5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【私語】ジョナ他★牛 集まれ〜♪part10【禁止】

1 :マドモアゼル名無しさん:2009/11/22(日) 17:21:10 ID:MgrwbeUT
牡牛座の各占いを貼るスレです。※ 貼って下さる方大歓迎です。
貼ってもらった全員に感謝して マターリと牡牛座らしくいきましょう。
また、過去スレにきた出張荒らし・煽りには徹底無視のご協力をよろしくお願い致します。

※ 雑談・私語は禁止です。したい人はこちらのスレにドゾー。
ジョナ牛★検討スレ Part18
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1253478206/
過去スレ  
ジョナ★牛 集まれ〜♪
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1044330247/
ジョナ★牛 集まれ〜♪ part2
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1058284548/
ジョナ★牛 集まれ〜♪ part3
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1071456147/
ジョナ★牛 集まれ〜♪ part4
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1087189789/
【私語】ジョナ他★牛 集まれ〜♪part5【禁止】
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1105851105/
【私語】ジョナ他★牛 集まれ〜♪part6【禁止】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1131220399/
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1174440442/
【私語】ジョナ他★牛 集まれ〜♪part8【禁止】
http://s.s2ch.net/test/---.uaY!FROM=&mail=&color=000000+efefef+0000FF+0000FF+FFFFFF&size=3&NG_NAME=&NG_MAIL=&NG_DATE=&NG_MESSAGE=/namidame.2ch.net/fortune/1241796683/1-1001
前スレ総レス数 8
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1254506643/

2 :マドモアゼル名無しさん:2009/11/22(日) 17:22:05 ID:MgrwbeUT
前スレログ
【私語】ジョナ他★牛 集まれ〜♪part9【禁止】
http://p2.chbox.jp/read.php?host=namidame.2ch.net&bbs=fortune&key=1254506643&ls=all

3 :マドモアゼル名無しさん:2009/11/22(日) 17:27:26 ID:MgrwbeUT
2009/11/9-2009/11/15 全体の空模様。
PMSでがっつり寝汗をかいてしまいました。
なんか寝起きなのにスポーツの後みたいに気持ちよくぼーぜんとしています。
いやあまり気持ちよくはないか・・・どうだろう・・・・・
昨日、もうちょっとで店頭に並ぶ新書が届いたのですが開いてみて、まず
字、でかっ!と驚きました。
最近の新書ってこんなに字が大きいんですね・・なんか衝撃を受けました。
そしてぱらぱらとめくり
#&$%’$$’$&@@@@!!!!
と声にならない呻きを発しました。
まちがい★発見    orz
最初の図版(19頁)でホロスコープの例を示したのですが日時の他に場所のデータを絶対絶対入れなきゃいけないのに入ってない!!!(東京)   
こんな大事なところで・・・・・ありえねー・・・(滂沱)
たぶん私が見落としたのかもしれません orz
私から編集者さんへ指示をし、編集者さんからデザイナーさんへ指示をし・・・というふうにやったので
たぶんその伝言ゲームのなかでぽろりと落ちたんだろうと思うんですが最終的にはみんなチェックしたはずなのに・・・(悶絶
予約してくださった皆様、ほんとにほんとにすみません!!!
ちなみに私のホロスコープには、地の星座に星が一つもないのですが「土地」が抜けているという辺りにへんなシンクロを感じ(たりしている場合ではない
マチガイの一切ない本など存在しない、いつも言われるんですが、しかしこれはひどい。。
いつもなんでこう、ツメが甘いんだろう。。。。(猛省)
今月から、携帯サイト「星読み」での月間占いが元のような形に戻ります。
これまで一年半ほど、加藤まやさんにメインの月間の執筆をお願いし私はプチ月間占いをくっつけていたのですが今月から、私の月間占いのみとなります。
内容は以前通り、MYLOHAS.netと一緒です。
加藤さんの具体的で詳細な占いが好きだ、という皆様にはざんねんなことになってしまって申し訳ないです。
加藤さんはご自身のブログでも占いをなさっているので、そちらへどうぞ!
まやブログ加藤さん、「代打」から今までサポートしてくださって、本当にありがとうございました! お疲れ様でした!



4 :マドモアゼル名無しさん:2009/11/22(日) 17:28:53 ID:MgrwbeUT
今週の空模様ですね。今週はまず、金星が蠍座入りします。
これで、蠍座に3星があつまったことになります。
太陽は獅子座の支配星で火星は蠍座の支配星(もともとはそうだったのです。冥王星が見つかってからサブ扱いになりました)なので
現在、火星と太陽は、角度ができているのと同じ状態になっています。
さらに土星と冥王星が90度で、山羊座支配星が土星。
というわけで全体に蠍座強調というムードが感じられるわけです。
そこへきて、木星と蠍座水星・太陽がどんどん角度を作っていきます。
なんか全体に今週は、パワフルなのです。ゴツンとしたエネルギーが感じられます。
根本的にがっつり動く感じ。草食系とか言ってる場合じゃないです。完全に肉食な感じです。

蠍座は「深い・濃い」星座とされています。
深いとか濃いってなんだろう、と考えてしまうわけですがイメージとしては毛足の長い濃い色のビロードとかコテコテの濃いチョコレートとかどっぷりはまる感じ
ドリアンとか、クサヤとか、ものすごく美味しいけどキャラが濃いもの、「それがなんでいいのか」がぜんぜん説明できないのに熱狂的な支持を集めるようなもの
非難囂々なのに、みんなそれを見たくてしょうがなくて見まくってでも文句をつけている状態等々、人を有無を言わさず強烈に惹きつけておぼらせるような力を蠍座は担っている星座です。
憎悪という愛みたいなもんもあるわけですね。コテコテです。
水は、刃物で切り分けることができません。
水の星座、蟹座・蠍座・魚座というのは刃物、つまり正義や論理で切り分けられないところがあります。
そんなどぼどぼしたものが、獅子座の火星や水瓶座の木星、天秤座の土星というような硬質な強さや論理を体現するような星々とやりとりするとき
一体何が起こるんだろうという気がします。
たぶん、この時期だれかが言っている「正しそうなこと」「論理的なこと」の向こう側には純然たる感情が渦巻いているのかもしれません。
恋情や敵対心や嫉妬や復讐心や罪悪感といった、純粋な感情が正論や正義を道具や手下として使う、という構造はぜんぜん珍しくありません。

5 :マドモアゼル名無しさん:2009/11/22(日) 17:29:46 ID:MgrwbeUT

言ってることは確かに正しい、でも、なぜ今、なぜ君がそれを言うんだろう?
と考えたとき、言ってることの内容とは全く別の動機が浮かび上がることがあります。
今週はそっちの方がメインというか、重要なんだと思います。
何を言っているかではなくなぜ言っているのか、のほうに注目するとき
聞かれていることに答えるよりももっとずっと簡単に根本解決する方法が見つかったりします。

今、おそらく、大事なのはものすごく個人的な思いなのかもしれません。
そこは善悪も論理もなくてその思いが生まれた、というところからスタートしないとも始まらない世界なんだと思います。

土星と冥王星の90度すでにちょっとまえからその形なわけですが
引き続き、今週もこれが継続しています。
最近、何かが「暴かれる」ニュースが多いような感じですが
どうも、この形のイメージはそれにぴったり来るような気がします。



6 :マドモアゼル名無しさん:2009/11/24(火) 01:38:44 ID:q8wlno/N
2009/11/23-2009/11/29 全体の空模様。
今週はぱちぱちとアスペクトができていって、なにかこう、接触とか展開とかが多いんじゃないかという気がします。
かくいうワタクシも久々に大阪出張いたしますが転がる石に苔生さず ライクアローリンストーンな雰囲気が空模様にも漂っております。どんなだ。

土星と冥王星の90度はもうここのところずっと形成され続けていましてなんとなくヤバイ感じが漂っていたりします。
いきなり何かが起こるというより、何かが掘り返されるとか明るみに出るとか形になってしまうとかそういう感じです。
積み上げてきたものがあって、それがどーんと表に出てくる、というイメージです。
もやもやしたものが厳然と形になる、という感じです。
で、そこに、射手座に入りたてほやほやの太陽がアクセスし「表面化」に拍車がかかる感じがします。
なんかイメージとしてはこう・・・トレジャーハンターみたいな感じですね。
沈没船とか徳川埋蔵金とかのためにインディジョーンズな感じです。
隠れた場所に積み上げられているものを狙って撃ち取るというような感じが匂います。

