5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【大学への】1対1対応の演習 part24【数学】

1 :大学への名無しさん:2010/04/27(火) 20:09:34 ID:337Roodi0
例題数(演習題も含むと2倍)

数学T(57)
数学U(102)
数学V(81)
数学A(46)
数学B(59)
数学C(54)

東京出版    http://www.tokyo-s.jp/index.shtml
【take off】大学への数学【日々演】
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/kouri/1272125799/l100
【月刊大学への数学】学力コンテスト・宿題5
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/kouri/1254652332/l100
新数学スタンダード演習vsやさしい理系数学
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/kouri/1266582296/l100
新数学スタンダード演習&新数学演習その2
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/kouri/1272174467/l100

2 :大学への名無しさん:2010/04/27(火) 21:03:45 ID:ATrKiXwY0
A 数と式         
S 2次関数      
C 図形と計量     
S 整数          
B 集合と論理      
B 場合の数          
B 確率             
C 平面図形             
A 式と証明        
A 複素数と方程式   
B 指数・対数・三角関数  
S 座標          
B 微分           
A 積分(数式)       
A 積分(面積)     
B 平面ベクトル     
B 空間ベクトル     
C 数列          
S 融合問題(TAUB)  
A 極限         
S 微分応用        
A 積分(数式)      
S 積分(面積)      
S 積分(体積)      
S 微積分総合    
S 行列
A 2次曲線
A いろいろな関数・曲線
S 曲線総合


3 :大学への名無しさん:2010/04/27(火) 21:04:55 ID:ATrKiXwY0
評価
S:1対1じゃなきゃ駄目なんだ
A:1対1を一度は解いておけ
B:1対1にこだわる必要はないけど1対1を薦める(よくまとまってるから)
C:1対1でやる必要なし
整数は難関大でも1対1で十分。
あと、ミニ講座は分野に関係なく 結構役に立つので一読しておいた方がいい。
あくまで参考程度に、鵜呑みにする事勿れ。




4 :大学への名無しさん:2010/04/27(火) 21:05:53 ID:ATrKiXwY0
☆QandA☆

Q1 1対1と青チャートはどちらが自分に合ってますか。
A1 あなたのことをよく知らないのでわかりかねます。

Q2 1対1は青チャートと比べて網羅されていますか。
A2 必要な道具はほとんど揃う。比べてってなんだ?

Q3 黄チャートから1対1につなげられますか。
A3 問題見て解けるかどうか自分でわかりませんか?

Q4 1対1の後には何をやったらいいですか。
A4 新スタ演、過去問など、1対1をキチンとやったなら自分で決められると思います。

Q5 1対1で自分に合わない分野があるんですけどどうすればいいですか。
A5 無理せず基礎に帰れ 。

Q6 時間が無いので、1対1の特定分野だけやるのでは駄目ですか。
A6 ダメって言ってもどうせやるんでしょ?背中押してもらいたいだけなんだから。

Q7 1対1は例題だけやればいいのですか。それとも演習問題までやるべきですか。
A7 自己責任で。当然演習までやったほうがベターです。

Q8 1対1でどこの大学まで狙えますか。
A8 旧帝・東工・早慶・単科医、このランク以外は狙える 。


5 :大学への名無しさん:2010/04/27(火) 21:06:54 ID:ATrKiXwY0
LV0 大数?どうせ典型的オナニー参考書だろ?どうでもいいよ…
LV1 1対1はあんまり難しくっぽくないな。ってかこの著者何で逆手流にこだわってんの?
LV2 1/2|ac-bd|は便利だな。逆手流ってのは2変数でも使えて結構いいかも。
LV3 逆手流って神じゃね?理想の解法って感じ・・・
LV4 三角不等式って応用効いていいな。垂直ベクトルとか1文字固定法とか合同式とかもいい・・・
LV5 正射影ベクトルって別に便利じゃないのにカリスマ扱いされててうぜぇ。正射影ベクトル死ね!
LV6 正射影ベクトル、h求めてくれ!
LV7 やべぇ正射影ベクトル最高!正射影ベクトルと鉛筆さえあれば東工大数学入試突破できる!
LV8 正射影ベクトルで射精した!俺は正射影ベクトルで射精したぞ!!
LV9 やっぱユークリッドの互除法は最高だわ
MAX ファレー数列の性質を自力で証したいよぉ〜
---
以上テンプレ。


6 :大学への名無しさん:2010/04/30(金) 17:41:05 ID:ZMGSQqbI0
平成16年度に出版された1対1の新課程版持ってるんですけど、今の1対1とは随分内容変わってるんですか? 買い換える必要ありますか?

7 :大学への名無しさん:2010/05/01(土) 00:00:14 ID:aQm1VadZ0
>>6
変わってない。今と同じ。

8 :大学への名無しさん:2010/05/01(土) 00:02:23 ID:WPSOBRfX0
あ、でも誤植だらけだから、公式サイトで誤植情報見た方がいいよ。

9 :大学への名無しさん:2010/05/01(土) 04:58:24 ID:RfKW1on/0
公式サイトに載ってないのとかあるよね
例えば以前にも話題になったと思うが受験数学の理論問題集で批判されている
凸性の活用(数3のP.48)のところ本屋で立ち読みしたら下に凸の定義を
弦ABは弧ABの上側とするなら本解答ではダメで・・・みたいに書いてあったが
俺が持っている版ではそのコメントはないし

10 :大学への名無しさん:2010/05/01(土) 05:12:41 ID:RfKW1on/0
公式サイトのは正誤訂正なのでコメントの追加は別問題といわれればそれまでだが

あと数3のP.13の演習題(3)で平成17年の版では「f(x)がx=aで微分可能のとき」
となっていてそれじゃあ後ろの解答ダメじゃんとか悩んでいたら今本屋で並んで
いる版では「f(x)が微分可能のとき」と変わっていた
これも公式ホームページの訂正には載っていない
あとは大丈夫かと思う

11 :大学への名無しさん:2010/05/01(土) 13:20:40 ID:9e0OANag0
どうもありがとうございます。 志田のベクトルを何周もして次にやるベクトルの参考書悩んでるですけど
1対1で足りますかね? なかなかベクトルでいい参考書が見つからなくて。

12 :大学への名無しさん:2010/05/01(土) 17:53:53 ID:XLib+Tp30
絶対値つき関数って、教科書じゃ全くカバー出来ないんですが、
1対1には出てくるので、ほとんど解けません。
良い参考書ってありますでしょうか?
赤チャートなら大丈夫ですかね;

13 :大学への名無しさん:2010/05/01(土) 21:48:00 ID:krNc7Unt0
絶対値の定義は教科書に載ってるだろ
なぜ解けないのだ

14 :大学への名無しさん:2010/05/03(月) 13:24:46 ID:ydsydiuP0
数学AのP58の確率7のランダムウォークの問題についてなんですが・・・
例題の前文では、太実線と太破線では同様に確からしくないって書いてますが、
何で同様に確からしくないことになるんですか?
ちなみに、選ばれる確率は太実線では(1/2)^3、太破線は(1/2)^5となってますが、何でそうなるんですか?
よろしければ教えていただけないでしょうか?質問スレじゃないのに質問しちゃってごめんなさい

15 :大学への名無しさん:2010/05/03(月) 15:07:12 ID:IttIyy580
>>14
左の前文のところにすべて書いてあるが、
太実線の経路をたどった場合、左上の角に到着した時点から先は道を選択することができなくなり、右に進むしかない。
つまり太実線の経路をたどる確率=1/2×1/2×1/2×1×1×1となる。
別の言い方をすると、「太実線の経路をたどる確率」=「左上の角に到達する確率」(つまりゴールまで頑張らなくてもよいことになる。)

一方、太破線の経路では、最後の1歩だけ選択の余地がないので、
太破線の経路をたどる確率=1/2×1/2×1/2×1/2×1/2×1となる。

まとめると、太実線は最初の3歩で運良く↑↑↑と選べば後は確定だが、
太破線は最初の5歩で運良く→→↑↑→と選んでやっと確定する。
つまり太破線の方が、運をたくさん必要とする。すなわち起こりにくい。

16 :大学への名無しさん:2010/05/05(水) 16:23:37 ID:/MoAOW0y0
テンプレの「C:1対1でやる必要なし」
ってそんなにひどいの?
それとも単に普通なだけ?


17 :大学への名無しさん:2010/05/05(水) 23:02:27 ID:IWXUhPk80
1対1の確率だけダメっていうか苦手だわ。全然理解できなかったorz

18 :大学への名無しさん:2010/05/05(水) 23:23:33 ID:EXxOvZyw0
kwsk

19 :大学への名無しさん:2010/05/06(木) 14:14:20 ID:pPxsOfBZ0
>>17じゃないけど、期待値のところでわけがわからんくなった

20 :大学への名無しさん:2010/05/11(火) 02:25:41 ID:anoo4qDK0
すみません。教えてください。

本質の研究 ⇒ 1対1

は可能でしょうか?

よろしくお願いしますm(_ _)m

21 :大学への名無しさん:2010/05/12(水) 01:36:51 ID:9JeItuoT0
余裕で可能だろう
理解しやすい→一対一でも全然余裕だった
もしわからなくても一回教科書レベルにもどればいい話

22 :大学への名無しさん:2010/05/12(水) 16:54:27 ID:I+PHZq2yP
数列の教科書nextっていいの?
1対1の数列とどっちやるか迷ってる

23 :大学への名無しさん:2010/05/12(水) 22:44:08 ID:QwiWmMNi0
1対1って極めようと思うと
かなり時間かかるな

24 :大学への名無しさん:2010/05/12(水) 22:49:27 ID:fCn6um/T0
そりゃそうだ
一対一終わらせたら
一通り数学の勉強が終わったも同然だからな
そこから先はマニアの領域

25 :大学への名無しさん:2010/05/13(木) 22:26:36 ID:nBCTHOEA0
東工大志望の俺は1対1はゴールじゃなくて
スタートのつもりでチャートも何もやらないで
1対1に手出してるw

26 :大学への名無しさん:2010/05/13(木) 23:27:57 ID:mpEmVjW50
東工阪大あたりまで来るとチャートなんて言ってる場合じゃないだろ
ここらレベルの奴らはこれまでの定期テストで完璧にしてる

27 :大学への名無しさん:2010/05/13(木) 23:36:31 ID:llqmhEUJ0
>>26
そんなの人それぞれだろ、何で一般化したがるの?

28 :大学への名無しさん:2010/05/14(金) 19:15:19 ID:il0r5ysI0
アホだからなw
ほっとけ

29 :大学への名無しさん:2010/05/19(水) 17:43:44 ID:nOmKFv7T0
最近1対1が叩かれ始めてるが肯定派の意見を聞きたい。

30 :大学への名無しさん:2010/05/19(水) 18:36:22 ID:nFCfipgM0
元々こんなもんだ
全面肯定してる奴なんていないよ

31 :大学への名無しさん:2010/05/19(水) 18:38:22 ID:T3bNCpq30
1対1がたたかれ始めてるなんて初めて聞いた。
1対1やらないでどういうのやるの?

32 :大学への名無しさん:2010/05/19(水) 18:38:54 ID:v6VZqETb0
そそ 合格のためのツールなんだから長所もあれば短所もあるのが当たり前
有用なのはほとんどの人が認めるところでしょ
むしろネットじゃ絶対視されがちじゃない?
叩かれ始めてるなんて感じるあたりが証左ではないかと

33 :大学への名無しさん:2010/05/19(水) 18:52:54 ID:d71RYhky0
>>31
信者?

34 :大学への名無しさん:2010/05/19(水) 20:24:32 ID:+I2vLzOE0
上手く使いこなせず数学で失敗した
他出版社の社員
ほかは?

35 :大学への名無しさん:2010/05/19(水) 21:24:16 ID:3DbrSpdx0
>>34
お前怖いよ

36 :大学への名無しさん:2010/05/19(水) 21:40:22 ID:nSBxyowc0
>>31
青チャートと標準問題精講が居ますお?

37 :大学への名無しさん:2010/05/19(水) 22:49:07 ID:GCEMKn+30
1対1はあんまり関数を扱ってないよね、意外と

38 :大学への名無しさん:2010/05/20(木) 00:37:33 ID:qZAjjKcw0
三角不等式
垂直ベクトル
1文字固定法
合同式
正射影ベクトル
ユークリッドの互除法
ファレー数列

これらは一対一のどこ(どの分野)ででてきますか?
ぱらぱらっとみてみたけどわかりませんでした・・・


39 :大学への名無しさん:2010/05/20(木) 00:53:28 ID:tWAoiABw0
いやしっかり読もうよw
それだけ知ってどうする気なのよw

40 :大学への名無しさん:2010/05/20(木) 01:01:45 ID:gaFsjKrH0
ファレーはマスオ
他は載ってる

41 :大学への名無しさん:2010/05/20(木) 02:04:15 ID:uUcbqd3l0
数T
2次関数の例題14の0<x<2
            = =
になる理由がわかりません。
教えてください。

42 :大学への名無しさん:2010/05/20(木) 06:44:40 ID:TsdkT+0H0
>>41
お前にはまだ一対一は早すぎる

身の丈にあった奴をやれ

43 :大学への名無しさん:2010/05/20(木) 09:39:23 ID:uUcbqd3l0
>42
いえ、やります。
誰か教えてください。


44 :大学への名無しさん:2010/05/20(木) 10:17:12 ID:uUcbqd3l0
41です。すいませんでした。
ふつうに書いてありましたね。
お騒がせしました。


45 :大学への名無しさん:2010/05/20(木) 10:20:03 ID:VCplvUAk0
>>43
問題の最初に0≦xって書いてあるじゃん

46 :大学への名無しさん:2010/05/20(木) 11:49:02 ID:mw4d4UkJ0
目次のYMS女子は去年が良かった

47 :大学への名無しさん:2010/05/20(木) 12:37:58 ID:cROXNBhd0
6冊全て例題と演習を最低二週ずつやるには遅くともいつから始めるべきですか?
だいたい1週間に8〜9時間やると仮定して。


48 :大学への名無しさん:2010/05/20(木) 13:05:46 ID:D4bhNm1u0
>>47
高2の夏あたりかな

49 :大学への名無しさん:2010/05/20(木) 13:12:36 ID:D4bhNm1u0
一問あたり一周目20分、二周目10分で11ヶ月かかるな。つうか自分で計算せい

50 :大学への名無しさん:2010/05/20(木) 13:28:27 ID:gaFsjKrH0
受験学年なら既に何週か回してないとアウッ

51 :大学への名無しさん:2010/05/20(木) 13:38:01 ID:qZAjjKcw0
>>38です

ちょっと立ち読みしてみたいので何ページになにがのってルなど教えていただけたらうれしいんですが・・・
わがままですみません

52 :大学への名無しさん:2010/05/20(木) 22:01:13 ID:XfJgxCEZ0
誰か正射影ベクトルの使い道を教えてくれ

53 :大学への名無しさん:2010/05/20(木) 22:43:13 ID:uESgS9YU0
高3でそろそろ1対1始めようと思ったのに…

54 :大学への名無しさん:2010/05/21(金) 07:21:03 ID:fmnGemd50
やる気の問題だろ、やる気さえあればスタートの時期なんぞあまり関係ない



と自分に言い聞かせてたり…w

55 :大学への名無しさん:2010/05/21(金) 18:44:52 ID:zAtpmQMT0
マジな話、1対1をはじめるのにギリギリおkな時期っていつ頃だと思う?
もちろんそれまでに網羅系(黄チャとか)をちゃんと終わらせていると仮定して。
俺は7月からならなんとか間に合うと思うんだけど…。

ちなみに、俺はもう大学生になっちゃってます。

56 :大学への名無しさん:2010/05/21(金) 18:47:47 ID:wV9fWRj10
文系理系志望校による

57 :大学への名無しさん:2010/05/21(金) 18:51:57 ID:zAtpmQMT0
>>56
う〜ん。

おれは7月から10月までずっと1対1ばっかやってて、まぁ8割ぐらいは理解できてた気がする。
あとはずっと過去問やってた。

58 :大学への名無しさん:2010/05/21(金) 21:38:54 ID:D0dEX6cc0
>>55学力によるとしか言えないだろ。チェクリピが終わるレベルにあれば半年位あれば出来るでしょ。

59 :大学への名無しさん:2010/05/21(金) 22:47:14 ID:zAtpmQMT0
>>58
まぁ、もちろんその通りなんだけどね。
俺は頑張れば4ヶ月でいけると思うぜ。

60 :大学への名無しさん:2010/05/21(金) 22:50:48 ID:XzzHrZCl0
理系4ヶ月で理解できてるとは到底思えない
文系ならわからないでもないけど、もう少し余裕もってやったほうがいいよね
期限設けてやると少しずつ予定がずれていくと無理やり予定にあわせようと焦って中途半端になっちゃうよ

61 :大学への名無しさん:2010/05/22(土) 01:29:42 ID:Wd8Z7KbO0
黄チャートくらいの本を終わらせてれば4ヶ月で可能だと思うよ。
網羅系をちゃんとやってなくて一対一から始めるなら1年はかかるね。

62 :大学への名無しさん:2010/05/22(土) 08:01:12 ID:+UYYDAUh0
対象が現役とか書かないと誤解を生むぞ

63 :大学への名無しさん:2010/05/25(火) 19:49:45 ID:cINNlgf60
4ヶ月ではできねーな

64 :大学への名無しさん:2010/05/25(火) 20:04:51 ID:Nfp7m4Ib0
4ヶ月で1周するんじゃねw

65 :大学への名無しさん:2010/05/25(火) 21:55:46 ID:ggnCYbAY0
じゃあ現役で1対1やるのってけっこうきついのか…?

66 :大学への名無しさん:2010/05/25(火) 22:51:26 ID:WqNM5lea0
授業で全範囲終わるのが夏以降になっちゃう学校ならかなり厳しいかもね。得意なら並行すればいいんだけど。
まあ1対1→過去問で事足りる大学が大抵だから

67 :大学への名無しさん:2010/05/25(火) 23:08:01 ID:pe+9JTDp0
来月からはじめようと思ってるんだけどここのスレ見て不安になった。
シグマトライ(例題+章末問題)とマセマ合格をそれぞれ4週ずつぐらいしたんだけど、
6〜9月まで1対1、10〜11月にやさ理をやろうと思ってるんだけど、無理?

68 :大学への名無しさん:2010/05/25(火) 23:46:55 ID:uBYkh4Cs0
>>67
1対1の800題の解法を頭に叩き込むことを目的として
いきなり解答を見るやり方でやるのなら間に合う
一時間で10題ぐらいは進むはず。二周目はもっと早い。
並行して一日に2,3題はじっくり考えてやることも大事
いきなりやさ理は厳しいだろうから入試の核心とか適当かな
俺は予備校の予習と並行してやってたよ

69 :大学への名無しさん:2010/05/25(火) 23:49:56 ID:lgrUdU9h0
そんなんじゃ頭に入らねえよ

70 :大学への名無しさん:2010/05/25(火) 23:52:13 ID:4HAdLdlV0
シグマトライをしっかり頭に入れてるんなら1対1もなんとかなるだろう。
でも、適当に4周しただけなら・・・・・。入試までに1対1すら終わらないな。

71 :大学への名無しさん:2010/05/25(火) 23:53:32 ID:pe+9JTDp0
>>68
例題だけしようと思ってたんだけど…。
えっ、俺死亡フラグなの?
死ぬの?

