/05/24(月) 15:49:07 ID:5VHKrP/s
>>909
部品?なんだそれ!
生存権も無いてか?

制限されるものは全て明記してある。
それ以外の権利は国民と同様にある。

国会が皇室典範を改正する時、当事者としてご意見を述べられる権利もあろう。

913 ::2010/05/24(月) 15:53:59 ID:5VHKrP/s
>>910
代わりにご回答頂き感謝します。

914 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 16:07:04 ID:pUV2ep1e
俺は国民にとってトクとかそんな事は言ってないよ

君自身のことを言ってるんだよ

915 ::2010/05/24(月) 16:10:50 ID:5VHKrP/s
>>914
一人はみんなの為に
みんなは一人の為に

916 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 16:16:04 ID:OlgrY0pg
>>913
そういう態度は感心なんですよね。
1さんは。
ちなみに、1さんは「天皇制」(我々はそいう用語は使わないが)を考える上で
参考になった書籍、薦めたい書籍にはどういうものがある(書名、著者)?



917 ::2010/05/24(月) 16:25:30 ID:5VHKrP/s
>>916
本からの知識はほとんどありません。
強いて上げるなら六法全書でしょうか?
しかし、日本国憲法を理解していなかったりとよく抜けますが…

918 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 16:27:59 ID:pUV2ep1e
ラストエンペラーとか、シベリア労働矯正所に関するもの
中学程度の大まかな歴史
中世ヨーロッパの王族の暮らしユダヤ人

そう言う本読んで、実際の世間を見渡せば本に書いてない実像がわかるでしょ




919 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 16:30:57 ID:pUV2ep1e
アメリカの歴史、満州国建国の経緯

清朝末期、皇族の葛藤とか

920 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 16:33:32 ID:pUV2ep1e
ナチスドイツに関する本

921 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 16:36:12 ID:pUV2ep1e
日本の知識階級の行動様式、資本主義社会でかかれた共産主義のレポート

共産党は何故天皇制を否定するのか

それから法の実際、運用、労働者の実情

922 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 16:38:15 ID:pUV2ep1e
天皇陛下は悪党だー

923 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 16:48:15 ID:5VHKrP/s
>>918-922
頭でっかちで役に立たない奴ていない?
いなかったら鏡を見てみて。

924 ::2010/05/24(月) 16:49:26 ID:5VHKrP/s
>>923
名前入れ忘れた。

925 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 17:07:45 ID:pUV2ep1e
まず出来ることと言ったら、自民、民主それから派生した政党には入れないってことかな

926 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 17:39:24 ID:OlgrY0pg
>>917
 どうりで…(失礼) 「日本国憲法」の理解に欠けるのは名誉だよ(笑)。
憲法学者というのは、だいたい条文解釈学者に陥り、価値観欠如で与えられたものの屁理屈コネマワシ屋に
なりがちな傾向がある。戦後、命欲しさ、職欲しさに敵国占領軍に媚びへつらった東大法学部の醜悪な教授
たちがその典型だ。最高裁判事だった園部逸夫もその類の一人で、外国人参政権の判決傍論で、「憲法上禁止
されていない」としたのは「政治的配慮だった」と後に白状した。このような軽蔑すべき男が無識者会議に
紛れこみ「女系容認」の結論を誘導した。
 憲法に関しては、小室さんが面白かったかな。すると多分憲法学者ではないとのカキコミが出る。
しかし憲法学者の実態は前述の如きものだ。憲法は国の大本を定めるものだから単なる解釈屋にまかせていては
ダメだ。周辺諸学を修めた人物の憲法論の方が良い。現「憲法」の成立事情に関しては児島さんがさすがに物語風
にわかりやすく書いている。
 本当は、復元改正論の書も薦めたいが今の段階では抵抗あるかな。とはいっても気になるだろうから書名だけ記す。
 @『日本人のための憲法原論』 小室直樹 集英社 平成18年
 A『日本国民に告ぐ』 小室直樹 ワック 平成17年(@の関連書)
 B『史録 日本国憲法』 児島襄 文藝春秋 昭和47年
 C『憲法研究』 井上孚麿(たかまろ) 神社新報社 昭和34年

927 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 17:41:29 ID:NcoV+2K+
>>912
残念ながら
主権者である国民には課せられていない憲法の尊重擁護義務が
憲法九十九条により、天皇には課せられている事から
憲法の第三章以下の「国民」に天皇が含まれるという解釈は聞かないよね

