5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

つくばエクスプレス沿線情報 27

66 :名無し不動さん:2010/06/03(木) 14:32:35 ID:???
【茨城】TX沿線の県土地区画整理事業の地価下落で茨城県の実質債務が211億円増

 県は14日、県民が将来負担する可能性のある実質的債務(借金)が2009年度決算見込みで総額1兆5379億円に
上り、前年度に比べて211億円膨らむとの試算を公表した。公社や第三セクター分も含む借金の総額が県の年間収入の
何倍かを示す「将来負担比率」は前年度比約7ポイント上昇の約296%になる見通し。08年秋のリーマン・ショック後の
景気低迷で県税収が大幅に落ち込んだことに加え、つくばエクスプレス(TX)沿線の県土地区画整理事業の収支予想を
地価下落を見込んで大幅に下方修正したのが大きな要因。県財政は依然として危機的状況にある。

 同日開かれた県議会県出資団体等調査特別委員会(鶴岡正彦委員長)に報告した。
 将来負担比率は「第二の夕張市」の未然防止を狙って国が07年度導入した財政指標の一つで、イエローカードの
早期健全化基準は400%。本県は07年度289・9%で全国ワースト5位、08年度は288・7%で兵庫、北海道、
岩手に次ぐ同4位だった(全国平均234・8%)。09年度の全国速報値は10月ごろ発表される。
 実質的債務が211億円も増えたのは、法人2税を中心に県税収が前年度比約800億円減と、過去最大幅の
落ち込みを記録した影響が大きい。県は「減収補てん債」と呼ばれる県債を330億円発行。その元利償還の75%は
国が交付税で面倒見てくれるが、82億円余は県民の肩にのしかかる。
 ほかに県職員退職金の財源に充てる退職手当債も前年度比109億円増加した。
 県財政最大の重荷が保有土地問題。県は09年度、3公社(住宅供給、土地開発、開発)とTX沿線開発などの
保有土地対策として計241億円を計上し、保有土地関連の将来負担額を46億円マイナスの2261億円に減らした。
投入額に見合う圧縮効果が表れていないのは、TX沿線などの土地区画整理事業の収支見通しを09年度、
初めて地価下落を織り込み大幅に下方修正したためだ。
 県幹部は「負の遺産を直視し早期処理に全力を挙げているが、県財政が一段と厳しくなっているのは事実」としている。

2010年5月15日 茨城新聞
ttp://www.ibaraki-np.co.jp/47news/20100515_01.htm

115 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)