水星と火星の120度というのもできあがってきます。
火星は獅子座、水星は射手座でこれも勢いとエネルギーがあります、
やんちゃで暴れん坊な感じです。
好きな方向にガンガン飛ばしていくような雰囲気です。
さらに、蠍座の金星が、木星・海王星、天王星と角度を作っていきます。
これもなかなか奔放な感じです。
自制心とか遠慮とかコントロールとか抑圧の感じはこのラインにはほとんど感じられません。



7 :マドモアゼル名無しさん:2009/11/24(火) 01:39:39 ID:q8wlno/N
なんか全体に、こう、どっかーん!という炸裂感がありますね。
それも、暗くなくて、なんかシャンデリアとか打ち上げ花火とかみたいなハデでぎらぎらな感じが漂ってる気がします。
水の星座と地の星座、つまり女性星座には星が3つで風の星座と火の星座に星が6つですからパワフルでランボーな感じが強いのは、まあ、そうだよねという気がします。

ただ、勢いがあるときってちょっと人に優しくなるのを忘れて、全く気づかないうちに傷つけちゃったりすることがあります。
たとえば、笑いながらからかってたらいきなり相手が泣き出しちゃった、とかそういう「ノリのゆきすぎ」があるわけです。
そのあたりはちょっと、気をつけたいところです。
やり過ぎで嫌われる
反応を見落とすというのは、後悔するときにスゴイ恥ずかしさもあったりしてあれなので
テンションあがってきたときほど相手の表情を見るという姿勢は大事にした方が良いのかもしれません。


8 :マドモアゼル名無しさん:2009/12/01(火) 03:11:39 ID:o64usCEP
2009後半の運勢&金運 …
今年は金運が気になる、という人も多いでしょうか。宝くじのCMが目についてしまったりして。
ひとくちに金運といっても、さまざま。仕事で働いて得る報酬もあれば、
頂き物やくじ運のように授けられるもの、投資の成果などもあるでしょう。
お金があれば幸せになれるというわけでもありませんが、まったくないと困ってしまう。
お金に対する考え方や使い方には、人生や人格があらわれますね。
収入は、おもに木星で占います。つまり、収入UPが見込めるのは、木星がやってくる水瓶座宮を始めとする風の星座宮。天秤座宮も好調です。
ただし、風の星座宮といっても、土星矩(スクエア)の双子座宮は、それほど順調にはいかないようです。
くじ運という意味では、水瓶座宮、獅子座宮。そして、天秤座宮、双子座宮あたりにラッキーチャンスがありそう。
この4星座宮の生まれで、なおかつ誕生時の天王星、木星が、共に風の星座宮にあったら、2009年は宝くじのチャンスかも知れません!
一方、土星が留まっている星座宮は貯蓄運傾向。乙女座宮を始めとする地の星座宮は、土星が乙女座宮にある10月まで、貯蓄を考えるべきでしょう。

以下、2009年後半の金運を、ランキング掲載してみました。
-----------
1位 水瓶座宮
2位 天秤座宮
3位 獅子座宮
4位 牡牛座宮
5位 牡羊座宮
6位 蟹座宮
7位 蠍座宮
8位 双子座宮
9位 山羊座宮
10位 射手座宮
11位 乙女座宮
12位 魚座宮



9 :マドモアゼル名無しさん:2009/12/10(木) 03:31:06 ID:d9y754rJ
2009/12/7-2009/12/13 全体の空模様。
今週は2つほど、パンチのありそうな形が見えます。
まず、山羊座に入った水星ですがこれが、週の前半に冥王星と重なり、さらに土星と90度になります。
なんか相当びしっとした感じです、社会的になにかキッチリした決定が出るような、そんなイメージのかたちです。
ちょっとまえまで円が上がりまくり株が下がりまくってましたが双子座の満月を境に、ちょっと落ち着きましたね。
今週のこの、水星・冥王星・土星の形はすごく大人な、根源的な決定、というイメージがあります。
シビアでパワーがある宣言という雰囲気の形です。

射手座の太陽が火星に120度を作ります。これはかなり、熱くてアクティブなイメージのかたちです。
ガンガン攻めていくような、自分のワガママを最大に輝かせるような、とてもパワフルでやんちゃな、のびのびした感じの形です。
バイクとか車でガンガン飛ばしてるような海と女の子とモータースポーツ!みたいななんか活気のある形ですね。

全体に、水の星座に星が少なくなっていますのでウェットな感じはなくて
それ行けやれ進めみたいなかなり忙しくてしゃきしゃきした雰囲気が流れています。
年末に近づき、相当みなさま忙しくなってくるわけですがその忙しさが本格化しはじめるイメージです。
冥王星と水星の重なりは「隠れる」ことと「情報」の連動なので
なくしものなどには注意が必要かもしれません。
特に、老朽化している機械や設備には注意が必要な気がします。
昨日動いたから今日も動くというわけにいかないことも、あるのですね。
金属疲労というのはある日突然、ぼろっといくことで判明します。
私はずっとメガネをかけてるのですが左右のレンズの真ん中をつなぐところがある日いきなり
もろっと切りはなれてしまったことがありました。
あれはびっくりしました(汗
今週は、新しい段階に進むためにそうした「古びたものの崩壊」がオフィシャルな場で起こりやすいんじゃないかと思います。
恋愛とかは射手座の金星、獅子座の火星、等々、でけっこう元気で明るいんじゃないかなという気がします。

10 :マドモアゼル名無しさん:2009/12/20(日) 03:28:50 ID:8GpKw3hw
2009/12/21-2009/12/27 全体の空模様。
本格的に寒くなってきましたねー。 先週、ケガのご心配を頂き、ありがとうございました!
膝のアザとヒジのすりむき以外は良くなりました!年を取ると、傷の治りが遅いんじゃ;;)

今週はものすごくうねるような感じです。
まず、太陽と金星がそろって射手座を出て、山羊座に入ります。
さらに、水星と火星が、これまたそろって逆行を開始するのです。
今まで下り坂をスキップしてたのが一気に山登りみたいな感じでしょうか。
ギアを切り替えるような、そんな感じです。
これまではとても軽快だったのがここからは深くゆっくり進むことになると思います。

さらに「過去」とのつながりに焦点が当たるので
「未来!前進!ポジティブ!」ばっかりが好きな方にとっては
なんか停滞してヤダみたいな感じがするのかもしれません。
メンテナンスとか、旧交を温めるとかにはとても良い時期だと思います。
火星の逆行についても、べつに「悪い」のではなくそうですね、オーブンでじっくり肉に火を入れていくようなそんなイメージで捉えています。
最初、表面にがーーーっと焦げ目をつけといてそれからじりじり火を入れていくわけですね。
この「じりじり」モードに変わるのがこの辺りではないかと思うわけです。



11 :マドモアゼル名無しさん:2009/12/20(日) 03:31:08 ID:8GpKw3hw
山羊座には水星が位置していて、都合4星が山羊座にあつまることになります。
山羊座は「成果志向・実力主義」の星座です。
ガツガツ力を込めて物事を建築していくような感じがあります。
この時期は、直線的に「進む」感じではなく、なにかこう、立体的に「構築」していく感じなのですね。
1つや2つのものさしでは捉えられないようなことが起こるというふうにも考えられます。
木星と海王星が、水瓶座でぴったり重なります。これはとても印象的です。
なにかがぶわっとひろがる、ふくらむ、空気を支配するというようなイメージが湧きます。
木星は「広がり」「ふくらみ」を扱います。海王星は夢やビジョン、人々の深層心理などを扱う星です。
人々の心をぐわっと動かすような流れが、今、起こりつつあるのかもしれません。
海王星はとてもふわあっとした星なのであまり出来事の「エッジ」がクリアじゃないのです。
だからリアルタイムで「これが海王星だ!」みたいな感じはなかなか感じにくいようです。
でも、これと木星が重なり合うことでなにかしら、形のある引き金が引かれるのかもしれません。

水星と天王星と火星が、ちょっとゆるく、かするような「ヨード」を形成しています。
逆行と言い、このかたちといい、全体になんとなく複雑さや微妙さ、白黒で片付かないなにごとかが感じられます。
でも、べつにそれは「悪いこと」ではないと思うのです。
人間は複雑な存在で、いろいろな矛盾する思いを抱えながら生きています。
割り切れないことや吹っ切れないことだってたくさんあります。
非効率でも、非論理的でもそれが「ある」ことが悪いとは言えないと思います。
普通ならば嫌がられるようなことが、その人にとっては最も大事な宝物であるようなことだって、あるのです。
この時期はそういうものを切り捨てずに見つめていくところから、
何か素晴らしいものが生まれたり新しい扉が開いたりするだろう、と思います

12 :マドモアゼル名無しさん:2009/12/22(火) 23:11:07 ID:6CUCZNZ9

このスレいらん

たてた奴が保守してるだけだろ‥このまま落とせよ

しつこく維持させようとするんだろうけど誰も寄り付かないんだし空気読めばいいのにしつこいな

13 :マドモアゼル名無しさん:2009/12/23(水) 20:27:48 ID:H9Laz6Y1
ここは私語禁止スレだからレスがないのは当たり前
妄想する前に、病院いけば?
それとも前スレで大量運連張りして嫌味いわれた人?