928 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 17:46:38 ID:NcoV+2K+
>>926
門外漢の異論は、通説に及ばないというのが現実だからね

929 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 17:50:54 ID:C9sltfBy
>>926
南出喜久治の主張をご存知ならば
どう思っているかご意見伺いたい

930 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 17:53:33 ID:C9sltfBy
彼の主張は、
現行憲法はポツダムからサンフランシスコまでに締結された、
占領統治下の一連の条約のひとつとみなされるべし。という見方だが。

931 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 18:19:25 ID:OlgrY0pg
>>928 >門外漢の異論は、通説に及ばないというのが現実だからね

気のきいたことを言ったつもりか。
通説が重要なのは資格試験対策だ。
憲法の本質を考える上では関係ないし、
条文の解釈本をあげたつもりもない。
通説を講釈するだけなら、TACやLECの講師で十分だ。
2ちゃんにも、宮沢や芦部の本を片手に1年中書きまくっているのがいるだろ。
そろそろ湧いてくるはずだ。

932 ::2010/05/24(月) 18:23:19 ID:5VHKrP/s
>>927
第九九条憲法尊重擁護の義務
天皇陛下に当事者として意見を述べられることがダメな理由にはならない!
国会は国民にしか参考人として呼べないのか?
誰だって参考人とし呼べる。

933 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 18:27:50 ID:NcoV+2K+
>>931
憲法は飾っておくものではない
現実に解釈され用いられるものなんだ
だからこそ通説が重要なんだよ

934 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 18:30:49 ID:NcoV+2K+
>>932
天皇の意見が制度改正を左右しうる可能性を持つなら
第四条にも抵触するよね

935 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 18:37:16 ID:OlgrY0pg
>>929
もちろん評価しますよ。
もっと多くの人に知られるとよいと思いますね。
ここでは、復元改正論の古典として井上先生の著書をあげたわけです。
なお入手しづらいかと思って、あえて出しませんでしたが、
帝國憲法に関しては、このような本があります。
非常にわかりやすい名著です。

 D『大日本帝国憲法制定史』明治神宮編 サンケイ新聞社 昭和55年

936 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 18:44:33 ID:+K+DJDrs
>>935
IDが違いますが、929です。
回答ありがとうございました

937 ::2010/05/24(月) 18:46:06 ID:5VHKrP/s
>>934
天皇陛下の権能で行う訳では無い。
国会の国政調査権に置いて、当事者の天皇陛下にご意見を頂くのである。

938 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 19:07:03 ID:OlgrY0pg
>>933
もう一度だけ言う。
そういう観点で選んだのではない。
>>1氏が、法律・憲法関係を見るようだから、その分野と国家の在り方さらには、本スレの主題
「天皇制維持」の観点から、自分が参考になった書籍をあげたまでだ。従って@〜C共に、
皇室及び日本の国に対し暖かい眼差しがある。

933は、自分でお薦めの書籍を勝手にあげたらよいだろう。

なお「日本国憲法」に対するこちらの立場も付記しておく。
「飾っておくものではな」く、さっさと「捨て去る」ものだ。
捨て去る時期までは、国家の生存等を重視した解釈を行っておけばよい。
具体的に言えばこうだ。9条の通説や主要学説などどうでもよい。
国家として必要な施策を講じ、それに合わせて解釈すればよい。
ちなみにこれは左翼がやっていることだ。
連中も御都合主義の解釈で動いているのは周知の通りだ。

939 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 19:28:59 ID:pUV2ep1e
問答無用って奴だなw

940 ::2010/05/24(月) 20:00:49 ID:5VHKrP/s
天皇陛下が明確なお答えが聞けなくとも、国民への問題提起になろう。
これを前例になり、天皇陛下のお考えを忖度することになる。
しかし、一番は天皇陛下のお考えを聞くところにある。
天皇陛下も参考人として、お考えを聞かれるからには、皇太子・秋篠宮のご意見も聞かれることだろう。
皇室ですでにお話し合いされているかも…

941 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 20:07:24 ID:OlgrY0pg
>>939 >問答無用って奴だなw

問答無用ではあるまい。
1度のつもりが、何度も書き込むはめになった。
予定外の時間を使ってしまった。
これで最後にするつもりだが。

小沢・民主党こそ問答無用だ。
一瞬にして党が政府を支配する状況をつくった。
党内の議論だから国民は介入できない。
宮内庁長官も恫喝に屈した。
正に今日の議会制の下でも合法的に全権委任法的状況をつくりだせることを実証した。
甘ちゃんの自民党など考えもつかなかったことだ。



942 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/24(月) 20:09:33 ID:bPR2LP8A
>>864
天皇陛下のお言葉があれば象徴天皇制に終止符を打てる。

の間違いでしょ、天皇陛下が公の場で、政治的な発言をした時点で、終わり。
昭和帝は、戦後それをしないって「戒律」を守り通した。
その頸木を解き放てるか!