72 :大学への名無しさん:2010/05/25(火) 23:54:13 ID:pe+9JTDp0
>>70
ほぼ一瞬で解法が浮かんでくるレベルです。

73 :大学への名無しさん:2010/05/25(火) 23:55:28 ID:pe+9JTDp0
因みに、坂田アキラの確率と三角関数もやってます。

74 :大学への名無しさん:2010/05/25(火) 23:55:49 ID:4HAdLdlV0
>>72
暗記じゃないですよね?
つまり「何回もやってるから出切る」ってわけじゃなく、
キッチリ理解して出来るんですよね?
例えば章末問題を答えを見ずに解けるとか。
なら大丈夫でしょ。

75 :大学への名無しさん:2010/05/26(水) 00:18:25 ID:wguHjFk10
>>74
暗記ではないです。
公式の証明も確認しながら、常にこの解法はどういった時に使えて、
例外が発生する場合はどのように対処したら良いか、
より普遍性を持たすにはどう覚えたら良いか、を考えて解きました。
また、解法の樹形図を頭の中に作れるようにして、
つねにその判断経路を吟味してきたつもりです。
章末問題も答えを見ずに解けます。

やっぱり9月までは無理かなぁ。
因みに国医死亡です。

76 :大学への名無しさん:2010/05/26(水) 00:33:25 ID:IJevMRiz0
国医でマセマやってるようじゃな…

77 :大学への名無しさん:2010/05/26(水) 00:34:17 ID:wlogdqxh0
そこまで行ってるなら1対1も大した時間はかからないと思うけど

78 :大学への名無しさん:2010/05/26(水) 00:53:24 ID:eRSGfjZ30
1対1の1周目を1時間で10問とか強すぎるww俺2か3問だったわw

79 :大学への名無しさん:2010/05/26(水) 00:58:41 ID:wguHjFk10
>>76
マセマは自分的に好きでした。
結構いい参考書だと思うんですが…。

>>77
そんなことはないと思います…。
でも、頑張ります。

80 :大学への名無しさん:2010/05/26(水) 16:15:03 ID:7J0H+eziP
Tの整数の8の演習でf(n+2)-f(n)を考える意味が分からないんですけど、どなたか教えてください

81 :大学への名無しさん:2010/05/26(水) 16:45:59 ID:YfYLh1Nc0
偶数は2つおきだから。

まずf(0)=整数という前提があり、

とりあえず正の数だけ考えると
f(0)が整数のとき、f(2)-f(0)が整数なら、f(2)も整数。
そしてf(2)が整数のとき、f(4)-f(2)が整数なら、f(4)も整数。
以下同じことを繰り返して、すべてのf(正の偶数)が整数であることが言える。

負の方も同様で、
f(0)が整数のとき、f(0)-f(-2)が整数なら、f(-2)も整数。
そしてf(-2)が整数のとき、f(-2)-f(-4)が整数なら、f(-4)も整数。
以下同じことを繰り返して、すべてのf(負の偶数)が整数であることが言える。

よって0も正も負もすべてのf(偶数)が整数であることが言える。

対象がすべての整数ならf(n+1)-f(n)を考えるが、
この場合は対象が偶数だからf(n+2)-f(n)を考えるということ。

82 :大学への名無しさん:2010/05/26(水) 20:48:01 ID:G7xiB2l30
1対1の例題5周ぐらい読み込んで文系数学プラチカで演習したら駿台全国で140点ぐらい取れたっぽい
ありがたいことじゃ

83 :81:2010/05/26(水) 20:59:22 ID:IraHx/e+0
ごめん問題文ちゃんと読んでなかった

上記の「整数」を下から2行目以外ぜんぶ「偶数」に直してください。

それでも論理は同じ。「偶数−偶数」は偶数だから。

84 :大学への名無しさん:2010/05/26(水) 21:19:22 ID:7J0H+eziP
>>83
詳しい説明ありがとうございます よく理解できました
では問題には関係ないけど奇数の時は?・・・と聞こうとしたんですけど奇数じゃあ成り立たないですよね

85 :大学への名無しさん:2010/05/26(水) 21:54:57 ID:IraHx/e+0
一口に奇数と言ってもいろんな問題設定があるからなんとも言えないね

同じやりかたで

「すべての奇数nに対してf(n)が偶数(奇数)になるように以下の手順で係数を定めよ。
@ f(1)が偶数(奇数)になるようにする
A f(n+2)-f(n)が偶数になるようにする」

というような問題も考えられる。

86 :大学への名無しさん:2010/05/26(水) 23:03:41 ID:0CAOqN/o0
>>71
俺も死亡フラグ
東工大志望なんだけど今から始めるなら例題だけにするべき?
>>68みたいなやり方すればいいのか?

87 :71:2010/05/26(水) 23:12:06 ID:wguHjFk10
>>86
普通に間に合うと思ってたww
>>68のやり方にかけようかな…。

88 :大学への名無しさん:2010/05/26(水) 23:38:30 ID:IJevMRiz0
東工なら3Cだけ1対1やって、その後やさ理かハイ理にすれば?
1対1全部は時間が足りないと思う

89 :大学への名無しさん:2010/05/26(水) 23:44:30 ID:fLMB7PF90
とりあえずやってみれば
68が適当な書き込みだと分かるはずw

90 :大学への名無しさん:2010/05/26(水) 23:46:16 ID:8jPH1YNV0
89に同意。
いきなり解答見るほうが時間かかる気がするんだが・・・
まあ、やってみれば?

91 :71:2010/05/26(水) 23:49:56 ID:wguHjFk10
例題だけにしようと思ってるんだけど、やっぱまずいですか?

92 :大学への名無しさん:2010/05/26(水) 23:54:00 ID:8jPH1YNV0
別にいいんじゃね?
とりあえずやってみなよ。例題終わってから練習やりたきゃやりゃいいじゃん。

93 :71:2010/05/26(水) 23:58:49 ID:wguHjFk10
>>92
助かりました。今日から取り掛かります。
相談に乗ってくれた方、本当にありがとうございました。
多謝。

94 :大学への名無しさん:2010/05/27(木) 00:03:40 ID:PHwyOOVg0
>>82だけど例題だけでもいいと思うよ

95 :大学への名無しさん:2010/05/27(木) 00:06:51 ID:ryZ5Hff30
>>90
いきなり解答見て一問に10分も20分もかかるんなら
それはまだ1対1をやるレベルにないんじゃないかと

それともじっくり考えてない問題はすぐに忘れるってことなのか?

96 :大学への名無しさん:2010/05/27(木) 17:06:19 ID:tJcm5MWO0
経験談だけど、一対一だけで、偏差値55ぐらいは取れたよ。東大実践だから参考にならないかもだが。
ちなみに一対一を現役の6月に始めて8月の模試ね。当然途中までしか終わってなかったけど。しかも例題のみ解いていった。まあ参考にして下さい。

97 :大学への名無しさん:2010/05/27(木) 18:26:34 ID:EecubeHM0
>>96
河合・駿台だとどれくらいの偏差値に相当しますか?

98 :大学への名無しさん:2010/05/28(金) 19:11:18 ID:cSYHfZuN0
河合の記述は75だった。一対一はいい基本定石集だから夏までをメドにやるといいかと。ハッキリ言ってある程度の人なら一問あたり10〜15分×10問ぐらいは一日でできる筈。

99 :大学への名無しさん:2010/05/28(金) 22:33:13 ID:DVG/hTbS0
その"筈"をみると
日本人なら贅沢は出来ない筈だを思い出す

100 :大学への名無しさん:2010/05/29(土) 10:01:39 ID:uCrUR7Do0
tes

101 :大学への名無しさん:2010/05/29(土) 10:03:16 ID:uCrUR7Do0
ありゃ 書き込めた。

>>98
例題だけやって河合で75・・・うらやま!

チョイス終わったら一対一でも良いかもなあ・・・繋げられるか不安だけど。

ありがとうございます〜。

102 :大学への名無しさん:2010/05/29(土) 12:23:14 ID:yChS2gs40
>>98
一問あたり10〜15分×10問
初見でそれならお前のIQが高すぎて参考にならない

103 :大学への名無しさん:2010/05/29(土) 12:43:25 ID:yChS2gs40
僕はその東大志望から見れば時間がかかった馬鹿な国立医志望だけど
一対一は演習問題まで丹念にやって始めて良さが分かる気がする
執筆者は数学講師歴30年とかだから例題と演習題のレベルは離れてないと言うが
問題によっては例題よりかなり難しいものもある(お医者さんになろうの定石と実戦ほどではないが)
演習と合わせるとやさ理や新数演と被ってるものも多い 
あと、数Tの一文字固定法の東大の演習題、
解答はあんなごく一部の人しか使いこなせないような抽象馬鹿な方法でなく
例題と同じ形式の解き方で説明すればいいのに…

104 :大学への名無しさん:2010/05/29(土) 23:26:16 ID:CWWKYRsh0
>>102
復習のスピードに近いな
最初からある程度出来たんだろう

105 :大学への名無しさん:2010/05/30(日) 00:11:04 ID:wnMcSwK40
>解答はあんなごく一部の人しか使いこなせないような抽象馬鹿な方法でなく
>例題と同じ形式の解き方で説明すればいいのに…

このへんが素人と数学講師歴30年の執筆者との見解の相違だな。

106 :大学への名無しさん:2010/05/30(日) 00:15:32 ID:I0/VCV200
まあ、使うのは受験生という素人なんだけどな^^;

もう少し迎合してくれれば神参考書なんだけどなぁ、賛否分かれるのもそこだと思う

107 :大学への名無しさん:2010/05/31(月) 19:55:33 ID:uT4/r2bP0
教科書→一対一ってやった人いますか?

感想とかどのくらい教科書やってたのか教えてください。

108 :大学への名無しさん:2010/05/31(月) 20:33:34 ID:W803daMM0
1単元ずつ教科書読んで傍用問題集を眺める

1対1

で行けた
今1対1を3週したとこだけど駿台全国で130点ぐらい取れたよ

ただし文系です

109 :大学への名無しさん:2010/05/31(月) 21:31:34 ID:uT4/r2bP0
>>108
同じく文系なのでまったく問題ないです。

傍用問題集を眺めるとありますが
本当に眺めてたんですか?

110 :大学への名無しさん:2010/05/31(月) 21:57:16 ID:W803daMM0
うん、解くのめんどくさいから頭の中で解き方だけ考えて解答見てうんうんって感じ

1対1も例題はちょっと考えた後すぐ解説見てたw
解説は1対1の各章の始めにある知識のまとめをチェックしとけばほとんど理解できるよ
例題は1日10題以上手を動かさずに読んで、その後を追っかけるように1日3題ずつ演習問題を
実際に手を動かして解いていった
このやり方は結構お勧めかも

111 :大学への名無しさん:2010/05/31(月) 23:44:44 ID:uT4/r2bP0
傍用問題集は何を使ってましたか?

あと高2や高3での偏差値どんな感じでした?

112 :大学への名無しさん:2010/06/01(火) 20:40:44 ID:MvlCEqUQ0
http://www.math.co.jp/work350.html
軌跡の方程式? (2010.6.1)

113 :大学への名無しさん:2010/06/01(火) 21:10:17 ID:lA5mV05x0
河合塾のテキストの問題
放物線y=x^2+ax+a^2+2aにおいて、aが全ての実数値をとるとき
頂点Pの「軌跡の方程式」を求めよ

114 :大学への名無しさん:2010/06/01(火) 22:00:41 ID:kO3Jrhqe0
>>111
数研出版の精説高校数学とその準拠問題集使った
偏差値は河合で45〜50くらいだった

115 :大学への名無しさん:2010/06/01(火) 22:10:52 ID:58G9wX+l0
演習は方針は経つけど計算ミスが物凄いわ
今度はもう一度時間計って(一問10〜20分位でアウトプット訓練)解答作成しようかな
時間を計って解答を付ける問題集って何がいいでしょうかね?東大を目指してるんですけど。
キチンとした解答作成をは新数演でやるか、基本問題を取りこぼさないよう一対一できちんとやるべきか…


116 :大学への名無しさん:2010/06/01(火) 22:14:40 ID:58G9wX+l0
をは→を
この体たらくだ(アメリカ人風に肩をすくめながら)

117 :大学への名無しさん:2010/06/01(火) 22:34:30 ID:G0TOV9Px0
最終的に全問5分で終わるくらいのスピードをつける

118 :大学への名無しさん:2010/06/01(火) 22:35:58 ID:58G9wX+l0
意味がわかりません!

119 :大学への名無しさん:2010/06/03(木) 01:32:11 ID:VnJcBxUVO
早慶理工は1対1だけで足りますか?

120 :大学への名無しさん:2010/06/03(木) 01:48:23 ID:R85+n5J7O
新スタ演までやればおk

121 :大学への名無しさん:2010/06/03(木) 02:46:19 ID:g30s3mjjO
1対1って技巧的な手法を教えてくれる問題集ですよね?
それらが東大京大の入試本番で役に立つのでしょうか?

122 :大学への名無しさん:2010/06/03(木) 03:02:02 ID:3DXR2Zlv0
1対1は有名所のどの本でも学べるような必須手法をややスマート(技巧的?)に紹介してる本です
その手の基本定石はどの大学の入試問題を解くのにも役に立つと言えると思います
もちろんその定石をどのように適用、応用するかは過去問などで別途学ぶ必要があるでしょうが
ちなみに今年の東大入試の東京出版編集部の好評は「訓練した手法で頑張れば完答できるものではなく」となっていますw

123 :大学への名無しさん:2010/06/03(木) 04:20:35 ID:jSiHepVw0
>>119分からないとしか言えない。最近は異様に易化しすぎだからね
昔の如く難化したら爆死する連中増加しそうだし・・・


124 :大学への名無しさん:2010/06/03(木) 05:22:44 ID:cqLmOLUz0
異様と言うほど簡単でもない。
慶應理工が2000年代初頭に最大瞬間風速的に難化したが、その時の方が異様。
長いスパンで見れば早稲田も慶應も安定した難易度を保っている。

1対1を隅々まで覚えれば、まあ何とか人並みにはとれるかな程度。
もっともっと勉強して受けに来る奴はいくらでもいる。

125 :大学への名無しさん:2010/06/03(木) 11:19:03 ID:Vm6cMx450
1対1で十分

126 :大学への名無しさん:2010/06/03(木) 14:11:58 ID:Vm6cMx450
数学3の積分面積のP108の演習8の問題に関して質問していいですか?
面積S/2を求めるときにABGFを求めてるけど、それってABGFの中にDも入ってるのかな?
図のDFとy=sin(x+6/π)とy=sinxの交点の辺りの図がちっちゃ過ぎてよくわからなくて、
そこが求める面積に入ってるのかがどうかがわからず、
直線QRを動かしたときのイメージもぱっとこなくてorz

127 :大学への名無しさん:2010/06/03(木) 14:20:42 ID:Vm6cMx450
間違えて途中書きのやつが投稿されてた

128 :大学への名無しさん:2010/06/03(木) 21:01:52 ID:+iKb4QXe0
阪大間にあわねー、もう1対1を完璧にする以外何もしない。
開き直り作戦で行こう。
駄目でも来年に繋げられるかも知れない。

129 :大学への名無しさん:2010/06/03(木) 21:07:16 ID:AcjScgC00
>>126
P101の演習題8の解答ってことだよね?ちょうど最近やったわ。
x軸に平行なんだから、求める面積に含まれるよ。
DはPがF上にきたときに通過するだけだから、
S/2の右の図では明示してないだけでしょ。
なんなら先日綺麗なグラフ書いたからうpするか?

130 :大学への名無しさん:2010/06/03(木) 21:18:09 ID:PsmTg2e3Q
1対1と標問を分野ごとに選んでやってる人とかいる?

2次関数は1対1で確率は標問でみたいな感じに

131 :大学への名無しさん:2010/06/03(木) 22:19:02 ID:Vm6cMx450
>>129
そう、そこのページです。
じゃy=sin(x+6/π)とy=sinxの交点を適当にKとしたらKDFも面積の中に入ってるんだ。
できれば、その綺麗なグラフを見せていただけるとうれしいです、お願いします。
ちなみに、イメージとしてはどう考えればいいのかな?
KDFが面積に入るのか、入らないのかすごく悩んでしまいましたorz

132 :129:2010/06/04(金) 00:08:19 ID:7S4cUJzo0
>>131
A〜Hの添字は省くけど、
見ればそのちっちゃい三角形ぽい部分が含まれるのは明らか。
イメージとしては、ありのまま受け止めるしかないと思うが、
あえてわかりやすく説明するとすれば、
1段のみの幅π/3のエスカレーターが
y=sinx上を(0,0)から(0,π)へ移動するのを
横から眺めてる感じかな。
Fの部分でペタンっとなるから、あなたの言っている部分は
明らかに通過している。
あと、スキャンしたからでかい↓
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org936224.jpg

133 :129:2010/06/04(金) 00:17:05 ID:7S4cUJzo0
ごめん、「ペタンっとなる」ていうのは気持ち悪いので無視して下さい。
とりあえず明らかに通過してるから、
1対1にのってる解法どおりやればスムーズにいける。
なれれば、幅がどんなエスカレーターだろうが、
周期のズレの違いしかないだろうし、余裕だと思うよ。

134 :大学への名無しさん:2010/06/04(金) 00:28:21 ID:iNAREcB+P
>>130
俺組み合わせてるよ
TとUの一部、Aは赤チャ使ってBはおもわか使ってる
それ以外は1対1かな

135 :大学への名無しさん:2010/06/04(金) 11:55:43 ID:ADcYuHWM0
>>132
めちゃくちゃ綺麗な図みたら一瞬でわかったわ。
ありがとう、本当にありがとうw

136 :大学への名無しさん:2010/06/04(金) 11:57:26 ID:ADcYuHWM0
>>132
明らかに通過してるね。
いろいろと詳しく説明してくれてありがとう。
画像までうpしてくれて、多謝です。

137 :大学への名無しさん:2010/06/04(金) 18:55:23 ID:QcFxPnTeQ
>>134
そうなんですか!

出来ればその分野をもう少し教えて欲しいです
赤チャやおもわかは1対1よりAやBでは1対1より良いんですか?
良かったらその理由も教えて欲しいです

138 :大学への名無しさん:2010/06/04(金) 21:35:29 ID:MWYN4eUlO
1A2B3C六冊一周するのにどれくらいかかるかな?半年あればいける?

139 :大学への名無しさん:2010/06/04(金) 21:40:24 ID:T6YCj7zF0
黄チャート以上の例題が疑問なく解ければ
復習含めでイケる


140 :大学への名無しさん:2010/06/04(金) 22:49:36 ID:nZ8Xby9X0
>>138
>>55から読んで自分で考えて

141 :大学への名無しさん:2010/06/04(金) 22:50:51 ID:53pLF8ll0
半年って厳しいだろ。
数学だけやるってわけじゃないんでしょ

142 :大学への名無しさん:2010/06/04(金) 22:52:12 ID:53pLF8ll0
センター前になると社会は1ヶ月前からはじめれば楽勝みたいなのと似てるような気がする

143 :大学への名無しさん:2010/06/04(金) 23:11:20 ID:hOXfItLA0
普通に復習含めて半年は楽勝だと思うんだけど・・・。

144 :大学への名無しさん:2010/06/04(金) 23:16:22 ID:qkg3hN900
1周半年とかどんだけチンタラやってんだよ

145 :大学への名無しさん:2010/06/04(金) 23:18:04 ID:hOXfItLA0
>>141
このスレで工作活動する理由が全く分からんわ・・・。

146 :大学への名無しさん:2010/06/05(土) 00:24:49 ID:GL8FWGoJ0
>>138
一日10問やれば例題だけなら一ヶ月くらい。
復習の時に苦手な範囲やCレベルの問題だけピックアップすればいいとおもう。
どちらにしろ早くスタ演かやさ理に進むべき

147 :大学への名無しさん:2010/06/05(土) 00:32:17 ID:JYe+5act0
清史弘が批判してたらしいけど、マジ?

148 :大学への名無しさん:2010/06/05(土) 00:32:43 ID:KXMLKm1w0
>>146
俺も1,2ヶ月で済むと思う。
上で1周半年やら4ヶ月やら言ってる奴がいるが、
基地外か、そもそも1対1やった事ないとしか考えられん。
今からどころか、9月からでも十分間に合う。

もしかしたら、全部釣りなのか?

149 :大学への名無しさん:2010/06/05(土) 00:41:14 ID:S5F9uoUL0
あの人は前からやたら噛み付いてるから

150 :大学への名無しさん:2010/06/05(土) 01:18:27 ID:RWLRL08H0
>>147
駿台の覇権争いが絡んでるんだろ。森先生と雲Kが大数執筆してるからだろうけど。
河合の先生なんかで大数を全否定してる人がいるってのは聞いたことある。
清先生は駿台文庫から本だしまくってるから買ってもらいたくて言ったのかも。

151 :大学への名無しさん:2010/06/05(土) 01:45:29 ID:1gYqrKxX0
凸不等式と軌跡の方程式についてだろ
これについては大数のほうが…

152 :大学への名無しさん:2010/06/05(土) 01:48:59 ID:mtnLtwSM0
清がよくないと言っているのは1対1で、それは雲も森も書いてない。
駿台の覇権争いとか考えすぎ。
俺も軌跡の方程式は必要条件だと思っていた(大数で覚えたのかも知れない)
が軌跡の方程式なんてものそのものが怪しいらしい。
まあいんじゃね、建設的な話なんだから。
ちなみにあえて言うならあの先生は福田氏が嫌いなのではないかと思う。

153 :大学への名無しさん:2010/06/05(土) 01:51:27 ID:mtnLtwSM0
>>151
凸不等式に関しては大数・駿台の森先生もあれはダメだとさ。

154 :大学への名無しさん:2010/06/05(土) 02:04:37 ID:1gYqrKxX0
具体的に言えば、1対1に書かれている「軌跡の方程式」の定義自体が妙なものだ って感じだったかな?

>>153
森先生ならある程度信用していいかな
個人的には、出題者側の認識がずれてたんじゃないかと思う

155 :大学への名無しさん:2010/06/05(土) 02:11:02 ID:mtnLtwSM0
>>154
「すうじあむ 下に凸」で検索すると安田先生のコメントがでてくるので
参考になるかと

安田先生のコメントは「結論から言うと『そんなことは出題者に聞かないとわからない』」
だってさ、そういうもんなのかwww

156 :大学への名無しさん:2010/06/05(土) 02:22:52 ID:1gYqrKxX0
見てきたありがとう。「人間性に依存する」とか面白いな安田さんはw
採点基準が明確にされないと分からないってことか

大数編集部の人が「近いうちに入試の点数だけじゃなく採点答案も開示されるようになるかもしれない」って言ってて、
大学がそんな面倒なことするかと思ったけど、こういう声が大きくなってくれば有り得るな…

157 :大学への名無しさん:2010/06/05(土) 02:29:30 ID:FAgkdFq/O
1対1でこれやっとけってのあります?
1対1のこれは他には載ってないが役に立つという所ありますでしょうか?