14 :マドモアゼル名無しさん:2009/12/23(水) 20:33:55 ID:WskwFjCy
>1 :マドモアゼル名無しさん:2009/11/22(日) 17:21:10 ID:MgrwbeUT
>    牡牛座の各占いを貼るスレです。※ 貼って下さる方大歓迎です。

>>13 これを読めって。あんな嫌味書いたらだれも協力者はいないよ。


15 :マドモアゼル名無しさん:2009/12/24(木) 02:18:21 ID:KLycSgWY
13の屁理屈うぜぇしさっぱりわからんw
妄想で必死なのはいいが暇だね


寄り付かないの意味の行間読めないって‥
占い張り付けについてに対してだろうにw揚げ足とる奴って‥
粘着気質あげてまで噛みつくなよ


16 :マドモアゼル名無しさん:2009/12/28(月) 02:51:21 ID:MHIMwGIW
>>13は大当たりだったようで、自己紹介みたいな文章で罵倒して傍から見ていても恥ずかしい
もうこれ以上恥を晒さずレスしないことだね

17 :マドモアゼル名無しさん:2010/01/08(金) 22:27:57 ID:u4LoGsfJ
2010年の年報です!

2010年は誰にとっても、たぶんとてもインパクトの強い年になるんじゃないかと思います。
2009年までは、どこか「終了」のイメージが強く、
いろいろなものが壊れる感じの出来事が多かった気がします。
何かを失うというよりは、
既存のシステムが壊れて、新しいシステムに向かう
というプロセスの、「壊れる」方が起こったんじゃないかという気がするのです。
2010年は、壊れたところ、ゼロになったところ、今までのかたちが失われたところに、
まるで新しい何かが、生き生きと生まれ出ずる年、という感じがします。

ホロスコープにとても「目立つ」形ができるこの2010年という時間に、
ウマイ具合に居合わせて、この星を体験できるというワクワク感を感じます。
全て、星の時間は面白いのですが
星がこんな派手な形をぐりぐり作ってくれたとき、一体何が起こるのか、
それを身をもって体験できるという、
素晴らしい時間に私たちは居合わせているわけです。


18 :マドモアゼル名無しさん:2010/01/08(金) 22:31:14 ID:u4LoGsfJ
2010/1/4-2010/1/10 全体の空模様。
いやー、新年早々、風邪引いちゃいまして
なんかまだアタマがぼわーんとしております、とほほ。
とはいえ、年末を走りきってからの熱発だったので、よかったです。ほっ。

昨日深夜から未明にかけてうちのサイト「筋トレ」が、二千万ヒットを突破いたしました。
20000002を踏んで下さった方からメッセージを頂き
上から読んでもしたから読んでも二千万二!(回文)とかなんか呆然としておりました。
10周年で二千万。なんか嘘みたいにキリがイイ。
誰が呼んだか知らないが、開運サイト・筋トレ、今年も幸先が良さそうでございます。ふはははは。
今週の空模様ですね。今週はまず、山羊座で水星・太陽・金星がダンゴになってます。
太陽と金星は前進していますが水星が逆走してまして次々にすれ違っていく感じなのですね。
2人は左から右へ
1人は右から左へ、かけていき、そしてすれ違う。
なかなか面白うございます。
今は金星-土星ラインになんかこう、テンションがかかってるのですが
水星が逆行しているため、どことなくこう、動きが複雑なんだけれども
でも、がっがっと動いていくという感じがします。
方角はシンプルじゃないけど、でも、動くべき方向に動いている。
複雑な道筋を、確実に動いている。そんなムードがあります。
天秤座も山羊座も、あまり無駄なことや適当なことはしない星座です。
なので、なんかすごく合目的的な感じです。
ツメの甘いとこをびしびし見直していくみたいな、ツッコミきびしい、みたいなそんな感じです。
でも無目的な厳しさじゃなくて、ハッキリした目的が見えた上での厳しさなので、
べつに嫌な気分になるとか、不快だとか、悲しくなるとか、そういうイメージじゃないですね、なんか。
感情的にウェットな感じは少ないのです。


19 :マドモアゼル名無しさん:2010/01/08(金) 22:32:14 ID:u4LoGsfJ
今、月を別にすれば、水の星座に星が一つしかないからです。
火の星座にも1つ。水や火は、感情や情熱、なんか燃え上がったり駆け巡ったりするもの、なわけですが
ここに星が少なくて、一方の地や風に星が多い、それもなんかずしっとした感じ、
ということですごく冷静にバリバリしてる感じ、感情ではなくほかのものが引き金になってバリバリしてる感じ、
へたすると、目的のためには手段を選ばぬぞ、みたいな感じ、もなんとなく、漂ってるわけです。
今週のこの、山羊座のダンゴになってる3星と、獅子座の火星は、インコンジャンクト、150度の形になっています。
150度は「変更」の形です。変更といっても、白から黒へ、という「反転」じゃないのです。
軌道修正というか、大筋は同じなんだけど細部がけっこうちがう
マイナーチェンジみたいな感じですね。
そのままだといろいろ矛盾してぶつかってしまうんだけど、すこし変えることで矛盾を解消できるというような変更です。
「彼から返事が来ないってことは、
 わたしを嫌いになったか、ほかに女ができたってことだ!」
と考えていたら、ぜんぜん違う第三の答えが来た
みたいな感じのことです(どんなだ
AでもBでもない、C
という変化が、インコンジャンクトの醍醐味ですが今週はそんな力も強く働くんじゃないかなと思われます。
木星が水瓶座に位置するのもあと少し。18日には魚座に移動します。
なんとなくこのところ「いまのうちにこれをやっておこう」
みたいな気分の方は、是非それをやっつけておかれることをお勧めします。
ただ、水瓶座の方でもし「もうすこしで幸運の星がでちゃうのになにもない!どうしよう!」
みたいなふうにお思いの方がいらっしゃれば、そんなふうに焦ることはないと思うのです。あれは幸運の星ではなく、「耕耘の星」です。

20 :マドモアゼル名無しさん:2010/01/14(木) 17:26:32 ID:Wu2KULon
12サイン別に2010年の運勢を考える ★
******************************************
昨年もトランシット図の中心的存在となっていた土星−天王星のオポジションが、
今年もまた重要な位置にあるということと、もうひとつ新たなアスペクトとして、
木星・天王星の合が形成されますね。
天王星は、この両方に関わっているので、今後、最も重要な意味合いを持つメインプラネットとなってくるような気がします。

● 2010年の新たなメインアスペクト 木星・天王星の合
木星・天王星の合は、2009年に形成されていた木星・海王星の合とほぼ同じ周期で14年ごとに作られるものです。
物事を拡大し、ノリノリで盛り上げる木星と、斬新でユニークなアイデアに富み、
次々と新しい何かを生み出そうとする天王星の組み合わせは、明快でポップ、肉厚でくっきりとした質感のカラフルなオブジェ、
といった印象があります。
気鋭の新進作家アーティストと、それを業界に売り込もうとする超やり手の営業部長。みたいな組み合わせな感じもありますね。
木星・海王星の漠とした、境界がぼやけ、薄く滲みながらどこまでも沁み渡って行くような繊細さとは、非常に対照的なアスペクトだと思います。
木星・天王星の合は、4月下旬からうお座内で始まります。
その後6月には、、合になった2天体はほぼ同時におひつじ座入りし、2011年2月までずっとぴったりくっついています。
途中、逆行があり、2010年8月〜9月には再びうお座に戻ってくるのですが、
2天体ともそのタイミングもほぼ同じで、なんとも仲の良いことで、といった感じです。
木星・海王星の合のテーマは「癒しと自己治癒」で、過去や内面といった「うつむき加減」な作業が求められるものでしたが、
木星・天王星の合が意味するものは「チャレンジと前進」。
その矢印は一直線に未来に向けられ、自分の内面や感情というものは、しんみりと洞察するものではなく、
理想や目標を達成するための起爆剤や燃料として「使ってなんぼ」のものとなるようです。
木星・海王星の合では、内面は洞察するもの、そこにある傷と向き合い、手当てしたりナデナデしたりして優しくしながら、
「さてどう整理をつけていこうか」と考えるというようなものでした。