その役目は、多分皇太子が果たすことになると、私は想像している。

943 :名無しさん@3周年:2010/05/24(月) 20:24:42 ID:/VGm4PEh
天皇制という言葉自体戦後左翼用語。
天皇陛下は日本の國体そのもの。


944 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/24(月) 20:46:33 ID:bPR2LP8A
>>943
天皇制を廃止しても、いつもの通り朝が来て、満員電車に乗っていつも通りに仕事を始めて、
昼飯食って、時々酒飲んでって生活が待っている。

私が保証しよう、天皇制が無くなっても、日本は日本だ!

945 ::2010/05/24(月) 20:54:20 ID:5VHKrP/s
>>942
たまに良いこと言うね!
皇太子さまがベスト

946 ::2010/05/24(月) 20:59:08 ID:5VHKrP/s
>>943
そう思うなら天皇制維持に書き込むな!

947 ::2010/05/24(月) 21:01:54 ID:5VHKrP/s
>>944
今度は天皇制廃止か?
スレ違いである。

948 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/24(月) 21:14:16 ID:bPR2LP8A
>>945
勘違いしてないか、皇太子が即位した後に、事件は起こると予想しているのだ。
彼は、600万人の我侭より、一人の女の我侭を優先できる男の中の男だと、私は確信している。

949 ::2010/05/24(月) 21:23:06 ID:5VHKrP/s
>>948
なんだそれ!
意味わからん

950 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/24(月) 21:52:06 ID:bPR2LP8A
>>949
皇太子は皇太子の立場として既に、自分たちの処遇につて、宮内庁を批判している。
天皇じゃあ無いのだから、法的に違法とまでは言えないだろう。
しかし、批判された宮内庁はその組織生命をかけて反撃に出た、秋篠宮を抱きこみ、宮内庁の代弁をさせたのだ。

皇太子一家は、表立っては引き下がったが、レジスタンスが続いている、「適応障害??」これはレジスタンスと読めばよい。
時間が経過するにつれ、宮内庁側に大きな焦りが生まれている、このまま東宮と冷戦状態のまま皇太子が即位すればどうなるか....
西尾などの世間知らずの教授を使って煽りを入れてみたが、反応が無い、もはや居ても立ってもいられない状態なのである。
私として、皇太子夫妻には、このまま時を待ち、自体が有利になってから、本領を発揮するのが良いと思っているのだ。

 そ の 時 が 来 れ ば 怖 い も の な ど 何 も 無 い 。

そうして、その時、歴史は動くのである。

951 ::2010/05/24(月) 22:03:02 ID:5VHKrP/s
>>950
ゴシップ雑誌の読み過ぎ!

952 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/24(月) 22:05:26 ID:bPR2LP8A
>>951
西尾たんはTVで見れます、生朝とかで堪能できるぜ!

953 ::2010/05/24(月) 22:38:12 ID:5VHKrP/s
>>952
よく分からん!
少し前、天皇陛下・皇太子・秋篠宮さま・悠仁さまが子供の国で遊ばれたのを見た。
悠仁さまが皇位継承者とお考えなのだろう。
しかし、皇位継承問題が解決した訳ではない。
本来なら天皇陛下を参考人とし国会にお呼びしたいのだが。
反発も考えると皇太子さまがお話し頂けるのが最適であろう。

954 :S−RAM ◆67s/mMl4KYYu :2010/05/24(月) 22:43:23 ID:bPR2LP8A
>>953
おまいニュースも新聞も見ないのか?
「人格否定発言」皇太子がその自らの意思を明らかにした記者会見であった。
その後に秋篠宮の皇太子批判表明が、マスコミを通じて発せられる。