158 :大学への名無しさん:2010/06/05(土) 02:43:04 ID:5u37o2HE0
>>156
それは採点基準が不明確な東大国語(特に現代文)でやってほしいな
数学が厳密さの学問で、チェックを経過した所には異論の余地を挟む部分が無い所で成立してるように見えるが、
出題者の意図するところ(特に出題者の想定しうる反例の限界)に
沿うか否かという面で支えられてる気がする。要するに、知識がフーコーの言う「権力」
に支えられてる例だと思う。

159 :大学への名無しさん:2010/06/05(土) 09:03:58 ID:nJ9XpAeH0
凸関数は具体的に関数が与えられていれば1対1のような証明方法
で良いだろうが、抽象関数ではイメージにすぎない。

東北大は×にするといってた。
東大はしらない。

160 :大学への名無しさん:2010/06/05(土) 11:50:47 ID:Kax7U/Az0
東北大っつっても森田さん1人の意見でしょ。
森田さん去年でやめたし、今後はどうか分からんね。

161 :大学への名無しさん:2010/06/05(土) 13:30:05 ID:QsKfKMqd0
高校数学のレベルで定義がどうかなんてあんまり関係ないと思うけど。
実数だって厳密な定義は出来ないんだから。
でも数学的に正しいのにロピタル使ったら×つうのはおかしいと思うけど。
そんなこと言ったらはみだし削り論法はかなり×にされる可能性があると思う。
採点者は知らないかもしれないから丁寧に論述しなきゃいけないし理解されなかったら終了だしね。

162 :大学への名無しさん:2010/06/05(土) 17:51:44 ID:+lBIJQFm0
1対1対応の演習、ってのは、中間テストでしか通用しないテクニックを要領よくまとめただけの問題集なんだけどねえ。
まさに暗記むきの。
むかしむかし、新作問題演習を解いてたような連中からは、表面的なテクニック集だなあ、って言われたもんだぜ。
それがいまや・・・

163 :大学への名無しさん:2010/06/05(土) 18:44:57 ID:QsKfKMqd0
よく勘違いしたおっさんいるけど今の受験問題の方がずっと難しいからね。
但し、受験生自体はレベル下がってるから東大ですら合格最低点が五割六分程度。
数学に至っては五割取れなくても受かる。
昔を懐かしむのは勝手だけど昔は〜なんて言ってると老人の戯言だと思われますよ

164 :大学への名無しさん:2010/06/05(土) 19:01:39 ID:nJ9XpAeH0
>>160
東北付近のほとんどの大学は×にするっていってたけど。
東大はどうなのかな。

どちらにせよ高校生は微分して解くのが一番いい。

165 :大学への名無しさん:2010/06/05(土) 22:08:43 ID:D5QNaWJA0
>>160
確か1/6公式に関してもその人が騒いでただけってのが実情らしいね
むしろこういうことを気にするのは高校教師なんかに多いそうな

166 :大学への名無しさん:2010/06/05(土) 23:44:53 ID:4vZDB68G0
UBまでの4冊だったら復習含めてどんくらいの期間で完成させられますか?

167 :大学への名無しさん:2010/06/05(土) 23:52:33 ID:QsKfKMqd0
だから他の科目との兼ね合いもあるけど、一日10問題ペースでいけば夏までには復習終わるよ。
当然スタ円まではやるべき。一対一の復習にもなるしね。

168 :大学への名無しさん:2010/06/06(日) 00:00:57 ID:mZ/9NmAz0
7月末までに10週いけるだろ

169 :大学への名無しさん:2010/06/06(日) 00:13:28 ID:5C6iH0KM0
6月末までに14週やれ

170 :大学への名無しさん:2010/06/06(日) 00:15:49 ID:F/mvfvZ20
何回も行ったけど復習含めて3ヶ月でイケるよ。
ガセが多すぎる。

171 :大学への名無しさん:2010/06/06(日) 00:33:33 ID:5C6iH0KM0
受験生だまして必死だな

172 :大学への名無しさん:2010/06/06(日) 00:34:03 ID:3H4JCJwN0
一日2時間、一題30分、例題のみ3Cまで

これでも約4カ月で終わるはず。(計算間違ってたらごめん)
下地のある人なら倍以上のペースも可能だろう。

173 :大学への名無しさん:2010/06/06(日) 00:38:40 ID:F/mvfvZ20
>>172
一題30分!?

174 :大学への名無しさん:2010/06/06(日) 00:41:21 ID:mZ/9NmAz0
いやまじで10週いけるぜ?

175 :大学への名無しさん:2010/06/06(日) 00:42:11 ID:mZ/9NmAz0
30分はない
しかも例題て

176 :大学への名無しさん:2010/06/06(日) 00:44:26 ID:F/mvfvZ20
>>174
10周は言い過ぎ。
ってか1週間で6冊終わる訳ないじゃん。

177 :大学への名無しさん:2010/06/06(日) 00:48:07 ID:3H4JCJwN0
時間かけすぎってこと?
苦手な人ならこのくらいかかっておかしくないと思うけど…
まあいいや、1日4題でも100日で終わりますよってことで。4か月じゃないや。

10周とか出来る人については分からないっす…

178 :大学への名無しさん:2010/06/06(日) 01:22:15 ID:1uPQD+eCO
10周は完全に流してるやろ

179 :大学への名無しさん:2010/06/06(日) 01:31:22 ID:f80mcmQw0
一日10問やったら40日で6冊おわる

180 :大学への名無しさん:2010/06/06(日) 01:37:52 ID:Oubb9C9Q0
>>146
そうだよな。1対1なんて1日10問なんて楽勝。
1日15問ぐらいやって2ヶ月で全部終わらせた。
こんくらいが普通だと思う

181 :大学への名無しさん:2010/06/06(日) 04:36:07 ID:GTCnIisRO
テンプレの>>2で、C評価の分野は何で補うといいでしょうか?
何かオススメがありましたら、教えてください


182 :大学への名無しさん:2010/06/06(日) 06:15:21 ID:eZ8zEvkk0
>>163昔にも夜だろ。70年代とかならそうだろうが90年代は難しいぞ



183 :大学への名無しさん:2010/06/06(日) 08:47:21 ID:EPH/9qWL0
【テンプレorまとめサイトを読みましたか?】はい
【学年】 浪人生
【志望校】私大獣医学科
【今までやってきた本や相談したいこと】
駿台で浪人中でテキストだけでは問題数に限りがあるので(特にベクトル)問題集をやろうと思うのですが?

私大獣医レベルにオススメのものは何でしょうか?

又、青チャと1対1はどちらがいいでしょうか?



184 :大学への名無しさん:2010/06/06(日) 10:33:40 ID:q7pZ29Dp0
>>183
1対1を薦める
理由はスレタイ嫁

185 :大学への名無しさん:2010/06/06(日) 11:22:29 ID:EPH/9qWL0
>>184
今からチャートは重いので1対1やろうと思います。

186 :大学への名無しさん:2010/06/06(日) 13:43:09 ID:47Syczb90
>>182
90年代は確かに難しい問題多い。でも90年代って昔か?
受験問題もどんどん定跡化されてるから大変だわな。
その昔は三項間漸化式が宮廷の問題だったらしい。今では中間テスト小問レベルだから進歩ってすごいわな。
スレチだからこれぐらいにしときます

187 :大学への名無しさん:2010/06/06(日) 14:23:20 ID:eZ8zEvkk0
10年一昔と言う言葉がある。
荒川氏が灯台受けたころがピークだろ。数学0完でも受かるといわれていた。
高学力は解けない問題を判断する能力とか言われていた時代だよ

188 :大学への名無しさん:2010/06/06(日) 20:19:47 ID:VY2IPc490
あのころの数学は
三角関数と確率と微積以外手を付けられません状態

189 :大学への名無しさん:2010/06/06(日) 21:10:30 ID:Oubb9C9Q0
1対16冊を4ヶ月ぐらいで終わるのがデフォ
そんくわいで終わらなかったら基礎力不足

190 :大学への名無しさん:2010/06/06(日) 21:36:17 ID:8KKyUvdLO
あげ

191 :大学への名無しさん:2010/06/07(月) 00:31:35 ID:bUgQ28R1O
>>189
で、お前は当然4ヶ月以内で終わったんだよな?

192 :大学への名無しさん:2010/06/07(月) 07:18:23 ID:R2eG5X2Z0
正直予備知識なしで隣接三項間漸化式解ける気がしない

193 :大学への名無しさん:2010/06/07(月) 13:48:41 ID:MjjgsqKR0
四項間漸化式をポンと出されて、誘導なしで解けるかを想像すれば分かる気がする。

194 :大学への名無しさん:2010/06/07(月) 16:05:17 ID:k9GczrhD0
>>192
予備知識なくて解ける奴は殆どいないはず。だが、三項間漸化式知ってれば後は同じ。
凡才は定石を勉強すればよか。天才はしらん

195 :大学への名無しさん:2010/06/09(水) 12:15:14 ID:K7Po27qo0
隣接する項が打ち消し合う和の公式(数列の最初に出てくる)は一般化したものを自分で作ることをお勧めする
あと、(等差数列)×(等比数列)(例題背景説明に一般式がある)も原理を確かめるために一般化したものを計算してみると
センターとかでまごつかなくて済む
これをやっとくと確率でも役に立つ場面が出てくるし

196 :大学への名無しさん:2010/06/09(水) 12:51:50 ID:qpTbtWz50
> 151〜165
まず、「凸不等式」(数学者はイェンセンの不等式と呼ぶ)ですが、
入試でこれを使ったからといって減点する採点者はめずらしいと思います。
ただ、「増加」の定義に「狭義単調増加」と「広義単調増加」があるように、
「凸」の定義に「狭義凸」と「広義凸」があって、その区別が正確にてきない
(ほとんどの受験生にこの定義の違いは理解されていない)ために、
不正確な形で定理を用いて減点される場合はあると思います。
(等号成立条件で、狭義凸と広義凸の違いが問題になります。)
「ロピタルの定理」も同様で、減点されることはないでしょう。
(ただ、ロピタルの定理が適用できる前提条件を、正確に理解しておいて下さい。)
「ロピタルの定理」のかわりに「テーラー展開(巾級数展開,マクローリン展開)」
を使っても、それで減点するとしたら、かなり怪しい数学者だと思います。
そもそも、そういうものを使うと簡単になる問題は、出題時に避けると思いますが、
そこは、大学の出題能力に依存します。
「1/6公式」は何社かの教科書に載っているので、出題者も、当然それを使うことを
想定して問題を作っているはずです。
あと、行列式を使った諸公式(三角形や平行四辺形の面積、2点を通る直線、
3点を通円)とか、ベクトルの正射影等に関連する諸公式も、使っても減点されないと
思います。
もっとも、三角形の面積の公式は、絶対値が付かない形で覚えておいてもらうほうが
いいですよ。
射影公式も、30年以上前の高校の教科書に載っていた、「正領域と負領域」の概念を
理解した上で使ってほしいものです。
受験生の答案では、予備校でならった高級な公式を、うろ覚えの不正確な形で使って
間違えるケースが多いので、高校の教科書や一般的な参考書に書いてない公式や定理を
使って問題を解く場合には、「一般的にかくかくしかじかの公式(定理)がある」
という説明を付けて、答案を書いてもらうと、採点者に誤解を与えないと思います。


197 :大学への名無しさん:2010/06/09(水) 12:58:12 ID:K7Po27qo0
小樽商科大の極限の問題で
ロピタルガードがあったのを思い出す
ロピタルガードという表現は気に入っている
実数x,y∈Rについて
狭義:x<y⇒f(x)<f(y) 広義:x<y⇒f(x)≦f(y)
ってことね

198 :大学への名無しさん:2010/06/09(水) 13:10:17 ID:bbZK4mwJ0
四項間漸化式の場合はどうなるの

199 :大学への名無しさん:2010/06/09(水) 13:16:39 ID:qpTbtWz50
> 197
その通りです。
あと、昔の話題になりますが
> 10
> あと数3のP.13の演習題(3)で平成17年の版では「f(x)がx=aで微分可能のとき」
> となっていてそれじゃあ後ろの解答ダメじゃんとか悩んでいたら今本屋で並んで
> いる版では「f(x)が微分可能のとき」と変わっていた
という話、いいですね。受験生で、
「f(x) が x=aで微分可能」, 「f(x) が x=aのまわり(近傍)で微分可能」,
「f(x) が微分可能」という3つの意味の違いが理解できている人が、
本当に少ないので、こういう話を聞くと本当にうれしいです。
とにかく、大半の受験生は、公式や定理が使える前提条件を一切無視して、
そういうものを使おうとしますからね。


200 :大学への名無しさん:2010/06/09(水) 13:28:40 ID:8P3jujYa0
>こういう話を聞くと本当にうれしいです。
勝手に喜んでろ、カスwww

201 :大学への名無しさん:2010/06/09(水) 13:34:01 ID:qpTbtWz50
> 198
学習指導要領外だから、何の誘導もなく隣接3項間漸化式や4項間漸化式の問題は
出題しないはずです。ただし、他に指導要領内で解ける解法があって、
別解として隣接3〜4項間漸化式でも解ける、という場合はあると思います。
(確率過程の問題(数列を使う確率の問題)では、そういう問題もあるんじゃないかな)
その場合は、正々堂々と、行列の固有値なり、特性方程式を使って、
隣接多項間漸化式から一般項を導いてもらえばいいんじゃないですか。
心配なら、そういう方法で一般項を見つけておいて、答案のほうは、そこは書かずに、
帰納法でそれが求める数列であることを証明しておく、という手はありますが。


202 :大学への名無しさん:2010/06/09(水) 14:01:35 ID:K7Po27qo0
有名私立高校の図形問題は難しい
93年の日大習志野高校の問題 東大新数学演習3-19(ここの問題は昔はコンテスト形式で入試問題を募集してて
在校生が考えたというかパクったであろう問題)
91年の市川高校の問題 数学A例題(角の2等分線が与えられ、直角三角形の一辺の長さを求める) 
93年の開成高校の問題 数学A演習(横浜国立の問題そのまま)
94年の滝高校の問題  数学T演習(正三角錐ではなく、底面が直角2等辺三角形となる直方体の隅から切り取った三角推
に内接する球の半径というひねった問題)


203 :大学への名無しさん:2010/06/09(水) 14:03:36 ID:K7Po27qo0
×底面が直角2等辺三角形となる
○底面が直角2等辺三角形となるように

204 :大学への名無しさん:2010/06/09(水) 14:58:06 ID:K7Po27qo0
YMSか何かに推薦で筑波医受かった藤原糊化似の女子がいた気がする

205 :大学への名無しさん:2010/06/09(水) 15:30:38 ID:qpTbtWz50
> 159 > 東北大は×にするといってた。
> 160 > 東北大っつっても森田さん1人の意見でしょ。
森田先生が具体的にその問題を示して「×にする」と言ったのですか ?
それは、ちょっと信じがたいことだけど。
> 155 さんが教えてくれた安田先生のコメントのほうが的をえてますね。
高校では凸性の正確な定義は教えないので、採点者からすれば、
式で示そうが図で示そうが、どちらも完全でないことに変わりなく、
逆に完全な説明を要求するほうが無理なので、こんなところで無意味な
減点はしません。
入試というのは競争試験だから、受験生の間の能力比較なんです。
採点は、受験生の能力を数値化して比較するためにするんです。
だから、どの受験生も正確にできないような、微積の論証的な説明なんて、
答案をざっと見て、入学させてもよい水準だと思えば、数学的に不正確でも、
減点することはないです。
ただ、「f(x)は(単調)増加だから f'(x)>0」とか書いてあると、減点しようかな、
という誘惑にも駆られます(f'(x)≧0 が正しい)。
ただ、そんな細かいことを言っていると、時間内に採点が終わりません。
基本的に、答案から読み取れる受験生の数学的能力を逆転させるような
採点基準で採点することはないですよ。
イェンセンの不等式も、それを正しく理解して使っているなら、その受験生
の能力は高いから絶対減点しません。ただ、能力は低いのに、予備校の付け
焼き刃で怪しいことを書いていたら、イェンセンの不等式を理解していな
いで使った、と考えて、そのように採点します。具体的には、そういう答案は、
説明に不備があるので、その部分で減点します。イェンセンの不等式を
使ったこと自体に対して減点するわけではありません。


206 :大学への名無しさん:2010/06/09(水) 16:15:33 ID:WDMDR4/G0
>>196
ロピタルはマジで使ったら減点の可能性あるよ。実際予備校講師もそう言ってたし。
大数でも検算で使うようにってちゃんと書いてある

207 :大学への名無しさん:2010/06/09(水) 17:10:05 ID:AYsqa+Bh0
>>196,205
貴方の言ってる事がよく分からないが清史弘が指摘してるのは
http://suseum.jp/gq/question/790の大阪府立大の問題では
一対一対応の演習のある模範解答では
「f''(x)>0であれば、y=f(x)のグラフが下に凸になるのはなぜ?」という問いに
「それは、グラフが下に凸だからです」と答えることになるから0点だと言ってるのであって
イェンセンの不等式とかいうのを使って良いのか悪いのかの話ではないですよ

つまり清史弘は
式で説明するのが良くて
図で説明するのが悪いと言ってるのではなくて
一対一の模範解答では循環論法になってると言いたいんでしょう
そして東北大も清史宏の考えと同じなのでしょう

208 :大学への名無しさん:2010/06/09(水) 17:15:37 ID:AYsqa+Bh0
因みに俺はロピタルに関しては減点されるとは思わない
去年か今年かの大学入試懇談会で大学数学を使っても良いかの問いに
京大の教授が高校数学だろうが大学数学だろうが数学は数学だ
って言って高校範囲外の知識を使うことにOKだしてる

209 :大学への名無しさん:2010/06/09(水) 18:03:17 ID:UNUjDkka0
そもそもグラフの凸定義が大阪市立大学の問題なんだから、
f''(x)>0だからグラフは下に凸ですってのはおかしいよねえ。

jensenの不等式使っても循環論法になるとおもう。
だから微分しなさい。

210 :大学への名無しさん:2010/06/09(水) 18:43:12 ID:qpTbtWz50
> 206
採点者が減点しない、と言っているのだから、実際に大学入試を採点しない
予備校講師の言うことより正しい。
ロピタルだけで解けるようなつまらない問題は出題しないけどね。
長い解答の課程のごく一部でロピタルが使えることはあると思うけど、
問題の本質部分じゃないと思うから、どうぞご自由に。
> 207
196, 205ですが、話の流れを誤解してました。
> 大阪府立大の問題では 一対一対応の演習のある模範解答では
> 「f''(x)>0であれば、y=f(x)のグラフが下に凸になるのはなぜ?」
というのなら、任意の a<x<b に対し f(x) < ((x-a)f(b)+(b-x)f(a))/(b-1) が
成り立つことを、式変形で導かないとダメですね。
正解率は、医学部以外悲惨だったと想像できる。私なら出題時に却下するな。


211 :大学への名無しさん:2010/06/09(水) 19:02:55 ID:WDMDR4/G0
>>210
京大では数学的に正しければいいと言っているだけで全ての大学でOKとは言ってない。
東工大の先生も数学的に正しければ大学の知識も使って良いと仰っていた。
予備校の先生は実際に採点官から聞いた話としていっていたのだから減点する大学があるのも事実。
あなたの意見は個人的かつ限定的な意見でしょ?全ての大学で使って良い根拠ないでしょ?
ロピタルは一部の大学では減点対象みたいだから増減表に使うぐらいはいいけど解答としては私はお勧めできません。

212 :大学への名無しさん:2010/06/09(水) 19:23:58 ID:qpTbtWz50
> 211
入学試験というのは、受験生の学力を比較して、学力の高い受験生のほうから
大学に入学させるための試験。
ロピタルを使ったら学力が低い、とでもいうのなら減点するでしょうが、
そいうことは考えにくいですね。
日東駒専あたりの受験生でもロピタルを知っている人は多いようですが、
学力が低いと正しく使えない人が増えてきます。
ロピタルを使うと減点とかいう根拠のない噂があるとすれば、ロピタルを
正しく使えないために減点されたのを、ロピタルを使ったために減点された
と誤解したとしか考えられませんね。
ただし、上にも書きましたが、ロピタルを使うより、テーラー展開を使う
ほうが、素早く計算できる場合が多いですよ。
残念ならが、テーラー展開まで正しく使いこなせる受験生は多くないですが。
ロピタル云々を心配するより、適切な説明が書けているかどうかのほうを
心配して下さい。特に、「任意」と「ある」の正確な理解とか、「必要十分性」
の正確な議論とか、そういうところの不備のほうが、大きな減点対象になり
ます。


213 :大学への名無しさん:2010/06/09(水) 19:38:04 ID:czYLV+4+0
いい加減スレチ。

214 :大学への名無しさん:2010/06/09(水) 19:50:13 ID:WDMDR4/G0
>>213
もうやめます。
ただ、責任ももてないのに使ってもげんてんされないでしょうと吹聴してる人を野放しに出来なかったので。
使いたい人はご勝手に。但し事故責任で。

215 :大学への名無しさん:2010/06/09(水) 20:16:47 ID:4DebWo/W0
この程度でスレチとか(笑)
そもそも1対1の内容なんだし、1対1で○○大学までいけますか?とか
6冊を○ヶ月で終わらせることはできますか?とかやってるよりよっぽどいいだろ。

>>214
やめるの?おもしろいのに。
でも、2ちゃんで「責任ももてないのに・・・」とか言ってもなあ。もてるわけないじゃん。

あと自己責任に決まってる。これで減点されても「2ちゃんでは減点されないって言ってたのに」とか
言い訳が通じるわけない。

216 :大学への名無しさん:2010/06/09(水) 21:49:45 ID:qpTbtWz50
自分の大学の過去問20年分くらい見直してみたけど、ロピタルが使えそうな問題なかったな。

大学によって、合否の目標ボーダーラインの設定は異なるけど、例えば実質競争倍率が
3倍で、想定ボーダー60%だったとすると、完答率10〜50%の問題を4〜6題出題すること
になる。問題数が少ないから当然、複数の単元の融合問題が中心で、難易度の調整は、
計算の複雑さ、場合分けの複雑さ、などで調整することになる。ヒラメキというか
飛躍的な発想が必要な問題は、京大あたりは好きだけど、私の大学では、博打性が高く
なり、正答率も下がりすぎるので出題しない。
実際には、ロピタルで減点云々より、何問解けるかで合否は決まるんだよね。
1対1のような単元別参考書だけだと、実際の融合問題を見たとき、どの単元の知識を
使うのかわからず、白紙のまま答案提出、というケースが心配だね。
それから、係数や答の数値が簡単な問題ばかり解いていると、実際の入試は(大学のレベル
によるけど)、係数を分数や無理数にしたり、分数式の計算をちっと煩雑にしておいたり
して正答率下げるから、出題者の目論見(もくろみ)にはまることになるよ。
実際、ある程度複雑な計算までできないと、大学の数学の授業についていけないからね。
証明問題の採点は、意味不明・言語不明瞭なデタラメな解答ばかりで、つらい。
上で話題になった、大阪府大2002年とか、お茶大2008年理-後の(1)は正解率1%までい
かなかったと思うよ。実際には、相当、甘い採点基準で点をあげるしかなかったはず。
お茶大の場合、(1)は正しくないけど(2)は出来た、という答案が多かっただろうね。
お茶大の先生達なら、事前に正しく正答率予想できると思うけどな。


217 :大学への名無しさん:2010/06/09(水) 22:31:42 ID:J6krzjTD0
あのー大学の助手さんか何か?