21 :マドモアゼル名無しさん:2010/01/14(木) 17:28:41 ID:Wu2KULon
>>20
性格的な欠点などに対しても、それが生み出す歪みを理解し、修正しようとする動きがあり、
「自分を全面的に受け入れ、これでいいんだと思えるための」いろいろな作業が行われてきたと思います。
けれども、木星・天王星の合の場合は、内面にあるものはすべて「さて、これをどう活用して武器にしていこうか」と考えることになります。
このアスペクトにとって、内面も資質も、これまでの過去も、自分が持っているものはすべて「使ってなんぼ」の「武器の材料」。
欠点や短所も、それを逆手にとってオンリーワンな個性としてアピールし、トレードマークにして周囲に印象づけたりというような「逆転の発想」も得意です。
自分のブサイクさやドンくささを真面目に悩むのではなく、自分から笑いに転じて周囲に受け入れさせるみたいな、お笑い芸人的なやり方でもあると思います。

けれどもこうしたある意味で自虐的・開き直り的な逆転発想は、木星・海王星の合が象徴する「内面をしっかりとほじくり返して整理する」という
作業が完了していないとなかなか難しいものだと思います。
自分のコンプレックスや悩みに対して、整理をつけきれていない中途半端な状態で開き直ってみても、
自ら笑いに転じながら、その実、人から笑われるたびに深く傷ついていたり、「笑わせてやってるのに調子にのりやがって」
などと、そのたびに怒りを蓄積していくことにもなりかねないからです。


22 :マドモアゼル名無しさん:2010/01/14(木) 17:37:43 ID:Wu2KULon
>>21
● 2009年をしっかりと生きた人が、2010年に大きく飛ぶことができる

自分の資質を余すことなく武器にする、というのは、人が生きていく上でひとつの理想形だと思います。
長所や得意なことを全面に出し、活用することは簡単ですが、
欠点や短所、苦手なことは、なるべく使わないように奥に引っ込めて隠しておこうとするばかりで、
「自分がなぜそれを持っているのか=与えられているのか」ということを考えようとはしません。

「宝の持ち腐れ」とは、せっかくの長所を活かさずに怠けている、ということだけではなく、
苦手だからとか欠点だから(と周囲にみなされる)というようなことでそれを放置し、磨くことも、
使い方を工夫してみることもせずに腐らせてしまうということなのではないかと思います。

2009年は、木星・海王星の合によって、内面整理の機会があったわけですが、
その時にどこまでしっかりと「自分の見たくない部分」と向き合い、
それを「かけがえのない自分の一部」として受け入れることができたか、ということが、
2010年の礎(いしずえ)となってくるような気がします。

木星・天王星の合が持つ明るさは、「臭いものにフタをしただけ」のものじゃないんですよね。
木星・海王星の合が「臭いものからフタを取る」という作業を行い、
その結果、「フタをしてもしなくても、臭いものは臭い」ということを理解するわけで、
これが「開き直り」であり、逆転発想への出発点になっているのだと思います。
臭いものは臭い、どうやっても臭い、だとしたら、この臭さを何かにうまく活用できないだろうか?ということです。



23 :マドモアゼル名無しさん:2010/01/14(木) 17:39:19 ID:Wu2KULon
● 8月あたりにTスクエア その後ゆっくりと弛緩 

土星−天王星のオポジションは、2010年3月〜9月まで形成され、木星・天王星の合は4月下旬から。
2009年からの流れに新しい動きが出てくるのはこのあたりになりそうですね。
アスペクトとしては2種類のものとして話をしていますが、実際には、土星−天王星のオポジションに木星が加わるってことで、見た目としては一つです。
なので、土星−天王星の「変容と刷新」の内容に木星的なものが加わると考えればわかりやすいですかね。

また4月からは、このオポジションに対して冥王星がスクエアで絡んでくるので、Tスクエアが形成されることになります。
Tスクエアはオポジションで対立しているものに対して、
スクエアになる天体が横やりを入れる形で介入し、張り詰めた拮抗状態を打破する面もありますが、
同時に状況を引っかき回し、事を起こす、場合によっては荒立てるといった性質があります。

けれども、それによって動きは加速され、何事も「てっとり早く片付いて行く」ことになるので、
どのみち手をつけなければならないのであれば、背中をどついて手をつけさせてくれる面もあるので、使いようによっては便利なものです。



24 :マドモアゼル名無しさん:2010/01/14(木) 17:41:34 ID:Wu2KULon
>>20-23
このTスクエアは、途中、土星−冥王星のスクエアが4月〜6月は解消されますが、2010年10月初めまで続きます。
9月初めには土星−天王星のオポジションも終了になっていますので、Tスクエアのエネルギーが高まる8月〜9月あたりがひとつの山場になっていて、
その後、土星−天王星のオポジションの終了を境に徐々に沈静化、ホロスコープ内のエネルギー状況も変化を迎えるといった感じです。

トランシット冥王星は、冥王星やぎ座時代と言われる、これからの流れを根底で支配している天体です。
土星−天王星、および木星・天王星のエネルギーを活用していくうえで、「時代の流れ」というものは決して無視できないものであり、
むしろ、それをしっかりとベースにして物事を考えていくべきだということなのかもしれません。
様々なことが、「今までとは異なる基盤」によって動いていくようになるのが「新しい時代」というものですから、
そこでの活動も、今までの考え方、やり方、流れの読み方を基盤にしていてはうまくいかなくなるということなのでしょうね。
そういった意味で、今一度「冥王星いて座時代」を振り返り、その時代特有の価値観やブームなどを改めて見直してみるといいのかもしれません。
とりあえず、「願えば叶う」みたいな精神主義的楽観論はもう古いんじゃないのかなー。よくわかんないけど。



25 :マドモアゼル名無しさん:2010/01/14(木) 17:42:24 ID:Wu2KULon
>>20-24
このTスクエアが解消されるまでの前半に、いろいろなチャレンジと試行錯誤を繰り返し、自分と、自分の武器を試してみるといいのかもしれません。
Tスクエアみたいな、ギュウギュウに詰まった感じのエネルギーが発生している時期は、実際の行動も押せ押せのイケイケにして、
限界にチャレンジみたいな感じで過ごしていると、運気の流れに後押しされる形になって、限界に達した時に一気にスコッと突破できたりするからです。

Tスクエアが解消された後、10月はトランシット内が急に静まり返ったような感じになってちょっと落ち着くみたいですが、
11月には木星・天王星が太陽とトラインになり、12月には土星−太陽がトラインになったりして、エネルギー的には密度が低く(薄く)なり、
それがほどよく力の抜けた状態を作って、全体の流れはスムーズになる印象があります。
4月あたりから9月までは張り詰めて頑張り、それ以降はちょっと肩の力を抜いて状況を楽しむ、という感じになるのかな?と思います。

26 :マドモアゼル名無しさん:2010/01/25(月) 01:30:30 ID:/UCmW4ON
2010/1/25-1/31 全体の空模様。
なんかしみじみ、先々週と比べて、様子が変わったなあという感じがします。
ホロスコープを覆っている空気感が違うというか、全体的に、色が違って見える気がします。
数週間前は、「重厚、熟考、断定、ゆっくり掘り下げる、固める、びしびしいく、全体を考える、努力の成果」
という感じだったのがここに来て、「どーんとひろげる、ガンガン自己主張する、人と違っていてもよい、個性を前面に出す」
みたいな、解放・斬新な感じになってる感じがするんですね。
天秤座-山羊座というがっしりしたリアルで建設的なラインから、水瓶座・魚座という、新しい世界のほうに広がっていくファンタジックなラインへ
ルールの世界から、ルールを壊す世界へみたいな、そんな雰囲気が感じられます。
ショートプログラムからフリーへみたいな感じです。