国民は、まさに下克上を目の当たりにしたのである。

955 ::2010/05/24(月) 22:55:53 ID:5VHKrP/s
>>954
古い話しだ!
天皇陛下・皇太子・秋篠宮はよく話されていると思う。
遺恨を残されていないものと信じる。

956 :白羽 ◆D/w5oCAtaw :2010/05/25(火) 01:44:30 ID:GPABQ62f
>>943
「天皇制」が左翼用語であろうと天皇は憲法と皇室典範によって制度として定められている。

>>944
小林よしのりは
「女系天皇が誕生したところでいつもと変わらない平凡な日常が続く」
というようなことを言っていたが、
俺もまさに憲法で定められた天皇という地位がなくなったところで、
いつもと変わらない平凡な日常が続くだけだと思っている。

957 :白羽 ◆D/w5oCAtaw :2010/05/25(火) 04:00:40 ID:GPABQ62f
>>942
五年前、まだ名無しだった頃の俺も徳仁天皇の代での象徴天皇制終了宣言を予感していた。
当時の俺はまだ万世一系の男系皇統の行く末を本気で心配していて、
旧皇族男系子孫の皇籍復帰の道を模索していた。
五年間という時間はあまりにも長すぎた。

http://f10.aaa.livedoor.jp/~project/citizen-log/moetou66.html

>789 名前:マロン名無しさん :05/01/12 22:16:00 ID:???
>何かいつの間にか日本史板みたいな空気になってるな。
>あそこでも散々議論し尽くされている通り、臣籍降下して一般国民として
>生活している旧皇族の男系子孫から基本的人権を剥奪し、
>皇族復帰させて皇位を継がせれば、皇統は維持できるだろう。
>個人的には次の代が終了宣言しそうな気がするが。

958 ::2010/05/25(火) 05:49:54 ID:BEwWAn9z
おはよう御座います。

959 ::2010/05/25(火) 06:10:55 ID:BEwWAn9z
国会にお出まし頂くのは、無理を通しても、天皇陛下の方が良いな!

960 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 09:32:12 ID:PjPZjENi
 >俺もまさに憲法で定められた天皇という地位がなくなったところで、
  いつもと変わらない平凡な日常が続くだけだと思っている。

当初の平時はそのように思えるかもしれない。
だがじょじょに何かが違ってくる。
乱世になったとき、大変なものを失ったことに気付く。
日本という良い名前を悔しがっている連中から
国名を変えさせられるかもしれない。
極東人民民主主義共和国とか。
金日成がソ連軍から連れてこられたように、
同じような人物が、
民族の偉大な太陽、百戦百勝鋼鉄の将軍、
として登場するかもしれない。




961 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 09:53:39 ID:xDEa3/cW
「天皇という地位」がなくなれば、神道の勢力が強くなると思う。
現存の宗教の政党が比べ物にならないくらい強大になる。
神道にとっては、それも一つの道だ。

962 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 11:31:35 ID:PjPZjENi
皇室と神道・神社はほぼ一体だよ。
その淵源は神代にさかのぼるから、他の宗教も一目置かざるを得ない。
この力が衰退すれば、他の怪しげな新興宗教が勢力を伸ばすだけ。
なら今の、皇室・神社が続いた方がはるかにいい。
神社は高額なお布施を取るわけでなし、強引な勧誘もない、説教もしない、
地獄に行くとか脅かさない、死後さばきにあうとかキモイこと言わない、
どんな宗教の人も参拝できる、あれを食べるな、これを食うなとか言わない、
参拝の作法を知らなくとも文句を言わない。
最高だよ。

963 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 11:45:02 ID:ni7BMvlA
天皇
今さら要らんだろ

964 :白羽 ◆D/w5oCAtaw :2010/05/25(火) 11:46:06 ID:SzchPS8v
象徴天皇制が廃止されれば貴賤の別がなくなるらしい。
(※以下の文章は全て引用です)

http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/kova/1273936457/

>849 :名無しかましてよかですか?:2010/05/25(火) 00:24:52 ID:wFnzh585
>だいたい部落が天皇を語るなんて笑止千万、お前は子供の一人も残せず虫けらのように死んでいくだけなんだ

>855 :名無しかましてよかですか?:2010/05/25(火) 00:50:57 ID:wFnzh585
>>853
>天皇以外は部落もふくめてみんな平等に平民だと思いたいからか?