218 :大学への名無しさん:2010/06/09(水) 22:53:09 ID:K7Po27qo0
>係数や答の数値が簡単な問題ばかり解いていると、実際の入試は(大学のレベル
によるけど)、係数を分数や無理数にしたり、分数式の計算をちっと煩雑にしておいたり
して正答率下げるから、出題者の目論見(もくろみ)にはまることになるよ。
有難うございます。

意味不明・言語不明瞭なデタラメな解答ばかりで、つらい
>明瞭な解答はどんなものか、作り方を教えて下さい。

219 :大学への名無しさん:2010/06/09(水) 23:01:22 ID:diyl61B90
1対1のような単元別参考書だけだと、実際の融合問題を見たとき、どの単元の知識を
使うのかわからず、白紙のまま答案提出、というケースが心配だね。

>基本ができたら融合問題で鍛えようと思います

220 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 01:02:58 ID:itU/HPWV0
1対1とかチャートで理解を深めたら、
数学はもはや現代文のテストに似る。

和文英訳で、知ってる表現に言いかえる作業にも似てる。

221 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 11:13:58 ID:5+QfC5sC0
>>210
>正解率は、医学部以外悲惨だったと想像できる

この問題は数学科のしかも後期試験だったと思います
なので「後期で数学科に来たいのだったら下に凸の定義なんて高校の教科書
にくわしく載ってないよ〜とかつべこべ言わずにそのくらい常識として知っとけよ」
なんて大学側は思ってるかも?

222 ::2010/06/10(木) 11:52:33 ID:5+QfC5sC0
(誤) 数学科・後期 → (正) 理学部・後期

223 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 12:04:24 ID:STjDt/VI0
数学VのP119の例題6って円錐台からくり抜いたりせず直接そのまま置換して求めることってできないの?

224 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 13:30:17 ID:OcO06xzpO
黄色チャート例題全て仕上げた浪人ですが、1対1六冊例題全部をこれから1ヶ月で終えるというのは無謀ですか?
やはり3ヶ月以上は掛かると覚悟しておくべきですか?

225 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 13:32:23 ID:LUE+5HkX0
>>223
できなくはないと思うけど、やる気にならないほど膨大な計算にならないか?
これくらいの問題は全体求めていらないトコ引くっていう定番のやり方がいいと思う。
それに、
解答どおりxの積分に置換後、
積分区間1→2では円錐台の体積公式、
積分区間0→2では(xの整式)とe^xの掛け算だから部分積分しなくても
ウォリスの公式(←うろ覚え)の考え方利用して秒殺できる。
だから、ここは悩まずサクサク進めてった方が得策かと。

226 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 14:18:40 ID://yim3KO0
>>224
例題だけだと約400問
1問につき、解く15分、解説15分として(1問0.5h)
全問にかかる時間400*0.5=200h
1ヶ月で仕上げるとして1日200/30=6.7h
浪人生でかつ数学に重点をおいて勉強するのなら可能だが、
ノンストップでこれだけやるのは常識的には厳しい
2ヶ月なら半分ですむから、負担も少ないのでできると思う

227 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 14:27:05 ID:sWJQSj+L0
>>224
チャートを仕上げているなら1対1にはチャートと重複する問題もあると思う
だから解ける問題は飛ばして効率良くやればいいと思う


228 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 14:44:24 ID:Ed8I3fUx0
これは大数シリーズ全般に言えることだが、解き方が技巧的過ぎる。
特にスタ演や新数演は酷く、論理の飛翔も少なくない。
最近は参考書が充実してきたから、大数ブランドも衰退するだろうな。

229 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 15:00:27 ID:4uz9PusEO
でもスタ演の変わりあるか?

230 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 15:19:45 ID:DAflRjDE0
>>229
これ、何年も前からあるコピペだから。

せめて「論理の飛翔」→「論理の飛躍」の訂正ぐらいはしてほしいものだ。

231 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 17:28:42 ID:5+QfC5sC0
論理が飛躍しているのはどの問題のどの部分かを書いてくれれば
有益な話ができると思うのにそういう人は何も書かないよな
ちなみに「新数学&数学VCスタンダード演習&新数学演習」というスレで
新数演の7・11の問題(京大)の解答が間違ってるとか書いている人がいたが
その人の間違っているという理由を見ると存在命題ってことがさっぱり
わかっていない人みたいでしたwww大数の解答が正しい
しかも京大はたまに悪問をだすとか言いだす始末、オイオイ
京大の問題が悪いとか言う前にもっとまじめに勉強しようよと思った

232 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 17:37:50 ID:rBKda2K20
存在命題に必要十分も糞もあるか。

233 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 17:40:57 ID:rBKda2K20
三角形ABCが存在すればいいんだろ?
じゃあ、p,qは実数だ。これで正解だろ。

234 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 17:45:01 ID:rBKda2K20
条件を図示させずに、文で答えさせるのは京大にはよくあること。
2009年の理系・乙の大問1もそうだ。駿台の青本でも、「本来ならば図示せよとするべきである」といったようなコメントがされている。
だいたい、採点面倒くさいだろ。

235 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 17:45:36 ID:5+QfC5sC0
俺もちょっと書き足りなくね?と思うことはある
例えば、1対1(B)のP.11の例題4の(2)でvec{AB}, vec{AC}が線型独立であること
を書かずにいきなり係数比較するのはやばいんじゃね?と思った
確かに問題文に三角形ABCとあるのでvec{AB}, vec{AC}が線型独立であることは明らか
ではあるが、俺ら受験生が書く答案としてはどうなの?

あと微積基礎の極意のP.83の解答もやばくねと思った
グラフからわかるのはあくまで予想であるので、グラフより極限値が1というのはダメでしょ
問題文にあるグラフを利用してというのはグラフで予想してそのあと式で示せということだと思う

などなどあるのだが、最も俺自身ただの受験生なのでこっちが間違っている可能性も大であるw

236 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 17:52:05 ID:rBKda2K20
>>235
俺の意見に返答くださいよ。
わかってないっていうなら、一般的な存在命題の定義と、この問題への適応を教えてくれよ。

ちなみに、俺は1年前この問題を高校の先生に聞いたら、
3点が三角形を作るのは前提として…
などと曖昧な返答しかしなかった。そんなことなら、白点部は除くとしたほうがよほどスマートだろう。
いずれにせよ、新数演の解答じゃ、3点が1直線上にある可能性は拭えないわけだ。

つーか、そもそも「三角形ABCが存在」って存在命題じゃねーだろw
詳しくいうなら「3点A,B,Cが(1)(2)を満たす三角形を構成する」ための必要十分条件だろ。

237 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 17:52:05 ID:5+QfC5sC0
>>233
オイオイ間違ってるよwww

238 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 17:54:22 ID:rBKda2K20
>>237
だから、どこが間違いなのか言ってくれよwww

ある実数p,qに対して三角形ABCが存在 真
三角形ABCが存在するならp,qは実数 真

必要十分条件じゃねーかwwwww

239 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 17:59:38 ID:gN3Q5M3Y0
>新数演の解答じゃ、3点が1直線上にある可能性は拭えないわけだ
解答を100回読み直せ

240 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 18:03:30 ID:RYrECgm9O
俺の流派では、直線も三角形のうちなので、新数円の解答で正しいです。
というか、三角不等式、余弦定理、正弦定理、…(まあ、これらは同値な命題だが)全部満たすのに、直線を三角形と考えないほうがおかしい。

241 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 18:11:24 ID:5+QfC5sC0
落ち着いてくれ、俺が間違ってる可能性は大だから(だって単なる受験生だから正直自信ない)

>ある実数p,qに対して三角形ABCが存在 真
ん?p=-100, q=1はp,q実数だけど三角形なんてできないじゃん

>白点部は除くとしたほうがよほどスマートだろう
いやいや存在って一つ存在すりゃいいでしょ、だから白点以外の周上に一つでも
三角形をとれるAがあればOKってこと

反論よろしくお願いします、僕にはとても有益ですので、書いてよかったです

242 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 18:29:08 ID:5+QfC5sC0
探したら「志田晶のベクトルが面白いほどわかる本」という本のP.268にもあった。
こっちでは座標を導入してやってる。この本でもp+q^2>0が答えだぞ。
また教学社の京大数学25ヶ年も同じ答えだった。やっぱ大数の答えであってんじゃね?


243 ::2010/06/10(木) 18:31:25 ID:5+QfC5sC0
p+q^2>0 → p+(q^2)/4>0

244 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 18:47:37 ID:5+QfC5sC0
激しくスレ違いの匂いがしてきたので1対1との関連で言うと
1対1(B)P.20の[その2]の技を使うとこの問題は瞬殺できる

以下ベクトルAを{A}と書くことにする
BCの中点をMとすると
p={AB}・{AC}=AM^2 -(q/2)^2 ← ココが技[その2]
であるから
AM^2 > 0 ⇔ p+(q^2)/4 > 0
となることが必要
逆にp+(q^2)/4 > 0を与えるときMから√p+(q^2)/4の点
をAとすれば三角形は存在するので十分でもある
(最後の所が俺が間違っているとクレームされているところ?)

245 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 19:10:13 ID:5+QfC5sC0
>>236
存在命題 =「…は存在する」「…がある」という形の命題(いいかげん?)
俺が存在命題と言っているのは後半の十分性の話
p+(q^2)/4 > 0のとき三角形をつくるAが存在することを示せ
という部分、だってここが論点なんだから

246 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 21:22:29 ID:unwWQPHC0
(1),(2)を満たす三角形ABCが存在するなら、題意より明らかにp,qは実数である。
逆に、適当な実数p,qを定めれば(1),(2)を満たす三角形ABCが明らかに存在する。

よって、求める必要十分条件は、p,qは実数。
存在命題って、こういうことだよな?

>いやいや存在って一つ存在すりゃいいでしょ、だから白点以外の周上に一つでも
>三角形をとれるAがあればOKってこと
いやいや存在って1つ存在すりゃいいでしょ、だから(p,q)∈R^2 の中に1つでも
三角形をとれるAがあればOKってこと

247 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 21:44:32 ID:1zfttl+p0
a,bは実数とする。
2次方程式:t^2 + 2at +b=0 ―(*)
の実数解が存在するための必要十分条件をa,bを用いて表せ。

答え) a^2 - b≧0

題意を存在命題と解釈した場合
題意より、a,bは実数。逆に、適当な実数a,bを取れば、(*)は実数解をもつ

248 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 21:50:15 ID:1zfttl+p0
a,b,c,d,e,fは実数とする。連立方程式:
ax+by=e
cx+dy=f
の解が存在するための必要十分条件を求めよ。

答え) ad-bc≠0 または (c,d,f)=k(a,b,e) (kは実数)

題意より、a,b,c,dは実数。逆に、適当な実数(ry

249 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 22:23:08 ID:6Hi1FSoD0
1対1のA・Bってなんでこんなに評価低いの?
ほかので代用するべき?

250 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 22:44:53 ID:CE9MIz5e0
空間ベクトルで使わない部分が多い(現在の傾向に合ってない)
確率・期待値の考え方が巧妙すぎる
図形の難易度が中途半端(Aは簡単すぎる)
数学的帰納法を扱わなさすぎる(例題2問のみ。しかも一問は強い過程)
故に終わらせるのが結構大変
ただBの融合問題はいい



251 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 23:01:37 ID:9h6WY/ZN0
Aの平面図形はやっておいても損はないかな
まあ入試では、ほとんどでないからやらなくても差し支えないが

結構いい問題そろってるよ。

252 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 23:34:49 ID:CE9MIz5e0
一対一は演習もきちんとやれば
新数演だって優に半分は解ける(一対一の問題が混ざってるし)
ってか新数演のBレベル問題がそのまま私大で出てることがある

253 :大学への名無しさん:2010/06/10(木) 23:51:30 ID:DX6y4ear0
>>250
数列とベクトルの1対1の不満を代わりの本でやるとして、
問題は1対1レベルで、1対1のように各問の指針が詳しい問題集ってないですか?

254 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 00:37:20 ID:BzoU2hMq0
あったら定番化してるよなあ…

255 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 00:43:18 ID:78LY+NZy0
>>253
教科書nextの存在をもちろん知った上で聞いてるんだよね?

http://www.tokyo-s.jp/products/d_zoukan/kyoukasho_next/index.html

256 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 00:44:53 ID:78LY+NZy0
ごめん。
なるべく早めに死ぬから、上のレスはみんな見なかったことにしてくれ。

257 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 04:48:29 ID:YJQLefVh0
>>247 248
今話しているのは「〜が存在することを示せ」、一方
あなたが書いている例は「〜を用いて表せ」とか「〜を求めよ」で全然別物

例)「x^2 < 1かつx≠(1/2)」を満たす実数xが存在することを示せ
(「・・・」を満たす実数xが存在するための必要十分条件を求めよではないことに注意!)

x=0が存在と一つ言ってしまえば終わりだよね、別にx=(1/2)でもいいけど
-1<x<1かつx≠(1/2)が答えであるなんてやらないでしょ、だって「求めよ」ではないから

白丸がダメとか言っているのはこの例だと下のように答えてるので
ダメなんじゃないのと言ってるのです

258 ::2010/06/11(金) 04:53:51 ID:YJQLefVh0
ダメっていうのは「白丸がダメという考えがダメ」ってことね
文章下手でスマソ

259 ::2010/06/11(金) 05:29:04 ID:YJQLefVh0
(誤)別にx=(1/2)でもいいけど
(正)別にx=(1/3)でもいいけど

260 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 08:54:19 ID:CU2ry7la0
>>257
存在することを示せばいいなら

(1),(2) ⇒ p,qは明らかに実数。
逆にp,qが実数のとき, 明らかにBC上にない点Aが取れるから,求める条件はp,qは実数。

これで満点だろ?新数演の解答の数字を変えただけで、論理はまったく間違っとらん。

261 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 08:59:25 ID:IVBeMKPjO
お前アホだろ
p,qが実数でも

p=-100,q=1

に対して三角形なんてできないじゃん
二度も言わせんな

262 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 09:00:51 ID:CU2ry7la0
>>261
お前アホだろ |AM|^2=q^2/4+p>0 でもAがBC上にあれば三角形なんてできないじゃん。

263 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 09:03:25 ID:IVBeMKPjO
ダメだwwこいつ馬鹿だwwwww
十分性のほうは存在命題だから、三角形ABCが1つでも存在すればいいんだよwww
BC上にある場合とか考えなくていいしwww

264 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 09:04:49 ID:CU2ry7la0
1つでも存在すればいいんだろ?
(p,q)∈R^2 に対して、BC上にない点Aはとれないのか?

265 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 09:07:12 ID:IVBeMKPjO
お前中学生?www
新数演やる前に、教科書読めよなwww

反例>>261

はい論破www

266 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 09:09:52 ID:CU2ry7la0
いや、存在命題を否定するのに凡例とかいわれても…

2次方程式 t^2 - 3t +2 = 0

は、t=0 のとき不成立だから、実数解は存在しないっていうの?

267 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 09:11:19 ID:IVBeMKPjO
そんなこといってないだろwwww

日本語不自由すぎwwwww

268 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 09:13:00 ID:nt4am+730
アホどもここから出てけ
他でやれ

269 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 09:14:32 ID:IVBeMKPjO
黙れアホ

そもそも必要性もなりたってねーしw

270 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 09:33:17 ID:IVBeMKPjO
CU2ry7la0の知能レベル

・存在命題が理解できない
・質の悪いことに、理解できないと他人が間違いだという
・論理がわかっていないので、お門違いな例を挙げて反論する


271 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 09:34:56 ID:CU2ry7la0
お門違いだというなら、どこが間違ってるのか教えてよ

272 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 09:35:33 ID:IVBeMKPjO
反例>>261 (3回目)

273 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 09:38:07 ID:CU2ry7la0
>>272
解答の

|MA|^2=q^2/4+p>4

でも、BA↑=tBC↑となる場合は、三角形はできませんが

274 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 09:39:49 ID:IVBeMKPjO
存在命題だから1つ存在すればいいから、そんな例外を挙げたって否定されたことにはならないよwwwww

275 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 09:43:49 ID:CU2ry7la0
だから、p,qが実数なら、少なくとも1つは三角形ABCがとれますよね?
だったら、求める条件はp,qは実数、でいいじゃないですか?

276 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 09:46:40 ID:IVBeMKPjO
さっきから反例あげてるだろwwww
いい加減理解しろwwwww

277 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 09:53:28 ID:CU2ry7la0
では、言い方を変えましょう。
なぜ、R^2 全体に対しての反例は正当なのに、
q^2/4+p > 0の中に三角形を成さない点Aがあっても良いのですか?

278 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 09:55:26 ID:IVBeMKPjO
じゃあ、聞き方を変えますwwwww
なんでp,qは実数が正解だと思うの?wwww

279 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 09:57:49 ID:CU2ry7la0
思ってませんよ。
「求める条件を満たす三角形が1つでも存在すればいい」
という立場に立てば、それでも正しいですよね?と言ってるだけです。
そもそも、僕の質問に答えてください。

280 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 10:00:34 ID:IVBeMKPjO
>>279
>思ってません

>>260
>これで満点だろ?