とはいえ、しっかり土星と冥王星が90度を組み、水星は山羊座でかしがしと進行中です。
何が正しいのか埋もれているのはどういうことなのかという問いかけはクッキリしたエッジをもって続いています。
現実的にどう結果を出すか、という線は続いているのですが、
その一方で水瓶座の金星・太陽、それに相対する獅子座火星というラインがキラキラしています。
このラインは、
「自己主張」
「創造性・自己表現」
「反抗・改変」
のパワーを感じさせます。
規範に則ってやるとか、何かを守るためにやるとか、そういう感じが全然ありません。
「打って出る」という感じの配置です。
そこへきて、今週末、火星と重なり合うように、獅子座で満月が起こります。
水瓶座に太陽・金星・海王星の3星獅子座に火星・月の2星という、盛大にハデな雰囲気の配置となるわけです。
とても個性的で、しっかりした自己があり、かつ、愛にあふれているのです。


27 :マドモアゼル名無しさん:2010/01/25(月) 01:31:44 ID:/UCmW4ON
この「愛」は、利己と利他ががしっと組み合わさった、いかにも骨太の愛です。
犠牲的だったり同情的だったりの愛ではなく、自分のほうからがしがしつかみ取りに行くような、
それでいて、相手を公平に客観的に注意深く見て、深く理解しているような、そんな頼もしい愛が、この形から浮かび上がってくる気がします。
水星と火星の150度という形も週の前半にできますが、
これは、規範意識やルール、全体の価値観とあくまで自らの中から出てくる望み、というものとが
2つの川の流れが行き会うように出会ったところからふわっと生まれてくる面白いアイデアという雰囲気があります。

そこから2度付近に位置する木星は、まだ生まれたばかりの柔らかさ、というのを連想させます。
ふわりとしていて初々しい感じがします。そのほかのラインは、かなりがっしりした、
手応えのある雰囲気を持っています。
ハッキリした意志、だれもやっていないようなこと、人の意見に敢えて対抗してみたり、批判の中から自分の対案を見つけ出したりすること。
誰にでも好かれるようなことを折衷的に選ぶのではなく、誰にも好かれなくてもこれでいく!みたいな勢いが今週の「愛」には含まれているような気がします。

28 :マドモアゼル名無しさん:2010/02/03(水) 00:29:57 ID:vYsm4Bcc
2010/1/18-2010/1/24 全体の空模様。
これを書いてるのは15日なんですが、今日、日食だったんです。
で、沖縄では6割くらい欠ける部分日食がみられる、ということだったんですが
写真を紹介して頂きました。これ、ツイッターやってなくても見られるのかな?
http://twitpic.com/y5tcw
なんかめっちゃ感動しました、Fさん、ありがとうございます!!
ハイチの大地震の件、すごく気になります。
災害の大きさは、いわでものことですがマグニチュードや震度の大きさじゃなくて
その土地のインフラとか、経済状態とかで決まるわけでハイチはその点、ものすごく大変そうです。
石井NP日記に、写真を多く載せてるサイトへのリンクを貼りました。ご興味のある方は、是非ご覧になって下さい。
先週も「日食」と「水星順行」でとても切り替え感が強かったんですが今週はそれに、更にたたみかけていきます。
先週→今週の動きのハデハデさというか、タイミングの噛み合い方というのは
一種、「おみごと!」と叫びたいような、芸術的な様相を呈しております。
金星と木星という、ひらたくいえば星占いの世界での「二大吉星」がほとんど同時に、星座から星座へと移動するのです。
まるで「せーの!」って声をかけたかのようです。
特に、木星という星は中国では「歳星」とよばれ、その年一年を象徴するような星となっています。
ただ、惑星軌道は楕円を描いているので、魚座エリアではこの木星、若干足が速いのです。
でも、足が速いからソンかというと全然そんなことはありません。
というのも、木星はもともと、魚座を支配する星なのです。
つまり、木星にとって魚座は「おうち」で、非常に居心地の良い場所となっているのです。
今週の魚座の占いに「おかえり!」というセリフを用いたのは、こういうわけです。
現代の星占いの世界では、木星が支配するのは射手座だけで、魚座は海王星に守られていることになっています。
でも、元々星占いができあがったときには、まだ、望遠鏡がなかったのです。
したがって、肉眼では見えない海王星は、星占いの体系には元々、はいっていない星なんですね。
なので、木星-魚座の結びつきというのは、断然、強いよ!と、私は勝手に思っています。




29 :マドモアゼル名無しさん:2010/02/03(水) 00:32:07 ID:vYsm4Bcc
先週の、食、水星順行、今週の木星の移動。
この3つがそろい踏みをして、いわば「やっと2010年の幕が上がったぜ、こんちくしょー!(喜)」という感じになるワケなんですね。
さらに「2010年らしさ」という意味ではもうひとつ、土星と冥王星の90度というのがあります。
2010年は、活動宮(牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座)に非常に特徴的な形ができあがる年、となっております。
この「活動宮」というのは、文字通り、活動的でして、勢いがあり、ハッキリした動きがあり、何か新しいことをはじめるタイミングに当たるとされています。
ここでしっかり冥王星と土星の90度が組み上がることにより、なんか「さあ、はじまった!」という気配が強くなってくるわけです。
土星と冥王星という星のあいだには、対照的な部分と似ている部分がある気がします。
対照的なのは土星は「コントロールする、引き締める、律する」星であり、冥王星が「貪欲に望む、強烈に求める、欲する」星である、という点です。
で、似ているのは「隠されたものに関係がある」ということです。
土星は「時間」を扱う星ですから、何かを貯蔵したり、寝かせておいたり、長い時間をかけて可能性を開花させたりします。
さらには、なにかを「蔵する」という感じもあります。これは、外敵から守るために隠す、というイメージです。
冥王星は、その深く強い欲求をむきだしにしておけば自他を傷つけてしまいますし、
命が逆に保てなくなってしまいますですから、絶大なパワーをしっかり閉じ込め、見えないようにしておく
という部分があるのです。
この2星の90度は、欲求と正義、ルールと野心が互いに葛藤を起こしながら、お互いにその隠し持ったものを引きずり出す
というようなイメージをもっています。徹底的ですし、めちゃくちゃパワフルですし、ごまかしがきかないですし、ウソがつけないわけです。
まったく違った個性を持ったライバル同士が闘っているような、そんあイメージの組み合わせです。
先週の食を皮切りに、今週はとても「スタート」の気配が濃厚です。
先週へこたれたことを書いたら大変ご心配を頂いてたくさんのお見舞いや励ましのメッセージを頂きました、
なんとか持ち直してきたような気がします。とにかく先週末にPMSに突入したので明日辺りこれも終わるでしょう。

30 :マドモアゼル名無しさん:2010/02/27(土) 09:01:45 ID:speFlCDf
2010/2/22-2/28 全体の空模様。
鴨居のムーミンオーロラカフェが2月21日で終わっちゃうので
前日である20日の昨日、ちょこっとだけ顔出してしてきたんです。
で、そのあと、渋谷に行ってルデコさんに写真展のハガキを置いてもらったり(おみくじつきの置いてきました、是非どうぞ!)
そのすぐ近くの山下書店さんに、写真展の期間、私の本を扱ってもらえないかお願いしたり、

今週は、まず、がっつり魚座に4星入ってます。太陽・金星・木星・天王星です。
魚座は2010年の「メインテーマ」を扱う星座なので、2010年という年にギアが入ったぜ!というムードが漂っているのではないかと思われます。
魚座も木星もどこかこう、「盛る」星々なのでいろんなことが過剰だったり、あふれかえったりしてるイメージもありますね。

一方、水瓶座から魚座に欠けての大賑わいの対岸で土星と火星がたいへん若い度数でじりじりしています。
そういやどうでもいいけど土星といい、水星、木星、金星といい、なんかみんなディグニティ高いな、今・・・
星がみんな活気づいているというか、活性化している状態、とされてます。
海王星と天王星はミューチュアル・リセプションになってるし、星がびかびかしてる感じです。
なんでも、なんかこう「いつもよりずっと○○」「いつにもまして○○」な感じがいたしますのです。
土星と火星はほぼ60度を形成し
そこに、太陽が「ヨード」とゆーかたちをつくりだします。
太陽・火星・土星のヨード。なんかバリバリして鉄火な感じですね。オトコマエです。
他者とどう闘うか、とか、社会的にどうジャッジするか、動くか、みたいなことがイメージとして浮かびます。
火星も土星も「他者」と相対する星なので自分とは考え方の違う、わけのわからない存在と、
どうナメられずに接し、自分の取り分を確保するかというところにポイントが置かれるわけです。
だからちょっとコワモテになる感じがあるのです。
とはいえ、ここで「カギ」になるのはヨードの頂点である太陽でさらに、この太陽は今は、金星や木星という福々しい星々と同座しています。
ですから、ぴりぴりする交渉の「カギ」となるのは魚座的な、境界を越えるような感情のやりとりなのかもしれません。