>858 :名無しかましてよかですか?:2010/05/25(火) 00:53:22 ID:wFnzh585
>>857
>ちがうだろう?本音を言えよ、部落も臣下だとみとめてくださいってな

>875 :名無しかましてよかですか?:2010/05/25(火) 01:52:17 ID:wFnzh585
>天皇の血統を守るのは貴賤の別を守るためなんだよ
>偽善者ども、よく覚えておけ

965 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 11:46:45 ID:PjPZjENi
要るよ。

966 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 11:58:36 ID:xDEa3/cW
>>962
言い方が悪かった。
「この制度がなくなったら、、」と言いたかった。

制度がなくなっても、神道がなくなるわけがないし、
新興宗教が神道にかなうわけない。
なんだかんだ言っても、日本人の多くにはまだ天皇信仰が潜在してる。
それを廃止しようとすれば、逆に信仰は高まるはず。
戦後に他の宗教へ流れた者も戻ってくる。
天皇の意思とは別に、勢力として利用される部分も出てくる。
そう考えるのが自然だし、なくなるというのは無用な心配。

967 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 11:59:07 ID:0TIBYpNm
>>962
皇室と神社とかって一体みたいなものだけど、
だいたい25年ぐらい前あたりでも、
新興宗教の脅威をあまり気にかけてなかったよ?
いわゆる層化さんとかを、気にしてた神社関係者もいたことはいたが、
神社神道には組織力が無いとかで終わってた。

968 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 14:03:55 ID:S43SxTvJ
>>961 >>962
宗教としての布教を禁じられ
定められた祭祀を定められた形でのみ行うのが
かつての国家神道の残滓である今の神社本庁あたりの神道

虎の威を借る狐のごとく、祭祀王としての天皇像を
実態以上に祭り上げるしかできない連中に
宗教的に強大になれる内的な何かなど、もう存在してはいないと思うよ

>参拝の作法を知らなくとも文句を
かつては身分によって、今は供物料によって
明らかな格差をつけるのが神道であり、形式こそが神道の肝だからね

>>966
政治制度の頸木から解放された皇族の誰かを
神社本庁あたりが担ぐのは勝手だし、天皇教を信仰する連中が
それに群がるのもまた自由だよ

30年以上前なら、それなりに一大勢力になる懸念もあったろうが
皇居清掃のボランティアの激減などから見ても
熱心な信者を多数獲得できるような時代状況ではもうなくなっていると思うよ


969 ::2010/05/25(火) 14:18:54 ID:BEwWAn9z
日本が経済発展を遂げられたのも、天皇制があればこそ。
これからの日本に天皇制が果たす役割は未知数ではある。
しかし、日本文化を支える基盤に成っていることは確かだ。
天皇制が育んだ日本から天皇制を無くすなど、考えられない。
天皇制は日本が誇れる制度であり、日本のみならず世界的宝である。

970 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 14:23:54 ID:of0Bw0sD
日本が経済発展を遂げられたのも、天皇制があればこそ


説明してくれ

971 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 14:25:16 ID:of0Bw0sD
2chと政治家は根拠に乏しい何いってんのか分からん話が多い

972 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 14:26:43 ID:S43SxTvJ
>>969
>日本が経済発展を遂げられた
国民の不断の努力の賜物

日本の多彩な文化の一端に公家文化が存在するのも確かだが
その本来たる多彩さを育んだのも一般庶民

何もかもを天皇制のご加護故などと言い出す時点で
狂信的な信者故の繰り言にしか受け取ってもらえなくなるよ

973 ::2010/05/25(火) 14:30:51 ID:BEwWAn9z
>>970
戦後混乱無く天皇制の下に経済発展をひた走った。
アメリカの統治戦略は正しかった。

974 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 14:31:08 ID:PjPZjENi
>>968
共産党員?
悪意のデタラメばかり。
お寺の戒名の方がはるかに格差大きい。
神道の寛容、融通無碍、平等は常識だよ。
新興宗教なんかもっと金で差をつけられる。
かと言って無神論者にはくみしないけどね。
無神論者の共産主義国家の方が階級社会なのも常識だよ。


975 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 14:39:19 ID:S43SxTvJ
>>974
戒名のない宗派も存在する
葬式仏教と揶揄されるように、まさに多額のお布施に頼り切った寺もある一方で
仏教者としていかにあるべきかを宗派を越えて模索する動きや
仏教として戦時中の関わりを省みるといった動きもある