ハイ、矛盾したーwwwww
自分がどれだけいいかげんなこといってるか自覚しれwwwww

281 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 10:06:20 ID:IVBeMKPjO
正解だと思うなら、京大の試験でpqは実数って書けばいいだろwwww落ちるからwwwwww

282 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 10:12:11 ID:CU2ry7la0
>>280
何も矛盾してないよね。
1つでも存在すればいいなら、そういう条件はすべて必要十分条件に成り得るんじゃないの?
って言ってるの。

>>281
実際に試験ででたら、
q^2+4p > 0 かつ 点Aは直線BC上にない
と書くだろうね。あるいは、少し洒落て後半はベクトルで記述するか。
存在命題とかそういうこと抜きにして、これがまさしく一般的な論理での必要十分条件だし。

283 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 10:14:25 ID:IVBeMKPjO
一般的な論理って何?wwwwwww
自分の勝手な基準で物事語らないでwwwwwww

284 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 10:17:16 ID:CU2ry7la0
xに関する命題P(x),Q(x)に対して、
P(x) ならば(⇒) Q(x)
っていうのは、P(x)を満たす”すべてのx”に対してQ(x)が成り立つってこと
ベン図を書けば図形的にわかりやすくなる

対して
q^2/4+p > 0 ⇒ 点AはBC上にない(三角形ABCが構成される)
は成り立たない。BC上に点Aがある場合もあるから。

285 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 10:19:58 ID:IVBeMKPjO
だからwwww十分性は存在命題だっつってんだろwwwwwwwwww

286 :257:2010/06/11(金) 10:58:32 ID:YJQLefVh0
>>284
この問題僕が言い出し、なんか荒れちゃって申し訳ない
ID:IVBeMKPjOが言ってることが僕が言っていることと同じです
(でも僕はID:IVBeMKPjOほど口は悪くありませんよwww)
ID:CU2ry7la0さんは257に僕が書いたアホみたいな例に反論できますか?

ちなみに存在証明の基本は「一つ例を挙げること」であり、それ以外では
抽象的な問題の場合は「中間値の定理」か「平均値の定理」を利用することが多く
あとは「鳩ノ巣原理法」くらいだと思います

287 :257:2010/06/11(金) 11:14:33 ID:YJQLefVh0
>>284
検索してみたら下みたいなのが見つかった
ttp://www.riruraru.com/cfv21/math/kum08f.htm
の下の方にある乙[3]の解説が参考になるかもしれません

288 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 12:36:18 ID:GptISfVB0
大数をやって解き方などは分かるのですが
「どうしてここがこうなるのか」などの疑問が多く出てきてしまって、はかどらないというか
苦手意識がどんどん膨れ上がっている感じなんです
大数いがいでこれやっとけみたいな参考書あったら教えてほしいです

289 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 12:43:33 ID:q6P3VpW/0
あの〜、数学板でやってもらえませんかね?

290 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 13:31:24 ID:IVBeMKPjO
だいたい、p,qは実数って必要性みたしてないしwww
図示すれば明らか。必要性は図のMを中心とする円周上で、
p,qが実数全体なら、Aは平面すべて動くからなw

291 :選ばれし暗黒下着泥棒曳地康〒∬:2010/06/11(金) 17:33:16 ID:ABwPr2RtO
一対一の傘型微分ってどこにあるの?




にゃ?

292 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 18:33:14 ID:CU2ry7la0
>>286
条件と命題の意味は、俺が>>284に書いた通り。
命題R:S ⇒ T
S:q^2/4+p>0
T:(1),(2)を満たす△ABCが存在する
は、Aである”すべてのp,q”に対して、Bが成り立つということ。
しかし、Rは成り立たない。なぜなら、SかつAが直線BC上にある(3点が三角形を成さない)場合があるから。

もし、十分性のほうが存在証明だというなら、そちらこそ>>260,>>277あたりに納得のいく反論くださいよ。

>>290
題意よりp,qは明らかに実数。問題文の前提にもあるが
(1) |BC|=q
絶対値は正の実数しか取り得ない。(すくなくとも高校範囲の絶対値の定義では)
(2) AB・AC=p
内積も(高校範囲の定義では)実数の値しか取り得ない。
だから、必要性は満たしてるし、君らのいうように「存在するための」十分条件も満たしてる。

あと、
>図示すれば明らか。必要性は図のMを中心とする円周上で、p,qが実数全体なら、Aは平面すべて動くからなw
図の円周上にある ⇒ 平面上にある だから必要性を満たしている。
というか、図示すれば (十分条件)⊂(必要条件) なんだけど。

293 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 18:48:48 ID:CU2ry7la0
ときに、問題文には、三角形ABCが存在するための必要十分条件とあるが、
これは、「(p,qを)用いて表せ」「(条件を)求めよ」「必要十分条件」の類じゃないの?

さっき、知人に聞いてみたが、「存在するための必要十分条件」は訂正されるべき。昔の入試問題ながらのものだ。
と言っていた。
俺は「3点A,B,Cが三角形を成すための必要十分条件」とでも訂正したらどうかと言ったが、それでもまだ曖昧らしい。
とかく、現代の大学受験の基準でいえば、公平性が求められる入試問題としては失格ものってことだろう。
他にも、新数演10・16の「f(x)が恒等的に0でない」とかも、部分否定か全部否定かの解釈の違いで答案に若干の違いが現れる。

294 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 18:54:11 ID:xfgST8Lq0
河合のチョイスを終えたら、
一対一に行くのと新演習行くのどちらの方が良いでしょうか?

今から一対一やるのも終わるのか不安だし、(他の教科がやばいので・・・)
かといって新演習は難しくて解けるのか不安だしなので・・・。

私立医上位志望です。

295 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 18:54:53 ID:IVBeMKPjO
友達いないクセに無理すんなwwwwwwwww
あ、ヤフー知恵遅れとかですか?wwwwwwwwwwwwwww

296 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 18:57:30 ID:IVBeMKPjO
「十 分 性 は 存 在 命 題」

いい加減日本語を理解しましょう

297 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 18:59:23 ID:IVBeMKPjO
pqが実数→△ABCが存在
は明らかに偽

反例:p=-100 q=1

298 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 19:05:03 ID:IVBeMKPjO
(2),(1) ⇔ |AM|^2=q^2/4+p
(1),(2)をみたす△ABCが存在 ⇒ |AM| > 0
逆に、|AM| > 0 なら、BC上にないAがとれる

この論理がいつまで経っても理解できないようです

299 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 19:07:37 ID:AnhEqJc00
ここでグダグダ言い合ってないで、
数学板の質問スレ行け。

300 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 19:09:31 ID:CU2ry7la0
だから、十分性が存在命題とかいうなら、

△ABCが存在 ⇒ p,qは実数
逆に適当な実数p,qを取れば、△ABCが存在

に反論してくださいよ。「適当な」の意味わかりますか?反例1つあげたところで反証になりませんよ。

301 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 19:10:41 ID:nt4am+730
二人とも消えろ
このスレの邪魔だってわからんのか

302 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 19:11:40 ID:IVBeMKPjO
>反例1つあげたところで反証になりませんよ。
だから中学生は新数演やる前に教科書読め

303 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 19:13:36 ID:IVBeMKPjO
>>301
お前らみたいに1対1の次は何やればいいだとか、1対1で○大いけますかみたいな話しかしてない奴らよりよほど有益

304 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 19:18:17 ID:CLG5uoSs0
キリッ

305 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 19:22:46 ID:L26l116a0
>>303
自分の価値観を絶対視しがちな哀れな君に一言



君の方がよっぽど邪魔です

306 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 19:28:05 ID:kSKVD11Z0
一対一の話するすれだろゴミ

307 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 20:40:51 ID:IVBeMKPjO
>>305
お前語彙力ないなw
ネットなんかしてないで新聞読めw

308 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 20:42:03 ID:IVBeMKPjO
>>306
人に注意するなら暴言吐くなゴミ、品がないと思われるぞ?w

309 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 20:47:12 ID:VpwSykx00
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/kouri/1276256648/
ここで好きなだけやれ

310 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 20:49:22 ID:AnhEqJc00
>>309
数学板で間違い指摘されるのが怖くて
ここでグダグダ言ってる奴にピッタリのスレだな。
心置きなくやってくれ、お二人さん。

311 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 20:51:11 ID:IVBeMKPjO
>>310
間違いを具体的に提示すらできないザコ乙wwwwww

312 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 20:52:11 ID:IVBeMKPjO
そもそも引用元は数学板だろwwwwww
お前の目フシアナかっていうwwwwww

313 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 20:54:50 ID:IVBeMKPjO
そもそもこのスレで発生した話題はこのスレで解決すべきなのは自明の理
削除依頼出してこいwwwwwwwww
そしてこの程度のレベルについていけないバカは横槍いれんなwwww

314 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 20:57:23 ID:AnhEqJc00
>>311
そうだな、ここは俺みたいなザコばかりなんだろうから、
優れた数学の才能を持つ ID:IVBeMKPjOは
数学板でお熱く議論されることをおすすめするよ。
だからこそ才能のある君にはさっきから数学板をすすめてるのに。

315 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 20:58:10 ID:IVBeMKPjO
見てください
これで皮肉なつもりらしい

316 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 21:00:00 ID:nt4am+730
せっかく立ったんだから>>309で好きなだけやりなよ

317 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 21:00:33 ID:IVBeMKPjO
無駄スレ立てるな削除依頼出してこいw

318 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 21:04:26 ID:dhMGlpqf0
気になって引用された問題と解答みてみたが、細かいことだが本当に十分性みたしてないな

319 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 21:05:49 ID:nt4am+730
>>317
何?負けるのが嫌なのか?
正々堂々>>309でやれ
俺達が見守ってるからw

320 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 21:06:49 ID:IVBeMKPjO
>>318
まーた、存在命題を理解できないバカが

お前1対1すらやるレベルじゃないよ

321 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 21:07:47 ID:IVBeMKPjO
俺は正しいことを言ってる

それを淘汰しようとする奴らが異常

322 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 21:10:27 ID:dhMGlpqf0
え?こんなの考えるまでもなく明らかに間違ってるでしょw
「必要十分条件」って書いてあるのに、解答の図からすぐさま反例が見つけられるんだからw

323 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 21:10:56 ID:+Ats97SKP
>>294他科目やばいならなおさら1対1抜いて新スタ演やるよりも
1対1完璧にして他の科目も多少苦手が補完できたら新スタ演でおk

324 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 21:12:04 ID:IVBeMKPjO
>>322
わかったお前自作自演だろ?
ID変えてまでご苦労さんwwww

325 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 21:15:32 ID:IVBeMKPjO
隔離スレの数学板からのコピペも、新数演が正しい派が多いから、まあ俺が正しいな

326 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 21:16:39 ID:+Ats97SKP
この状況をあげてみようか

327 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 21:18:15 ID:IVBeMKPjO
>>326
数学は論理だからな
俺の口調は正誤に無関係
しかも、俺のほうが人間的にも上たから覆らないwwwww

328 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 21:22:52 ID:cCC3rRmIO
格上宣言ww己の低脳晒さなくていいから寝ろ

329 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 21:26:38 ID:IVBeMKPjO
俺の間違いを指摘できない(そもそも正しいから不可能だがw)からって、反論が抽象的か人格否定につながって見苦しいですよwwwww

330 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 21:46:23 ID:JsOvODV30
荒らすなら通報するよ?

331 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 21:50:09 ID:EAKYT7830
実数p,q(q > 0)に対して,下の2条件(1),(2)を満たす三角形ABCが存在するための必要十分条件を求めよ.

(1) |BC↑| = q
(2) AB↑・AC↑= p

A(x,y) B(-q/2,0) C(q/2,0) とおく
(1),(2)を満たす三角形ABCが存在する条件は、y≠0である実数の組(x,y)が存在すること
AB↑・AC↑= p より x^2 + y^2 = q^2/4 + p
y≠0である実数の組(x,y)が存在する条件は、x^2 + y^2 > 0
よって q^2/4 + p > 0 

332 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 21:53:57 ID:EAKYT7830
実数p,q(q > 0)に対して,三角形ABCが下の2条件(1),(2)を満たす必要十分条件を求めよ.

(1) |BC↑| = q
(2) AB↑・AC↑= p

だと駄目だけどね

333 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 22:10:00 ID:IVBeMKPjO
はい、俺が正しいことが証明されましたw

バカども乙www

334 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 22:14:02 ID:O2DjCxbI0
>>327
日本語ぐらいうまく使おうぜ

335 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 22:16:46 ID:SmRXZ1rV0
>y≠0である実数の組(x,y)が存在する条件は、x^2 + y^2 > 0

x,yは実数 y≠0 ⇒ x^2 + y^2 > 0 は真
x^2 + y^2 > 0 ⇒ x,yは実数 y≠0 は偽 反例:x=1,y=0

「1つでも存在すればいい」っていうならもうそれでいいけどw

336 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 22:20:10 ID:EAKYT7830
そう
>(1),(2)を満たす三角形ABCが存在する条件は、y≠0である実数の組(x,y)が存在すること
だから、y≠0である実数の組(x,y)がひとつでも存在すれば、(1),(2)を満たす三角形ABCが存在する

337 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 22:23:09 ID:LZUA8xVV0
結論出たら誰かまとめて教えてね。
そうでもしないとまったく生産性の無い議論になるし。

338 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 22:26:01 ID:EAKYT7830
>(1),(2)を満たす三角形ABCが存在する条件は、y≠0である実数の組(x,y)が存在すること

(1),(2)を満たす三角形ABCが存在する ⇔ y≠0である実数の組(x,y)が存在する
ってことね

y≠0である実数の組(x,y)が存在する ⇔ x^2 + y^2 > 0
つまり
(1),(2)を満たす三角形ABCが存在する ⇔ y≠0である実数の組(x,y)が存在する ⇔ x^2 + y^2 > 0
間を抜いて
(1),(2)を満たす三角形ABCが存在する ⇔ x^2 + y^2 > 0

339 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 22:26:50 ID:yIkcXjqH0
だから、1つでも存在すればいいんだから、計算なんか必要ないじゃん。

(1),(2)を満たす△ABCが存在するならp,qは明らかに実数
逆に適当な実数p,qを取れば明らかに△ABCが存在する

反論ください

340 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 22:27:38 ID:yIkcXjqH0
ID変わったけど、>>335

341 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 22:29:36 ID:EAKYT7830
>(1),(2)を満たす△ABCが存在するならp,qは明らかに実数
のp.qの集合と
>適当な実数p,qを取れば明らかに△ABCが存在する
のp.qの集合が一致することを示せばそれでおk

342 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 22:30:55 ID:yIkcXjqH0
>>341
そりゃあ一致するでしょ。△ABCを存在せしめるために適当な実数取ってんだから。

343 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 22:31:35 ID:EAKYT7830
>(1),(2)を満たす△ABCが存在するならp,qは明らかに実数
のp.qの集合と
>適当な実数p,qを取れば明らかに△ABCが存在する
のp.qの集合がそれぞれ実数全体に一致することを示せばそれでおk

だな、スマソ

344 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 22:32:52 ID:nt4am+730
別スレでやれ
荒らしと変わらんだろが

345 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 22:36:20 ID:EAKYT7830
>>342
その反例が例えば
p=-1,q=1
これを満たす三角形は存在しないから、p.qは実数全体の組と一致しない

346 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 22:38:22 ID:nt4am+730
>>345
お前、日本語わからんの?
>>309で思う存分やれ、カスが

347 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 22:40:23 ID:yIkcXjqH0
A:=q^2/4 + p > 0 をみたす実数p,qの集合

B:=(1),(2)かつy=0の実数p,qの集合
は一致しません。

(x,y)=(√(q^2/4+p),0)
(x,y) ∈ A, (x,y) not∈ B

>>343
じゃあ、p,qは適当な実数にします。別に問題文にp,qを用いて表せとも書かれていませんしね。

348 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 22:40:56 ID:IVBeMKPjO
バカ乙

349 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 22:42:50 ID:IVBeMKPjO
その適当な実数pqの条件を聞いてんだろ

350 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 22:44:11 ID:nt4am+730
ここは馬鹿どもの巣にして、新スレ立てるか

351 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 22:46:54 ID:IVBeMKPjO
>>347
だから、後半は存在命題だっつってんのwwww

352 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 22:47:58 ID:EAKYT7830
>>347
そりゃ
集合B
>>332の条件だもん
一致したらヤバイ
A は y≠0である実数の組(x,y)が存在する条件 を同値変形していったもの
似てるけど違う

353 :大学への名無しさん:2010/06/11(金) 22:48:57 ID:yIkcXjqH0
>>352
ありがとう。やっとすっきりした。

354 :大学への名無しさん:2010/06/12(土) 06:47:29 ID:yuF6tKyS0
>>351
おれこの問題言い出した奴だが、322あたりのコメントとか読んで
「存在するための必要条件を求めることが存在命題なんてだれもいってね〜よ
今話してるのは後半についてで、そこが存在証明・・・」と書きかけて
答える気力なくしたしまった(だって数学というより日本語でつまずいて
いる人に何書いても通じないから)、とりあえずいろいろ答えてくれてサンクス

355 :354:2010/06/12(土) 06:55:13 ID:yuF6tKyS0
スレがこんなことに伸びるとは思わなかった
スレチだと思っている人達には申し訳ないです
とりあえず244の解答は1対1(図形の基盤)での栗田先生の解答です
1対1に載っているテクニックが練習できる問として挙げておきました

僕はもうこの問題に関してはこの板では書き込まないのでご安心を

356 :354:2010/06/12(土) 06:59:37 ID:yuF6tKyS0
ごめん354訂正だけ最後にかかせて
(誤)存在するための必要条件
(正)存在するための必要十分条件


357 :大学への名無しさん:2010/06/12(土) 19:21:14 ID:I2ygVouUO
一浪東大文2志望なんだが、夏にやる問題集で悩んでる

東大模試とかでも国語は安定しないけど
地歴は2つ合わせて90くらい、英語も大体85点くらいで推移してる

数学さえ出来れば絶対に受かると思うんだ
予備校では東大コースだからテキストが俺にはハイレベルすぎてついていけてない

今年のセンターは1A42、2B63
5月のマーク模試は1A76点、2B44
ちなみに今はセンターレベルなら解けるようになったけど
ベクトルが壊滅的すぎて安定して8割以上とれる統計を選択してた

予備校のスタッフからは夏期講習で東大講座はきついだろうから
持ってる問題集やって前期のテキストの復習に力入れろって言われた

持ってる問題集っていうと現役時に買ったこれくらいなんだけど
去年は難しくて挫折しちゃった

本番は40点狙って20点に落ち着く感じを目指して
センターは9割くらいとれる力をつけたい

こんな俺でも基礎力を付けるためってことで1対1やって大丈夫でしょうか?

なんか基礎用に1対1を勧めてくれる友人が多いけど
個人的に基礎とは程遠い難度に感じるんだが


358 :大学への名無しさん:2010/06/12(土) 20:11:13 ID:WfiBWoTG0
お前の場合はサクシードをやれ

359 :大学への名無しさん:2010/06/12(土) 21:04:10 ID:u3IsE9MM0
1対1と標問両方やった人いたら分野別にどっちが優れてたか教えてくれ

360 :大学への名無しさん:2010/06/12(土) 21:24:45 ID:3fp1IZys0
>>357
1対1やれ
例題の出典はそこらの中堅私立が多いから、それできなきゃ東大は無理だと思って頑張れ

361 :大学への名無しさん:2010/06/12(土) 21:31:14 ID:sB3UtMYp0
>>357
一対一やりながら
黄チャート基礎例題・重要例題をさらった方がいいよ!!!

362 :大学への名無しさん:2010/06/12(土) 21:37:47 ID:sB3UtMYp0
因みに一対一+黄チャート+過去問で東大2完をラクに狙えますよ。
出来なかったら復習が欠けてるとしか言えない
確率
整数
2次関数・方程式と図形
三角関数
微積分
辺りはしっかりやってね

363 :大学への名無しさん:2010/06/12(土) 21:41:28 ID:hftN04gL0
一対一の確率なんかやりたくない

364 :大学への名無しさん:2010/06/12(土) 22:16:17 ID:sB3UtMYp0
一対一は「お医者さんになろう医学部の数学」の前半と同レベルだし
その本は前半だけやっても私立医学部に受かるレベルなんだから
基礎なんて臆面もなく言ってるのは少なくとも旧帝理系志望の奴。
そんなの文系のアナタには気にすることは無い。
一対一の例題に出てる私大の入試ではその問題の正答率はおそらく低い(整数・確率とか)
だから例題のページ配置を覚えるくらいやり込めば大丈夫

365 :大学への名無しさん:2010/06/13(日) 02:54:54 ID:+Swk4if40
文系のバカは屁理屈ばっかだなww

366 :大学への名無しさん:2010/06/13(日) 03:00:26 ID:83GEdXxvO
>>364
私立医学部ってどのあたりまで?


367 :大学への名無しさん:2010/06/13(日) 08:06:29 ID:rBVswKKT0
一橋数学>私立医(慶應を除く)

368 :大学への名無しさん:2010/06/13(日) 11:30:30 ID:OYguHQiGO
>>360>>361
1対1頑張ります
青チャも今まで辞書的にしか使ってなかったけど
1対1を解く前の基本事項確認に例題を解くことにします

ありがとうございました

369 :大学への名無しさん:2010/06/13(日) 22:41:32 ID:Sse5HNDjO
名古屋、横浜国立の文系の志望なんですが、一対一→過去問で合格点いきますか?
それとも上記の大学を志望するなら文系プラチカまでやる必要がありますか?
一対一だけでも対応できますか?
よろしくお願いします。

370 :大学への名無しさん:2010/06/13(日) 22:47:31 ID:dkNvB9Y10
俺的神分野
式と証明
複素数と方程式
極限
微分

371 :大学への名無しさん:2010/06/13(日) 22:48:42 ID:Q0h8OaVc0
>>361
>>362
実際に東大入試でそんだけ取れたの?