31 :マドモアゼル名無しさん:2010/02/27(土) 09:02:52 ID:speFlCDf
週末、水星と海王星が重なります。木星と太陽もかさなりかけます。
これは、言うなれば「理知の神様が詩に触れる」「太陽の神様が海に触れる」ようなかたちです。
キラキラと輝くもの、さわやかに乾いたものがしっとりと湿ったもの、大波で飲み込むものにかさなってゆくわけです。
ルールブックが水に浸かるような感じもあります。
感情と論理はふだん、切り分けられているわけですがこれらが何らかの形で融合してしまうような現象がどうかして、起こるのかもしれません。
ですから、情報の取り扱いには注意が必要かもしれません。
流れ出したり、まちがって伝わったりしやすいと思います。
水星や太陽の「正確さ」の定義と、木星や海王星の「正確さ」の定義は、全く違っています。
たとえて言うならば水星や太陽の「正確さ」は、決めた時間に遅刻しないこと、ですが
木星や海王星は、遅刻によってその人の無意識の動きを露呈させるような「正確さ」を扱うのです。

満月は正確には来週です。でも、それは3月1日月曜日の午前1時37分頃、です。
月は今週、じりじりとその大きさを増し、今週がちょうど終わりきったところで満月を迎える、というわけです。
ですから、週末は、感情が強く揺さぶられたり、誰かに思いっきり何かをぶつけたくなったりするかもしれません。
なんだか心がざわめくなあと思ったら、それは悪い予感でも何でもなく
あなたの身体の中の細胞や体液が産卵のために浜に上がってくるウミガメの群れのように
ざくざくと何かを行っているからなのだろうと思います。
お祭りみたいなことが起こっているので落ち着かないのだろうと思います。
月が膨らんでいくときは「加速していく時」「増やしていく時」です。
どんどん盛り上げていって、そしてぱあっとなにかが花開く、という上り調子のタイミングです。






32 :マドモアゼル名無しさん:2010/03/10(水) 22:26:44 ID:UMyT3hCi
2010/3/8-3/14 全体の空模様。
週末って、ホワイトデーなんですね!
今週目立つ動きはまず、2つあります。
一つは、週の切り替えとほぼ同時に金星が牡羊座に入ります。
先週は、魚座に5つも星が集まってたんですが
(星占いで使う星は(基本的に)10個であることを考えるとスゴイあつまりぶりなことが
お解り頂けるかと思います。他に11も部屋があるのに、1室だけに5人が固まってて
残り1人は部屋を転転としててあとの4人はそれぞれ一つずつ部屋を占領して動かない、という風景です。
なんかドラマみたいですねこうして解釈してみると・・・っていうか、ホロスコープってほんと、ドラマみたいなんですけどねって脱線してすみません。)
そのうち一人がようやく、脱出するわけです。
今までぎゅうっと魚座に星が集中していたので魚座的な、アウトラインが無限にさだまらないような、
ふわーっと全体を覆うような、ぐねぐねと縦横無尽にくねるような、
そんな際限のない広さや深さから金星がぱーんと突き抜けるようにとびだしていくようなイメージなのです。
牡羊座は「スタート」の星座で、まっしぐらな勢いと夢中になる興奮がある星座です。
今までちょっとウェットだった空気に、からっとした明るい風が吹き込んでくるようなイメージが湧くのです。

この「からっとした明るさ」をイメージさせるような動きがもうひとつ、あります。
それが、火星の順行です。火星は、2009年の年末から、ずっと獅子座で逆行を続けていました。
これが今週11日、ようやく順行に戻るわけです。火星は、意欲や攻撃力、積極性などを扱う星座です。
主体的で対外的な、ハッキリした動きを象徴しています。


33 :マドモアゼル名無しさん:2010/03/10(水) 22:28:49 ID:UMyT3hCi
この星が順行に移るのと同じ時期に、上記、金星の牡羊座入り。
火星は牡羊座の支配星なのでいわば「金星のディスポジター」となっているわけです。
金星は牡羊座に移動した瞬間、この、今にも向きを変えようとしている火星と120度、
さらに、対岸の天秤座にある土星と180度を組みます。
いわば「調停」のかたちです。これはかなりダイナミックでアクティブな形とされています。
オポジションの緊張をトラインとセクスタイルが有効利用して素晴らしい機動力が生まれるなどという解釈もあります。
たしかに、ソフトばかりだと豆腐のようにぐずぐずなイメージがありますし
ハードばかりだと、力が若干過剰な感じがするわけです。
これが大きく組み合わされていてさらに、左右対称ではない形であるメディエーション(調停)は、ある意味、とても「使い勝手の良い形」と言えるかもしれません。
火の星座と活動宮を中心にできるこの形は、魚座の4星集中とは、かなり雰囲気が違っています。
今まで、霧が濃かった場所に一条の光がぱーんと射し込む、みたいな感じです。
優しく柔らかな光、ではなく衝撃を伴った鋭い光ですが、確かに、状況を照らす光、という気がします。
なにかを「打開する」ときは、けっこう衝撃が強かったりする場合もあるのですが
それによってやっと、ずっと渋滞していた問題が動き出すということもあるわけですね。
火星が順行に移る、ということで、年末からちょっと停滞気味だったことがやっと動き出すという人も多いかもしれません。
意欲が湧かなかったのが、湧いてきたりどうにも動いてもらえなかったのが、不意に動いてもらえたり、等々、
新しい動きが出てくるのではないかと思います。
ハッキリした回答、明確な態度、というものが土星や火星の世界では求められるわけですが
なんか全体に、ラインナップが「直球」だなあ、という気がします。
魚座−天秤座−獅子座という位置関係はヨードという、変化球的なイメージの強い形なんですね。
それにひきかえ、牡羊座−獅子座−天秤座というラインナップ、
さらにここに水瓶座海王星や山羊座冥王星など
魚座組以外のメンツをならべるとさらにがりっとぎりっとしています。


34 :マドモアゼル名無しさん:2010/03/10(水) 22:30:32 ID:UMyT3hCi
魚座の世界は、「分け隔てしない、論理で切り裂かない、包み込む」世界です。
今週、だんだん強さを増す形は「断じる、決める、行動する、目に見える形にする」世界です。
今までなんとなくもやもやしていた人は、今週を境に、なんとなく視野がハッキリしてくるかもしれません。
さらに、ちょっとフライングですが
来週は新月があるのでそこでなんとなく、しゃきーん!とするようなそんなイメージがあります。

今週はもうひとつ、目立つ形がありましてそれは、木星と水星の重なりです。
水星が木星に重なっていくと言葉が膨らむというイメージになります。
おしゃべりになりますし魚座ですから「気持ちの吐露」がすごく激しくなります。
一見論理的に話しているように見えてもそれは、感情たっぷり!なのだろうと思います。
いつでもこれは当てはまると思うのですがこういうときはとくに
「何を言っているか」という、言葉の内容そのものではなく「どれくらい熱く話しているか」「どのくらい長く話しているか」
「何回同じ言葉を言ったか」「誰に話しているのか」というような
行動全体を見渡しながら解釈する方がたぶん、コミュニケーションの意義がわかりやすいと思うのです。

私の席に来てしょっちゅう意味のない話してるけど
そういえばなんでこの人、こんなに私に構うんだろう
よく考えると1日2時間くらい私に使ってるなこの人とか
嫌いだ嫌いだと悪口ばっかり言ってるのに、何でその人の話ばっかりするんだろうこの人
その人のことが相当気になってるんだなとか
無口なのは、何か心配事でもあるのかな
とかそういう感じですね。




35 :マドモアゼル名無しさん:2010/03/10(水) 22:32:45 ID:UMyT3hCi
週末には、冥王星と金星が90度を作ります。
これはなかなか、ハデな形です。濃い欲望、はっきりした強い愛情。
欲しいものを欲しいと言い、徹底してそれを手に入れようとするというパワーみたいなものが感じられます。
ホワイトデーの近くにこんな形になるなんて
なんかドキドキしますねえ。ははは。(って、特に関係ないけど(爆