>神道の寛容
どこの幻想神道の話をしているのか知らないが
その昔、町の発達とともに仏教が庶民に広まっていった理由は
地方や在所、個々に信仰する土地神は互いに対抗するが
仏はその差がない故だったんだよ

神道に関していろいろ言う割には、イメージ先行でしかないんだね


976 ::2010/05/25(火) 14:49:48 ID:BEwWAn9z
>>972
アメリカの統治戦略は天皇制の継続が不可欠と判断した。
日本は実際に戦後の経済復興は目を見張るものであった。
天皇制が継続されなければ、日本は混乱の中、経済復興もままならない状態であった。

977 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 15:07:53 ID:S43SxTvJ
>>976
占領統治を円滑に行うには天皇制を残した方が有利である
という検討が行われていたのは確かだが

>天皇制の継続が不可欠
不可欠かどうかは現地の状況次第という流動性はあったよね
だからこそ、英語版の独白論を作成したりと
日本側は軍部に押し切られた平和主義者の天皇といった虚像作りに
奔走しなければならなかった

で、以降も継続していくかどうか
廃止を含めて判断するのは主権者となった日本国民に委ねられた訳だね

978 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 15:32:38 ID:PjPZjENi
>>975
どこの坊主のまわし者だよ。
そうやって坊主がのうのうと布教してられるのも
ここが神様=神道の国だったからだろ。
回教徒の支配するバーミヤンで石窟仏がどうなったか
映像でみたろ。
インドなどようやく独立したと思ったら、宗教の違いで
国が3つに分裂だ。
仏教徒は、天皇様と神道に感謝しろよ。


979 ::2010/05/25(火) 15:37:06 ID:BEwWAn9z
>>977
天皇制廃止論者が多数派とは思えぬが、国会議員で天皇制廃止を掲げて選挙を行った者がいたか?
少なくとも国会議員の大多数は天皇制廃止など発言していない!

980 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 16:02:10 ID:S43SxTvJ
>>978
共産党員かと言い出せば、今度は坊主の回し者

神道の歴史も経緯も知らず、印象だけで語ってもずれるばかりだよ
というお話だよ
神道も仏教もともに政権が利用し
より新しい学問でもあった仏教をより重く用いた側が政権抗争に勝利した
神道は生き延びるために祭祀をより様式化し、宮中政治儀礼の中に潜り込んでいった

今現在、神道などと言うそれは、
農耕生活に根ざし庶民の神となっていった土着の信仰と
儀式化していった宮中祭祀という異なるものを
無理矢理一まとめにしていった、なれの果てとも言えるだろうね

>>979
積極的維持論者も極めて少数でしかないからこそ
継承資源枯渇が明らかな今になっても
将来の安定継承を目指した制度の改正が何も行わないんだよね



981 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 16:11:44 ID:PjPZjENi
>>977
デタラメならべるなよ。
独白録をちゃんと読め。
開戦しなければ譲位の可能性も言及されてるだろ。
つまり世論がもう開戦に向かっていたわけだ。
それ以上に戦争を欲していたのが、朝日新聞と朝日記者から近衛側近に
紛れ込んだソ連の手先の共産主義者だったろ。
日本人が日本人を犠牲にして「社会主義の祖国・ソ連」を助けようとしたわけだ。
米国にもソ連の手先がいて、ハルノートに関与したじゃないか。
こいつは米国人を戦わせて、ソ連の延命をはかったわけだ。
何でもかんでも日本が悪かったなんてのは、もはや朝日・岩波・日教組・社民党の
反動勢力の間でしか通用しないっての。

982 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 16:23:24 ID:PjPZjENi
>>980
 >共産党員かと言い出せば、今度は坊主の回し者
共産党支持の坊主もいるからな。
かつては、巨大な仏教系新興宗教学会が共産党と協定を結んだろ。

語るに落ちたな。
 >神道も仏教もともに政権が利用し
神道は神話時代から続くが、その時、どの政権が利用したんだよ?
どこがなれの果てだ?
正月だけで、何千万の人が神社に行ってるだろうが。
現在は日本の歴史上、最多数の人が初詣に行ってるだろうが。



983 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 16:37:49 ID:S43SxTvJ
>>981
>開戦しなければ譲位の可能性も
それこそが、軍部に押し切られ致し方なく開戦した平和主義者の天皇という
虚像を創作した事の証