372 :大学への名無しさん:2010/06/14(月) 00:50:00 ID:zr/74jKo0
よく1対1は技巧的すぎて初見問題に対応できないと言われてますが本当ですか?

373 :大学への名無しさん:2010/06/14(月) 17:13:41 ID:LFlWbJMH0
>>372
対応できないと言ってる人は「受験数学」の才能がない人達です。
ある意味では本当ですが、数学が出来る人にとっては本当ではありません。

374 :大学への名無しさん:2010/06/14(月) 20:04:47 ID:K4L3neRD0
>>371
当然です

375 :大学への名無しさん:2010/06/15(火) 10:41:05 ID:zZMkg+NTO
てす

376 :大学への名無しさん:2010/06/15(火) 10:48:53 ID:zZMkg+NTO
質問なのですが、
数Uの式と証明の5(整式の割り算)の(ロ)の解答で【f(x)をx2+x+2で割るとき......はx2+x+2で割り切れるから、その余りは────をx2+x+2で割った余りに等しい】
の部分が理解できません。
よかったら教えてください。
また、演習10の(ロ)の(2)を例題の別解での解き方もできればよろしくお願いします。

377 :大学への名無しさん:2010/06/15(火) 14:49:34 ID:Dqir3H9L0
1対1の数学3の微積分総合やってるけど、わかるようで何かわからない。
難しいよ><

378 :大学への名無しさん:2010/06/15(火) 19:03:47 ID:m/euO9ev0
>>376
俺もそこよくわからないんだ・・・

俺の解釈ではf(x)は.........と────でできているから全体で見たらf(x)を割るのも
────を割るのも商は変わるけど余りは変わらないって事じゃない?
説明わかりにくくてすまん。誰か詳しく説明お願いします。

379 :374:2010/06/16(水) 01:06:03 ID:sa7hJRIO0
例題の条件を式にすると
f(x)=(x^2+3)(x^2+x+2)Q(x)+(ax+b)(x^2+3)+x+3と表わされる。
ここで(ax+b)を持ち出したのは、f(x)を.........部分の左の4次で割ると
余りは3次以下になるため、次数調整を行っている。
.........部分を(x^2+x+2)で割ると、.........部分の余りは当然0。
────部分を(x^2+x+2)で割ると、商はax+(b-a)で、余りは(2a-b+1)x+2a+b+3
これはf(x)=(x^2+3)(x^2+x+2)Q(x)+{ax+(b-a)}(x^2+x+2)+(2a-b+1)x+2a+b+3
と書くことができ、この式の(x^2+x+2)が掛かっている部分を
因数分解することによってf(x)を(x^2+x+2)で割った余りは
(2a-b+1)x+2a+b+3であることがわかる。

ここで、例題の条件を(x^2+3)(x^2+x+2)R(x)+(cx+d)(x^2+x+2)+3x+5として
c,dを求める方法で解くことも出来る(ハズ)
余裕があったら練習としてやってみてくれ



380 :374:2010/06/16(水) 01:35:21 ID:sa7hJRIO0
x=(1+√7)/3を解に持つ2次方程式は3x^2-2x-2=0
これをx^2で両辺を割ると、3-2(1/x)-2(1/x^2)=0…@
ここでなぜxではなくx^2で割ったのかと言うと、求値式に現れる1/x,1/x^2などに合わせるため。詳しくは後述
そして1/x=yとすると、@の2次方程式は3-2y-2y^2=0 これは2y^2+2y-3=0…Aと変形した方が計算上都合がいい
求値式の方はy^3+y^2+yと表わされる。
求値式をAの2次方程式で割ると、y^3+y^2+y=(2y^2+2y-3)(y/2)+5y/2
ここで(2y^2+2y-3)(y/2)の部分は0となるので、余りは5y/2となる
あとはyを1/xに直して、定型処理

なぜx^2で割ったのか
xで割ると、3x-2-2(1/x)=0
y=1/xとすると、3(1/y)-2-2y=0…B 求値式はy^3+y^2+y
求値式をBの2次方程式で割ろうとすると、分数式があるので支障が出る。
ここで、両辺にまたyをかけて、3-2y-2y^2=0で、y^3+y^2+yを割る。
この過程で、最初に3x^2-2x-2=0をx^2で割ったのと同値となる。

解答がこの過程を頭の中でやっててテクニカルかな


381 :大学への名無しさん:2010/06/16(水) 01:45:56 ID:pIiSLDlPO
問: 次の方程式を解け。
   2x+5=9

ID:yIkcXjqH0は、"実数"と答えるんですね、わかりますw

382 :374:2010/06/16(水) 01:58:12 ID:sa7hJRIO0
ごめん。別解での方法だったね。
3x^2-2x-2=0…@の次数を1つ下げて
3x-2-2(1/x)=0
よって1/x=(3x-2)/2…A
次に、@の次数を2つ下げて3-2/x=2(1/x^2)
よって(1/x^2)=3-(3x-2)…B
今度は@の次数を3つ下げて
3/x-(2/x^2)-(2/x^3)=0
(1/x^3)=(1/x^2)-3/2x…C
これはAとBを用いて3-(3x-2)-3(3x-2)/4…D
あとはA,B,Dを足せばよい。計算間違いがなければこんな感じ。

ってかこの解法も載せろよ!!

383 :374:2010/06/16(水) 02:00:23 ID:sa7hJRIO0
>>382
×これはAとBを用いて
○CはAとBを用いて

384 :374:2010/06/16(水) 02:08:04 ID:sa7hJRIO0
>>382訂正
3x^2-2x-2=0…@の次数を1つ下げて
3x-2-2(1/x)=0
よって1/x=(3x-2)/2…A
次に、@の次数を2つ下げて3-2/x=2(1/x^2)
よって(1/x^2)=3/2-(3x-2)/2…B
今度は@の次数を3つ下げて
3/x-(2/x^2)-(2/x^3)=0
よって(1/x^3)=(1/x^2)-3/2x…C
CはAとBを用いて=(3x-2)/2+3/2-(3x-2)/2…Dと表わされる。
あとはA,B,Dを足せばよい。

ってかこの解法も載せろよ!!


385 :大学への名無しさん:2010/06/17(木) 23:32:08 ID:PbSf0KFn0
おれの友達、だめな人は青茶やってる

386 :大学への名無しさん:2010/06/18(金) 22:38:56 ID:y2PSUpmC0
おれの友達はできる人が青茶やってる

387 :大学への名無しさん:2010/06/19(土) 16:53:23 ID:wJjsf4M4O
本質の研究の章末以外から1対1に繋げられますかね?

388 :大学への名無しさん:2010/06/20(日) 00:21:24 ID:VaxERWQP0
数学U 座標分野の6番目の問題:放物線というタイトル(p.85)の問題についてなのですが
「a,bの条件を求めよ」と問題にあるのに、答えではbの条件だけでaについては全く書かれていません。
テストに出た時も、このようにaについては何も書かなくてもよろしいのでしょうか?

389 :大学への名無しさん:2010/06/20(日) 00:22:24 ID:fSvYdUwo0
よろしいのです

390 :大学への名無しさん:2010/06/20(日) 00:26:16 ID:mhPDp3+J0
いやいやいやいやいや書かなきゃダメだろ

391 :大学への名無しさん:2010/06/20(日) 00:42:20 ID:NxLW05KB0
どうなってんのか知らないけど、a,bの条件っていったら

f(a,b)=0

と同値な形に書けばいいんだよ。

392 :大学への名無しさん:2010/06/20(日) 01:01:30 ID:VaxERWQP0
>>390
解答のどこにも書かれていなくて・・・

>>391
「放物線y=x^2 の2本の接線g,hが点(a,b)で交わるとする。
接線g,hが直交するためのa,bの条件を求めよ」という問題です。


393 :大学への名無しさん:2010/06/20(日) 01:14:05 ID:fSvYdUwo0
準線だろ?よろしいだろ

394 :大学への名無しさん:2010/06/21(月) 14:34:20 ID:y/+TdbKqO
1対1って、どこがいいの?
軽く見てみたら、技巧的な手法を扱ってて、
実際の入試問題にはあまり役に立たない気がしたんだけど……
批判してるんじゃなくて、1対1のよさを知りたいんです。

395 :大学への名無しさん:2010/06/21(月) 18:20:58 ID:xB+Fmj880
>>394
本当は汎用性のあるオーソドックスな解法をマスターした人が技巧的な解法も学ぼう
ってことでやるのが1番いいんだけど、今は1対1やりたい病の人が多いからね…
ぶっちゃけ1対1でしか得られないメリットってそんなにないよ

396 :大学への名無しさん:2010/06/22(火) 00:45:44 ID:6d+CeGO1O
>>395
汎用性のあるオーソドックスな解法はどの参考書で身につけるんですか?

397 :大学への名無しさん:2010/06/22(火) 01:28:37 ID:1Xrd0H1ZO
馬鹿ばっかりだな
本の価値なんてわかる人にしかわからんのだよ
わかるようになるまで修行しろ

398 :大学への名無しさん:2010/06/22(火) 20:20:45 ID:fKIkbd+t0
>>396
書店で見極めろよ、自分で。
まさか2ちゃんで薦められて中身も見ずに買いました、
なんてバカなことするわけじゃないだろ?
山奥だろうと離島だろうと
絶対に大型書店まで行って見て買った方がいい。

399 :大学への名無しさん:2010/06/22(火) 20:26:28 ID:82XECVs/0
>>396
大数以外の参考書は大体オーソドックスな解き方をしてある。

解法に特許なんて無いんだから、優れた解き方があれば他書も真似をする。
1対1の解法が他書に載ってないものばかりだというのは、
大数独自の解法は特別に優れた解法ではないってことを明らかにしてる。

大体、個別的な問題のテクニックが多いからね。

400 :大学への名無しさん:2010/06/22(火) 20:51:36 ID:9U5+QzXQ0
具体的な話が1つも出てこないのが面白いところだな

401 :大学への名無しさん:2010/06/22(火) 21:04:25 ID:82XECVs/0
「分数式は傾きとみる」
「acosθ+bsinθは内積とみる」
「Σk(k+1)=1/3Σ{k(k+1)(k+2)-(k1)k(k+1)}」
「直線に関する対称点は元の点から法線ベクトルを伸ばす」
「ファクシミリの原理」
「同様に確からしい束」
「f(α)-f(β)を積分とみる」

ざっと思い出してこんな感じ
他にもあるけどね


402 :大学への名無しさん:2010/06/22(火) 21:33:29 ID:ILtve5JW0
1対1が駄目なら、黄チャを3周した俺におすすめの参考書を教えてください。
もう情報が反乱しすぎてて何が何だかわからないです。
ちなみに国医志望です。


403 :大学への名無しさん:2010/06/22(火) 21:51:24 ID:Gh50Pf3p0
1対1やりたい病ってなんだよwww聞いた事ねえwww

404 :大学への名無しさん:2010/06/22(火) 21:51:34 ID:7/jspFApO
大数の微分の例題3
でf(α)−f(β)を積分とみるってのはマニアックで自分には使えねぇって思ってました。
そこでこのスレでいうところのオーソドックスに解くとどうなるんでしょうか?
自分の悪い頭ではαβ代入してなんの工夫もなく解くぐらいしか考えられなかった
orzゆとりでごめん

405 :大学への名無しさん:2010/06/22(火) 21:57:15 ID:Gh50Pf3p0
「分数式は傾きとみる」
「Σk(k+1)=1/3Σ{k(k+1)(k+2)-(k1)k(k+1)}」
「f(α)-f(β)を積分とみる」

は細野で見た。受験数学の理論にもあったかな
ファクシミリとか名前そのものじゃないけど解き方は載ってたかも

406 :大学への名無しさん:2010/06/22(火) 22:24:23 ID:PlI3VE150
>>401
前3つは極めて当たり前で、これをちゃんと解説/理解してないほうが手抜きと感じるなぁ。
特に1行目を敷衍した「式を図形量としてとらえる」という手法は、最大最小系の問題に
幅広く使えて効き目が大きい考え方と思うが。

>>404 オーソドックスではないが、大数系の別の考え方入れてもうちょっと楽に解くと
f(x)=(x-1)^3+3(k-1)(x-1)-7+3k
 ※3次の項と2次の項からx=1に対応するのがこの関数のグラフの対称の中心
f(x)をx軸負方向に1平行移動した関数をg(x)とすると
g(x)=x^3+3(k-1)x-7+3k これで考えても同じこと
g(x)の極大値極小値を与えるxをα、βとするとα=-√(1-k) β=√(1-k)
 (導関数、増減表等省略)
代入して差をとると
g(α)-g(β)=2α^3+6(k-1)α 、k-1=-α^2だから
=-4α^3=4(√( 1-k))^3=32 、以下略


407 :大学への名無しさん:2010/06/22(火) 22:44:24 ID:1QMdaBjk0
・「直線に関する対称点は元の点から法線ベクトルを伸ばす」
これも自然な発想だと思う。

・「ファクシミリの原理」
こういう名前ではないが、良く知られていること。
代ゼミの荻野も教えてるし、それなりの本なら載ってる。
難関大ではこれはほぼ必須。

408 :大学への名無しさん:2010/06/22(火) 22:50:40 ID:6d+CeGO1O
>>398
書店にある参考書を全て立ち読みして、最適な参考書を見つけろと?
それは時間の無駄だから、まずは2ちゃんねるで候補を知って、ある程度検討をつけてから書店に行こうとしてるんだが。

409 :大学への名無しさん:2010/06/22(火) 23:01:52 ID:gbOh5ZkB0
それでも1対1は大数の中ではまだオーソドックスな方なんだよな

410 :大学への名無しさん:2010/06/22(火) 23:08:53 ID:1QMdaBjk0
新数学演習はオワットル

411 :大学への名無しさん:2010/06/22(火) 23:11:11 ID:fKIkbd+t0
>>408
だったら数学の参考書関係のスレに山ほど書き込みあるじゃん。
いちいち聞くまでもなく答えは見つかると思うけど?

412 :大学への名無しさん:2010/06/23(水) 06:05:47 ID:GF4uiONaO
>>406

レスありがとうー。なるほど〜って思いました。凄く数学出来る方なんですね。

こうして考えると、大数の一部はかなり特殊な解き方だけど結構有用なのかもね。
もちろん都合良い問題を選んでるってのもあるんだろうけど。


413 :大学への名無しさん:2010/06/23(水) 16:27:43 ID:z8bc8/frP
1対1やってるんだが 復習ってどんな風にいつやるべき?
例えばその日やったぶんだとか1週間後にもう一回とか
読むだけどかちゃんと書くとか

毎日やったところ全範囲読むだけの復習をやってるんだが
どんどん復習範囲が増えてかなわん

414 :大学への名無しさん:2010/06/23(水) 19:34:22 ID:PFKUQNYr0
おまえ頭悪すぎワロタww

415 :大学への名無しさん:2010/06/23(水) 20:38:04 ID:Vz5mR98kO
一対一対応なんでやってんの

416 :大学への名無しさん:2010/06/23(水) 21:00:05 ID:Ds7SlJVS0
やりたくなっちゃうんじゃない

417 :大学への名無しさん:2010/06/24(木) 00:16:10 ID:bIEJlq+m0
一対一は特殊な解き方が多いから、
普通に解きたいなら他の問題集をやった方が良いと聞きますが、
それはスタ演TAUBVCにも同じ事が言えるのでしょうか?

あと、一対一とスタ演はどちらの方が解説は詳しいのでしょうか?

418 :大学への名無しさん:2010/06/24(木) 01:03:32 ID:zbdanyfx0
>>417
同じことが言えます。
解説はどっちも同じくらい。
ただ、スタ演の方は、1対1をやったことを前提に編集されているので、
1対1と同じことは改めて解説されていない部分も多い。

419 :大学への名無しさん:2010/06/24(木) 02:42:12 ID:+TSUJ53k0
>>417
1対1と比べれば新スタ演の方が特殊な解き方が多いよ
解説は1対1が1ページ1例題にしている分、新スタ演よりも少し詳しいと思う
1対1の問題は大数の中ではノーマルな解き方が多い
新スタ演は無理やり1ページに何題も収めようとしているから
紙面が見づらく解説も簡素なので使いづらい
まぁ大量に問題をこなすのが目的だからしょうがないとは思う
1対1の次にやる問題集は新スタ演に拘らなくてもいい
1対1は絶対視するものではないけれども十分良書


420 :.:2010/06/24(木) 17:53:53 ID:HWQjGIjSO
1対1が奇抜な解放すぎて実用的じゃないとか言ってる奴はまだ使えるレベルじゃないのにブランドに惹かれやってる奴。
確かに美しすぎるくらい素晴らしい解答だが、各良問に数多くの定石がつまってる

本当に良書

421 :大学への名無しさん:2010/06/24(木) 18:53:28 ID:lsJOzxf+0
お前気持ち悪いぞ

422 :大学への名無しさん:2010/06/24(木) 21:52:06 ID:MIvQp77n0
数学IIIの極限、1演習題の(1)なんですが、
P22の解答で

分子=Σ[k=1,2n]k^2-Σ[k=1,n]k^2と考える。

とありますが、どういう見方をすればそう考えられるのか分かりません。
説明できる方、助けてください。

423 :大学への名無しさん:2010/06/24(木) 21:58:06 ID:d6Wo8D7p0
>>422 考え方としては数II範囲だし、極めて当たり前すぎて説明しようがない。

たとえば Σ[k=5,n](k^2) = Σ[k=1,n](k^2)-Σ[k=1,5](k^2) みたいな処理や考えを
数II数列で一度たりとも経験してないなら、数IIでの教科書傍用問題集レベルの
基礎トレーニングが不足してる。


424 :大学への名無しさん:2010/06/24(木) 22:00:20 ID:d6Wo8D7p0
>>423 ごめん、数IIじゃなく数Bだ。 しかし言いたいことは変わらない。


425 :大学への名無しさん:2010/06/24(木) 22:07:22 ID:dQD4OsJx0
>>422
シグマ記号使わずに書いてみ?

426 :大学への名無しさん:2010/06/24(木) 22:21:57 ID:MIvQp77n0
>>423
その程度のものはもちろん分かります。
簡単に言えば全体求めていらない部分引く、ってことですよね?
でも
Σ[k=1,n](n+k)^2
がなんで
Σ[k=1,2n]k^2-Σ[k=1,n]k^2
になるのかがわかんないです・・・

427 :大学への名無しさん:2010/06/24(木) 22:25:34 ID:MIvQp77n0
>>426
(n+1)^2+(n+2)^2+・・・+(2n)^2

これが>>422で書いてる分子の部分です。

428 :大学への名無しさん:2010/06/24(木) 22:39:26 ID:d6Wo8D7p0
>>423 どぅわぁ、 Σ[k=5,n](k^2) = Σ[k=1,n](k^2)-Σ[k=1,”4”](k^2) だよぉ orz

>>426-427
であれば、考え方はすでに知っていることになる。並べ方を変えて
 (2n)^2+(2n-1)^2+…+(n+2)^2+(n+1)^2
+n^2+(n-1)^2+…+2^2+1
の改行以後が要らない、つまり上下2行の和から下1行の和を引けばいいわけでしょ。

1からスタートしたものどうしで比べて要らない部分までの和を引く、と考えればいい。


429 :大学への名無しさん:2010/06/24(木) 22:51:05 ID:oUXGNMvV0
数学Cの行列の9番の(3)の(a)について質問したいんだけど・・・
(a)のしょっぱなから式変形がわけわからないです。
T(A^4)=[ {T(A^2)}^2-2(A^2) ]=[{T(A)}^2-2(A)]^2-2[(A)]^2
の辺りがよくわからないです。
第2式から第3式にうつるときどういう式変形をしてるんですか?

ちなみに、第2式から第3式のとき{T(A^2)}^2=T(A)・T(A)={T(A)}^2という式変形を行っていると思ったんですが、
凾フときは(1)で証明してるのに、行列式では証明なしに勝手にそういう式変形していいんですか?