なんか全体に、ちょっと鉄火な感じになってくる気がします。
ぱーんとした動きが起こるイメージですが、むしろこっちからしかけていってやるぜ
くらいの勢いというか、気合いがこの時期の形にぴったりしていると思います。
活動宮に星が増え、火星が順行に移ることで、主体性や積極性が機能しやすくなるんじゃないかなという気がします。
今まで受け身だった人は、前傾姿勢にシフトしやすいタイミングだろうなと思います。

36 :マドモアゼル名無しさん:2010/04/05(月) 01:13:50 ID:GbmMLZDL
2010/4/5-4/11 全体の空模様。
3月31日から渋谷ルデコでやっております十周年記念写真展、いよいよ佳境に入って参りました。
ずっと常駐で朝の掃除から最後の施錠までやっておりますスタッフ・石井ゆかり、
これを書いております3日土曜日にはあたふたぶりは3割減くらいになりましたが
依然、あたふたしていることに変わりはございません(爆
もとい思いがけないほどたくさんの方にご来場頂き、感激しています。
ほんとうにありがとうございます!!!!
残すところあと2日、
頑張って参りたいと思います。
みなさまお花見のついでに是非、お立ち寄りください。
下半期占いは会場右奥の小部屋にございます。
今週は、けっこう劇的です。
先週末に水星と金星が牡牛座入りし、
雰囲気がぐっとしっとりしてきました。
さらに、今週は、あの土星が乙女座に移動し
くわえて、冥王星が逆行を始めます。


水星や金星は動きが速いので、その変化はいわば「日常的」なレベルですが
土星や冥王星は、滅多に目立った動きをしないので(速度が遅いからです)
これが「動く」と、時代の移り変わりを感じます。
ただ、大きな石を動かす時は、そうスピーディーには動かないです。
ゆっくり「ずずずずずず」と動くので、
ハデさがなかったり、わりとそれが動いているということに気づきにくかったりいたします。
いわば、「花が開く動き」に似ています。
花が開く速度はとてもゆっくりなので、リアルタイムではその様子は「動作」には見えません。
でも、時間をおいてみるとその「動き」の痕跡は歴然、つまり「蕾」状態が「花」状態にハデな変化を遂げているわけです。
変化の派手さと、変化の動き自体の派手さは、このように、あまり対応してないときもあるわけですね。




37 :マドモアゼル名無しさん:2010/04/05(月) 01:18:12 ID:GbmMLZDL
土星は2007年の秋から乙女座に位置していました。
その頃から去年までのテーマが、ここから、再度姿を現す、と解釈できると思います。
ただ、同じ形であらわれる、ということではないと思います。
去年の秋から今まで、土星は天秤座にいたわけでその間、我々は「新しいこれからの世界」を体験してたような感じだと思うのです。
前に大事だと思っていたことが下らないとわかったり、今までぞんざいにしてきたものをもっと大切に扱うようになったりするということが、ときどき、描かれます。
未来を見てくることで、現在の「真の意味」が理解できる、ということなのでしょう。
今回の「土星の乙女座への復帰」もちょっとそんなところがあるかもしれません。
去年以前にひきもどされるとかむしかえされるとかではなく、
なにかしら、とって返して再度、新しい意味の中で扱わなければならないことがあるということなのではないかと思います。
冥王星の逆行についてもそのあたり、重なるところがある気がします。

2008年の冥王星の射手座から山羊座への移動は、とても強いインパクトを持ったできごとを象徴していたようです。
「時代の節目」を過去2,3年の間、私たちは肌で感じてきたわけですが、
この象徴的な時間の意味を確かめるようなプロセスがここからしばらく、進むのではないか、という気がします。
土星は7月22日くらいまで、乙女座に滞在します。
その間、「過去3年にやりのこしたこと」をリカバリできるのかもしれません。


38 :マドモアゼル名無しさん:2010/04/05(月) 01:19:34 ID:GbmMLZDL
さらに。水星と金星は牡牛座に移動したあと、火星や冥王星と角度を作っていきます。
このかたちは結構ハッキリした角度なので、バリバリと物事が動く、という感じがします。
ただ、この「動く」感じは「進む」感じとは少し違うかもしれません。
「進む」というより、「咀嚼が進む」「消化が進む」「展開する」といったような感じではないかと思います。
駒を進めていくのではなく、横に展開したり、下に掘り進めたり、築城したりする、という感じがあるのです。
「前進!全速!」ではなく、もくもくと、あるいはがやがやざわざわと、なにかを盛り上げていく感じがあります。
今週は不思議な「転調」を感じる時期かもしれません。
味わい深さや複雑さがある、「奥の手」みたいな雰囲気の週だと思います。
込み入った話をしたり、この人じゃなきゃこういう話はわかんないのよね、みたいな感じだったり、そんな濃厚さ、重厚さを感じる星回りです。


39 :マドモアゼル名無しさん:2010/04/05(月) 01:22:31 ID:GbmMLZDL
2010/3/29-4/4 全体の空模様。
十周年記念イベント「星織-2010」。
まずは渋谷会場で、日曜日までの6日間。
ワタクシ、スタッフとして毎日会場におります。
たぶん週報やマリソルの原稿もそこで書きます(爆
すごい素っ気ない紙面の下半期占いも、無料で配ってますのでみなさまよろしかったらぜひ、いらしてください。
今週は、まず、30日、天秤座で満月となります。
土星のすぐそばで起こります。土星もよく見える星ですのでお天気がよければ、満月の近くに見えると思います。
夕方、空の高いところに火星が見えて、東の方に大きな月と土星が上がってくるという景色になります。
満月は「満ちる」タイミング、とされております。
ギャラリー・ルデコの「イベント開始」が火曜日なのと、たまたまそこが気に入った会場が開いているときだったのと、がかさなって
偶然この日がスタートとなったのですがこういう「たまたまそうなった」感じで星のイベントがあると
ああ、よかったよかったという感じがしてしまいます。
満月・新月は時間の流れの節目みたいなものなわけでここから雰囲気がまた、変化していくだろうとおもうのですが重ねて、今週は節目が2つあります。
1日の金星の牡牛座入り、そして2日の水星の牡牛座入りです。
2星がほぼ揃って星座を移動するわけで、かなり空気が変わるんじゃないかなと思います。
過去2週間ほど、牡羊座に3つの星が集まっていて
更に獅子座火星が順行に転じるという展開があったのでどこか、熱くてスピードのある、激しい感じがあったと思うのですが
今週を境にその流れはちょっと落ち着き気味になっていきます。
しっとりする感じです。牡牛座は「具体的」で「物理的」で「五感」の星座です。
安定させよう、軌道に乗せよう、というイメージのある星座です。
いままで「押せ押せ」「いけいけどんどん」な感じだったのがここで、「しっかり土台を固めよう」「具体的に計画していこう」みたいな、着地する雰囲気が強まってくるわけですね。




40 :マドモアゼル名無しさん:2010/04/05(月) 01:24:48 ID:GbmMLZDL
とはいえ、この2星、星座を移動する直前に、それぞれ、海王星・天王星と「セミヨード」を作っていきます。
セミヨードとは、60度の真ん中に星が入った形で、30度・30度の感覚で3星が連携するかっこうです。
これは「ヨードと似たような感じ」と解釈されているようです。あるいは「ヨードのちょっとよわいの」みたいな感じです。
ヨードは、相矛盾するものを第三の道に導く、というような形だと私は解釈してるのですが、
なんとなく、ややこしい状態を、だれもつぶさずに良い形にしていこうとする努力というのがあるのかなと思います。
海王星も天王星も、長期的なテーマを扱う星ですが
このところ、水瓶座と魚座でミューチュアルリセプションを形成しながらさらにずっとセミセクスタイル(30度)を結び続けているわけです。
ですから、ここんとこずっと懸案だったこと
に、第三の方向から不思議な力が加わって、べつの方向に動いていくというようなことがあるのかもしれません。

星が星座を移動する直前には、「ボイドオブコース」という、ちょっと不安定な時間が発生します。
ふだん「ボイドタイム」と言ってるのは月のボイドなんですが(3日に1回くらいは起こります)
水星ボイド、金星ボイドの時間が、1日と2日にちょっとずつあるわけです。


41 :マドモアゼル名無しさん:2010/04/19(月) 15:19:31 ID:GPP3GIPr
(´?????)