昭和天皇が大元帥として勝てる作戦の奏上を求め
その作戦をもって開戦に踏み切った事は、軍関係者の記録からも明らかなんだよ

>何でもかんでも日本が悪かった
事にしようとしている勢力があるのだっ
という陰謀幻想からの脱却こそをお勧めするよ

984 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 16:39:34 ID:PjPZjENi
>>980
言うことのひとつひとつがデタラメだろが。
このままでは継承に不安があるから有識者会議が組織され制度の改正まで
早ければあと3カ月というところまで進んだわけだ。
ところがその会議に左翼学者が紛れ込んでいて、女帝女系を容認する伝統的
な皇位継承の断絶策だったため紛糾しているうちに、親王殿下の御生誕となり
白紙となったわけだ。
何も行わない、のじゃなくて、民主党政権下では何もして欲しくないね。

あとは>>1にまかせた。

985 ::2010/05/25(火) 16:43:35 ID:BEwWAn9z
天皇は現存する最古の王朝としてギネスにも認定されている。
日本のみならず、世界的な宝である。

986 ::2010/05/25(火) 16:47:26 ID:BEwWAn9z
>>984
何をまかすの?
俺は女系天皇を容認だぞ!

987 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 16:48:47 ID:PjPZjENi
>>983
 >陰謀幻想からの脱却こそをお勧めするよ

戦争拡大に向けた共産主義者や朝日(尾崎が書きまくった支那叩き他)は
もう周知の事実なんだな。
983はどうやら隠しておきたかったようだが、皆知ってることだ。
ころんでしまったな。

988 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 16:51:12 ID:S43SxTvJ
>>982
>神道は神話時代から続く
神社本庁の要請で「祭祀概論」が纏められ、その同じ著者による「神道祭祀」にすら
古代における事実としての「祭祀」を、「神道」の歴史に組み入れたりはしていない

>どの政権が利用
蘇我氏と物部氏の争いというのは、最近の日本史では教えないのかな?

>初詣に
クリスマスを祝うからといって、キリスト教徒ではない
年中行事を信仰にすり替えるのは頂けないね


989 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 16:59:11 ID:S43SxTvJ
>>984
>その会議に左翼学者が紛れ込んでいて
陰謀論でしか世の中が判断できない人なのかな
>>1は確か女系容認での象徴天皇維持の人だったと思うよ

>>987
>共産主義者や朝日(尾崎が書きまくった支那叩き他)は
朝日新聞は自らの戦争協力について検証し、その経緯を連載もしていたね
報道統制がどんなものであったのか、統制を回避するために軍に阿った事まで
良く書かれていたよね

思想統制や報道統制の実態もまた、資料集として公開されている
共産主義どころか自由主義者まで取締の対象だった時代だった事を
普通に現代史を知っているものは皆理解しているんだよ

990 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 17:03:26 ID:PjPZjENi
>>1
この映像を見てどう思う?
感想を聞きたいな。
4分半で終わるよ。 

 ◆世界最強の天皇陛下
 http://www.youtube.com/watch?v=lsOFxj9To-o

991 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 17:20:27 ID:PjPZjENi
>>989
朝日は戦後も国際共産主義の手先だったじゃないか。
終戦直後から日共幹部の伊藤律をスター扱いする会見記事を捏造したじゃないか。
※現在この部分を、朝日は縮刷保存版から切り取って隠蔽している。

テレビ朝日では、かつての報道局長・橘自身が選挙の時は公共の電波で自民を落とす
ようにしていたことを白状したではないか。
橘はその協力者として、はっきりと田原、久米、2名の名前をだしたではないか。

普通に現代史を知ってるものはみな理解している占領軍の検閲、言論弾圧の実態とそれに
朝日が唯唯諾諾と従った全貌をいまだに明らかにせず、資料集として公開していないではないか。

皆理解してるが、989は理解できないだろう。

992 ::2010/05/25(火) 17:25:32 ID:BEwWAn9z
>>990
バックミュージックは雅楽でないと…
前にも、紹介されたことがある。
静止画をつなぎ合わせているだけで物足りない。

993 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 17:43:39 ID:S43SxTvJ
>>991
戦後は「思想信条の自由」だからね
マスコミがどんな思想を掲げるのも自由
結果、政治に阿っていると世間から批判され購読者を減らすのも
また承知の上でしょ