430 :大学への名無しさん:2010/06/24(木) 22:55:52 ID:MIvQp77n0
>>428
あーなるほど、わかりました!ありがとうございます。
どうしても(n+1)からスタートって考えてたもので。

1の二乗から2nの二乗までがずっと続いてるものと考えて、
そこから欲しい部分を持ってくる、確かに当たり前のことですね・・・
本当ありがとうございました。

431 :大学への名無しさん:2010/06/24(木) 23:09:58 ID:d6Wo8D7p0
>>429
この問題では(2)でT(A^2)={T(A)}^2-2(A)が導かれているが、
このAは A=((a b) (c d)) として定義され、各成分の間になんら関係がない。
つまり、この関係は任意の行列で成立するもの。

だからA^2=Bとして T(A^4)=T((B^2) = {T(B)}^2-2(B)
ここでBを置き戻したものがあなたの言う第2式。

第3式
[{T(A)}^2-2(A)]^2-2[(A)]^2  については、
左の [ ]^2が上で書いた{T(B)}^2に相当、右の-2[ ]^2が上の-2(B)に相当。
その左の[ ]の(2乗する前の)中身はT(B)=T(A^2)であって、そこに
これは(2)で導いた式をそのまま入れただけ。証明外の変なことはしてない。

凾フほうについての変形はあなたの言うように(1)で証明済み。


432 :大学への名無しさん:2010/06/24(木) 23:11:47 ID:GQYUjzTI0
画期的なスカイプBAN回避を発見した。
試しに私のスカイプIDを違反報告してみてくれ。
ID yuzu-pop
ID yuzu-mikan704
ID yuzu-mikan777

433 :大学への名無しさん:2010/06/25(金) 17:31:12 ID:MxgBtq4F0
今まで赤チャートをやっていたのですが一対一に切り替えようと思っています
そこでIAは全て赤チャートでやってしまったのですが
一対一もIAからやるべきでしょうか?
整数の分野がいいと聞いたので迷ってます


434 :大学への名無しさん:2010/06/25(金) 22:15:50 ID:BGJdqtjr0
今の偏差値は?
あと例題だけしかやってない?

435 :大学への名無しさん:2010/06/25(金) 22:53:43 ID:nQEhTWjd0
一対一の整数は網羅度がスバらしい

436 :大学への名無しさん:2010/06/25(金) 22:56:35 ID:A4gtTD0j0
ただ、今まで整数問題の対策を殆どやってない状態でいきなり一対一の整数をやってついていけるもの?

437 :大学への名無しさん:2010/06/25(金) 23:24:39 ID:MxgBtq4F0
>>434
進研では毎回70後半〜80ですが
他の模試を受けたことがないので正確にはわからないです
練習、総合演習全てやってます

438 :大学への名無しさん:2010/06/26(土) 13:38:31 ID:kmhpjybw0
>>437
だったら1対1やらずにやさしい理系数学でアウトプット練習したほうがいい気がする

439 :大学への名無しさん:2010/06/26(土) 21:03:21 ID:YQb9FNSQ0
>>438
1対1は網羅系としてやりたいんですが…
やっぱ赤チャートで2B3Cとやっていくべきでしょうか?

440 :大学への名無しさん:2010/06/26(土) 22:07:48 ID:XWdxArmpQ
>>439
俺は青→一対一→スタ演って感じだった。目標次第だけど最難関だったら、
逆算してやさ理までは最低やりたい。要はあなたが大数系をやるのか河合など、
普通の解法をやるのかということ。
大数系なら一対一は必須。理由は解法が独特だから(正領域やmodなど)
1、2年ならなにはともあれ教科書榜用。
受験生なら赤か一対一。
まあ数学が出来る奴の多くは大数系だけど、
大数やれば数学ができるとはならないから必要十分ではないよ。
ついでに同値変形なども青にはなかったな。
後は本屋でみて決めてください。
一対一なんて基礎が出来てたら一冊3週間あれば十分終わるから。
出来ない奴は上の対偶なんでしょ

441 :大学への名無しさん:2010/06/26(土) 22:57:17 ID:CIbc+GG40
大数シリーズは、入試の役にたたないけど、お守りがわりに、全部購入しとけ

442 :大学への名無しさん:2010/06/26(土) 23:02:18 ID:TueRErg00
青→一対一/一対一→スタ演と進んで、一対一とスタ演はそれぞれ初見で大体何割ぐらい出来ましたか?

443 :大学への名無しさん:2010/06/27(日) 00:06:56 ID:BI6hurjnQ
>>442
分野による。重要例題までしかやってないけど、1Aで言うと
二次方程式・不等式は8割ぐらい初見で解ける。
整数は2割とけたかどうか。
レベル的には青<一対一≦赤ぐらいだよ。
俺の友達は赤を土台にして東工大いった奴いるし新数演やっても早稲田のやつもいた。
到達点は赤のが高い気がする。
本屋で実際に一対一見て決めればよいと思う。

444 :大学への名無しさん:2010/06/27(日) 00:13:17 ID:cRCkjHXB0
>>443
いや今青チャやってて、終わったら全く同じルートで進めて行こうと思っていて。
プランの組み立ての問題もあるから、大体どの程度かかるかと思ってさ。

445 :大学への名無しさん:2010/06/27(日) 00:16:49 ID:BI6hurjnQ
追加
スタ演は7割くらい。Cレベルはきつかった。
でも一対一→新数演っていう人もいるから一対一≦スタ演ぐらいだね。
注意だけど赤→新数演は相当厳しい。新数演は大数色が超強いからね。
因みにスタ演後に新数演やったけど初見では4割弱しか出来なかった。
新数演やるつもりなら一対一を勧めます。

446 :大学への名無しさん:2010/06/27(日) 01:23:15 ID:ipEa35DK0
>>440 >>445
赤を二年までに終わらせて一対一→スタ演といきたいと思います
アドバイスありがとうございました

447 :大学への名無しさん:2010/06/27(日) 01:52:08 ID:+Ueymv7DO
1対1で東大行ける人もいれば、ニッコマしか受からない悲しい人もいる

448 :大学への名無しさん:2010/06/27(日) 02:10:58 ID:zOrM2Ses0
乙の添削で東大行ける人もいれば、ニッコマしか受からない悲しい人もいる

449 :大学への名無しさん:2010/06/27(日) 06:49:49 ID:gEwPlaxf0
>>447
あっ、俺後者だわww

450 :大学への名無しさん:2010/06/27(日) 17:48:51 ID:SktaiPjgO
確率とか数列を他の参考書で補おうかと思うんだが、何がいいかな?

てか、そういうのについてのテンプレとかあるのかな?

451 :大学への名無しさん:2010/06/27(日) 22:21:53 ID:rg5lfsdp0
前のテンプレでは
確率→ハッ確
数列→プラチカ
だった。


452 :大学への名無しさん:2010/06/28(月) 07:05:17 ID:XoBjbaa20
1対1でニッコマしかいけない人は1対1以前のことがボロボロだと思う
例えば場合の数の数え上げがスパスパできないとか、微積計算が遅いとか
こんな人がいくら定石を覚えても処理能力が遅いので得点力はあまり上がらない
最近のセンター数学難しいとか言うのがこのタイプかと

453 :大学への名無しさん:2010/06/28(月) 07:28:36 ID:n0wffd7l0
>>452
普通数学だけしか出来ない奴だろ。

入試ってのは総合点で決まるんだよ。
1対1だけで東大受かる奴は他の科目ができてる奴。
数学0点でも東大受かる。
数学満点で他がカスでも日大は受かる。

454 :大学への名無しさん:2010/06/28(月) 13:34:46 ID:5LMMn0Ym0
そーゆー話でも無いと思うが

455 :大学への名無しさん:2010/06/29(火) 16:51:10 ID:vi5FIv350
高3です。
今まで教科書しかやっておりませんが、黄チャートなどやらずに
いきなり1対1に取り掛かっても大丈夫でしょうか。よく基礎ができてないと1対1をやっても身に付かないとききますので・・・
1対1に書かれている解答は理解できます。

456 :大学への名無しさん:2010/06/29(火) 20:58:16 ID:rx0hZvn1O
>>451

ありがとう

457 :大学への名無しさん:2010/06/29(火) 21:26:00 ID:7rBgMoLrO
1対1身に付ければ理科大くらいは受かるだろ。さすがにニッコマしか受からんなんて考えられない。都市伝説じゃないか?

458 :大学への名無しさん:2010/06/29(火) 22:10:41 ID:5DME0zq30
数学しかできなかったが、英語理科4割近く白紙で名大受かった俺がいるからなぁ…。

459 :大学への名無しさん:2010/06/30(水) 10:09:52 ID:PS/YEDZB0
ネタヤメロ包茎イカ野郎

460 :大学への名無しさん:2010/06/30(水) 14:26:21 ID:jYswN6pq0
4割近く白紙ってことは6割以上は書いたんだろ。
普通だろ。

461 :大学への名無しさん:2010/07/01(木) 06:54:46 ID:ixh9XQyY0
高校入試1対1の数式演習
http://www.tokyo-s.jp/products/k_zoukan/1to1_suusiki/index.html

462 :大学への名無しさん:2010/07/02(金) 17:48:33 ID:IxyQcTy20
俺の場合は月刊も買いつつ、一対一→スタ演(二冊)→新演習の微積だけ→解探(二冊)って感じで、今は解探の中盤に来たところ。
夏休みは、夏期講習のかわりに新演習に戻って仕上げる予定。

463 :大学への名無しさん:2010/07/02(金) 17:57:25 ID:6CjDncU30
★東大文Tを受験した灘高生のブログより★
東大合格発表日の東京までの交通費を渡す代わりに東進生になりすまさせる契約
↓コピペ↓
2010-03-03
なんか東進から電話があって東京までの交通費くれるそうなので、もしかすると行くかもしれません。
東進もそのかわり僕を合格者にカウントするという引き換え条件のもとですが(受かってたらね)。
まぁ別にそんなのカウントするしないはどうでも良いのですが、
困るのは合格体験記的なノリのやつに何も書けない、ってことですね。
講師も誰も知らないし模試すら受けたこと無いし自習室も行ったこと無いし、
まさしく縁もゆかりも無いので。まぁそんなの気にしませんが。
「努力すれば叶う」とか抽象的な無責任発言しておきます、多分。
ブログ http://d.hatena.ne.jp/saltier/20100303
ピク http://imepita.jp/20100304/819180


464 :大学への名無しさん:2010/07/04(日) 12:03:36 ID:AhhqaZ7pO
Cの行列18の上の(2)で

最後何で係数比較できるんですか?
与式がイコールついてるから?

465 :大学への名無しさん:2010/07/06(火) 22:22:25 ID:ykq+u5Ql0
整数の八番の演習で偶数ならf(n+2)-f(n)になるってのがよく分からん
じゃあ奇数なら何なのかと問いたい
てか八番のテーマはf(n+1)-f(n)を繰り返して分かりやすくなるまで次数下げしようってことでおkだよね

466 :大学への名無しさん:2010/07/06(火) 22:25:21 ID:ubKCrEpJ0
わからないことだらけでシンドイ

467 :大学への名無しさん:2010/07/07(水) 23:14:45 ID:y5dUTAhE0
>>465
偶数も奇数もやり方は同じじゃね?
任意の偶数nに対してf(0)=0(偶数),f(n+2)-f(n)は偶数になるための必要十分条件
任意の奇数nに対してg(1)=1(奇数),g(n+2)-g(n)は奇数になるための必要十分条件
そもそも解説にある定理の←方向が数学的帰納法で示されていることを考えれば
初めが偶数でそこから2個ずつ先のものも(偶数)だから(偶数)−(偶数)=(偶数)
とやっているだけで、これを(奇数)に置き換えても同じ
数学的帰納法の証明法(2ステップあった)を思い出せばいいと思う

468 :大学への名無しさん:2010/07/08(木) 14:45:33 ID:s6M68NaU0
>>467
分かったかも
f(n+1)-f(n)=(整数)だったら0代入してf(1)が整数と分かって2が分かって3が分かって・・ってなるのを
f(n+2)-f(n)にしたら0代入でf(2)が偶数と分かって2代入でf(4)が偶数と分かって・・
ってなって奇数飛ばしで進んでいくわけで最終的に任意の偶数で成り立ち
奇数なら最初1代入でf(3)奇数が分かって・・と今度は偶数飛ばしで進んでいって任意の奇数で成り立つよって話か
偶数でも奇数でも一個飛ばしで進めばいいからどっちもf(n+2)-f(n)でよくて最初に0入れるか1入れるかという違いってことかな

469 :大学への名無しさん:2010/07/08(木) 17:08:46 ID:KWbs1TpK0
>最初に0入れるか1入れるかという違いってことかな

そこは0や1限定じゃなくてもよく、問題によって最適な偶数や奇数を入れればOK
例題や演習題の場合は0入れるしかないけど

470 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 19:37:48 ID:BiQQFIR60
数Iの二次関数の演習11番が分かんね
x^2の二次式と見たら(x^2-2y)^2+(y+2)^2+4ってなって(x^2-2y)=0と(y+2)=0と両立させるx,yからないってあるけど
yの二次式と見たとき5{y-2(x^2-1)/5}^2+1/5(x^2+4)^2+4ってなるけど5{y-2(x^2-1)/5}=0と1/5(x^2+4)+4=0を両立させるx,yってないよね
ってかあったら最小値4にならないといけないよね
x,yのどっちかの二次方程式と見てやってもそれでいいのかもう一方の変数でまたやらないといけないかどうかが分からん・・・

471 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 20:57:04 ID:WVoqORoK0
>>470
x^2≧0 より x^2+4≧4 よって (x^2+4)^2≧4^2
で x=0 のとき 左辺=4^2 / 右辺=4^2
てなるじゃん。(実数)^2≧0だけを見てると落としやすいよね

x,yのどちらの見方をしてもいける場合は
見方を変えても結果が変わることはないはずだし
片方ダメだったら変えればいいんでない?


472 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 23:13:42 ID:HCn8yuEO0
>>470
先に断っておくと俺も受験生、つまりあまり信じないでね

解説には、x^2の2次式と見たときに()^2 +()^2の形から一気に解けないので「うまくない」
と書いている、できないとは書いていない、やってみると
x^2 = t (t≧0)とおくと
f(t) = (t - 2y)^2 + (y^2 + 4y + 8)
よって、t≧0の下でのf(t)の最小値を求めて、そのときのx,yが求めるものである
[軸t=2yがt≧0に入るか入らないかで場合を分けて]←ここで面倒と思いこの解法を止めるべき
(a) 2y≧0すなわちy≧0の場合
f(t)はt=2yのとき、最小値y^2 + 4y + 8をとる
ここでyを動かすと、y^2 + 4y + 8 = (y+2)^2 + 4より
y=0のとき最小値8 ← y≧0なのでy=-2のときではない!
(b) 2y≦0すなわちy≦0の場合
f(t)はt=0のとき、最小値5y^2 + 4y + 1をとる
ここでyを動かすと、5y^2 + 4y + 1 = 5(y+2/5)^2 + 1/5より
y = -2/5のとき最小値1/5をとる

以上よりf(t)は(b)の「t=0すなわちx=0」かつ「y=-2/5」のときに最小値をとる(答)
俺は途中で打つの嫌になった

そもそも独立多変数関数を考える場合、まず1文字だけ動かし他は固定する
というのが一つの解法だが、固定するのは複雑な動きをする文字というのが当然で
この場合は次数の高いxを固定すべき

473 :大学への名無しさん:2010/07/17(土) 12:33:07 ID:LpFWaGgr0
東北大理系志望
黄色チャート(ほぼ終了)→一対一か乙会のMHA(MF1)でまよってる

1A〜3Cまでって分量多くない?? 一応持っているのですがどうしようかとあ

何かアドバイスください 

474 :大学への名無しさん:2010/07/17(土) 15:34:40 ID:DkpNw7w60
数Uの114ページ 5.最大最少のグラフ のところで質問なんですが、
「-2≦a<0 を考えるとき、M(a) は f(-2), f(a), f(2) のうちで大きいもの」 とあります

関数f(x)は3次の係数が正なので、N字型のグラフで、解答の右にもあるようなグラフになると思うのですが、
このとき、極大値をとるf(a)はf(-2)より大きいので、上で書いた 「 」 の中からf(-2)を除いて考えても良いのでしょうか

475 :大学への名無しさん:2010/07/17(土) 17:21:43 ID:ZUrjUtpkO
>>473
同じく東北志望だが
2と3Cだけ演習問題をやってその他は例題だけ、もしくは他の参考書で補ってる
例えば東北頻出の確率はハッ確を進めてる
でもまぁそこらへんは他教科の進み具合もあるし
実際に赤本見て自分で考えた方がいいかと

476 :大学への名無しさん:2010/07/17(土) 17:50:40 ID:A2+9EBMF0
まだ時間あるから中学の数学からやり直せよ

477 :大学への名無しさん:2010/07/18(日) 13:37:08 ID:1f3uuqU+0
>>475

ありがとうございます

478 :大学への名無しさん:2010/07/18(日) 14:05:43 ID:qMP8MIe30
数1の例題10の(4)を線形計画法で解きたいんですがわかりません。どなたか教えていただけないでしょうか?

479 :大学への名無しさん:2010/07/19(月) 02:19:26 ID:N57zqako0
↑のは数と式の10番です。すみません。

480 :大学への名無しさん:2010/07/19(月) 06:59:00 ID:ECdIb92P0
>>478
ab平面に描いた条件の領域をDとする
(a+b)/(2a+b)がkという値をとり得る
⇔(a+b)/(2a+b)=kを満たす実数a,bが領域D内に存在する

(a+b)/(2a+b)=k
⇔(k-1)b = (1-2k)a 【←場合分けが生じる】
(i) k=1のとき
k=1を満たす実数a,bは存在する(「a=0,bは任意」のとき)ので
k=1はとり得る・・・@
(ii) k≠1のとき
b={(1-2k)/(k-1)}aと書け、これはab平面上で原点を通る傾き{(1-2k)/(k-1)}
の直線を表すので、領域Dの図より
{(1-2k)/(k-1)}≧-2/3 【←大小関係を保存するため両辺に(k-1)^2をかけて整理する】
⇔(k-1)(4k-1)≦0
⇔1/4≦k≦1・・・A

@とAを「または」で結んで1/4≦k≦1・・・(答)

481 :大学への名無しさん:2010/07/19(月) 07:04:11 ID:ECdIb92P0
線形計画法って大数でいうところの逆手流のバリエーションの一つなので
数Uの軌跡・領域あたりに詳しくあるはず

482 :大学への名無しさん:2010/07/19(月) 07:07:51 ID:ECdIb92P0
480の訂正
(誤)「a=0,bは任意」のとき
(正)「a=0,b=3」のとき
ごめん、俺が領域Dという条件忘れてた

483 :大学への名無しさん:2010/07/20(火) 20:29:58 ID:Coo7SXvo0
どうもありがとうございます。

線形計画法ってものを別のことと勘違いしてたみたいです。てっきりチャートとかに乗ってるふつうの解法かと思ってました。数2のを購入してまたじっくり考えたいと思います。

484 :大学への名無しさん:2010/07/21(水) 00:18:20 ID:23Syoky/O
数Uチャート(領域)に線形計画法載ってたよ…?

485 :大学への名無しさん:2010/07/21(水) 04:20:38 ID:upHlx7Tr0
いま把握できました。ふつうにチャートに乗ってる解法ですね。間違えていた自分が恥ずかしいです。

これはわざわざab平面に表す必要はあるのでしょうか?xy平面ではダメなのでしょうか?

486 :大学への名無しさん:2010/07/21(水) 07:41:37 ID:Ne3ZNaHg0
条件と求める範囲がa,bで与えられているからab平面で書いているだけで
それをあえてxy平面にする必要はないと思うが
abをxyに直してその後でabで書くなんてメンドウじゃん(まあしてもいいけど)
この問題でひっかかるところといえば、kが傾きの中に出てくるので傾きの範囲を図で
見るのだが、そのときb軸平行の直線もありうるのでそこに注意する位かな
xy平面で言えばy=ax+bの形はy軸平行の直線は表せないよね

487 :大学への名無しさん:2010/07/22(木) 00:06:06 ID:mF5TY62BP
浪人生ですが、坂田アキラと志田シリーズの面白いほどわかるを全部やったあと

1対1やれば理科大狙えますか?

488 :大学への名無しさん:2010/07/22(木) 04:55:04 ID:b5l8TH3Q0
>>487
大丈夫だお

489 :大学への名無しさん:2010/07/22(木) 10:00:40 ID:mF5TY62BP
>>488
ありがとうございます。信じときます…w



490 :大学への名無しさん:2010/07/22(木) 13:04:34 ID:hQkb9nNh0
そのまま1対1やったほうがええんでないの?もう時間残されてないぜよ。
俺は今1対1の波動のところやってる

491 :大学への名無しさん:2010/07/22(木) 14:40:30 ID:mF5TY62BP
>>490
坂田アキラシリーズをやらないでそのまま1対1に行った方がいいのかな?

今から買いに行く予定だったのにーw

じゃあとりあえず苦手な分野だけは坂田シリーズを買うとします!
似たような感じだったら1対1の方だけにしようかな…

とりあえず見比べてきますね!いっきに買う予定はないので!