42 :マドモアゼル名無しさん:2010/04/21(水) 04:37:06 ID:Ra7W0kIZ
dwe

43 :マドモアゼル名無しさん:2010/05/11(火) 20:50:48 ID:3zebckGx
2010/5/10-5/16 全体の空模様。
今週はまず、なんといっても12日からの、水星順行です。
4月19日から逆行してましたのでこの間、うまく前に進まなかったり
コミュニケーションに支障があったりした人も12日くらいからスッキリしてくるはずです。
止まっていたことが再開したり、なにかしら、先が見えてくるんではないかと思います。
水星は順行に移ると、冥王星に対して120度を作りに向かいます。
なにかしっかりした、根源的な判断、決断、奥底から出てくる情報、といったような
どっしりしたコミュニケーションや知、取引のイメージが湧いてきますね。

あと、その2日後の牡牛座の新月。これも「スッキリ系」のイベントです。
4/19から水星逆行もあってもやもやしていた牡牛座で、
水星は順行するわ、新月が起こるわ、で
これはかなり、空気が変わりそうだなあ、というイメージが湧きます。
だから12星座分けも、かなり「スッキリ」感が出てしまいました。
この新月は、ちょっとゆるいですが、魚座の木星と60度くらいの位置で起こります。
太陽も月も木星にアプライしてるかっこうです。
ですから、なんかこう、単に「新月」という以上の広がりが感じられる気がします。
年明けからずっと見てきた夢とか、希望とか、目標とか、課題とか、
そういうものに関する部分集合があかるい「出発進行!」の号令を受けて進み出す、
そんな感じがするわけです。

44 :マドモアゼル名無しさん:2010/05/11(火) 20:51:59 ID:3zebckGx
天王星と土星の180度というラディカルな角度は、
依然、続いています。
口蹄疫の件、基地の件、ギリシャの件など、
複雑な広がりを見せるテーマがこのところ、多いなあ、という気がしています。
これは、乙女座?魚座ラインという、
2007年ごろからクローズアップされているテーマの「終わりの終わり」で、
近くに控えている牡羊座-天秤座ラインの「始まりの始まり」に通じる
険しいトンネルなのかなあ
などと想像しています。
難局が早く収束するように強く祈ります。
ちょっとフライングですが、天王星が牡羊座に移動するのは28日、
木星が移動するのは6/6です。
少なくとも、ここで星の時間は、変化する、ということになっています。

45 :マドモアゼル名無しさん:2010/05/30(日) 10:44:27 ID:c9q3abPb
なので、1日と2日に何か予想外のことがあったり、レスポンスがおそかったりしてもあまり気にしないのが得策だと思います。
コミュニケーションに関することと、
愛とお金に関することはこの時間帯は「予想通りに行かない」感じになるとされています。
一方、予定にないことや「そうするつもりじゃなかった」ようなことは、割と面白い展開になります。
「考えたとおり」に拘らないのがボイドタイムのいい使い方じゃないかとおもいます。
ボイドタイムを怖れる人もいるのですが、この時間は怖れるようなタイミングではなく、「たいして重要な問題は起こらない」、気楽なタイミングなのです。
占いの本には「この時間に質問された占いはする必要が無い、その質問に意味がないから」というような記述もあります。
サプライズなことが起こりやすい、ような気もします(経験的に)ので、
わくわくしながら過ごすほうがたぶん、ぴったりくるんじゃないでしょうか。
1日2日がゆらめきの日でも、それをすぎると牡牛座2星、月も欠けていくモードに入りますので
しっかり落ち着いていき、整理したり固めたりする、安定感が出てくるだろうと思います。


46 :マドモアゼル名無しさん:2010/05/30(日) 10:47:03 ID:c9q3abPb
昨日、鶯が鳴くのをききましたが
一瞬
「あれはほんとの鶯だよね・・・・?」
と疑惑が胸に湧きました。


ほー・ほけきょ!


で。
今週の空模様ですね。
今週はまず、2つの「切り替え」が生じます。
一つは金星の蟹座入りもう一つは太陽の双子座入りです。
これまで、固着宮(牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶座)に比較的星が多く、
活動宮(牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座)に星が少なかったのです。
この状況が、今週の金星の移動によって少し変化します。




47 :マドモアゼル名無しさん:2010/05/30(日) 10:48:11 ID:c9q3abPb
しばしばご質問をいただく「カーディナル・クライマックス」という言葉がございまして、
これは、夏あたりに活動宮に星がガーンと集まって大模様を形成する、という現象なのですが
この直前である現在、固着・柔軟宮に星が多いというのは、おもしろい状況だと思います。
つまり、今はある時代のまっただ中→時代の変わり目、終わり間近のあたりにいる、という雰囲気なのです。
活動宮というのは「スタート、はじまり」ですから、夏にガツンと新しいことが起こる、その前に
ちゃんと準備したり後始末したりツメのあまいところしっかりツメたり
とばりばり必要なことを進めてるイメージが湧きます。いわば「旅の準備」「飛び立つ準備」ですね。
宇宙船の打ち上げなんかをイメージするとわかるんですが
打ち上げ前と打ち上げちゃった後では「忙しい人の人数」が、違います。
打ち上げ前の方が、グロッキーな人が多いと思います。
打ち上げるときはもう準備が整ってるわけですから仕事からは解放された人が多かったりします。
要するに今はロケットの打ち上げ前みたいに、忙しい感じなんじゃないかと思うわけです。
メインのイベントは打ち上げなんですけど、その前の忙しさに今はスポットが当たってる
という感じなんじゃないかという気がするんですね。




48 :マドモアゼル名無しさん:2010/05/30(日) 10:49:08 ID:c9q3abPb
今週は二重の意味でそんなイメージがあるんです、
というのも、金星も太陽も、隣の星座に移動する直前、
木星・土星・天王星・海王星という、今、星座の終わりの方でばーんと番をはっている星々に
つぎつぎに角度を作っていくからです。
パンパンにテンションのあがったとこへ金星と太陽が刺激的なキックを入れて行く感じがします。
潜在的に「いつかは起こるだろう」と思われていた現象が、いいこととかわるいこととか関係なく、
ビシビシ起こって、展開していく、という感じがするわけです。
たとえば、ドミノとかは、あれは並べておかないと、倒れません。
ドミノが倒れるのは、誰かがそれに躓いたから、じゃなくドミノがあらかじめああいうふうに準備されていたから、なんですね。
で、木星から海王星までの星がいろいろじゅんびしておいてくれたことに、
カン!とスイッチが入るというイメージが湧いてくるわけです。
そして、2星の星座移動。
これで、さらに、なにか待ち状態だったものに動きが出るという雰囲気になってきます。
だんだん、こう、打ち上げ準備から打ち上げに近づいて行く、じわじわした動きが感じられるわけです。










49 :マドモアゼル名無しさん:2010/05/30(日) 10:49:59 ID:c9q3abPb
蟹座に入ると、金星はちょっと機嫌が良くなって参ります。
優しさや思いやりが自然に流れる、という感じになります。
ただ、金星は蟹座に入った直後、水星・冥王星達と「メディエーション」という形を作ります。
水星がちょっとフライングなんですが冥王星に残してくれた置き土産を受け取るみたいな雰囲気です。
誰かからの大切なメッセージを、間接的に、あるいは言葉以外の手段で受け取る
というようなことが起こるかもしれません。
土星と木星がガツンと180度をくみまして、水星と冥王星も120度、なかなかぐりぐりした配置です。
これまで天王星-土星ラインでずっと続いてきた闘いに、木星が参戦というかたちです。
天王星と木星はだいぶ雰囲気の違う星ですから、今までのとは違ったムードでの勝負になってくるのかもしれません。
今まではけっこう似たもの同士の勝負だったのが、そこにふわっとしたべつのキャラクターが参加するような感じです。
これは厳密には「勝負」ではなく、フォローとか、とりなしとか、仲裁とか、べつの活路とか
そんなものが入り込んでくる、「緩和、軌道変更」の出来事なのかもしれません。
今までのビリビリの緊張、抜き差しならない状況にまったく異次元の光が射し込んで
その緊張が緩和し始めるということなのかもしれません。

50 :マドモアゼル名無しさん:2010/06/27(日) 14:48:30 ID:LNyfdD4t
一か月なりそうヤバイよ。

60 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)