>占領軍の検閲、言論弾圧の実態とそれに朝日が唯唯諾諾と従った全貌
戦時下の協力に関しての検証連載の後
戦後の検閲についても連載していたよね

GHQ占領下の検閲についても、新聞や雑誌や書籍など
細目ごとの資料集は公開されているよ

994 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 17:52:14 ID:PjPZjENi
>>989
少しおかしいのではないか。
現在の祭祀の形式にまとめられたのは、後の世で、じょじょに整えられていったに
決まっているではないか。
しかしその源となるのは、神話に由来するものであるのは神道の常識だ。
これは日本民族の中から自然に発生してきた信仰、習俗、習慣であり、特定の政権の
利用の結果ではなかろう。その証拠に、物部・蘇我の争いなど後の後のことではないか。

クリスマスの例など噴飯ものだ。
タリバン支配地域でクリスマスなど祭っていたらどうなる。
ところが、日本では異教徒の年中行事を楽しんでも責められることがない。
そういう寛容性のある土壌は、日本の神道的な風土と無縁ではなかろうと言ったのだ。
オマイが冷たく言い放ち、小馬鹿にする庶民の何気ない日常の中に、他国・他文明では
考えられない日本独特の誇るべき良さがある、と言っているのだ。
日本の国の素晴らしさを感じ取れないものが、「天皇制護持」スレでゴタクならべないことだ。




995 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 17:55:00 ID:PjPZjENi

>>992>>1
 
誤魔化した、逃げた、と見た。


996 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 18:00:27 ID:PjPZjENi
そもそも、ここの書き込みをみると
皇室に対する本質的な攻撃は、ほとんどすべて他人が受けてたっている。

1は表面的な反論か、逃げているかで、何ら有効打を出せないでいる。
誰かも書いているが、このままならいっぱしの、尊皇家のフリはもうやめることだ。

997 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 18:06:31 ID:S43SxTvJ
>>994
>その源となるのは
神話ではなく、実際に行われていた「祭祀」
群雄割拠していた数多豪族それぞれが、自身の神を奉じ祭祀を行っていた
それらを纏め、大和王権を確立していく過程で
「神話」は形成されたんだよ

>物部・蘇我の争い
記紀神話の成立とどっちが先だったかは解っているよね

>異教徒の
日本人は全て神道の信者なのだっ
とか思ってるほどの信者の人であるなら、お大事にと言う他ないが

寛容の土壌はむしろ、神を点としても飲み込んだ後発仏教故
豪族の奉じるそれぞれの神という出自は
即ち、神は争うものだった事の証なんだよ
それを纏める必要があったからこその、天照大神を太陽神とする
記紀神話が作られた訳だね

998 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 18:12:43 ID:S43SxTvJ
>>996
>>1は象徴天皇制維持であり女系容認論者なんだよ

今現在の天皇制は、戦前の皇国史観に支えられた天皇制を否定する事でなりたっている
新たな時代の新たな天皇像を確立しなければ
天皇家そのものが危うくなると>>1は本気で危惧しているんだろうね

>>996のような、皇国史観そのままの戦前回帰型とは違う
尊皇の意識もあるという事なんだろうね

999 :名無しさん@3周年:2010/05/25(火) 18:17:17 ID:S43SxTvJ
>>997訂正
>寛容の土壌はむしろ、神を{天」としても飲み込んだ後発仏教故

後発が信者を獲得するには、在来宗教を否定するのではなく
丸ごと飲み込むといった方法こそが効果的だからね

1000 ::2010/05/25(火) 18:46:33 ID:BEwWAn9z
終わりたね!
ご批判もある様だが、基本的に俺は知識がある訳ではない。
知識人ではない!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000の任期を満了致しました。
継続審議に賛成の方は御スレ起て下さい。


  政治とは、あまりにも重大な事柄なので、
    政治家に任せておく事はできない。
           ∧,, ∧ (シャルル・ド・ゴール)
          (`・ω・´)
            U θU
        / ̄ ̄T ̄ ̄\
       |二二二二二二二|
       |        |
   パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
  ∧_∧     ∧_∧  ∧_∧    ∧_∧
 (   )】    (   )】 .【(   )    【(   )
 /  /┘.    /  /┘ └\ \   └\ \
ノ ̄ゝ      ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ    ノ ̄ゝ

【 政治@2ch掲示板 】
http://money3.2ch.net/seiji/

388 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)