492 :大学への名無しさん:2010/07/22(木) 19:56:54 ID:duzQqhiP0
坂田とかの面白いって何冊も出てるよな
今からそれと1対1やるつもりだったんかい・・・

493 :大学への名無しさん:2010/07/22(木) 20:25:31 ID:mF5TY62BP
坂田シリーズは買ってきたんですが

見た感じ簡単そうなので、即効で終わらせられるとおもうので、

8月後半には必ず1対1に入れるとおもうのですが…

まぁ遅いかもしれませんがやるしかないですのでね…

494 :大学への名無しさん:2010/07/22(木) 20:53:03 ID:ofI9O4n80
坂田いらね
というか今からやっても1対1間に合うかわからん

495 :大学への名無しさん:2010/07/22(木) 20:54:44 ID:mF5TY62BP
坂田やらないで1対1いきなりやって理解に苦しむのは嫌なんで…

浪人生なので、午前中も時間あいてますし、頑張ってみます…

496 :大学への名無しさん:2010/07/22(木) 21:18:13 ID:ofI9O4n80
どうでもいいけど、なんでそんなに坂田にこだわるんだよw
教科書が理解出来てれば全くやる必要ないぞ

497 :大学への名無しさん:2010/07/22(木) 23:04:28 ID:mF5TY62BP
>>496
確かに坂田は簡単で今スイスイ進んでるけど、迷ったら解説良いし良いかなって思いましてw

今日本屋行って思ったのですが、

数VCは坂田と志田あわせて三冊か大吉巧馬の ゼロから始める入試対策 数学V・C (数学が面白いほどわかるシリーズ)

どっちが良いか非常に迷ったんだが、ここの板の人たちはもちろん坂田なのかな?

あせって大吉のやるか、じっくり坂田のやるかだよなぁ…

どうしよ…

498 :大学への名無しさん:2010/07/23(金) 13:13:53 ID:iXVQuC0F0
焦って大吉やっとけwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

499 :大学への名無しさん:2010/07/23(金) 18:26:20 ID:DEO9Xal3O
数3のP37の問題でcosx=Xとおいて解くのはダメなんでしょうか?
微分するとsinx=0の場合が出てこないのはなぜなんでしょうか

500 :大学への名無しさん:2010/07/23(金) 20:53:52 ID:DXLnaVr30
1対1の方が要点分かりやすから青茶やめるのってバカ?
青茶隅々まで読むとか萎えるんですけど。

501 :大学への名無しさん:2010/07/23(金) 21:21:47 ID:tIar2Msm0
じゃあ青茶隅々まで読まなければいいんじゃない

502 :大学への名無しさん:2010/07/23(金) 23:02:38 ID:UoyqFnJB0
一対一対応とは別に計算練習用の問題集が欲しいのですが何を使ったらいいでしょうか?

4STEPは解答ないですし・・・

503 :大学への名無しさん:2010/07/24(土) 11:53:59 ID:/iNmnL7V0
学校のアドバンスノートと大学への数学Tだけしかやってないが全統模試偏差値74とれた‼


504 :大学への名無しさん:2010/07/24(土) 15:58:32 ID:jfyHUm+C0
平面ベクトルの5(2)でAR':R'B=a:bとなる途中式の経過がよくわかりません

誰か教えてください(汗


505 :大学への名無しさん:2010/07/24(土) 16:26:32 ID:exdNje9K0
右に書いてあるベクトルOPうんぬんって解説と(1)の結果から

506 :大学への名無しさん:2010/07/24(土) 17:11:07 ID:hX0ZbYOK0
>>504
b/(ab+a+b)=s , a/(ab+a+b)=n とすると、
OR'↑=kOR↑=ksOA↑+knOB↑
このときks+kn=1は大丈夫ですか?
よってksOA↑+knOB↑=(ksOA↑+knOB↑)/(kn+ks)

分点の公式と見比べるとこれはR’がABをkn:ks⇔n:sに内分しています。
つまりa:bです。



507 :大学への名無しさん:2010/07/25(日) 10:13:32 ID:Zuf0nPCk0
1対1を本気で頑張ったら偏差値90超えました。

508 :大学への名無しさん:2010/07/25(日) 10:48:15 ID:/8EBQc9oO
あんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあん

509 :大学への名無しさん:2010/07/25(日) 11:13:39 ID:vCUe5PcOO
どなたか>>499お願いします


510 :大学への名無しさん:2010/07/25(日) 14:25:07 ID:Zuf0nPCk0
1対1が奇抜な解放すぎて実用的じゃないとか言ってる奴はまだ使えるレベルじゃないのにブランドに惹かれやってる奴。
確かに省略しすぎるくらい奇妙な解答だが、改変問題に数多くの単発テクニックが無理やりつまってる。

511 :大学への名無しさん:2010/07/25(日) 15:38:04 ID:hj6FshXu0
>>510
いや、不必要な解も多い。それが判断できないようだと・・・

512 :大学への名無しさん:2010/07/25(日) 16:01:03 ID:mvRjiVkp0
「軌跡の方程式」

513 :大学への名無しさん:2010/07/25(日) 17:06:21 ID:etbIPUIIO
軌跡を求めよ
軌跡の方程式を求めよ

514 :大学への名無しさん:2010/07/25(日) 20:29:34 ID:KtqXSsymI
どの解法が有用出ないんだ?
もしくはうまい、これは使えるという解法を教えて頂きたい

515 :大学への名無しさん:2010/07/25(日) 20:47:13 ID:OxgpITfh0
1対1にとって軌跡の方程式は黒歴史レベル

516 :大学への名無しさん:2010/07/26(月) 00:12:28 ID:wo+Ci2xO0
>>514
汎用性の無い解は無用。その特殊な問題のみに適応される解は優麗な解だが無用の長物。
その辺が判断できるレベルの人にはいい書だと思う。

517 :大学への名無しさん:2010/07/26(月) 05:16:14 ID:nFKG/QyD0
Uのp112 3極値の条件を求める の(2)
は増減表やグラフは描かなくても、いい(減点にならない)のですか?

518 :大学への名無しさん:2010/07/26(月) 22:09:07 ID:jhuXrAtY0
>>517
mod15を使えば解決できる

519 :大学への名無しさん:2010/07/28(水) 00:30:04 ID:UsX+y3ZB0
フォーカスゴールド Focus Gold 数学
全国の進学校でも指示を頂き、灘をはじめ超進学校でも採用されるようになりました。開成も。

520 :大学への名無しさん:2010/07/28(水) 01:24:29 ID:DLEW3J/l0
969 :大学への名無しさん :2010/05/09(日) 19:41:29 ID:OpK7hrqy0
>>964
>解釈の仕方で変わってくる危険性があるかと

ないない。「軌跡を求めよ」ではなく「軌跡の方程式を求めよ」って書いてるんだから
方程式だけ求めればよく、範囲は必要ない。
もちろん実際に点が動く範囲まで自主的に解答してもいいが、
それを出題者が要求するなら最初から問題文にそう書かないといけない。
それを理由に減点するなら、それは問題文の不備であって、解釈の問題ではない。

>そうなると軌跡上にない点も場合によっては満たしてもよいってことになるよね?

あたりまえ。
解答した方程式が表す曲線(この場合はy^2=x)の上に、
(実際に点が動く範囲という意味での)軌跡上にない点が乗っかってても何の問題もない。

それとも、方程式の上にすら乗っからない点を解答に含めていいかって話をしてるのかな?
そんなのはもちろんダメだ。だって、方程式を満たさないんだから。
問題が問うてるのは
「軌跡が乗っかる方程式を答えろ」ってことであって、
「逆にその方程式を満たす点が全て軌跡に含まれてることを示せ」ってことじゃないんだぜ。


もし、「軌跡の方程式を求めよ」が「軌跡が乗っかる方程式を答えろ」ってことなら、
全平面を表す方程式(恒等式)を答えればいいことにならないか?
つまり、「軌跡が乗っかる方程式を答えろ」は問題としてナンセンス。
そう考えると、「軌跡の方程式を求めよ」=「軌跡を求めよ」に思える。

521 :大学への名無しさん:2010/07/28(水) 01:46:05 ID:Zs2vZExm0
もう許してやれよ

522 :大学への名無しさん:2010/07/28(水) 01:47:39 ID:bz2gBkiT0
大数側が回答している
「軌跡が満たす必要条件のみを答えればよい」という表現は大いに語弊がある。
それだったら全平面の式を答えればいいことになる。
「軌跡を表す方程式だけを答えればよく、軌跡の限界は考慮しなくてもよい」ということだろ、要は。

清がほざいている「入試問題で見たことない」的な発言はどうかと思う。
「軌跡の方程式を求めよ」という表現の入試問題はいくらでもある。
そしてこの表現を「範囲の考察は不要」と読み取るのは妥当だと思う。
なぜなら、範囲を答えるのなら「方程式」以外の陳述が必要だからだ。

523 :大学への名無しさん:2010/07/28(水) 01:56:33 ID:Zs2vZExm0
「範囲の考察は不要」だったらそれこそ全平面でいいじゃん

って言われそうだなそれ

524 :大学への名無しさん:2010/07/28(水) 02:14:00 ID:bz2gBkiT0
言わせておけばいい。
ただし、東京出版にではなく、大学の出題者に言うべきだが。
「軌跡の方程式を答えよ、という問いへの回答に不等式を要するのはなぜか」と。
(ただ、ざっと調べてみたところ「軌跡の方程式」を問う問題では、軌跡の限界はない、つまり
求めた方程式が表す図形上をすべて動く場合が専らのようだ。)

いずれにせよ、一講師が一サイトで吠えてるだけでは何も変わりはしない。

525 :大学への名無しさん:2010/07/28(水) 14:11:31 ID:QRHdUU6f0
そもそも、必要のないことをわざわざ勝手に定義して記述してるのが問題なんでしょ
それに対して批判が来るのは当たり前でしょ

526 :大学への名無しさん:2010/07/28(水) 14:53:45 ID:DLEW3J/l0
必要条件でも必要十分条件でもないなら、
そもそも、「軌跡の方程式」の定義ってなに?

あと、極方程式の問題の場合、変数に制限つけることあるよね?渦巻線とか。   

527 :大学への名無しさん:2010/07/28(水) 16:10:01 ID:DLEW3J/l0
例えば、単位円の上半分の軌跡の方程式を求めよという問題の場合、
軌跡をx^2+y^2=1かつy≧0と求めた人は、x^2+y^2=1が答だが、
軌跡をy=√(1-x^2)と求めた人は、y=√(1-x^2)がそのまま答になる。

いくらなんでもこれはナシだわ。

528 :大学への名無しさん:2010/07/28(水) 20:02:25 ID:fZ/CDxeZ0
>>527
>単位円の上半分の軌跡の方程式を求めよという問題の場合、
そんな「問題」は入試の現場でも問題集でもあり得ない。

「上半分」といった時点で制限をしてるんだから、
>>522で書かれている
>「軌跡を表す方程式だけを答えればよく、軌跡の限界は考慮しなくてもよい」
の「限界」を最初から考慮せよと言っていることになる。だったら問題文は
「軌跡を求めよ」と書くのが普通だろうさ。

実際に存在しないものを持ち出して不合理な結果が生じるからダメ、というのは
それ自体不合理だよ。

#で、某社(東書や数研じゃないが)の教科書傍用で、逆に「軌跡を求めよ」という出題で
#ありながら、その方程式の表す曲線の全範囲を動点が動くか必ずしも自明でなく、
#でありながら「模範解」にはその考察がなされてない、なんてことがあったのだが。
#かみつくんならむしろこっちだろうと思う。


529 :大学への名無しさん:2010/07/28(水) 20:34:59 ID:fZ/CDxeZ0
実際に入試問題見ると「軌跡の方程式を求めよ」という文言が使われているのは
・図形が載るべき式は必要(とくに、大問の内容がさらに続く場合)
・その軌跡が式で表された図形全体のどこからどこまで動くかは
 示さなくていい(または、続く大問で直接利用されない)
が主流じゃないかね。

09年長岡技科大の出題は、「軌跡」はまさに円の上半分になるのに、
「軌跡の方程式」をf(x)として求めさせておいて、さらに「y=f(x)のグラフを書け、と
続いている。が、「軌跡の方程式」をy=f(x)という陽関数の形で求めさせているので、
実際には円の下半分は自動的に排除される。端点は確かに問題になるけど。

一方、「軌跡を求めよ」という出題だと動点がどの範囲かを動くか自明ではない場合
必ずその検証作業が必要になってしまい、問題が必要以上に煩雑になる場合がある。
だから「その検証は要らないよ」ということを明示的に出題側が示したいときに使う表現が
「軌跡の"方程式を"求めよ」である、ってこと。

ただ、出題の表現にヤバイにおいがすると思ったら保険として(容易であれば)
範囲も考察しておく、くらいの臨機応変の判断ができるのが受験生としては望ましかろう。
それも踏まえて、「範囲考察が面倒そうな場合に「軌跡の方程式」が要求されていたら、
範囲考察は省略可能だ」くらいに捉えとくのが一番実際的な解釈だろうとも考えるがね。


530 :大学への名無しさん:2010/07/28(水) 21:04:56 ID:DLEW3J/l0
>「軌跡を表す方程式だけを答えればよく、軌跡の限界は考慮しなくてもよい」
軌跡の限界とか意味不明。軌跡は軌跡だろ?

あと、「軌跡を表す方程式」の定義は?
問題として求めさせる以上、ちゃんとした定義があるはずだが。

531 :大学への名無しさん:2010/07/28(水) 21:44:59 ID:DLEW3J/l0
>09年長岡技科大の出題は、「軌跡」はまさに円の上半分になるのに、
>「軌跡の方程式」をf(x)として求めさせておいて

あり得ないんじゃなかったのか? 

あと、>かみつくんならむしろこっちだろうと思う
いきなり知りもしない話持ち出されてもな。 

532 :大学への名無しさん:2010/07/28(水) 21:49:57 ID:NjAK8J7c0
一つ言えることは「どう問われても、動く範囲を示しておけば間違いはない」ということだね。
しかし、それを求めないなら何でもないのに、求めるとなるととても煩雑になる問題があるのは確か。
それについて、採点者である各大学がそれぞれどう思ってるのかは謎。
本当に範囲を求めているのかも不明。予備校や問題集ではそりゃあ万全を期して範囲もつけときますよ。

何が憎いのか知らないけど、そんなに批判することではないと思う。大学寄りで考えてみると些末なことなんだよね。
大学も問題作成・採点基準の柔軟性については決して馬鹿じゃない。
このあたりは、「軌跡の方程式を問うているのに範囲が示されていない、バツ」という浅薄なやり口ではなく、
解答者の答案や予備校の突っ込みに応じて柔軟かつデリケートに扱われると個人的には考えます。

「軌跡の方程式」の定義、「軌跡を求めよ」と「軌跡の方程式を求めよ」の違いは無知にして聞いたことがない。
無難だからか多くは「軌跡を求めよ」「軌跡を図示せよ」という形にしていますね。
参考までに、たとえば10年国公立で「軌跡の方程式」なる記述があるところは、大ざっぱに見たところ、
  愛知教育大、山口大、高知大
ですね。山口大、高知大では放物線の一部になっている。また、高知大では「軌跡の式」と表している。

533 :大学への名無しさん:2010/07/28(水) 22:18:25 ID:5Q/xtOXl0
「軌跡の方程式」なるものがきちんと定義されてないのが問題なんだろう
それを「軌跡」と区別しなきゃいけないような問題があるの?って話になるし

534 :大学への名無しさん:2010/07/28(水) 22:23:32 ID:fZ/CDxeZ0
>>530
「限界」は確かに意味不明だった。「軌跡が方程式のどの範囲を占めているか」でどうだ。
実際に問題の設定で軌跡で描かれる図形が「図形の方程式」と「変数、あるいは座標の範囲」で
表される場合、前者のみを取り出して「軌跡を表す方程式」という。
この定義が恣意的だと思うなら、逆にこの前者をどう表現すべきか示してほしい。

>>531
陽関数(y=f(x))の形式が明示的に指定されていることで、「あり得ない出題」である>>527とは
かなり大きな違いがあるわけなんだが(端点があるから決定的とまでは言わんが)。

>>532
数研「入試問題集」07年3冊と09年理系IAIIBが手元にあるけど、
国公立に限れば07年は神戸大理系(軌跡Tの方程式)、愛知教育大(軌跡の方程式)
09年に前述の長岡技科大。他に私立で2件。毎年数件ずつはあると思ってよさそう。


535 :大学への名無しさん:2010/07/29(木) 00:04:47 ID:pZ/8Nona0
>この定義が恣意的だと思うなら、逆にこの前者をどう表現すべきか示してほしい。
>>527のケースを除外してる時点で恣意的。
つまり、一義的には表現不可能。  

>>527のケースを除外して考えてよいとする「数学的な」理由があれば別だが。 

536 :大学への名無しさん:2010/07/29(木) 00:53:54 ID:Yb71OY400
「軌跡の方程式」の定義を知りたい人はそれぞれの当該大学に聞くほかないんじゃないの?
>>532で書いたが、問題・大学によっては、
受験生や指導者が厳密に考えてるような採点基準でない可能性も大だと思うよ。

537 :大学への名無しさん:2010/07/29(木) 01:02:09 ID:soU/hOpO0
てす

538 :大学への名無しさん:2010/07/29(木) 02:07:44 ID:pZ/8Nona0
>>536
教科書で定義が与えられていないものが入試で扱われることってあるの?
教科書の範囲内でしか出題されないと思ってたんだが。

  

539 :大学への名無しさん:2010/07/29(木) 03:07:21 ID:1AB+DScr0
軌跡というのはある図形であって、その図形はある方程式で表されるという前提がある。
少なくとも高校数学(大学入試)においては、方程式を用いて表現できないような軌跡は登場しない。
その前提のもとで、「題意の軌跡は、どのような方程式で表される図形ですか?」というのが
「軌跡の方程式を求めよ」の意味だろう。

しかし、軌跡が円の一部や放物線の一部などの場合、
方程式のみでは図形を表現できない状況が起こる。

そのような軌跡であるにもかかわらず、「軌跡の方程式を求めよ」と問う出題者は、
いかなる意図を持ってこの表現をあえて用いるのか?というのが争点だ。

「軌跡を求めよ」ではなく「軌跡の方程式を求めよ」とあえて言うということは、
何か意図があるのか。それとも気の迷い、言葉の綾で、大した意図はないのか。
それは出題者に聞かなければ分からないが、一つの解釈として、
「方程式だけを答えればよい」というのもあってよいと思う。
このように解釈することが横暴だというのなら、「軌跡の方程式」と「軌跡」の違いを説明せねばならん。

540 :大学への名無しさん:2010/07/29(木) 17:25:01 ID:Yb71OY400
ID:DLEW3J/l0=ID:pZ/8Nona0は実際の教科書・入試問題を調べないで
これまで話してたの? 納得いかないなら各大学に意図・解答を聞くしかない。

大学があえて「軌跡の方程式」を用いることに、何らかの意図はあると考えておかしくない。
そして、1対1の表現には確かに語弊がある(言い足りない)ように思うが、
それを変に「大学様は数学的厳密さを要求している!」と勘ぐるとこんな騒ぎになる。
大学入試だから、選抜がうまく行えれば、肝要なところ以外は柔軟にやっているのが実情です。

私の言えることは>>532>>536くらいだね。
>>529>>539あたりが、無難かつ建設的といえる有意味な、とりあえずの結論と思う。

541 :大学への名無しさん:2010/07/29(木) 20:36:54 ID:L1/FVSAs0
>>539
1つの解釈にすぎないのに、さも正しい答えであるかのように書かれてるのが問題であって
その解釈すら「軌跡の方程式」と「軌跡」の違いの説明になっていないわけで
更に言えば大数側に訂正する気が”今のところ”見られない。(聞いた話なので個人的には未確認)

…直近で延々とされている議論は前提として、こういう指摘がされているもんだと思っていたが

542 :大学への名無しさん:2010/07/30(金) 04:16:40 ID:bjahv0IL0
>> 499
亀レスだが、置き換えをして、その置き換えた文字で微分して極値をしらべる
のはダメだよ

543 :大学への名無しさん:2010/07/30(金) 19:19:00 ID:+j1+NmBO0
>>4のQ2って別におかしな質問じゃなくね
網羅度の違いなんてあって当然だろ
青のほうが網羅度は高いって書いとけよ

544 :大学への名無しさん:2010/07/30(金) 20:10:15 ID:jVsuK+GN0
数Uの三角関数の例題8(ハ)の答えって合ってるの?
2/3πにイコールいるんじゃね?

545 :大学への名無しさん:2010/07/30(金) 23:48:45 ID:Gen3bp7u0
>>544
イコールだと2cosθ+1=0になるわけだが。

546 :大学への名無しさん:2010/07/31(土) 00:00:52 ID:No+lFlpf0
2cosθ+1>0はθ=2/3πだと不適となり、実線は一重になるのですが( i _ i )

547 :大学への名無しさん:2010/07/31(土) 00:08:04 ID:No+lFlpf0
やっと理解しました!!

545さんありがとうございます。



548 :大学への名無しさん:2010/07/31(土) 10:26:01 ID:gQU5cNIFP
数B35P例題のように、正四面体の頂点Oから底面ABCに下ろした垂線の足Hは、
三角形ABCの重心である(外心でもある)というのは、常識として使用してもokですか?

549 :大学への名無しさん:2010/07/31(土) 11:08:43 ID:gYh1pz4F0
>>548
外心となる理由は一言書いておくのが良心的。
重心となる理由も一言書いておくのが良心的。

153 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)